書籍検索

近刊情報

2019年12月以降の新刊予定

2019年11月の新刊

2019年11月の新刊

英語を自然に話すための「リズムとイントネーション」が
体で覚えられる!

岩村圭南〔著〕
【改訂版】英語の正しい発音の仕方(リズム・イントネーション編)

A5判 並製 32頁/定価(本体300円+税)
ISBN 978-4-327-76491-3 C7082

2019年11月25日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


別売CD/定価(本体300円+税)
ISBN 978-4-327-99136-4 C7882

2019年11月25日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
英語を英語らしく話すためには、個々の単語を正確に発音するだけでは不十分です。本書では、英語を自然に話すために欠かせないリズムとイントネーションがスムーズに体で覚えられます。すぐに使える日常英会話も満載で、リスニングの力も効果的に伸ばせます。好評だった初版(1997年刊)の改訂版。別売のCDもあります。

本文見本はこちらから

目 次
Part 1 強弱リズム
 体感練習(1)
 体感練習(2)
 表現練習
 役割練習
 総合練習

Part 2 イントネーション
 体感練習
 役割練習(1)基本編
 役割練習(2)表現編
 総合練習

Part 3 基本のチェック
 文のストレス
 単語のアクセント
 音変化
 総合復習

著者紹介
岩村圭南(いわむら・けいなん) 上智大学卒業後、ミシガン大学大学院留学。修士課程修了(M.A.)。英語教授法専攻。上智短期大学助教授を経て、コンテンツ・クリエイターとして独立。NHKラジオ第2放送で10年間にわたり「英会話レッツスピーク」、「徹底トレーニング英会話」、「英語5分間トレーニング」の講師を担当。『英語をめぐる冒険』(NHK出版)、『困った場面を切り抜ける 簡単カタコト英会話』(マイナビ出版)、『1分間英語(イングリッシュ)』シリーズ(アルク)、『20日間完成 オーバーラッピングで音読する 絶対話せる! 英文法』(サンマーク出版)など、著書多数。

英語教師のための基礎知識を解説したロングセラーの最新版

土屋澄男・秋山朝康・大城賢・千葉克裕・望月正道〔著〕
〈英語・英米文学入門シリーズ〉
最新 英語科教育法入門

A5判 並製 242頁/定価(本体2,500円+税)
ISBN 978-4-327-37513-3 C1398

2019年11月20日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 英語科教育法の教科書として、初版(1990年)、2版(2000年)、3版(2011年)と、多くの読者の支持を得てきたロングセラー『英語科教育法入門』の最新版(第4版)。小学校における教科としての外国語(英語)の開始、主体的・対話的活動の重視を謳う2017-18年告示の新学習指導要領対応。この新版では、CLILなどを扱う指導法の章を増設したほか、授業・学習形態の多様性について扱う章を新設した。

別冊付録「学習指導要領」はこちらから

目 次
《英語教育の基本問題》
第1章 英語を学ぶこと、教えること
第2章 英語の指導目標と内容
第3章 学習者の要因
第4章 良い教師の条件
第5章 言語習得の理論上の諸問題
第6章 指導法の変遷(1)
第7章 指導法の変遷(2)

《英語スキルの習得と指導》
第8章 発音の指導
第9章 文字と綴り字の指導 
第10章 語彙の指導
第11章 文法の指導
第12章 リスニングの指導
第13章 スピーキングの指導
第14章 リーディングの指導
第15章 ライティングの指導
第16章 言語技能を統合した指導)

《指導実践の諸問題》
第17章 教材研究と授業の準備
第18章 授業案の作成と授業の進め方
第19章 ICT を活用した授業
第20章 教授・学習形態の多様性
第21章 テストと評価
第22章 小学校の英語教育

付録 Lesson Planの見本
英語教育要語解説

2019年12月の新刊

2019年6月から実施の新形式(1. メモが取れる、2. 準備時間が長く
なった)に完全対応した、最新の問題集。

ロバート・ヒルキ、デイビッド・セイン〔著〕
TOEIC® SPEAKING テスト 問題集 新形式完全対応版

A5判 並製 2色刷 204頁+別冊72頁 音声DL/定価(本体2,300円+税)
ISBN 978-4-327-43094-8 C1082

2019年12月17日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
●TOEIC®は4技能に対応しており、TOEIC® Speaking and Writingテスト(SWテスト)は受験者が急増している。
●2016年1月からはSpeakingテストのみの受験も可能になった。
●本書は、このTOEIC® Speakingテストを、長い年月をかけてあらゆる方向から分析し、詳細な解説と本番さながらの模擬テストを5セット用意した『TOEIC® SPEAKINGテスト問題集』の待望の改訂新版。
●2019年6月から実施の新形式(1. メモが取れる、2. 準備時間が長くなった)に完全対応し、模擬テストも1セット追加(計6セット)。
●各企業が求めるスコア(海外出張レベル150点以上)を取るために必要な知識と技術をすべて盛り込んだ。

著者紹介
ロバート・ヒルキ(Robert Hilke) 企業研修トレーナー。元国際基督教大学専任講師。University of California 大学院修了(言語学)。異文化研修およびTOEIC, TOEFL, GREなど、テスト対策のエキスパート。各試験対策講座を国際的な大企業向けに年間約250日行なう。TOEIC 関連セミナーでの教授歴は30年近くにおよぶ。著書に、『TOEIC® テスト完全教本 新形式問題対応』(デイビッド・セインと共著、研究社)のほか、「頂上制覇TOEIC® テスト 究極の技術」シリーズ全6 巻(研究社)、『新TOEIC® テスト 直前の技術』 (アルク)など多数。

デイビッド・セイン(David A. Thayne) カリフォルニア州Azusa Pacific Universityで、社会学修士号取得。日本で30年近くにおよぶ豊富な英語教授経験を持ち、これまで教えてきた日本人生徒数は数万人におよぶ。現在までに120 冊以上、累計300万部の著作を刊行。著書に『ネイティブが教える 英語の時制の使い分け』『ネイティブが教える ほんとうの英語の前置詞の使い方』『ネイティブが教える ほんとうの英語の助動詞の使い方』『ネイティブが教える ほんとうの英語の冠詞の使い方『はじめてのTEAP 対策問題集』(研究社)ほか多数。

2020年1月以降の新刊

英語英文学界の現況を伝える英語関係者必携の年鑑

『英語年鑑』編集部〔編〕
英語年鑑 〈2020年版〉

B6判 上製 クロス装 函入 550頁/定価(本体21,000円+税)
ISBN 978-4-327-39950-4 C0002

2020年1月22日発売予定

内容紹介
わが国の英語学・英米文学・英語教育界の、2018年4月から2019年3月にいたる1年間の活動のあとを記録する。1960年から毎年刊行されている関係者必携の年鑑。また、英語学・英米文学・英語教育界の研究者約6,500名の住所録を収めた。住所録には、一部Eメール・アドレスや個人URLも収録。

目 次
英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望
英学日誌(2018.4―2019.3)
英語学・英米文学・英語教育関係者 個人研究業績一覧
全国大学・短大・高専英語教官構成一覧
英語学・英米文学・英語教育関係 研究団体一覧
英語学・英米文学・英語教育関係者 人名録
個人研究業績項目別索引


▲ページトップに戻る