書籍検索

近刊情報

2019年6月以降の新刊予定

2019年6月の新刊

2019年6月の新刊

「辞書にない訳語」を満載の辞書として、翻訳家・英語学習者に大好評の『新編 英和翻訳表現辞典』、新装版として刊行。

中村保男〔著〕
新装版 英和翻訳表現辞典

四六判 並製 840頁/定価5,832円(本体5,400円+税)
ISBN 978-4-7674-3010-2 C3582

2019年6月18日発売
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
柴田元幸氏 推薦!
 2002年に刊行された、中村保男著『新編 英和翻訳表現辞典』が出たときは本当に驚いた。1984年・94年に刊行された2冊がベースになっているのだから、驚いたのはこっちが不勉強な証拠なのだが、こちらの無知はひとまず措くとして、とにかく全編、翻訳者にとって有益なヒントの連続、山の中でダイヤモンドの原石がごろごろ転がっている場所に行きあたったような快感だった。これまで自分が、「どう訳したものか」と考えあぐねてきた語・句に対して、実に的確な訳語が充てられ、的確な例文がそこに添えてある。“That has been a valuable lesson to me”は「『いい勉強になりました』などと訳すと、日本語の表現らしくなる」といった個所は本当にいい勉強になったし、make a pointに関し「直訳調だと『いい点を突いている』といった表現になる」一方、「砕いて訳すと『言えてる』といったところか」とあるのも本当に言えてると思った。まさに翻訳者必携・必読の辞典だと思った。
柴田元幸(翻訳家、東京大学名誉教授)

辞典の特色
・一般の辞書の定義を「生きた日本語」に表現し直す。
・語義をしっかり把握した上で、「最適の表現」を見つける。
・一対一の形式的対応ではなく、臨機応変な適応力を身に付ける。
・時に和英の視点で考えてみる。
・英語のイメージを生かし、現代生活に使える「精彩ある訳語」を目指す。
・「実質対応」の理論に基づく、「真の伝達」を試みる。

著者紹介
中村保男(なかむら やすお) 翻訳家、評論家。1931年東京生まれ。1955年東京大学英文科卒業、58年同大学院修士課程修了。慶応大学、立教大学、早稲田大学、白鴎大学などで教師を歴任。2008年12月9日逝去。著書に、『新編 英和翻訳表現辞典』『英和翻訳表現辞典[基本表現・文法編]』『創造する翻訳 ことばの限界に挑む』(研究社)、『英和翻訳の原理・技法』(日外アソシエーツ)、『翻訳の秘訣 理論と実践』(新潮選書)、『日英類義表現辞典』(三省堂)ほか。編書(共編)に、『日本への遺言―福田恆存語録』(文春文庫)。訳書に、コリン・ウィルソン『アウトサイダー』(集英社文庫)、『夢見る力』『オカルト』(河出文庫)、『賢者の石』(創元推理文庫)、G・K・チェスタトン『ブラウン神父』シリーズ全5巻、『詩人と狂人たち』(創元推理文庫)、アガサ・クリスティ『漂う提督』(ハヤカワ・ミステリ文庫)、J・G・バラード『結晶世界』『燃える世界』(創元SF文庫)、エリック・クラフト『少年ピーターのささやかな冒険』(新潮・現代世界の文学)など多数。英訳書に、"Fukuda Tsuneari, Words, Novels, and Drama "(福田恆存『批評家の手帖――言葉の機能に関する文学的考察』(私家版)

時を越えて心に響く珠玉のアンソロジー

齊藤貴子〔編著〕
イギリス恋愛詞華集
〜この瞬間(とき)を永遠に〜

B6判 並製 260頁/定価2,376円(本体2,200円+税)
ISBN 978-4-327-48167-4 C3098

2019年6月18日発売
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 あふれる喜び、叶わぬ想い、愛の喪失、永遠の恋の記憶・・・。甘美に、ときに機知と諧謔をきかせ、ときには妖しく官能的に、さまざまな愛のかたちを紡いできたイギリス詩。
 16世紀の文豪シェイクスピアから21世紀のアンドルー・モーションまで。代表的なイギリス恋愛詩の数々を、近代イギリスの文学と文化に造詣の深い著者の、丁寧、かつ、ときに情熱的な解説により、堪能できる。人生を鮮やかに彩る恋愛の素晴らしさ、切なさも深く味わえる。

目 次
1章 ウィリアム・シェイクスピア「君を夏の一日にたとえてみようか」(ソネット18番)
2章 ジョン・キーツ「輝く星よ」
3章 アンドルー・モーション「ゲイズフォード・ストリート」
4章 トマス・キャンピオン「貴婦人たちに用はない」
5章 アンドルー・マーヴェル「恥じらう恋人へ」
6章 ジョン・ダン「蚤」
7章 ロチェスター伯ジョン・ウィルモット「恋人」
8章 ロバート・ブリッジズ「君を行かせはしない」
9章 ベン・ジョンソン「シーリアへ」
10章 トマス・ワイアット「狩りをしたいのは一体誰だ」
11章 フィリップ・ラーキン「驚異の年」
12章 テッド・ヒューズ「彼女のご主人」
13章 ロバート・ブラウニング「女の繰り言」
14章 ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ「接吻」
15章 マシュー・アーノルド「ドーヴァー海岸」

著者紹介
齊藤貴子(さいとう たかこ) 早稲田大学(エクステンションセンター)講師、上智大学大学院文学研究科講師。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程修了。専門は近代イギリス文学・文化で、主として詩と美術の相関を研究。朝日カルチャーセンターなどでも講座をもっている。著書に『ラファエル前派の世界』(東京書籍)、『21世紀 イギリス文化を知る事典』(出口保夫、小林章夫と共編著、東京書籍)、『諷刺画で読む十八世紀イギリス〜ホガースとその時代〜』(小林章夫と共著、朝日選書)、『楽しいロンドンの美術館めぐり』(出口保夫と共著、講談社)、『肖像画で読み解くイギリス史』(PHP新書)、『もう一度、人生がはじまる恋〜愛と官能のイギリス文学〜』(PHP新書)。編訳書に『英国ロマン派女性詩選』(国文社)。現在、雑誌『選択』にて「美の艶話」というエッセイを連載中。

発音記号を使わずに、綴り字のまま英語が読める

竹林 滋〔著〕
〈新装版〉 英語のフォニックス
綴り字と発音のルール

A5判 並製 256頁/定価2,484円(本体2,300円+税)
ISBN 978-4-327-45291-9 C1082

2019年6月18日発売
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 フォニックスとは、英米の小学校などで行われている綴り字の読み方の指導法である。発音記号を使わずに綴り字のまま英語が読めるようになるため、日本の小学校英語教育でも注目されている指導法である。
 本書は、フォニックスを日本に紹介した第一人者による解説書で、英語の綴り字と発音の間の基本的な規則を20のルールにまとめてある。英語学習者はもちろん、英語を教える教師の方々にも役立つ一冊である。
 なお、本書は『英語のフォニックス:綴り字と発音のルール(改訂版)』(1988年、ジャパンタイムズ刊)の復刊である。

目 次
PART I(初級編)
 母音字,子音字と母音,子音
 規則的な子音字
 Rule 1
 Rule 2
 Rule 3
 母音字の「短音」と「長音」
 Rule 4
 Rule 5
 Rule 6
 Rule 7
 Rule 8
 「硬いc, g」と「柔らかいc, g」
 Rule 9
 母音字のあとのr
 Rule 10
 Rule 11
 Rule 12

PART II(中級編)
 アメリカ発音とイギリス発音
 Rule 13
 注意すべき文字(1)
 Rule 14
 Rule 15
 Rule 16
 Rule 17
 注意すべき文字(2)
 多音節語
 アクセント
 強母音
 弱母音
 Rule 18
 Rule 19
 Rule 20
 例外的な綴り字
 発音されない文字
 ルールの応用
 注意すべき文字(3)

PART III(上級編)
 音節をつくる子音
 アクセントの位置が分かる語尾
 強形と弱形
 注意すべき発音
 母音記号と子音記号の一覧

著者紹介
竹林 滋(たけばやし しげる)(1926-2011):東京外国語大学名誉教授。専門は英語音声学。『ライトハウス英和辞典』など多くの辞書の編纂に携わる。著書に『英語音声学入門』(大修館書店)、『英語音声学』(研究社)などがある。

2019年7月以降の新刊

知識と教養の例文で1700語+英文法をマスター

村耕二〔著〕
インテグレート英単語
教養で学ぶ語彙・文法・語法

四六判 並製 284頁/定価1,944円(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-327-45286-5 C0082

2019年7月20日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 学校の教科内容(国語・数学・理科・社会など)や一般常識を題材とした例文で、知識・教養と英単語・文法をintegrate(統合)して学べる。約1700項目の見出し語・フレーズは、大学受験〜一般教養レベルの語彙を中心に、専門・学術レベルの語彙も含む。章は文法項目別に分かれており、ひととおり英文法を学んだ人も、現実味のある例文で実際の用法に触れながら知識が補強できる。読者対象は、学び直しの社会人・大学生のほか、英語が得意な高校生にも。

目 次
まえがき
本書の目的と対象
本書の学習レベル
本書の使い方
凡例

1 文型と動詞
2 名詞と冠詞
3 時制
4 完了形
5 助動詞
6 受動態
7 不定詞
8 動名詞
9 分詞
10 比較
11 関係詞
12 仮定法
13 否定
14 話法
15 特殊構文

参考文献
索引
発音記号表

著者紹介
村耕二(さきむら こうじ) 日本医科大学医学部教授。専門は、テクスト分析、言語表現論。1957年生まれ。高知大学教授、京都工芸繊維大学教授を経て、2013年より現職。オックスフォード大学ウルフソン・コレッジ客員研究員、京都大学高等教育研究開発推進機構非常勤講師、一般社団法人学術英語学会代表理事なども務める。著書に『最新 英語論文によく使う表現 基本編』(2017年)、『英語で論理的に表現する』(1998年)、『英語で明確に説明する 基礎編』(2000年)(以上、創元社)、『論理的な英語が書ける本』(2009年、大修館書店)などがある。

「上」を目ざす人のための英文解釈参考書

北村一真〔著〕
英文解体新書
構造と論理を読み解く英文解釈

A5判 並製 284頁/定価2,376円(本体2,200円+税)
ISBN 978-4-327-45292-6 C1082

2019年7月20日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 大学受験レベルの基本文法を習得した人が、多様なジャンルの英語の文章を読み解いていけるようにするための英文解釈参考書。長く支持されている伊藤和夫『英文解釈教室』の伝統を引き継ぎ、英文を読み解くための思考プロセスを重視するとともに、PoeからPiketty, Pinkerまでの多彩なジャンルと文体の英語を例題として用意、また受験英語+αの文法事項も盛り込んだ。

目 次
第1章 基本的な文の構造
 1-1 何がどうする
 1-2 文型(SVOC)
 1-3 文の中の文(1)
 1-4 文の中の文(2)

第2章 情報の流れと特殊な語順
 2-1 入れ替わる語順(1)
 2-2 入れ替わる語順(2)
 2-3 前に移動する名詞
 2-4 後ろに移動する名詞
 2-5 文法的な倒置

第3章 情報の流れと特殊な構文
 3-1 受動態
 3-2 thereを用いた構文
 3-3 itを用いた構文(1)
 3-4 itを用いた構文(2)
 3-5 whatを用いた構文とその類例

第4章 省略
 4-1 並列関係と省略(1)
 4-2 並列関係と省略(2)
 4-3 何を比較しているのか?

第5章 構文の擬態
 5-1 品詞は何?
 5-2 例の構文(熟語)?  それとも?

第6章 上級の読解英文法
 6-1 名詞句の奥深さ
 6-2 複雑な関係詞節
 6-3 特殊なso…that 構文
 6-4 難度の高い挿入句
 6-5  useとmentionの違い

第7章 破格的な構造
 7-1 冗長な繰り返し
 7-2 構文のブレンド

第8章 文章の構造
 8-1 文章構成の基本
 8-2 列挙と分類
 8-3 比較と対照

著者紹介
北村一真(きたむら・かずま) 1982年生まれ。2005年慶應義塾大学文学部卒、2007年同大学前期博士課程修了、2010年、同大学大学院後期博士課程単位取得満期退学。学部生、大学院生時代に関西の大学受験塾、隆盛ゼミナールで難関大受験対策の英語講座を担当。滋賀大、順天堂大の非常勤講師を経て、2009年に杏林大学外国語学部助教に就任。現在、同大学の准教授。また、中央大の兼任講師。訳書に『世界の英語と社会言語学――多様な英語でコミュニケーションする』(共訳、慶應義塾大学出版会、2013)、著書に『Winning Presentations―動画で学ぶ英語プレゼンテーション――覚えておきたい8つのモデル』(共著、成美堂、2018)など。


▲ページトップに戻る