書籍検索

近刊情報

2018年12月以降の新刊予定

2018年12月の新刊

2018年12月の新刊

トラベルにトラブルは付き物だ! 待望の「続編」です。

読売新聞国際部 & The Japan News〔著〕
(続)特派員直伝 とらべる英会話

四六判 並製 192頁/定価1,404円(本体1,300円+税)
ISBN 978-4-327-44118-0 C0082

2018年12月17日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 本書は『読売新聞』(日曜日付)の「えいご工房」という英語学習ページに好評連載中の「特派員直伝 とらべる英会話」の86回分をまとめたものです。執筆しているのは読売新聞国際部の34人の海外特派員で、彼らが現地を飛び回る中で知った、旅や日常生活で役立つフレーズを臨場感あふれるエピソードとともに紹介します。語学の専門家が書くような教養的なエッセイと違い、彼らの体験(実話)が軽妙なタッチできわめて〈実用的〉に書かれているところが特徴です。今回も同様に、執筆した34人の特派員の「人となり」も簡単にご紹介します。
目 次
01 ドレスコードはありますか?(ロンドン特派員)
02 列に並んでいますか?(ニューヨーク特派員)
03 霜降り牛肉をいただけますか?(エルサレム特派員)
04 どんな仕事をしていますか?(ワシントン特派員)
05 往復切符をください(ロンドン特派員)
06 邪魔者にはなりたくない(ロサンゼルス特派員)
07 今日はついていない(ニューヨーク特派員)
08 割り勘で会計してください(ワシントン特派員)
09 念のためお伝えしますが、それは事前にお願い済みです(台北特派員)
10 ICチップでどうぞ(ニューヨーク特派員)
11 打ち合わせを兼ねたランチはいかがですか?(ニューデリー特派員)
12 ここで降ります!(ロンドン特派員)
13 インフルエンザにかかっています(ベルリン特派員)
14 カードが不正利用された疑いがあります(ワシントン特派員)
15 別の案はないの?(ロサンゼルス特派員)
16 あなたとはずっと親友よ!(ロンドン特派員)
17 かけ間違いだと思います(ワシントン特派員)
18 路面凍結に注意(ブリュッセル特派員)
19 通るわよ!(ニューヨーク特派員)
20 出産予定日はいつですか?(ロンドン特派員)
21 犬にかまれました!(ジュネーブ特派員)
22 空けておきますか?(ワシントン特派員)
23 点滴を受けたい(ローマ特派員)
24 この便は予約超過です(エルサレム特派員)
25 またの機会にしましょう(ワシントン特派員)
26 頭上に気をつけて!(ニューヨーク特派員)
27 ちょっとありがちな感じじゃない?(ロサンゼルス特派員)
28 歯の詰め物が取れました(ヨハネスブルク特派員)
29 まだ決めていません(ワシントン特派員)
30 ATMからカードが出てこないんです(ジャカルタ特派員)
 ……ほか

《詳しい目次はこちらから》

人気コラム「編集手帳」で英語を学ぶ

読売新聞 & The Japan News〔著〕
対訳 読売新聞「編集手帳」

四六判 並製 176頁 音声ダウンロード/定価1,512円(本体1,400円+税)
ISBN 978-4-327-49024-9 C0082

2018年12月17日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 『読売新聞』の朝刊1面に毎日掲載されている人気のコラム「編集手帳」。その英訳版は、『読売新聞』の英字紙であるThe Japan News に連載されています。2014〜2017年の連載から79回分をセレクトし、1冊にまとめたのが本書です。
 「編集手帳」の珠玉の名作を、英語で読める・聞けるのが特徴です。「身近な話題について英語で読みたいが、時事ニュースは硬すぎて読みにくい」という方におすすめ。
 英語の音声は無料ダウンロード。
目 次
2014年
1/7  “Life” has “if” in it …
3/12  We do not choose when to die …
4/4  Islanders called him “the man who makes …
6/7  Everybody has a side …
7/19  Soviet dictator Josef Stalin …
 …ほか

2015年
1/8  Malaga, a resort in Spain …
1/30  Yasuji Toita, a Tokyo-born theater critic …
3/20  Several years ago, she was invited …
4/2  Norizo Matsuuchi, a sportscaster …
4/7  He felt as if his inflated ego …
 …ほか

2016年
1/5  Why can camels live in the desert …
1/16 Hiroshi Yoshino once wrote a poem …
1/21 The boy was left to someone’s care …
2/23 Writer Hyakken Uchida treasured …
3/8  Fortune-teller: “You must have …
3/19 Sandwiches. Ham and eggs. Toast …
4/7  Among the pirates who wreaked havoc …
4/28 From whom do people draw bodily warmth …
5/7  The heaviest president in U.S. history …
5/24 A teacher was visited by the mother …
 …ほか

2017年
1/1  She was probably in kindergarten …
1/6  A hina doll with a loose head …
2/1  I can imagine it happening …
2/25 When it comes to an intentional walk …
3/2  Painter Ikuo Hirayama survived …
3/8  A homestead family is seen going to …
3/16 There apparently is a beautiful Japanese word …
4/1  Kabuki actor Onoe Kikugoro VI …
4/5  It was at the age of 13 …
4/21 Novelist Koyo Ozaki bought …
 …ほか

《詳しい目次はこちらから》

英語のフレーズが生まれ、定着する過程を徹底究明!

井上亜依〔著〕
英語定型表現研究の体系化を目指して
形態論・意味論・音響音声学の視点から

A5判 上製 292頁/定価4,320円(本体4,000円+税)
ISBN 978-4-327-40170-2 C3082

2018年12月17日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 現代英語に観察される定型表現に焦点を当て、コーパスのデータをもとに、意味論、形態論、音響音声学の3つの側面からアプローチを行なう。ある語と語の組み合わせが定型表現になるための形成方法、形成タイプ、過程、条件、ストレスパタンルールを提示し、定型表現研究に体系的枠組みを与えることを目指す。
目 次
第1章 本書で扱う英語定型表現研究――目的・問題・研究手法・データ・概念
第2章 「-ed形」から「Φ形」への移行による複合語化――a pirate versionを中心に
第3章 複合前置詞として機能する新しい定型表現
    ――until to, up until to, on against, in and out, in toを対象として
第4章 補文構造の画一化――it looks that節を例として
第5章 新しい相関接続詞――though A but Bと類似の表現
第6章 新しい定型表現――in and of itselfとin and of
第7章 法助動詞から名詞への転換――a should, a ought, shoulds and oughtsなど
第8章 画一化された定型表現――人・物を表すthose that
第9章 仮定法wereの変化――定型表現as it wereからas it wasへ
第10章 既存の枠組みの説明を超えた定型表現――the way howを例として
第11章 英語定型表現への道――形成方法、形成タイプ、形成過程、形成条件、ストレスパタンルール

著者紹介
井上亜依(いのうえ あい) 防衛大学校総合教育学群外国語教室准教授。博士(言語コミュニケーション文化)。専門はフレイジオロジー。著書に Present-Day Spoken English: A Phraseological Approach, 共著に『21世紀英語研究の諸相――言語と文化からの視点』、『英語定型表現研究――歴史・方法・実践』など。

柔軟な思考力・共感力を鍛えるために

有田佳代子・志賀玲子・渋谷実希〔編著〕 新井久容・新城直樹・山本冴里〔著〕
多文化社会で多様性を考えるワークブック

B5判 並製 176頁/定価2,376円(本体2,200円+税)
ISBN 978-4-327-37745-8 C1036

2018年12月17日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 多文化社会で必要なしなやかな思考力・共感力を対話形式で鍛えるワークブックです。国籍・宗教・ジェンダー・言語など幅広いトピックを扱っており、異文化コミュニケーションや日本語教師養成コースのテキストとして、また日本語ボランティア等での他者理解にも役立つ内容となっています。
どこからでも始められる1章完結型。限られた時間で使えるミニワークも収録しています。
※教師用参考資料「授業実践のヒント」 (B5判 (予)140頁) はHPからPDFダウンロード
目 次
第1部 異なりを考える
 第1章:郷に入っては郷に従え? −異文化間ソーシャルスキル−
 第2章:心が広いってどういうこと? −寛容性−
 第3章:言いにくいことをどう伝える? −アサーション・トレーニング−
 第4章:えっ? あなたはこう思わないの? −ビジネスでの異文化接触−
 第5章:「○○人」ってだれのこと? −「日本人」・「外国人」−
 第6章:あなたにとっての「カミ」とは? −宗教観−

第2部 差別とその感情を考える
 第7章:悪気はなかったんだけど… −マイクロ・アグレッション−
 第8章:今のあなたはどういう立場? −マイノリティとマジョリティ−
 第9章:みんなが暮らしやすく! −ユニバーサルデザイン−
 第10章:自分の家の近くはだめ? −沖縄−
 第11章:ひとくくりはあぶない! −ステレオタイプ−
 第12章:国って愛さなきゃいけないの? −ナショナリズム−

第3部 言語間の平等を認識する
 第13章:「ことばができる」ってどんなこと? −国境を越える子どもの言語習得−
 第14章:わかりやすく伝えよう! −やさしい日本語−
 第15章:にぎやかな、音を使わない言語 −手話−
 第16章:英語だけでいいですか? −英語一極集中の功罪−
 第17章:いくつもの言語とともに −複言語主義−
 第18章:軍隊を持つ方言って? −言語バリエーション−

第4部 ミニワーク −ちょっとした気づきのために−
1〈アイスブレイク −氷を溶かそう!−〉
 1-1 増える自己紹介
 1-2 あなたはどっち派?
 1-3 仲間を探そう
 1-4 聞こう話そう
2〈ダイバーシティに気づこう!〉
 2-1 いろいろなあいさつ
 2-2 プレゼントゲーム
 2-3 わたしの大切
 2-4 食品ピクトグラム
 2-5 タイムゲーム
3〈自分の価値観を客観視しよう!〉
 3-1 ○○らしさ
 3-2 学校の先生になろう
 3-3 代表選考委員会
 3-4 常識ってなんだろう?
 3-5「中立的なことば」って何?

著者紹介
〔編著者〕
有田佳代子(アリタ カヨコ) 敬和学園大学人文学部特任准教授。一橋大学より博士(学術)取得。専門は日本語教育史、多文化共生論、日本語教育方法論。主著は、『日本語教師の「葛藤」─- 構造的拘束性と主体的調整のありよう』(ココ出版)、『心ときめくオキテ破りの日本語教授法』(共著、くろしお出版)、「パーマーのオーラル・メソッド受容についての一考察:『実用』の語学教育をめぐって」『一橋大学留学生センター紀要』12号。モットーは笑門来福。

志賀玲子(シガ レイコ) 東京経済大学・一橋大学非常勤講師(文章表現・留学生科目)。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。修士(学術)。専門は日本語教育、協働学習。日本語教師養成にも携わる。共著に、『どうすれば協働学習がうまくいくか ─- 失敗から学ぶピア・リーディングの科学』(ココ出版)、『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド』(翔泳社)、『日本語教師のための実践・作文指導』(くろしお出版)など。

渋谷実希(シブヤ ミキ) 日本やタイでことばの教育に携わり、現在は一橋大学大学院・東京大学非常勤講師。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。修士(学術)。専門は言語教育の教室活動、コミュニケーション教育。共著に、『会話の授業を楽しくする コミュニケーションのためのクラス活動40』(スリーエーネットワーク)、『プレゼンテーションの基本 協働学習で学ぶスピーチ ─- 型にはまるな、異なれ!』(凡人社)など。

〔著者〕
新井久容(アライ ヒサヨ) 早稲田大学・青山学院大学非常勤講師。専門は日本語教育学、言語文化教育。
新城直樹(アラシロ ナオキ) 琉球大学国際教育センター講師。専門はレトリック、教育工学、方言研究。
山本冴里(ヤマモト サエリ) 山口大学国際総合科学部准教授。専門は日本語教育学、複言語教育。

2019年1月以降の新刊

英語英文学界の現況を伝える英語関係者必携の年鑑

『英語年鑑』編集部〔編〕
英語年鑑 <2019年版>

B6判 上製 クロス装 函入 562頁/定価22,680円(本体21,000円+税)
ISBN 978-4-327-39949-8 C0002

2019年1月23日発売予定

内容紹介
 わが国の英語学・英米文学・英語教育界の、2017年4月から2018年3月にいたる1年間の活動のあとを記録する。1960年から毎年刊行されている関係者必携の年鑑。また、英語学・英米文学・英語教育界の研究者約8,000名の住所録を収めた。住所録には、一部Eメール・アドレスや個人URLも収録。
目 次
英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望
英学日誌(2017.4―2018.3)
英語学・英米文学・英語教育関係者 個人研究業績一覧
全国大学・短大・高専英語教官構成一覧
英語学・英米文学・英語教育関係 研究団体一覧
英語学・英米文学・英語教育関係者 人名録
個人研究業績項目別索引


▲ページトップに戻る