研究社 会社案内 採用情報 サイトマップ 書店様向け 教育現場向け

研究社 WEB マガジン Linga リンガ

 

 

    現代英語を英語史の視点から考える 堀田 隆一

 

   連載 『英文解釈教室』ノート 柴田耕太郎

 

   連載 読んで味わうドイツ語文法 矢羽々 崇
0 はじめに    
1 第1課 あいさつしよう
――「こんにちは!」(赤ずきん)
 
2 第2課 発音を少しずつ…(その1 母音編)
――「ウィーンとワインよ」
 
3 第3課 発音を少しずつ…(その2 子音編)
――「喜びよ、麗しい神々の火花よ」(シラー)
 
4 第4課 名詞の性と冠詞(1)
――「私たちが主権者たる国民だ」「私たちはひとつの国の民だ」
 
5 第5課 名詞の性と冠詞(2)
――「私はベルリン市民だ」(ケネディ)
 
6 第6課 最重要動詞(1) sein
――「神は死んだ」(ニーチェ)
 
7 第7課 主語に合わせた動詞の変化(1)
――「我思う、故に我あり」(デカルト)
 
8 第8課 主語に合わせた動詞の変化(2)
――「都市の空気は自由にする」
 
9 第9課 最重要動詞(2) haben「持つ」とwerden「なる」
――「不安かい」(『モモ』)
 
10 第10課 ドイツ語文の語順
「ここに私は立つ」(マレーネ・ディートリヒ)
 
11 第11課 「てにをは」のような格と冠詞の変化(1)
――「君はあの国を知っている?」(ゲーテ)
 
12 第12課 「てにをは」のような格と冠詞の変化(2)
――「音楽は最高の神からの贈り物だ」(ルター)
 
13 第13課 名詞の複数形
――「馬子にも衣装」(ケラー)
 
14 第14課 duとer/sie/esで不規則変化する動詞
――「時は車を乗りまわす」(ケストナー)
 
15 第15課 dieser型の冠詞、mein型の冠詞
――「お父さん、お父さん!」(ゲーテ)
 
16 第16課 人称代名詞
――「君を折るぞ!」「あなたを刺すわ!」(ゲーテ)
 
17 第17課 前置詞は特定の格と結びつく1
――「戦争とはたんに政治を別手段で継続することである」(クラウゼヴィッツ)
 
18 第18課 前置詞は特定の格と結びつく2
前置詞は特定の格と結びつく2 ――「ベルリンの上の空」(ヴィム・ヴェンダース)
 
19 第19課 助動詞
――「クララ、もう自分で歩けるのね!」(シュピーリ)
 
20 第20課 未来形、lassen
――「ブランデンブルク門がもはや国境ではなくなる日が来るであろう」(ブラント)
 
21 第21課 命令
――「愛しい五月よ、来て木々をまた緑にしてくれ!」(オーファーベック)
 
22 第22課 分離動詞・非分離動詞
――「ある亡霊がヨーロッパを徘徊している、共産主義という亡霊が。」(マルクス/エンゲルス)
 
23 第23課 再帰代名詞、再帰動詞
――「父さん、撃って、僕は怖くない」(シラー)
 
24 第24課 zu不定詞
――「アウシュヴィッツの後で詩を書くことは野蛮だ」(アドルノ)
 
25 第25課 動詞の三基本形
――「ミュンヘンは輝いていた」(マン)
 
26 第26課 過去形
――「ルンペルシュティルツヒェン」(グリム)
 
27 第27課 現在完了形
――「それをおまえに悪魔が言ったのだな」(グリム)
 
28 第28課 従属の接続詞と副文
――「グレゴーア・ザムザが、ある朝…」(カフカ)
 
29 第29課 形容詞の語尾変化1
――「きよしこの夜」(モーア)
 
30 第30課 形容詞の語尾変化2
――「春が来た」(メーリケ)
 
31 第31課 形容詞の名詞化
――「芸術は見えるようにするのだ」(クレー)
 
32 第32課 比較表現
――「私たちはテロリズムよりも強いのです」(メルケル)
 
33 第33課 分詞のさまざま
――「ミネルヴァのフクロウは・・・」(ヘーゲル)
 
34 第34課 受動文
――「誰が救われた?」
 
35 第35課 指示代名詞
――「音を作るのは指揮者」カラヤン
 
36 第36課 関係文
―― リヒテンベルクのアフォリズム
 
37 第37課 不定関係代名詞 wer など
――「過去に目を閉ざす者は…」(ヴァイツゼカー)
 
38 第38課 da[r] + 前置詞と wo[r] + 前置詞
―― 『論理哲学論考』(ヴィトゲンシュタイン)
 
New 39 第39課 接続法第1式
――「夜のバスのどれかに乗れ」(ケストナー)
 
New 40 第40課 接続法第2式
―― 「もし私が小鳥なら」
 

 

   リレー連載 実践で学ぶ コーパス活用術
37 CHILDES を使って 子どもの言語使用を探る
― 実践編 ―
鈴木 陽子
36 CHILDES を使って 子どもの言語使用を探る
― 基礎編 ―
鈴木 陽子
35 コーパスで学習者の英作文の特徴を探る
― 実践編 ―
三木 望
34 コーパスで学習者の英作文の特徴を探る
― 「メタ談話標識」とは何か ―
三木 望
33 コーパスを使った英語授業: DDL(Data-driven learning)入門(2)
― 英語コーパスを活用する ―
佐竹 由帆
32 コーパスを使った英語授業: DDL(Data-driven learning)入門(1)
― 日英パラレルコーパスを活用する ―
佐竹 由帆
31 学習者コーパスに見る日本語習得のストラテジー
― 教師の教え方と学習者の学び方 ―
迫田 久美子
30 学習者コーパスと日本語の習得研究
― データからわかることとわからないこと ―
迫田 久美子
29 コーパス準拠の日本語学習辞書
― 多義語の語釈と語義の配列順 ―
砂川 有里子
28 コーパス準拠の日本語学習辞書
― オンラインの辞書と辞書開発支援ツール ―
砂川 有里子
27 コーパスを使って英語学習者の言語使用の実態を探る
― 後編 ―
阿部 真理子
26 コーパスを使って英語学習者の言語使用の実態を探る
― 前編 ―
阿部 真理子
25 語彙表を作ってみよう コーパスと教育の接点
― 実践編 ―
金田 拓
24 教育語彙表の変遷に見る、コーパスと教育の接点 金田 拓
23 コーパスで探る英語の英米差
― 実践編 ―
堀田 隆一
22 コーパスで探る英語の英米差
― 基礎編 ―
堀田 隆一
21 認知言語学を用いてコーパスから意味を探る
― 前置詞・句動詞編 ―
大谷 直輝
20 認知言語学を用いてコーパスから意味を探る
― 入門編 ―
大谷 直輝
19 学習者の話し言葉コーパスを使った語用論分析
(2)買い物での要求の表現
三浦 愛香
18 学習者の話し言葉コーパスを使った語用論分析
(1)談話標識 well, I mean, kind of, like の使い方
三浦 愛香
17 コーパスで話し言葉を探る
― 実践編 ―
青木 理香
16 コーパスで話し言葉を探る
― 基礎編 ―
青木 理香
15 COCA を使った類義語の検証 内田 諭
14 COCA を使ったコロケーションの検索 内田 諭
13 日本語コーパスに見られる慣用句の変化可能性 石田 プリシラ
12 日本語コーパスに見られる慣用句の用法 石田 プリシラ
11 パラレルコーパスの可能性 仁科 恭徳
10 学習者コーパスで何ができるのか? 鎌倉 義士
9 学習者コーパスとは何か? 鎌倉 義士
8 コーパスを活用した古くて新しい学問領域:フレイジオロジー
― 実践編 ―
井上 亜依
7 コーパスを活用した古くて新しい学問領域:フレイジオロジー
― 理論編 ―
井上 亜依
6 言語統計の基礎(後編)
― 共起尺度 ―
小林 雄一郎
5 言語統計の基礎(前編)
― 頻度差の検定 ―
小林 雄一郎
4 Google をコーパスに見立てる 仁科 恭徳
3 英語コーパス体験ツアー
― BNCweb を検索してみる ―(後編)
石井 康毅
2 英語コーパス体験ツアー
― BNCweb を検索してみる ―(前編)
石井 康毅
1 なぜコーパスか? 赤須 薫

 

   リレー連載 Found in Translation

 

▲ページトップに戻る

複写について プライバシーポリシー お問い合わせ

Copyright(C)Kenkyusha Co., Ltd. All Rights Reserved.