書籍検索

近刊情報

2020年9月以降の新刊予定

2020年9月の新刊

2020年9月の新刊

『英文解釈教室』の系譜を受け継ぐ野心作

久保田智大〔著〕
論理を捉えて内容をつかむ
大学入試 英文解釈クラシック

A5判 並製 224頁 音声DL/定価(本体1,500円+税)
ISBN 978-4-327-76492-0 C7082

2020年9月16日発売
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
伊藤和夫著『英文解釈教室』の系譜を受け継ぐ新進気鋭の駿台講師による本格的な英文解釈参考書。読解トレーニングに最適な英文を、大学入試のほか名作や古典からも精選して、英文構造の分析にこだわって図表も多用しながら詳しく解説。英文法の知識を再編して構文を論理的に捉える力とともに、英文内容を正確につかむための力を養い、難関大学入試の突破はもちろん、「直読直解」に至るための土台作りまで懇切丁寧に指導する。

目 次
はじめに
本書の構成と利用法

第1章:文の主要素(SVOC)を正しくつかむ / 並列 / 関係代名詞の省略
第2章:thatの識別 / 関係詞whose / 複合関係詞 / 連鎖関係代名詞 / 共通要素の省略
第3章:代用 / 比較 / asの識別 / 仮定法

演習問題編

《詳しい目次はこちらから》
著者紹介
久保田智大(くぼた・ともひろ)
駿台予備学校英語科講師、東大進学塾エミール英語科講師。東京大学文学部英文科卒、ロンドン大学大学院応用言語学科英語教授法専攻修了。専門は第二言語習得理論。言語を習得する際の個人差の問題に焦点を当てながら生徒一人ひとりに目を向けた指導にあたり、実力と人気を兼ね備えた新進気鋭の英語講師として期待されている。

・音声の種類:HPよりダウンロード 《 音声はこちらからダウンロードできます

2020年10月以降の新刊

技術英語ライティングの基本と応用が独習できる

中山裕木子〔著〕
技術英語の基本を学ぶ例文300
エンジニア・研究者・技術翻訳者のための

A5判 並製 220頁/定価(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-327-43096-2 C2082

2020年10月22日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
●技術英語ライティング(テクニカル・ライティング)の基本と応用が作文演習形式で独学できる。
●学校英語とは異なる英文法の効率的かつ深い理解が可能になる。
●種々の分野の新しい技術の例文を掲載。
●表現のポイントごとに例文がまとめられているので、同じタイプの英文を繰り返し組み立てるうちに、
 技術英語作成のコツがつかめる。
●企業のエンジニア、研究者、技術翻訳者、技術英検(旧工業英検)受験者に最適。
目 次
はじめに――技術英語の3つのC
正確、明確、簡潔に書くためのルール30

Stage1 文を組み立てよう
Stage2 表現力をつけよう
Stage3 長い文も作ろう

〈巻末付録〉
 長文20
 英単語1600
  1. 名詞
  2. 動詞
  3. 形容詞
  4. 副詞

《詳しい目次はこちらから》
著者紹介
中山裕木子(なかやま ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役、公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。 英検1 級・工業英検1 級(首位合格により文部科学大臣賞受賞)。英語論文校閲・論文翻訳・特許翻訳のかたわら、大学・高専などの教育機関、企業で技術英語の指導にあたる。京都大学大学院工学研究科、名古屋大学工学部、奈良先端科学技術大学院大学、同志社大学工学部、他の大学・高等専門学校にて英文ライティングを指導してきた。
著書に『技術系英文ライティング教本』(2009 年、日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(2014 年、丸善出版)、『会話もメールも 英語は3 語で伝わります』(2016 年、ダイヤモンド社)、『英語論文ライティング教本』(2018 年、講談社)、訳書に『ACS スタイルガイド アメリカ化学会 論文作成の手引き』(2019 年、講談社)がある。

誰もが知っているイギリス文学のテキストを素材に、
イギリス英語の音読法をマスターする!

小川直樹〔著〕
イギリス英語で音読したい!
UK音読パーフェクトガイド

A5判 並製 164頁 音声CD+DL/定価(本体2,000円+税)
ISBN 978-4-327-44120-3 C1082

2020年10月22日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
どうしたらイギリス英語らしく発音できるか? 韻律(リズムとイントネーション)、母音と子音、音変化、発声法まで、イギリス英語の特徴を十分に理解し、イギリス英語の音読技術と会話力を高める。「マザー・グース」『不思議の国のアリス』『ピーター・ラビット』から、「シャーロック・ホームズ」、カズオ・イシグロ『日の名残り』まで(同梱CD+「トレーニング用音声」[無料ダウンロード])、魅力的な素材で徹底トレーニング!
目 次
I.UK の発音
1.本書を使った学習の仕方
2.イギリス英語らしさを出す要素
3.音読法解説

II.作品音読
1.「ハンプティ・ダンプティ」(マザー・グース)
2.ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』
3.ビアトリクス・ポター『ピーター・ラビットのおはなし』
4.チャールズ・ディケンズ『クリスマス・キャロル』(1)
5.チャールズ・ディケンズ『クリスマス・キャロル』(2)
6.アーサー・コナン・ドイル『四つの署名』(「シャーロック・ホームズ・シリーズ」)
7.ウィンストン・チャーチル首相スピーチ(1940)
8.ウィリアム・ワーズワース「水仙」
9.サマセット・モーム『月と六ペンス』
10.カズオ・イシグロ『日の名残り』
11.オスカー・ワイルド『幸福な王子』

著者紹介
小川 直樹(おがわ なおき)
英語音声学者・コミュニケーション向上コンサルタント。上智大学大学院言語学専攻博士前期課程修了。1998年、イギリスのレディング大学で研修。立教女学院短大から聖徳大学教授を経て、2013年コミュニケーションのコンサルティング会社Heart-to-Heart Communications (http://www.htc-c.net/)を設立し、代表取締役を務める。20年以上の女子大と教員研修での指導経験をもとに、英語発音・プレゼン技法・人間関係の技法などを一般に伝えている。著書に『イギリス英語でしゃべりたい! 』『もっとイギリス英語でしゃべりたい! 』『イギリス英語発音教本』(研究社)、『英語の発音 直前6時間の技術』(アルク)、『イギリス英語を聞くTHE RED BOOK』(コスモピア)、『人前で話すための聞いてもらう技術』(サンマーク出版)など多数。英語の勉強法についての書き下ろし記事を載せた無料メルマガ「もっと通じる英語に! 」も発行している。

仏検対策の決定版!

久松健一〔著〕
仏検対応 フランス語単語 Révolution

四六判 並製 496頁/定価(本体2,800円+税)
ISBN 978-4-327-39441-7 C1085

2020年10月22日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
●過去の仏検試験問題をすべて入力してデータベース化し、頻出または要攻略の単語・フレーズ等を分析して収録。
●見出し約2000語。特に準2級〜5級をターゲットにする。
●例文も仏検問題に即し、出題の形式やツボを押さえて再現。さらに、試験対策上のワンポイント・アドバイスも適宜組み込む。
目 次
●重要単語
●代名詞
●冠詞
●数詞
●動詞変化表

著者紹介
久松 健一(ひさまつ けんいち)
明治大学商学部准教授。専門はフランス語教育。『ケータイ〈万能〉フランス語文法』(駿河台出版社)、『仏検 準1級・2級必須単語集 vocabulissimo』(白水社、共著)、『仏検 3・4級必須単語集 petits pois』(白水社、共著)、『仏検対応 クラウン フランス語熟語辞典』(三省堂、共著)、『フランス語そのまま使えるフレーズブック』(白水社、共著)、など語学書の著作多数。『プログレッシブ仏和辞典』の一般語、『小学館ロベール仏和大辞典』の固有名も執筆。

教科化時代の理想の授業:その実践と理論

泉 惠美子・小泉 仁・築道和明・大城 賢・酒井英樹〔編著〕
すぐれた小学校英語授業
先行実践と理論から指導法を考える

B5判 並製 184頁/定価(本体2,200円+税)
ISBN 978-4-327-41104-6 C3082

2020年10月22日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
2020年、小学校英語の教科化の年、JASTEC創立40周年の年。
外国語活動から外国語が教科となった今だからこそ考えておくべき、授業成功の条件とは。
実際の授業例を再現した「実践編」では、授業中の効果的な取り組みについて授業者自身がコメントを加え、解説者が丁寧に分析し考察。
実践の基盤となる背景知識や理論について解説する「理論編」では、4技能5領域の統合、指導案の作成、評価方法、教材の活用など、すぐに役立つトピックを扱った。

〈日本児童英語教育学会(JASTEC)創立40周年記念企画〉

目 次
■第1部 実践編
1章 高学年の授業
 1節 6年生のティーム・ティーチング授業―言語活動の工夫
 2節 5年生のティーム・ティーチング授業―平和への思いを伝える発表活動
 3節 5年生の技能統合型授業―単元学習と「書くこと・読むこと」
 4節 6年生の「推測して聞く力」を育てる授業―異文化・他教科の題材の導入

2章 中学年の授業
 1節 4年生の専科教員による授業―教員と児童のやり取りを中心に
 2節 4年生の「他教科連携」授業―題材を重視した授業構築の試み
 3節 3年生の児童同士のやり取りを喚起する授業―担任の児童理解を生かす

3章 低学年の授業
 1節 1年生のティーム・ティーチング授業―ICTの効果的な活用
 2節 1年生の意味のあるやり取りで進める授業―豊富なインプットの与えかた

■第2部 理論編
1章 小学校学習指導要領と外国語活動・外国語科
 1節 小学校外国語教育の役割
 2節 小学校学習指導要領の理念を実現するために

2章 指導者に求められる英語力と指導力
 1節 指導者に求められる英語力と指導力
 2節 ティーム・ティーチングの進め方

3章 4技能5領域の指導とその進め方
 1節 言語活動とは―言語活動と言語材料を理解したり練習したりする指導
 2節 「聞くこと」と「話すこと[やり取り・発表]」の目標と指導
 3節 認知的な発達段階に応じた「読むこと」「書くこと」の指導
 4節 領域統合の指導

4章 授業づくりの視点と指導案の書き方
 1節 公立小学校現場の「授業づくり」の現状
 2節 今後の「授業づくり」のためのポイント
 3節 指導案のポイント―指導案例を一例にしながら

5章 教材研究と,教材の活用の進め方
 1節 教材研究の視点
 2節 デジタル教科書・ICT教材の活用法
 3節 絵本などの活用法

6章 より良い評価の在り方と進め方
 1節 評価の在り方
 2節 評価の進め方
 3節 評価の活用事例と作成手引き

7章 特別支援教育の視点を取り入れた外国語授業
 1節 学びのユニバーサルデザイン(UDL)
 2節 英語特有の困難性と具体的な支援例

参考文献
索引

▲ページトップに戻る