書籍検索

近刊情報

2020年1月以降の新刊予定

2020年1月の新刊

2020年1月の新刊

英語英文学界の現況を伝える英語関係者必携の年鑑

『英語年鑑』編集部〔編〕
英語年鑑 〈2020年版〉

B6判 上製 クロス装 函入 540頁/定価(本体21,000円+税)
ISBN 978-4-327-39950-4 C0002

2020年1月22日発売
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
わが国の英語学・英米文学・英語教育界の、2018年4月から2019年3月にいたる1年間の活動のあとを記録する。1960年から毎年刊行されている関係者必携の年鑑。また、英語学・英米文学・英語教育界の研究者約6,500名の住所録を収めた。住所録には、一部Eメール・アドレスや個人URLも収録。
目 次
英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望
英学日誌(2018.4―2019.3)
英語学・英米文学・英語教育関係者 個人研究業績一覧
全国大学・短大・高専英語教官構成一覧
英語学・英米文学・英語教育関係 研究団体一覧
英語学・英米文学・英語教育関係者 人名録
個人研究業績項目別索引

2020年2月の新刊

日常の〈話し言葉〉や〈慣用句〉を理解して使いこなすための辞典。

山根智恵〔監修〕 佐藤友子・奥村圭子〔編集委員〕
研究社 日本語口語表現辞典〈第2版〉

四六判 ビニール装 函入 1224頁/定価(本体5,400円+税)
ISBN 978-4-7674-5022-3 C0581

2020年2月17日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
一般の国語辞典では使い方や例文が不足しているために、中上級の日本語学習者が不便を感じたり、日本語教師が指導するのに苦労している「口語表現」や「話し言葉」に焦点を当てた日本語辞典。 くだけた表現や流行語・若者言葉だけでなく、古くさい表現や慣用句・決まり文句、専門用語や方言でも、日常の「話し言葉」として頻繁に使われている日本語は積極的に取り上げた。また、実社会や新聞・雑誌等で使われている「ビジネス日本語」の微妙なニュアンスも解説した。見出し語は3,336語。344語を増補。巻末資料の音変化、接頭辞、接尾辞、発話の末尾の表現、省略表現も改訂増補した。
特 色
・見出しは、実際によく使われている形(長めのものもある)を基本とした。
・《使い方》で、どのような使われ方をするのか、語と語の連結(コロケーション)を示した。
・《解説》で、見出しの由来や語源についても触れた。意外と知らない蘊蓄情報が満載。
・《解説》で、見出しがどのような世代で多く使われるのか、男女どちらに多く用いられるのか、
 否定的な含みがあるのか、上から目線の表現かどうか、といった情報についても詳しく触れた。
・《表記》で、見出しがどのような表記(漢字・ひらがな・カタカナ)でよく使用されるのかという情報を
 載せた。
・《会話例》で、見出しの使われ方を具体的な場面の「対話例」で示した。また、日本人の代表的な姓名を
 ふんだんに盛り込んだ。
・学習者の便を考え、漢字にはふりがな(ルビ)を多く用いた。
著者紹介
〈監修〉山根智恵
〈編集委員〉佐藤友子、奥村圭子
〈執筆〉池田隆介、大場美和子、荻原稚佳子、奥村圭子、久木田恵、熊野七絵、黒木晶子、佐藤友子、
 清水泰生、田中弥生、永井涼子、西村美保、登里民子、松岡洋子、山根智恵 (*50音順)

「ビジネス英語難民」の救世主となる1冊

生駒隆一〔著〕 ケリー伊藤〔監〕
ビジネス英語便利帳

A5判 並製 124頁/定価(本体1,200円+税)
ISBN 978-4-327-43095-5 C0082

2020年2月17日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
英語が苦手だが仕事で使わざるをえない人たちのために、一部上場企業の英語担当者が作成したビジネス英語ガイダンスを書籍化、引いてよし、読んでよしの「ビジネス英語難民」の救世主となる1冊。「英語を使わざるをえない」社員が実際に英語で困っていることをきめ細かく拾い出し、シンプルでわかりやすい用例を中心に構成して、コンパクトにまとめた。メール、電話、会議、ビジネス英語講座の4本立て。
目 次
Part 1 ビジネス・メール
1 書き出しフレーズ
2 社内にはびこるダメ表現
3 日時と数字の書き方
4 不在メール
〔付録1〕 Best regards, に要注意!
〔付録2〕 お勧めの書式

Part 2 ビジネス電話
1 電話をかける
2 電話に出る
〔付録〕 聞き返しフレーズ

Part 3 ビジネス・ミーティング
1 メールで手配
付属書1 議題のお勧め書式
付属書2 出席者名簿のお勧め書式
付属書3 出張旅程表のお勧め書式
2 当日の挨拶と概要説明
3 メールでフォローアップ

Part 4 ビジネス英語の基本
1 動詞力は英語力
2 類義語の違いを知る
3 誤解の多い使い方
4 「検討する」
5 inform とprovide
6 「が、」は使わない!
〔付録〕 英文レターのモデル集

《詳しい目次はこちらから》

著者・監修者紹介
生駒隆一(いこま・りゅういち) 1954年、東京生れ。1978年に大手エンジニアリング会社の千代田化工建設に入社。海外営業に従事。その後、NTTグループ会社の海外展開に参画し、1997年から長期にわたり米国勤務。帰国後はグローバル人材の育成に注力し、長年の海外ビジネス経験をコアとした英語研修プログラムのデザインを推進。その成果を本書にまとめる。

ケリー 伊藤(Kelly Itoh) 1954年生まれ。米国ではミネアポリスのニュース専門局で活躍。日本では企業研修、執筆活動やオンライン指導を精力的に展開している。著書に『英語ライティング講座入門』『英語パラグラフ・ライティング講座』『英語ライティング実践講座』『英語ロジカル・ライティング講座』(研究社)ほか多数。インターネットアドレスは http://kellyslab.com/

2020年3月以降の新刊

原文の徹底精読で古典の中に新発見を!

薬袋善郎〔著〕
ミル『自由論』 原書精読への序説

B6判 並製 272頁/予価(本体2,000円+税)
ISBN 978-4-327-49025-6 C1082

2020年3月16日発売予定

内容紹介
『英語リーディング教本』などで英文読解指導に定評ある著者が、ライフワークとして取り組んでいる
『自由論』精読。
本書では冒頭の主題提示部を細密に分析し、難解で知られる古典の、日本語訳では十分に伝わらない論旨を
明らかに。
原文に書かれた事柄と論理的つながりを徹底的に考えぬくことで得られる味読の極致。
目 次
1 はじめに
2 典拠の英文について
3 各節の大意
4 原文
5 解説
6 全訳
7 あとがき
8 語注
著者紹介
薬袋善郎(みない・よしろう) 東京大学法学部卒。駿台予備学校講師、日本語教育フォーラム講師として人気を博した。英語を論理的に理解するための方法論Frame of Reference(英語構文の判断枠組み)を提唱し、高校生から社会人まで幅広く支持を集める。また、TIMEやNewsweekなど一流英語誌に対処するための本格的なリーディング指導でも高く評価されている。著書に『英語リーディング教本』『英語リーディングの秘密』『英語リーディングの真実』『思考力をみがく英文精読講義』『薬袋式英単語暗記法』『TOEICテストスーパートレーニング基礎文法編』(いずれも研究社刊)ほか多数。

▲ページトップに戻る