Web英語青年 2013年3月号目次

連載

善意と文学――語りの「丁寧」をめぐって
第 22 回 (最終回) ウォレス・スティーヴンズの無愛想 (下)  阿部公彦

 十八世紀からの再出発――ダニエル・デフォー『ペストの記憶』(19)(最終回)
   訳 武田将明

翻訳書書評

J.H. ステイプ編著 『コンラッド文学案内』
栂 正行

Web 英語青年 3 月号 第 158 巻第 12 号(総号 1970 号)●平成 25 年 3 月 1 日発行●編集人 星野龍●発行者 関戸雅男●発行所 株式会社研究社 東京都千代田区富士見2-11-3 ●デザイン 岩野美也子(ibox design)●(c) 株式会社研究社 2013

休刊のお知らせ

 『Web 英語青年』をご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。
 4年間にわたり刊行して参りました小誌ですが、諸般の事情により、3月号をもって休刊することとなりました。
 教員公募、学会・研究会等の告知に関しましては、ご提供いただいた情報を弊社サイトの掲示板に今後も掲載して参ります。こちらは引き続きご利用いただけますと幸いでございます。
 なお、今夏より、内容を一新したオンライン・マガジンを弊社ホームページにて開始する予定でございます。こちらは英文学・英語学を対象とするものではなく、広く「言葉」に関する読み物を掲載する予定ですが、ご高覧を賜りますとありがたく存じます。

 最後になりましたが、永年のご愛顧にあらためて心より感謝申し上げます。(編集部)


片々録

報告 一覧
●春の叙勲
●福原賞受賞者決定
●PEN/Faulkner 賞
 
 
(2016年5月27日更新)

報 告

● 春の叙勲
2016年度春の叙勲受章者のうち英語関係者では、石田久氏(大阪大学名誉教授)、大瀧伊久男氏(千葉商科大学名誉教授)、次重寛禧氏(和歌山大学名誉教授)、篠三知雄氏(三重大学名誉教授)、中野弘三氏(名古屋大学名誉教授)、中村保夫氏(愛媛大学名誉教授)が瑞宝中綬章を受章した。

 内閣府: 平成28年春の叙勲等(http://www8.cao.go.jp/shokun/hatsurei/28haru.html)。

● 福原賞受賞者決定
故福原麟太郎氏の遺志を汲み、夫人雛恵氏の遺言に基づいて、新進・中堅の英米文学研究者の研究・出版を奨励する目的で設立された福原賞(公益信託福原記念英米文学研究助成基金)の第24回(平成27年度)受賞者が、以下の通り決まった。
 研究助成:
  エグリントンみか氏日本における「ユーラシア・シェイクスピア」の上演研究」、
  大西寿明氏Evelyn Waugh の小説における男性性表象」。
 出版助成:
  大石和欣氏家のイングランド――変容する社会と建築物の詩学」、
  秋草俊一郎氏ナボコフのアメリカ――亡命作家、「世界」に出会う」。
今回の応募件数は、研究助成16件、出版助成8件であった。

▲ 第25回(平成28年度)応募規定
 (1) 応募資格: 日本において、英米文学の研究に従事している若手・中堅研究者。
 (2) 助成金額: 研究助成40万円(3件)、出版助成100万円(1件)。
 (3) 応募方法・締切: 所定の申請書様式により2016年10月末日(月)までに郵送。
 (4) 採否結果の通知: 2017年2月中に郵便にて通知。審査は公益信託福原記念英米文学研究助成基金運営委員会が行い、関連事務は基金の受託者、三菱 UFJ 信託銀行が担当する。
 (5) 申請書様式の請求と申請書の提出及び照会先: 〒100-8212 東京都千代田区丸の内1-4-5 三菱 UFJ 信託銀行リテール受託業務部 公益信託課 担当 長澤(電話: フリーダイアル 0120-622372, 受付時間: 平日9:00-17:00)。
 *募集要項と申請書様式は、「大学英語教科書協会ホームページ」(http://www.daieikyo.jp)からも(後日)入手可。

● PEN/Faulkner 賞
 2016年 PEN/Faulkner 賞(フィクション部門)に James Hannahamr 氏Delicious Foods が選ばれた。
 最終選考に残った他の候補作は以下のとおり。Julie Iromuanya, Mr. and Mrs. Doctor; Viet Thanh Nguyen, The Sympathizer; Elizabeth Tallent, Mendocino Fire; Luis Alberto Urrea, The Water Museum.
 PEN/Faulkner Foundation (http://www.penfaulkner.org/).






教員公募 一覧
−2016年− ☆=新着情報
5月10日(火)締切 ▲清泉女子大学文学部英語英文学科
5月10日(火)締切 ▲立教大学英語ディスカッション講師/Rikkyo University, Job Announcement for English Instructors, Teach Micro Size English Discussion Class 【May 10, 2016 (Tuesday)】
6月17日(金)締切 ▲熊本県立大学文学部(英語・異文化コミュニケーション)/The Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto (English / Intercultural Communication) 【June 17, 2016 (Friday)】
6月30日(木)締切 ▲熊本県立大学文学部(英語学)/The Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto (English Linguistics) 【June 30, 2016 (Thursday)】
  
 
  (2016年5月20日更新)

教員公募

*下記の通り英語教員を募集している。詳細については各該当校に照会されたい。

▲ 清泉女子大学文学部英語英文学科
清泉女子大学英語英文学科専任教員の公募について
1. 職名・採用数: 准教授または専任講師(いずれも任期なし) 1名
2. 所属: 文学部英語英文学科
3. 専門分野: 英語学・応用言語学
4. 担当授業科目: 発音クリニック、英語学入門、英語学演習、英語学特殊講義、Communication Skills、研究法演習等(その他共通科目、初年次教育科目も担当する可能性あり)
5. 採用予定年月日: 平成29年(2017年) 4月1日
6. 応募資格: 以下のすべてを満たす者であること。
 (1) 本学の建学の精神を理解し、本学の教育方針に基づく教育活動ができる者。
 (2) 修士以上の学位を有する者。
 (3) 3年以上大学(またはこれに準ずる研究機関)において教育に従事した者。
 (4) 国籍は問わないが、日本語及び英語で授業を行い、日本語で支障なく校務を遂行できる者。
  1日本語が第一言語でない者の日本語力については、日本語検定1級の証明書があることが望ましい。
  2英語が第一言語でない者は、実用英語検定試験1級、TOEFL iBT 100点、TOEFL PBT 600点、TOEIC 900点以上もしくはそれに相当する英語資格スコアのいずれかを有すること。さらに英語圏に1年以上の留学もしくは滞在の経験を有する者が望ましい。
7. 提出書類:
 (1) 履歴書(本学所定の様式を用いる) *最終学位記のコピーを同封のこと
 (2) 業績目録(本学所定の様式を用いる)
 (3) 主要業績3点(英語論文を含むこと) (複写可)
 (4) 上記6-(4)1の者は、可能であれば、日本語力を示す証明書 (複写可)
  上記6-(4)2の者は、当該英語力を示す証明書 (複写可)
 (5) 小論文「清泉女子大学においてどのような貢献ができるか」(2,000字程度の日本語で書き、同内容のものを英語でも書いて提出)
 (6) Communication Skills I の半期15回分の授業計画(シラバス)案 (本学ホームページから現行シラバスの参照が可能です。)
 (7) 推薦状1通
8. 書類提出先: 〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21 清泉女子大学 英語英文学科研究室気付 学科主任
 *封筒に「公募書類」と朱書きしてください。
9. 提出期限: 平成28年(2016年) 5月10日(火)必着
10. 選考日程: 書類審査を通過した方には、2016年5月中に通知いたします。その後、面接および模擬授業のため、2016年6月にご来校をお願いいたします。
11. 問い合わせ先: http://www.seisen-u.ac.jp/ (必要書類がダウンロードできます)
 ご質問は、Eメール:kobo-engアットml.seisen-u.ac.jp にメールでお寄せください。
 *書類の返却をご希望の場合は、住所、氏名を記入し切手を貼った返却用の封筒を同封してください。
 *選考結果の理由についてのお問い合わせには応じられません。
 *個人情報保護のため、応募書類に記載された個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 立教大学英語ディスカッション講師/Rikkyo University, Job Announcement for English Instructors, Teach Micro Size English Discussion Class
2017年4月採用の英語ディスカッション講師(有期契約)を募集しています。
英語ディスカッションセンターの詳細はこちらをご参照下さい。https://www.rikkyo.ac.jp/invitation/careers/professor/180/
採用職種:
 英語ディスカッション講師(少人数制英語ディスカッションクラス担当)
応募資格:
 次のいずれかに該当する者が、本学の英語ディスカッション講師職への応募資格を有する
  1. 英語教育の修士学位取得者で大学レベルの英語教育に対する見識及び経験のある者
  2. 英語教育以外の修士学位取得者で大学レベルの英語教育に対する見識及び経験のある者
  3. 英語教育の修士学位取得者又は他分野における修士学位、英語の専門的資格(CELTA)等の取得者で、大学レベルの英語教育に対する見識のある者
  4. 前3号に準ずる者で、特に大学レベルの英語教育に対する見識及び経験豊富な者
  5. 前各号に準ずる者で、特に大学レベル又は高校レベルの英語教育経験の豊富な者
  *応募者の国籍は問いません。
雇用開始日:
 2017年4月1日(土)
雇用契約:
 1年間の契約で、更新は上限4回まで可能とする最長5年の有期契約(更新は双方の合意による)
勤務日:
 月曜日から土曜日までの週6日
 *春学期(4月〜7月)・秋学期(9月〜1月)の通常授業期間、および2月・8月に最長2週間の再履修授業期間
勤務時間:
 月曜日から金曜日までは8時50分〜17時まで。土曜日は8時50分〜13時まで。
勤務地:
 東京都(池袋キャンパス)および埼玉県(新座キャンパス)
  月曜日: 池袋キャンパス 又は 新座キャンパス
  火〜金曜日: 池袋キャンパス
  土曜日: 新座キャンパス
待遇:
 給与 月額32万円(初年度)
 夏期賞与1カ月分(6月支給)、冬期賞与2カ月分(12月支給)、住宅手当、通勤手当、社会保険(立教学院健康保険、厚生年金保険、雇用保険)、研修資料費
 *初年度初回の賞与は就任後の暦日数で日割り計算した額が支払われます。
 *英語ディスカッション講師は、授業・教育を行う職種であり、公務として研究活動は認められておりません。ただし、授業・教育の向上を目的とした諸活動の補助費として研修資料費が支給されます。(大学からは研究者番号は付与されません。)
休暇:
 日曜日 国民の祝日 大学の定めた休日
 その他 夏季・秋季・冬季・春季の休暇(日曜日・祝祭日を除く)
 *所定の授業回数を確保するため立教大学では、祝日が授業日となることがあります。祝日授業日の振替として平日が大学の定めた休日となることがあります。
有給休暇:
 初年度年間10日
応募書類:
 提出期限までに応募書類1.〜4. はEメールに添付して期限までに提出してください。また、応募書類5. は各推薦者本人より直接Eメールに添付して提出してください。所定書式以外は受け付けられません。
  1. カバーレター (所定書式)
  2. 履歴書 (所定書式)
  3. アクティビティプランとその根拠 (所定書式)
  4. 学位記コピー
   ・修士号又は最終学歴の学位記
   ・TESOL 関連の資格証明書(該当者のみ)
  5. 推薦書 2通 (所定書式) *各推薦者本人から直接Eメールに添付して提出
  ◇立教大学所定書式・記載要領・課題は下記 URL からダウンロードしてください。
https://www.rikkyo.ac.jp/invitation/careers/professor/180/
書類提出先:
 1. 応募書類1.〜4. を Eメールに添付し提出してください。
Eメール: edc-recruitアットrikkyo.ac.jp
 2. 応募書類5. 『推薦書』は各推薦者本人から直接 Eメールに添付し提出してください。
Eメール:edc-recruitアットrikkyo.ac.jp
 *宛先はいずれも『立教大学英語ディスカッション教育センター 人事担当者宛』
選考方法:
 1. 1次選考 書類選考 (5月下旬)
 2. 2次選考 模擬授業・面接 (6月中)
 *採用内定通知は2016年7月中旬を予定
応募締切日:
 2016年5月10日(火)正午(日本時間)
注意事項:
 1) 応募書類は必要項目すべて記入の上、締切日までに提出してください。
 2) 不採用の際に理由の開示はしておりません。
 3) 不採用者の応募書類は1年保管後、責任を持って破棄いたします。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ Rikkyo University, Job Announcement for English Instructors, Teach Micro Size English Discussion Class
We have opening for contract instructor to begin teaching from April 2017.
For more details, please visit the following website: https://www.rikkyo.ac.jp/invitation/careers/professor/180english/
Position:
 English Instructor (teaching small discussion classes)
Qualifications:
 A person falling under any one of the following categories is eligible to be appointed as an English Instructor.
  (1) A person who has obtained a Master's degree in English-language education and who has personal knowledge of and experience in English-language education at the university level; or
  (2) A person who has obtained a Master's degree in a field other than English-language education and who has personal knowledge of and experience in English-language education at the university level; or
  (3) A person who has obtained a Master's degree in English-language education or in other field and a CELTA qualification, and who has personal knowledge of English-language education at the university level; or
  (4) A person considered to be similar to any of (1) through (3) above and who specifically has knowledge of and sufficient experience in English-language education at the university level; or
  (5) A person considered to be similar to any of (1) through (4) above and who is specifically sufficiently experienced in English-language education at the university or high school level.
  * Applicants of any nationality are welcome to apply.
Starting Date:
 April 1, 2017
Conditions:
 One-year contract, possibly renewed up to four times (for a total of 5 years maximum upon the mutual agreement of both parties)
Work Days:
 Monday to Saturday (6 days per week)
 * Must be on campus during the regular semester (Spring and Fall) and the repeating courses sessions, which are offered two weeks in August and two weeks in February.
Work Hours:
 Monday to Friday 8:50-17:00 & Saturday 8:50-13:00
Location:
 Ikebukuro Campus (Tokyo, Japan) & Niiza Campus (Saitama, Japan)
  Monday: Ikebukuro Campus or Niiza Campus
  Tuesday-Friday: Ikebukuro Campus
  Saturday: Niiza Campus
Treatment:
 Salary: Monthly salary \320,000 (first year)
 Additional: Summer bonus (1 month of salary provided in June), Winter bonus (2 months of salary provided in December), housing allowance, transportation allowance, insurance (Rikkyo Gakuin health insurance, welfare pension insurance and employment insurance), and grant-in-aid.
 * The first bonus of the first year will be prorated based on the numbers of calendar days after the commencement of assignment.
 * The English Instructors position is designated as a teaching position, not a researcher position. However, instructors are able to receive a fund (for the purpose of improving the quality of their classes and education) from Rikkyo University called Grant-in-aid. A Researcher Number will not be provided by the university.
Holiday:
 Sundays National Holidays Special University Holidays
 Summer, Fall, Winter and Spring breaks
 * In order to balance the number of classes over the 14-week semester, Rikkyo University schedules some classes to take place on some national holidays, which are then considered to be work days. In lieu of these days, other days during the academic calendar become non-teaching days.
Paid Holiday:
 10 days for the first year
Application Document:
 Submit Documents 1 to 4 as e-mail attachments by the application deadline. Document Number 5 (references) must be submitted by each referee as e-mail attachment. No other formats will be accepted.
  1. Cover Letter (Designated Form)
  2. Rikkyo Formatted Curriculum Vitae (Designated Form)
  3. Activity Plan and Rationale (Designated Form)
  4. Academic Degrees (Submit photocopies)
   ・Master's or your highest Degree
   ・TESOL-related Certificates / Diplomas if applicable
  5. References - 2 recommendations (Download the designated form and forward it to your Referees. *Each Referee must submit the form to us via e-mail directly.)
  ◇Download Rikkyo University designated forms on https://www.rikkyo.ac.jp/invitation/careers/professor/180english/
Place of Submission:
 1. Submit Application Document Number 1 to 4 as e-mail attachments. Email: edc-recruit@rikkyo.ac.jp
 2. Have each referee submit Document Number 5 as e-mail attachment directly. Email: edc-recruit@rikkyo.ac.jp
 * When submitting the application documents, it must be to the attention of “Personnel Section, Center for English Discussion Class, Rikkyo University”.
Selection Procedure:
 1. First Stage: Screening of application document (End of May)
 2. Second Stage: Model Teaching & Interview (June)
 * Tentatively, notification of official offer of employment is scheduled to be made by the middle of July, 2016.
Application Deadline:
 Tuesday, May 10, 2016 12:00 p.m. (noon), Japan time
Please note the following;
 1) Submit completed application documents by the deadline.
 2) We do not disclose the reason for the rejection due to our policy.
 3) We will keep your file on record up to one year from the rejection and discard your file responsibly.

▲ 熊本県立大学文学部(英語・異文化コミュニケーション)/The Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto (English / Intercultural Communication)
1 職名及び人員: 准教授又は講師 1名
2 専門分野: 英語・異文化コミュニケーション
3 担当科目:
 全学共通科目(プレゼミナール、Intensive English 等の英語運用科目)
 文学部専門科目(異文化コミュニケーション論、異文化コミュニケーション演習、異文化コミュニケーション特殊研究、英語運用科目、人文学概論、等)
4 応募資格:
 (1) 博士の学位を有すること(学位のない場合は5年任期で再任不可。任期中に学位を取得した場合は定年制に移行)。
 (2) 将来的に大学院博士前期課程の担当が可能であること。
 (3) 英米などの英語圏と日本の言語・文化の比較を通じて、言語・文化を相対的に見る力を養いつつ、学生のコミュニケーション能力を育成し、英語による情報発信力を培う教育を実施できること。
 (4) 優れた英語運用能力を有し、全学の英語教育(英語合宿を含む)の向上にも積極的に参画できること。
 (5) 国籍は問わない。日本語が母語でない場合は学内業務に支障のない程度の日本語運用能力を有すること。
 (6) 採用後は熊本市内又はその近隣に居住することが可能なこと。
5 採用予定日: 平成29年(2017年) 4月1日
6 所属: 文学部英語英米文学科
7 提出書類:
 (1) 履歴書(様式は本学ホームページからダウンロードして記載のこと)
  URL: http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~soumu/koubo/rirekisyo.doc
 (2) 教育研究業績書(同上)
  URL: http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~soumu/koubo/gyousekisyo.doc
 (3) 研究業績のうち主要なもの3編を各1部 (抜き刷り又はコピ−も可)
 (4) 今後の教育と研究に関する抱負(A4判1枚程度)
 (5) 最終学歴を証明する文書又は学位記(学位記の場合は写し。但し、最終選考段階で原本の確認を要す)
 (6) 英語母語話者でない場合は、英語力を具体的に示す証明書(又はその写し)等。
8 書類提出期限: 平成28年(2016年) 6月17日(金)(必着)
9 書類提出先:
 〒862-8502 熊本県熊本市東区月出3丁目1番100号
 熊本県立大学学長 半藤英明
 「英語・異文化コミュニケーション教員応募書類」と朱書きし書留で郵送してください。
10 問い合わせ先: 熊本県立大学文学部
 吉井誠(電話: 096-321-6641, Eメール:yoshiiアットpu-kumamoto.ac.jp)
 砂野幸稔(電話: 096-321-6637, Eメール:sunanoyuアットpu-kumamoto.ac.jp)
11 その他:
 (1) 必要に応じて面接を行うことがあります(本学までの旅費は自己負担とします)。
 (2) 応募書類は原則として返却しません。なお、採用に至らなかった方の応募書類は、当該採用選考業務終了後、適切な方法で廃棄します。返送を希望する場合は、返送先住所、氏名を書いて、切手を貼った返信用封筒を同封して下さい。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ The Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto (English / Intercultural Communication)
The Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto, invites applications for the position of a teacher of English / Intercultural Communication, as follows:
1. Position: Associate Professor or Senior Lecturer (one vacancy)
2. Field of specialty: English / Intercultural Communication
3. Courses to be assigned: Pre-seminar, English in the general education program (Intensive English, etc.), Intercultural Communication, Seminar in Intercultural Communication, Special Research in Intercultural Communication, English proficiency classes for English majors, Introduction to Humanities, etc.
4. Minimum requirements:
 1) A doctoral degree in a relevant field; five-year contract (nonrenewable) for a person without a doctoral degree (tenure can be gained by earning a doctoral degree during the five-year term)
 2)  Ability and willingness to supervise Master's theses in the future
 3) Ability and willingness to provide education to develop English language capabilities, foster communication techniques, and relativize different languages and cultures through comparative studies of languages and cultures between Japan and the English-speaking world
 4) High level of English proficiency; a willingness and ability to participate in developing and managing general English education curricula (including English Camp)
 5) Irrespective of nationality, Japanese communication skills adequate to fulfill faculty responsibilities
 6) After employment, the ability and willingness to live in the city of Kumamoto or its environs.
5. Starting date: April 1, 2017
6. Affiliation: Department of English Language & Literature, Faculty of Letters
7. Required documents:
 1) Curriculum vitae (Download form from the URL below):
  http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~soumu/koubo/rirekisyo.doc
 2) List of relevant publications (Download form from the URL below):
  http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~soumu/koubo/gyousekisyo.doc
 3) Copies of 3 major publications (photocopies acceptable)
 4) A statement of professional goals (including research and teaching) if employed at the Prefectural University of Kumamoto (roughly one page on A4-size paper)
 5) The highest academic qualification or a copy of the highest degree certificate (the original will be inspected in the final stages of the selection process)
 6) Certification of English proficiency, or a copy thereof, for non-native speakers of English
8. Application deadline: June 17, 2016 (Friday)
9. Address: Dr. Hideaki Hando, President
  Prefectural University of Kumamoto
  3-1-100 Tsukide, Higashi-ku, Kumamoto
  JAPAN 862-8502
 Write in red on the envelope ‘Application for the Teaching position in English / Intercultural Communication’. (Use registered mail.)
10. Inquiries:
 Prof. Makoto Yoshii (Phone: +81-096-321-6641 E-mail: yoshii@pu-kumamoto.ac.jp)
 Prof. Yukitoshi Sunano (Phone: +81-096-321-6637 E-mail: sunanoyu@pu-kumamoto.ac.jp)
11. Selection process: Documentary examination and interview (for applicants who pass the documentary examination)
 Please note that interviewees will be responsible for their own travel and accommodation expenses.
 In principle, the submitted documents and materials will not be returned. If return is required, enclose an envelope with your name and address written on the front and stamps affixed.

▲ 熊本県立大学文学部(英語学)/The Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto (English Linguistics)
1 職名及び人員: 准教授又は講師 1名
2 専門分野: 英語学(統語論・意味論・語用論・音韻論・形態論など)
3 担当科目:
 全学共通科目(プレゼミナール、Intensive English等の英語運用科目)
 文学部専門科目(英文法、英語学演習、英語学特殊研究、英語運用科目、等)
 大学院(博士前期課程):英語学特殊講義
4 応募資格:
 (1) 博士の学位を有すること(学位のない場合は5年任期で再任不可。任期中に学位を取得した場合は定年制に移行)。
 (2) 将来的に大学院博士後期課程の担当が可能であること。
 (3) 英語で授業ができるなど、優れた英語運用能力を有し、全学の英語教育(英語合宿を含む)の向上にも積極的に参画できること。
 (4) 国籍は問わないが、日本語が母語でない場合は学内業務に支障のない程度の日本語運用能力を有すること。
 (5) 採用後は熊本市内又はその近隣に居住することが可能なこと。
5 採用予定日: 平成29年(2017年) 4月1日
6 所属: 文学部英語英米文学科
7 提出書類:
 (1) 履歴書(様式は本学ホームページからダウンロードして記載のこと)
  URL: http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~soumu/koubo/rirekisyo.doc
 (2) 教育研究業績書(同上)
  URL: http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~soumu/koubo/gyousekisyo.doc
 (3) 研究業績のうち主要なもの3編を各1部 (抜き刷り又はコピ−も可)
 (4) 今後の教育と研究に関する抱負(A4判1枚程度)
 (5) 最終学歴を証明する文書又は学位記(学位記の場合は写し。但し、最終選考段階で原本の確認を要す)
8 書類提出期限: 平成28年(2016年) 6月30日(木)(必着)
9 書類提出先:
 〒862-8502 熊本県熊本市東区月出3丁目1番100号
 熊本県立大学学長 半藤英明
 *「英語学教員応募書類」と朱書きし書留で郵送してください。
10 問い合わせ先: 熊本県立大学文学部
 村尾治彦(電話: 096-321-6634, Eメール:muraoアットpu-kumamoto.ac.jp)
 砂野幸稔(電話: 096-321-6637, Eメール:sunanoyuアットpu-kumamoto.ac.jp)
11 その他:
 (1) 必要に応じて面接を行うことがあります(本学までの旅費は自己負担とします)。
 (2) 応募書類は原則として返却しません。なお、採用に至らなかった方の応募書類は、当該採用選考業務終了後、適切な方法で廃棄します。返送を希望する場合は、返送先住所、氏名を書いて、簡易書留郵便相当額の切手を貼った返信用封筒を同封して下さい。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ The Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto (English Linguistics)
The Faculty of Letters, Prefectural University of Kumamoto, invites applications for the position of a teacher of English Linguistics, as follows:
1. Position: Associate Professor or Senior Lecturer (one vacancy)
2. Field of specialty: English Linguistics (Syntax, Semantics, Pragmatics, Phonology, Morphology, etc.)
3. Courses to be assigned: Pre-seminar, English in the general education program (Intensive English, etc.), English Grammar, Seminar in English Linguistics, Special Research in English Linguistics, English proficiency classes for English majors, etc. Special Lecture on English Linguistics (Master's Degree Program)
4. Minimum requirements:
 1) A doctoral degree in a relevant field; five-year contract (nonrenewable) for a person without a doctoral degree (tenure can be gained by earning a doctoral degree during the five-year term)
 2) Ability and willingness to teach in our doctoral program in the future
 3) High level of English proficiency; a willingness and ability to teach classes in English, and participate in developing and managing general English education curricula (including English Camp)
 4) Irrespective of nationality, Japanese communication skills adequate to fulfill faculty responsibilities
 5) After employment, the ability and willingness to live in the city of Kumamoto or its environs.
5. Starting date: April 1, 2017
6. Affiliation: Department of English Language & Literature, Faculty of Letters
7. Required documents:
 1) Curriculum vitae (Download form from the URL below):
  http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~soumu/koubo/rirekisyo.doc
 2) List of relevant publications (Download form from the URL below):
  http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~soumu/koubo/gyousekisyo.doc
 3) Copies of 3 major publications (photocopies acceptable)
 4) A statement of professional goals (including research and teaching) if employed at the Prefectural University of Kumamoto (roughly one page on A4-size paper)
 5) The highest academic qualification or a copy of the highest degree certificate (the original will be inspected in the final stages of the selection process)
8. Application deadline: June 30, 2016 (Thursday)
9. Address: Dr. Hideaki Hando, President
  Prefectural University of Kumamoto
  3-1-100 Tsukide, Higashi-ku, Kumamoto
  JAPAN 862-8502
 Write in red on the envelope ‘Application for the Teaching position in English Linguistics’. (Use registered mail.)
10. Inquiries:
 Prof. Haruhiko Murao (Phone: +81-096-321-6634 E-mail: murao@pu-kumamoto.ac.jp)
 Prof. Yukitoshi Sunano (Phone: +81-096-321-6637 E-mail: sunanoyu@pu-kumamoto.ac.jp)
11. Selection process: Documentary examination and interview (for applicants who pass the documentary examination)
 Please note that interviewees will be responsible for their own travel and accommodation expenses.
 In principle, the submitted documents and materials will not be returned. If return is required, enclose an envelope with your name and address written on the front and stamps affixed.






予告 一覧
−2016年−
☆=新着情報
5月 7日(土) 九州アメリカ文学会 [〜5月8日(日)、第62回大会、九州大学伊都キャンパス]
5月 7日(土) 関西英語辞書学研究会(KELC: Kansai English Lexicography Circle)第81回例会
5月 7日(土) 国際文化表現学会 [第12回全国大会、日本大学法学部]
5月 7日(土) 日本ナボコフ協会 [2016年度大会、東京大学本郷キャンパス]
5月 8日(日) 日本コンラッド協会関西例会
5月 9日(月) 東京言語研究所 2016理論言語学講座 【〜12月11日(金)】
5月14日(土) 日本キリスト教文学会2016年度第45回全国大会 【〜5月15日(日)】
5月14日(土) イギリス・ロマン派学会春季談話会(第109回四季談話会)(関東地区例会)
5月14日(土) JACET (大学英語教育学会)関東支部月例研究会
5月14日(土) サウンディングズ英語英米文学会 [第68回研究発表会、上智大学四谷キャンパス]
5月14日(土) 日本英語教育史学会HiSELT [〜5月15日(日)、第32回全国大会、東京電機大学東京千住キャンパス]
5月14日(土) 日本語学会 [〜5月15日(日)、2016年度春季大会、学習院大学目白キャンパス]
5月15日(日)☆(一財)語学教育研究所 基礎講座2016「英語の授業は英語で――中学でも高校でも」 【〜2017年3月20日(月)】
5月16日(月) 立教大学英語教育研究所主催 連続公開講演会 【〜5月20日(金)】
5月21日(土) 日本イギリス児童文学会東日本支部春の例会
5月21日(土) 日本アメリカ文学会東京支部5月研究発表
5月21日(土) 2016年度オーストラリア・ニュージーランド文学会春季大会
5月21日(土) 日本実用英語学会第185回研究発表会
5月21日(土) エリザベス朝研究会 [第24回研究会、慶應義塾大学日吉キャンパス]
5月21日(土) 日本語教育学会 [〜5月22日(日)、2016年度春季大会、目白大学新宿キャンパス]
5月21日(土) 日本比較文化学会JACC [第38回全国大会、弘前学院大学]
5月22日(日) 日英・英語教育学会(JABAET)2016年度第16回研究会
5月22日(日) レイモンド・ウィリアムズ研究会 [2016年度第1回研究会、中央大学後楽園キャンパス]
5月27日(金) 日本ナサニエル・ホーソーン協会 [〜5月28日(土)、第35回全国大会、同志社大学室町キャンパス]
5月28日(土) 日本英文学会第88回大会 【〜5月29日(日)】
5月28日(土)☆JASEC 関東地区研究フォーラム
5月30日(月)☆第40回日本ジョン・スタインベック協会全国大会
6月 4日(土) ≪場所変更≫アメリカ学会第50回年次大会 【〜6月5日(日)】
6月 4日(土) ≪場所変更≫第28回日本ギャスケル協会例会
6月 4日(土) 第502回日本英学史学会本部例会
6月 4日(土) 大学英語教育学会JACET 中部支部 [第32回支部大会、愛知県立大学長久手キャンパス]
6月 4日(土)  大学英語教育学会JACET 中国・四国支部 [2016年度春季研究大会、愛媛大学]
6月 4日(土) 日本中世英語英文学会 西支部 [第32回西支部例会、京都大学]
6月 4日(土) 表現学会 [〜6月5日(日)、第53回全国大会、帝塚山大学奈良・東生駒キャンパス]
6月10日(金)☆慶應義塾大学言語文化研究所主催 慶應言語学コロキアム
6月11日(土) 2016年度日本バーナード・ショー協会春季大会
6月11日(土)☆中・四国アメリカ文学会第45回大会 【〜6月12(日)】
6月11日(土) JACET (大学英語教育学会)関東支部月例研究会
6月11日(土) 関西英語教育学会KELES [〜6月12日(日)、第21回研究大会、大阪教育大学天王寺キャンパス]
6月11日(土) 関西言語学会KLS [〜6月12日(日)、第41回大会、龍谷大学深草キャンパス]
6月11日(土) 日英言語文化学会AJELC [第12回年次大会、明治大学駿河台校舎]
6月11日(土) 日本言語政策学会JALP [〜6月12日(日)、第18回研究大会、 大東文化大学板橋キャンパス]
6月11日(土) 日本コミュニケーション学会 [〜6月12日(日)、第46回年次大会、西南学院大学]
6月11日(土) 日本ジェイムズ・ジョイス協会 [第28回研究大会、法政大学市ヶ谷キャンパス]
6月11日(土) 日本ロレンス協会DHLSJ [〜6月12日(日)、第47回大会、松山大学]
6月17日(金) JACET (大学英語教育学会)談話行動研究会
6月18日(土) 東京言語研究所 2016年度開設50周年記念講義 公開講座「言語を軸に据え社会との接点を考える」 【10月15日(土)、2017年2月25日(土)】
6月18日(土)☆外国語教育メディア学会(LET)関東支部第136回(2016年度)研究大会
6月18日(土) 四国英語教育学会 [第28回研究大会、高知県立大学&高知工科大学永国寺キャンパス]
6月18日(土) ディケンズ・フェロウシップ 日本支部 [2016年度春季大会、近畿大学東大阪キャンパス]
6月18日(土) 日本英文学会ELSJ 関東支部 [第12回夏季大会、青山学院大学青山キャンパス]
6月18日(土) 日本カナダ文学会 [第34回年次研究大会、福岡工業大学]
6月18日(土) 日本児童英語教育学会JASTEC [〜6月19日(日)、第37回全国大会、東京家政大学]
6月18日(土)  日本中世英語英文学会 東支部 [第32回研究発表会、駒澤大学深沢キャンパス]
6月18日(土) 日本比較文学会JCLA [〜6月19日(日)、第78回全国大会、東京大学駒場キャンパス]
6月25日(土) 近代英語協会第33回大会
6月25日(土)☆日本英語表現学会(JASEUS)第45回全国大会・総会 【〜6月26日(日)】
6月25日(土)☆日本アメリカ文学会東京支部6月シンポジウム
6月25日(土)☆関西コールリッジ研究会第170回例会
6月25日(土) 黒人研究の会 [〜6月26日(日)、第62回全国大会、日本大学津田沼キャンパス]
6月25日(土)  大学英語教育学会JACET 関西支部 [2016年度春季大会、京都ノートルダム女子大学]
6月25日(土) 中国地区英語教育学会CASELE [第47回研究大会、岡山大学]
6月25日(土) 中部地区英語教育学会CELES [〜6月26日(日)、第46回大会、鈴鹿医療科学大学]
6月25日(土) 日本「アジア英語」学会JAFAE [第38回全国大会、中京大学名古屋キャンパス]
6月25日(土) 日本言語学会 [〜6月26日(日)、第152回春季大会、慶應義塾大学三田キャンパス]
6月25日(土) 日本オースティン協会 [第10回全国大会、東京女子大学]
6月25日(土) ヨネ・ノグチ学会 [第3回年次大会、国際基督教大学]
6月26日(日) 東北英語教育学会TELES [第35回研究大会、コラッセ福島]
7月 2日(土)☆第503回日本英学史学会本部例会
7月 3日(日)☆2016年度 JACET (大学英語教育学会)関東支部第10回記念大会
7月 9日(土)☆慶應義塾大学言語文化研究所主催 慶應言語学コロキアム 【〜7月10日(日)】
7月16日(土)☆日本英語教育史学会第258回研究例会
7月16日(土)☆上智大学言語学会第31回年次大会
7月18日(月)☆英国国際教育研究所(IIEL)の催し 【〜8月19日(金)】
7月23日(土)☆慶應義塾大学言語文化研究所主催 慶應言語学コロキアム 【〜7月24日(日)】
7月23日(土)☆関西英語辞書学研究会(KELC: Kansai English Lexicography Circle)第82回例会
8月 1日(月) 2016年夏 アジア太平洋交流センター(CAPE)の催し
「第72回大学生インターナショナルプログラム」【8月1日(月)〜27日(土)】
「第36回年次フォーラム」【8月3日(水)〜10日(水)】
8月 2日(火) 2016年夏 アジア太平洋交流センター(CAPE)の催し
「第118回アジア太平洋英語教育ワークショップ」【〜8月11日(木)】
8月 6日(土)☆エコクリティシズム研究学会/多民族研究学会合同大会
8月 8日(月) 英語語法文法学会主催 第12回英語語法文法セミナー
9月 3日(土) 東京言語研究所 2016年度開設50周年記念セミナー【〜9月4日(日)】
10月 1日(土) 日本アメリカ文学会 [〜10月2日(日)、第55回全国大会、ノートルダム清心女子大学(岡山市)]
10月 8日(土) シェイクスピア学会 [〜10月9日(日)、第55回、慶應義塾大学三田キャンパス]
10月22日(土) 第24回英語語法文法学会研究発表・語法ワークショップ募集 【締切7月25日(月)】
10月31日(月) 福原賞第25回(平成28年度)応募規定 【締切10月31日(月)】
11月12日(土) 日本英語学会 [〜11月13日(日)、第34回大会、金沢大学]
12月10日(土) 日本中世英語英文学会第32回全国大会研究発表・シンポジウム募集 【〜12月11日(日)、締切2016年5月31日(火)】
−2017年−
3月11日(土) 東京言語研究所 2016年度開設50周年記念講義 特別講演「ことばと教育」
  
  
 (2016年5月26日更新)

予 告

▲ 関西英語辞書学研究会(KELC: Kansai English Lexicography Circle)第81回例会
日時: 2016年5月7日(土) 1:30〜5:00.
場所: キャンパスプラザ京都 第1会議室(2階) (〒600-8216 京都府京都市下京区西洞院通塩小路下る [JR 京都駅ビル駐車場西側]、電話: 075-353-9111, ファックス: 075-353-9121, URL http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access)。
内容:
 テキスト: Lexical Analysis: Norms and Exploitations, Patrick Hanks, 2013 (MIT Press)
 発表者:
  関山健治(中部大学) 1:30〜3:00
   3章 Do Word Meanings Exist?
  鎌倉義士(愛知大学) 3:30〜5:00
   4章 Prototypes and Norms
 *例会終了後、懇親会(実費自己負担)を予定しております。こちらにもお気軽にご参加下さい。
参加費: 500円(室料・設備費)。*予約の都合上、予めご参加の旨をお知らせお願い申し上げます。
問合先: 関西英語辞書学研究会事務局 鈴木三千代 [関西学院大学・非](Eメール:suzuki-m3アットnifty.com)。
 KELC (http://www.geocities.jp/kansailex/index.htm).
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本コンラッド協会関西例会
日時: 2016年5月8日(日) 午前10時30分より。
場所: 関西学院大学 梅田キャンパス(K.G. ハブスクエア) 14階1401教室 (〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町19-19, http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/)。
内容:
 特別講演と対談
  「コンラッドと〈病〉――第一次世界大戦時の看護をめぐって」
  荒木映子(龍谷大学)
参加費: 無料(会員・非会員とも)。
問合先: 滋賀県立大学 山本薫(Eメール:yamamoto.kアットshc.usp.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 東京言語研究所 2016理論言語学講座
日時: 2016年5月9日(月)〜12月9日(金) 全22回。祝祭日は休講。
 〈前期〉2016年5月9日(月)〜7月22日(金) 毎週月〜金曜 各11回、
 〈後期〉2016年9月26日(月)〜12月9日(金) 毎週月〜金曜 各11回。
 1限: 午後6:00〜7:30/2限: 午後7:40〜9:10.
場所: 東京言語研究所 13階教室 (〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル、URL http://www.tokyo-gengo.gr.jp/)。
内容:
 [01] 月 1限〈前期〉 三宅知宏(鶴見大学教授)「日本語文法と一般言語学」V群
 [02] 月 2限〈前期〉 川村大(東京外国語大学教授)「日本語文法史」V群
 [03] 月 1限〈後期〉 西村義樹(東京大学教授)「認知言語学I B 認知文法: 文法と意味」IV群
 [04] 月 2限〈後期〉 酒井智宏(早稲田大学准教授)「言語哲学」V群
 [05] 月 2限〈通年〉 盒蕎一(青山学院大学准教授)「生成文法II 移動の性質から言語理論を考える」III群
 [06] 火 1限〈通年〉 池上嘉彦(東京大学名誉教授)「認知言語学II」IV群
 [07] 火 2限〈通年〉 尾上圭介(東京大学名誉教授)「日本語文法の体内感覚」V群
 [08] 水 1限〈前期〉 上野善道(東京大学名誉教授)「音声学A」II群
 [09] 水 1限〈前期〉 杉岡洋子(慶應義塾大学教授)「語形成論とレキシコン」II群
 [10] 水 2限〈通年〉 今西典子(東京大学教授)「生成文法I (入門)」III群
 [11] 木 1限〈前期〉 佐野哲也(明治学院大学教授)「言語心理学A 第一言語獲得」V群
 [12] 木 1限〈後期〉 小野創(津田塾大学准教授)「言語心理学B 文理解研究入門」V群
 [13] 木 1限〈後期〉 長屋尚典(東京外国語大学講師)「言語類型論」V群
 [14] 木 2限〈後期〉 斎藤純男(東京学芸大学教授)「音声学B」II群
 [15] 金 1限〈前期〉 大堀壽夫(東京大学教授)「認知言語学I A 認知・機能言語学と談話」IV群
 [16] 金 2限〈通年〉 梶田優(上智大学名誉教授)「文法原論」V群
 [17] 金 2限〈通年〉 西山佑司(慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授)「文の曖昧性の素因」II群
 *卒業要件: 通年講義1課目1年を1単位、半期講義1課目半年を0.5単位として、合計12単位を優秀な成績をもって取得すること。I〜V群について次の単位数以上を含むこと: I群1単位、II群2単位、III群1単位、IV群1単位、V群3単位。2012年度以降に入学した者に対して適用。
受講料: (半期講座の場合は0.5課目)
 0.5課目24,300円、1課目48,600円。入学金10,800円。複数講座受講割引特典・学割制度有り。
申込締切: 〈前期・通年〉2016年5月5日(木)、〈後期〉2016年9月22日(木)。
詳細・問合先: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル16階 公益財団法人ラボ国際交流センター 東京言語研究所(電話: 03-5324-3420, ファックス: 03-5324-3427, Eメール:infoアットtokyo-gengo.gr.jp, URL http://www.tokyo-gengo.gr.jp/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本キリスト教文学会2016年度第45回全国大会
日時: 2016年5月14日(土)、15日(日)。
場所: 京都外国語大学 1号館7階171小ホール (〒615-8558 京都府京都市右京区西院笠目町6)。
内容:
 総主題: 「キリスト教と〈笑い〉」
 大会進行役: 永岡規伊子(大阪学院大学短期大学部教授)、勝呂奏(桜美林大学教授)
[第1日 5月14日(土)] (12:00-20:00)
 役員会: (11:00-13:00 1号館6階161教室)
 受付: (12:00- )
 I 開会の辞: (13:10- )
  宮坂覺(日本キリスト教文学会会長)
 II 挨拶: 松田武(京都外国語大学学長)
 III 研究発表: (13:30-15:10)
  齋藤安以子(摂南大学教授)
   「シェイクスピア作『ハムレット』――主人公の苦悩にキリスト教が与える影響を、一般大学生向け授業でどう読み解くか」
   司会: 下館和巳(東北学院大学教授)
  櫻井直美(日本大学大学院)
   「C.S. ルイス作品におけるキリスト教と〈笑い〉の考察」
   司会: 安藤聡(大妻女子大学教授)
  湯浅恭子(藤女子大学非常勤講師)
   「C.S. ルイスとクリスチャン・ポストモダニズム――逆転するユダヤ的笑い」
   司会: 島田桂子(北星学園大学准教授)
 IV シンポジウム: (15:20-17:50)
  「キリスト教と〈笑い〉――太宰治、椎名麟三、遠藤周作の文学からのアプローチ」
   司会・コーディネイター: 細川正義(関西学院大学教授)
   パネリスト: 斎藤理生(大阪大学大学院准教授)
   パネリスト: 立尾真士(亜細亜大学准教授)
   パネリスト: 古浦修子(大阪産業大学非常勤講師)
 V 懇親会: (18:00-20:00)
  会場: 京都外国語大学9号館1階 カフェタロー
[第2日 5月15日(日)] (10:00-15:30)
 VI 研究発表: (10:00-11:40)
  増田斎(総合研究大学院大学)
   「遠藤周作文学における作中人物と「救い」の関係」
   司会: 山根道公(ノートルダム清心女子大学教授)
  小嶋洋輔(名桜大学准教授)
   「島尾敏雄の琉球弧とキリスト教――『日の移ろい』『続日の移ろい』から」
   司会: 安達原達晴(東海大学非常勤講師)
  山根知子(ノートルダム清心女子大学教授)
   「宮沢賢治と妹トシの求めた思想と信仰――〈開かれた宗教性〉へむかって」
   司会: 中野新治(梅光学院大学教授)
 VII 笹淵友一記念日本キリスト教文学会賞(第15回)授賞式: (13:00- )
 VIII 総会: (13:20-13:50)
 IX 講演: (14:00-15:20)
  嶺重淑(関西学院大学教授)
   「聖書における〈笑い〉」
   司会: 柴崎聰(詩人)
 X 閉会の辞: (15:20-15:30)
  森本真一(昭和女子大学教授)
聴講料: 無料。
問合先: 日本キリスト教文学会(http://nihonchristkyobungakkai.web.fc2.com)。

▲ イギリス・ロマン派学会春季談話会(第109回四季談話会)(関東地区例会)
日時: 2016年5月14日(土) 午後4:00-5:30.
場所: 日本女子大学 目白キャンパス 百年館10階 英文学科会議室 (〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1, URL http://www.jwu.ac.jp/unv/access.html)。
内容:
 講師: 騎馬秀太(東京大学大学院博士後期課程)
 演題: 「A gentle shock of mild surprize: ワーズワスの習慣概念再考」
 司会: 小口一郎(大阪大学)
問合先: 〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 中央大学商学部 笹川研究室内 イギリス・ロマン派学会事務局(Eメール:sasagawaアットtamacc.chuo-u.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ JACET (大学英語教育学会)関東支部月例研究会
日時: 2016年5月14日(土) 16:00-17:20.
場所: 青山学院大学 14号館9F第16会議室。
内容:
 「英語教育学研究――残された課題」
  岡秀夫(元目白大学教授、東京大学名誉教授)
参加費: 無料(事前申込不要)。
問合先: JACET 関東支部事務局(Eメール:jacet-kanto-officeアットcl.aoyama.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ (一財)語学教育研究所 基礎講座2016「英語の授業は英語で――中学でも高校でも」
日時: 2016年5月15日(日)〜2017年3月20日(月祝)。
 〈通年 前期・後期〉[午後] 13:00〜16:00,
 〈夏期集中講座 前期・後期〉[午前] 9:30〜12:30/[午後] 13:30〜16:30.
場所: 語学教育研究所研修室 (〒116-0013 東京都荒川区西日暮里6-36-13 サザンパレス西日暮里102号室、電話: 03-5901-9214, ファックス: 03-5901-9215, URL http://www.irlt.or.jp/)。
内容:
 〈通年 前期〉 [午後] 13:00〜16:00
  2016年5月15日(日)
   第1回「授業づくりの基礎・基本」
    小菅和也(武蔵野大学)
  6月12日(日)
   第2回「導入から言語活動まで(文法事項中心)」
    小菅敦子(元東京学芸大学附属世田谷中学校教諭、東京女子大学等非常勤講師)
  7月18日(月祝)
   第3回「導入(題材内容中心)」
    江原一浩(筑波大学附属高等学校)
  9月19日(月祝)
   第4回「音読から話す活動へ」
    吉田章人(日本女子大学附属高等学校)
  10月10日(月祝)
   第5回「聞く・話す活動から書く活動へ」
    由井一成(日本女子大学附属高等学校)
 〈夏期集中講座 前期〉 [午前] 9:30〜12:30/[午後] 13:30〜16:30
  2016年8月12日(金)
   第1回「授業づくりの基礎・基本」
    小菅和也(武蔵野大学)
   第2回「導入から言語活動まで(文法事項中心)」
    小菅敦子(元東京学芸大学附属世田谷中学校教諭、東京女子大学等非常勤講師)
  8月13日(土)
   第3回「導入(題材内容中心)」
    江原一浩(筑波大学附属高等学校)
   第4回「音読から話す活動へ」
    淡路佳昌(大東文化大学)
  8月14日(日)
   第5回「聞く・話す活動から書く活動へ」
    山崎勝(埼玉県立和光国際高等学校)
   ア・ラ・カルト「綴りと発音の話」
    手島良(武蔵高等学校中学校)
 〈夏期集中講座 後期〉 [午前] 9:30〜12:30/[午後] 13:30〜16:30
  2016年8月18日(木)
   第1回「授業づくりの基礎・基本」
    浅野伸子(東京都立小山台高等学校)
   第2回「導入から言語活動まで(文法事項中心)」
    田島久士(東京都大田区立糀谷中学校)
  8月19日(金)
   第3回「導入(題材内容中心)」
    矢田理世(筑波大学附属高等学校)
   第4回「音読から話す活動へ」
    吉田章人(日本女子大学附属高等学校)
  8月20日(土)
   第5回「聞く・話す活動から書く活動へ」
    由井一成(日本女子大学附属高等学校)
   ア・ラ・カルト「テストの作り方」
    田島久士(東京都大田区立糀谷中学校)
 〈通年 後期〉 [午後] 13:00〜16:00
  2016年11月3日(木祝)
   第1回「授業づくりの基礎・基本」
    浅野伸子(東京都立小山台高等学校)
  12月11日(日)
   第2回「導入から言語活動まで(文法事項中心)」
    小菅敦子(元東京学芸大学附属世田谷中学校教諭、東京女子大学等非常勤講師)
  2017年1月9日(月祝)
   第3回「導入(題材内容中心)」
    四方雅之(成蹊中学・高等学校)
  2月12日(日)
   第4回「音読から話す活動へ」
    淡路佳昌(大東文化大学)
  3月20日(月祝)
   第5回「聞く・話す活動から書く活動へ」
    山崎勝(埼玉県立和光国際高等学校)
定員: 原則として毎回20名。
参加費: 会員: 半日3,000円(1日5,000円)、学生会員: 半日・1日ともに1,000円。
 一般: 半日5,000円(1日10,000円)、学生: 半日2,000円(1日3,000円)。
 *1日とは8月の [午前][午後] 両方参加の場合です。
申込方法: 1回ごとに(一財)語学教育研究所ホームページ(http://www.irlt.or.jp/)の「語研基礎講座」からお願いいたします。
問合先: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里6-36-13 サザンパレス西日暮里102号室 (一財)語学教育研究所(電話: 03-5901-9214, ファックス: 03-5901-9215, URL http://www.irlt.or.jp/)。

▲ 立教大学英語教育研究所主催 連続公開講演会
日時: 2016年5月16日(月)〜20日(金)の5日間 いずれも18:30-20:00.
場所: 立教大学 池袋キャンパス 8号館8506教室
内容:
 講師: Dr. Matthias Hutz (マシアス・フッツ)(ドイツ、フライブルク教育大学教授)
 演題:
  5月16日(月): 「ドイツの教育制度」
  5月17日(火): 「ドイツの外国語教育制度」
  5月18日(水): 「ドイツにおける教員養成」
  5月19日(木): 「教育大学における教員養成コース」
  5月20日(金): 「これからのドイツの教育制度」
 *使用言語: 英語(通訳なし)。
参加費: 申込不要、入場無料。
問合先: 立教大学異文化コミュニケーション学部 鳥飼慎一郎(Eメール:toriアットrikkyo.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本イギリス児童文学会東日本支部春の例会
日時: 2016年5月21日(土) 12:50〜17:00 (受付12:30より).
場所: 日本女子大学 目白キャンパス 百年館301教室 (〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1, URL http://www.jwu.ac.jp/unv/access.html)。
内容:
 研究発表 13:00〜14:00 (司会: 西村醇子)
  1. 牟田有紀子(早稲田大学大学院生)
   「19世紀イギリス女子教育の諸相――Girl's Own Paper の場合」
  2. 瀧内陽(東日本支部会員)
   「Aidan Chambers にとっての階級と教育」
 講演 15:00〜17:00 (司会: 川端有子)
  講師 坪能由紀子(日本女子大学家政学部教授)
  演題 イギリスと Creative Music Making
 懇親会 18:00〜20:00
  Royal Garden Cafe 目白店(会費4,000円)
参加費: 会員無料、一般500円(学生無料)。
問合先: jscleastアットgmail.com
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本アメリカ文学会東京支部5月研究発表
日時: 2016年5月21日(土) 午後1時半より。
場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎5階453教室。
内容:
 研究発表:
  宇沢美子(慶應義塾大学)
   「失われたジャポニスム空間を求めて――ボストン美術館 Japanese Court と岡倉覚三」
  司会: 佐久間みかよ(和洋女子大学)
参加費: 無料。申込不要。
問合先: 慶應義塾大学 大串尚代(電話: 03-5427-1196)。

▲ 2016年度オーストラリア・ニュージーランド文学会春季大会
日時: 2016年5月21日(土) 13:30〜17:00.
場所: 日本女子大学 目白キャンパス 百年館3階302教室 (〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1)。
内容:
 発表 (13:35〜15:40)
  市井多可士(ANZ 文学会会員)
   「宗教的共生とポスト実存主義――Geraldine Brooks に関する試論」
  塚本晃久(三重大学非常勤講師)
   「トンガ王国ニウアフォッオウ島の言語について」
  湊圭史(同志社女子大学)
   「Flanagan, The Narrow Road to the Deep North に見る戦時体験と『不易流行』」
 講演 (15:50〜16:50)
  Maria Nugent (オーストラリア国立大学、先住民歴史研究所: 研究員、東京大学附属アメリカ太平洋地域研究センター: 客員教授)
   “Remembering Dispossession: Indigenous Stories about Queen Victoria”
参加費: 無料(会員・非会員とも)。
問合先: 湊圭史(Eメール:kjminatoアットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本実用英語学会第185回研究発表会
日時: 2016年5月21日(土) 14:00〜17:00.
場所: 早稲田大学 11号館4階第4会議室。
内容:
 研究発表:
  「英語科学論文に特徴的な定型表現」
   小屋多恵子(法政大学教授)
  「日本の大学英語教科書のリーダビリティ」
   渡辺洋一(早稲田大学名誉教授)
会費: 500円(会員)、2,000円(非会員)。(会則・入会希望者は、82円切手同封の上、下記 [連絡先] まで請求。)
問合先:
 [事務局] 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学11号館1354室 日本実用英語学会。
 [連絡先] 〒162-0801 東京都新宿区山吹町361 (株)南雲堂内 日本実用英語学会(電話: 03-3268-2311)。

▲ 日英・英語教育学会(JABAET)2016年度第16回研究会
日時: 2016年5月22日(日) 13:30-17:00.
場所: 立命館大学 大阪いばらきキャンパス (〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150, URL http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/oic/)。
内容:
 研究会テーマ: 「英語教育研究の新しい視座: 量的研究と質的研究から」
  講演1 「社会科学のためのマルチレベル分析: 基礎から実践まで」
   講演者: 清水裕士(関西学院大学)
  講演2 「質的研究を可能にするもの」
   講演者: 住政二郎(関西学院大学)
 *講演後、講師のお2人に日頃の研究方法の悩みなどを聞いていただける「研究方法相談会」を開催予定。
参加費: 会員・非会員 無料。
問合先: 清泉女学院大学 和田順一(Eメール:wadaアットseisen-jc)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本英文学会第88回大会
日時: 2016年5月28日(土)29日(日)
場所: 京都大学 吉田キャンパス 本部構内・吉田南構内 (〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町、URL http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/)。
■■第一日 5月28日(土)
 (受付は正午より吉田南構内・総合館・共北1階エレベーター前にて。受付では年会費の納入はできません。)
開会式 午後1時より (本部構内・百周年記念ホール)
 司会 水野眞理 京都大学教授
 □開会の辞 佐々木徹 会長
 □挨拶 平田昌司 京都大学大学院文学研究科長
 □第38回新人賞選考結果・2015年度優秀論文賞報告 今仁生美 編集委員長
研究発表
  第1発表 午後1時45分−2時25分
  第2発表 午後2時30分−3時10分
  第3発表 午後3時20分−4時00分
  第4発表 午後4時05分−4時45分
第一室 (共北31講義室)
 司会 David Farnell 福岡大学准教授
  1. Samantha Landau 昭和女子大学専任講師
   “Here be Monsters”――Gothic Pastoral Landscapes in New England
 司会 里内克巳 大阪大学准教授
  2. 細野香里 慶應義塾大学大学院生
   喪失のフロンティア――“Huck Finn and Tom Sawyer among the Indians” における不在の身体
 司会 難波江仁美 神戸市外国語大学教授
  3. 高橋信隆 大阪大学非常勤講師
   隠喩としての獣――The Bostonians における危険の表象
  4. 加茂秀隆 國學院大學兼任講師
   For Giving――ヘンリー・ジェイムズ「死者の祭壇」における贈与について
第二室 (共北32講義室)
 司会 相田洋明 大阪府立大学教授
  1. 海上順代 東京都立産業技術高等専門学校准教授
   Sanctuary の『オリジナル版』と『改訂版』に於ける Narcissa Benbow Sartoris について
  2. 山根亮一 首都大学東京助教
   真正性の衝突――The Federal Writers' Project の記録した元・奴隷の声と Absalom, Absalom! の描く奴隷の声
 司会 飯野友幸 上智大学教授
  3. 小泉由美子 慶應義塾大学大学院生
   奪われた臓腑――ティモシー・ドワイトの詩『グリーンフィールド・ヒル』(1794)とインディアン捕囚体験記
  4. 千石英世 京都産業大学客員教授
   【招待発表】 あの Ignatow をもう一度
第三室 (共西31講義室)
 司会 柳朋宏 中部大学准教授
  1. 辻早代加 大阪市立大学大学院生
   envy はなぜ二重目的語構文に生じることができるのか
  2. 近藤亮一 名古屋大学大学院生
   空の補文標識の歴史的発達について
 司会 田中智之 名古屋大学教授
  3. 長田詳平 筑波大学大学院生
   英語助動詞の補部構造の変遷についての一考察――古英語従属節における動詞群語順を中心に
  4. 小倉美知子 東京女子大学教授
   【招待発表】 Self- の存在意義
第四室 (共西32講義室)
 司会 星英仁 同志社大学准教授
  1. 中島崇法 東北大学大学院生
   否定繰り上げと MoodP
  2. 前澤大樹 沖縄国際大学准教授
   Tough 構文に於ける空演算子移動の特性と格/時制素性の内部構成
 司会 草薙優加 群馬大学准教授
  3. 深谷素子 鶴見大学准教授
   ワールド・カフェで短編小説を読む――読書活性化に資する英語多読指導法
 司会 新井潤美 上智大学教授
  4. 真野泰 学習院大学教授
   【招待発表】 見えているのか、いないのか
SYMPOSIA (午後1時45分−4時45分)
第一部門 (共北25講義室)
 演劇制作の現場から――シェイクスピアと初期近代演劇の「共作」
  司会・講師 英知明 慶應義塾大学教授
  講師 太田一昭 九州大学教授
  講師 廣田篤彦 京都大学准教授
第二部門 (共北26講義室)
 近代英国と Literary Tourism――多様な文学受容と文化的アイデンティティの視点から
  司会・講師 松井優子 青山学院大学教授
  講師 吉野由利 学習院大学准教授
  講師 桐山恵子 和歌山大学准教授
  講師 水野祥子 下関市立大学教授(近現代イギリス史)
第三部門 (共北27講義室)
 近代イギリスのチャリティを読む
  司会・講師 松本三枝子 愛知県立大学教授
  講師 坂下史 東京女子大学教授(西洋史学)
  講師 市川千恵子 茨城大学准教授
  講師 井上美雪 東洋大学准教授
第四部門 (共北28講義室)
 21世紀のイギリス小説が問う記憶と歴史
  司会・講師 河内恵子 慶應義塾大学教授
  講師 遠藤不比人 成蹊大学教授
  講師 田尻芳樹 東京大学教授
  講師 板倉厳一郎 関西大学准教授
第五部門 (共北37講義室)
 Chaucer とヨーロッパ大陸の影響
  司会 地村彰之 広島大学名誉教授・岡山理科大学教授
  講師 西村政人 豊橋技術科学大学元教授
  講師 大野英志 広島大学准教授
  講師 浅香佳子 関西大学非常勤講師
  講師 笹本長敬 大阪商業大学元教授
第六部門 (共北38講義室)
 様態動詞と結果動詞
  司会・講師 出水孝典 神戸学院大学准教授
  講師 五十嵐海理 龍谷大学准教授
  講師 臼杵岳 京都産業大学助教
  講師 森下裕三 神戸大学研究員
■■第二日 5月29日(日)
 (受付は午前9時30分より吉田南構内・総合館・共北1階エレベーター前にて。受付では年会費の納入はできません。)
研究発表
  第1発表 午前10時00分−10時40分
  第2発表 午前10時45分−11時25分
  第3発表 午前11時35分−午後0時15分
  第4発表 午後0時20分−1時00分
第五室 (共北31講義室)
 司会 池上惠子 成城大学短期大学部名誉教授
  1. 濱田里美 立教大学大学院生
   The Wife of Bath の自伝的語り――The Book of Margery Kempe との比較を中心に
  2. John Scahill Insearch, University of Technology Sydney
   【招待発表】 Translation and Transformation in Caxton's Golden Legend
 司会 西出良郎 奈良女子大学准教授
  3. 鶴田学 福岡大学教授
   アクションの修辞学――弁論術とシェイクスピア演劇の台詞
  4. 勝山貴之 同志社大学教授
   イリリアの宦官――『十二夜』とオスマン帝国
第六室 (共北32講義室)
 司会 末廣幹 専修大学教授
  1. 小嶋ちひろ 京都大学大学院生
   Westward Ho が提示するロンドンの経済構造――妻の出奔がもたらす夫のアイデンティティの危機
  2. 大島範子 慶應義塾大学大学院生
   裏切り者の処世術――Davenant の Gondibert (1651)と The Siege of Rhodes (1656)
 司会 佐々木和貴 秋田大学教授
  3. 撫原華子 東京女子大学研究員
   ファニーの憂鬱――ギャリックとコールマン共作『秘密結婚』の女性表象
  4. 発表なし
第七室 (共西31講義室)
 司会 伊達直之 青山学院大学教授
  1. 柿原妙子 東京大学大学院生
   機械仕掛けの魂――‘Sailing to Byzantium’ と能へのまなざし
  2. 星野真志 マンチェスター大学大学院生
   「すべての矛盾が存在する場所」――デヴィッド・ガスコインにおける形式のユートピア性
 司会 粟野修司 佛教大学教授
  3. Neil Addison 東京女子大学准教授
   “This point in space”――Scale in Thomas Hardy's Poetic Wessex
 司会 和田綾子 鳥取大学教授
  4. 鈴木雅之 宮城学院女子大学特任教授
   【招待発表】 “somewhat in the Shandean vein”――Blake の “An Island in the Moon”
第八室 (共西32講義室)
 司会 武田将明 東京大学准教授
  1. 塩谷清人 学習院大学名誉教授
   【招待発表】 スウィフト、アイルランド、愛国心――『ドレイピア書簡』を中心に
 司会 松本靖彦 東京理科大学教授
  2. 村上幸大郎 京都大学大学非常勤講師
   ロマン派からの「遺産」――Sketches by BozElia におけるロンドンの現在と過去の情景描写について
  3. 南谷奉良 一橋大学大学院生
   『失われた世界』以前の失われた身体――世紀転換期の〈恐竜〉物語における巨獣の想像的身体について
 司会 田中裕介 青山学院大学准教授
  4. 川島彩那 武庫川女子大学大学院生
   事実を融解する想像的文学(imaginative literature)――Walter Pater の ‘A Prince of Court Painters’
第九室 (共西41講義室)
 司会 福原俊平 福岡大学准教授
  1. 松本和子 東京理科大学教授
   キプリングの変容する女性登場人物に関する一考察――第一次世界大戦を背景とする作品を中心に
 司会 水尾文子 熊本県立大学准教授
  2. 橋本智弘 一橋大学大学院生
   Kiran Desai の The Inheritance of Loss における風景と自然
 司会 武藤浩史 慶應義塾大学教授
  3. 小林広直 早稲田大学大学院生
   「間違い」だらけの地獄の説教と「狡猾な」スティーヴン/ジョイスの戦略――『若き日の芸術家の肖像』第3章再読
  4. 鈴木俊次 愛知学院大学客員教授
   【招待発表】 D. H. Lawrence における「触覚」――「見えない世界」への探求
第十室 (共西42講義室)
 司会 秦邦生 津田塾大学准教授
  1. 永嶋友 慶應義塾大学大学院生
   第二次世界大戦期のラジオと James Hanley――No Directions (1943)を中心に
 司会 池田栄一 東京学芸大学教授
  2. 圓月勝博 同志社大学教授
   【招待発表】 見るまえに心は孤独なままで跳べ――イギリス詩人 W・H・オーデンの実存の町ニューヨーク
 司会 荘中孝之 京都外国語短期大学准教授
  3. 三村尚央 千葉工業大学准教授
   Kazuo Ishiguro の The Unconsoled をシティズンシップ小説として読みほどく
  4. 原英一 東京女子大学教授
   カズオ・イシグロの「喪の作業」
SYMPOSIA (午前10時00分−午後1時00分)
第七部門 (共北25講義室)
 文学/映像における〈情動〉の再定位
  司会・講師 竹内勝徳 鹿児島大学教授
  講師 横田正夫 日本大学教授 (心理学)
  講師 庄司宏子 成蹊大学教授
  講師 新田啓子 立教大学教授
第八部門 (共北26講義室)
 ディキンスンと戦争と政治――他作家との比較をまじえて
  司会・講師 東雄一郎
  講師 金澤淳子 早稲田大学非常勤講師
  講師 梶原照子 明治大学准教授
  講師 藤村希 亜細亜大学講師
第九部門 (共北27講義室)
 メディア、帝国、19世紀末アメリカ
  司会・講師 塚田幸光 関西学院大学教授
  講師 中山悟視 尚絅学院大学准教授
  講師 高村峰生 神戸女学院大学准教授
  講師 宗形賢二 日本大学教授
  講師 村上東 秋田大学教授
第十部門 (共北28講義室)
 中世頭韻詩の通時的・共時的研究の現状と課題
  司会・講師 鈴木敬了 大東文化大学教授
  講師 藤原保明 筑波大学名誉教授・聖徳大学教授
  講師 守屋靖代 国際基督教大学教授
  講師 鎌田幸雄 仙台大学教授
第十一部門 (共北37講義室)
 統辞法の原始演算とインターフェイス
  司会・講師 加藤孝臣 上智大学准教授
  講師 葛西宏信 北九州市立大学教授
  講師 成田広樹 日本大学助教
  講師 剌田昌信 三重大学特任講師
第十二部門 (共北38講義室)
 英語力向上と文学教材――バランスの取れた授業実践を目指して
  司会・講師 佐藤和哉 日本女子大学教授
  講師 齋藤安以子 摂南大学教授
  講師 北和丈 東京理科大学講師
  講師 那須雅子 岡山大学准教授
特別講演 午後1時45分−3時45分 (本部構内・百周年記念ホール)
 司会 若島正 京都大学教授
  ギリシア恋愛譚と古代小説の起源
  中務哲郎 京都大学名誉教授
閉会式 午後3時55分 (本部構内・百周年記念ホール)
 司会 横内一雄 関西学院大学教授
 □閉会の辞 小澤博 関西支部支部長・関西学院大学教授
問合先: 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2 研究社英語センタービル 日本英文学会事務局(電話/ファックス: 03-5261-1922, URL http://www.elsj.org/)。

▲ JASEC 関東地区研究フォーラム
日時: 2016年5月28日(土) 14:00〜16:50.
場所: 早稲田大学 本部3号館9階914教室 (http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf)。
 (エレベーターで9階へ上がるには ID が必要なため、エスカレーターを御利用下さい。)
内容:
 1. 14:00〜15:20
  発表者: 青谷優子(朗読家・英語コミュニケーション講師・フリーアナウンサー)
  題目: 「英語朗読の英語教育現場への導入――『伝わる英語』の読み方を探る」
  司会: 大川久(早稲田大学)
 2. 15:30〜16:50
  発表者: Stephen Ryan (早稲田大学)
  題目: “Towards an understanding of the role of psychology in successful foreign language learning”
  司会: Mark Jewel (早稲田大学)
 *フォーラム終了後、1時間程度懇親会を行います。
問合先: 早稲田大学政治経済学部内 日本英語コミュニケーション学会関東支部事務局(Eメール: kk31896アットwaseda.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 第40回日本ジョン・スタインベック協会全国大会
日時: 2016年5月30日(月) 10時〜16時。
場所: 京都府立医科大学 附属図書館(2階) AVルーム (〒602-0841 京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465)。
内容:
 ・開会の辞 10:00
  会長: 伊藤義生(藤女子大学名誉教授)
 ・講演 10:15-11: 30/司会: 山内圭(新見公立大学)
  講師: Richard Cattabiani (State University of New York Ulster County Community College)
  講演題目: Active Methods: Introducing Steinbeck to Students
 ・研究発表 11:40-12:20/司会: 村上裕美(関西外国語大学短期大学部)
  発表者: John J. Han (Missouri Baptist University)
  発表題目: Steinbeck's Liberal Humanism in The Winter of Our Discontent
 ・シンポジウム 13:50-15:50
  題目: 「多文化社会」におけるスタインベックのアクチュアリティー
  司会・講師: 金子淳(山形大学)
  講師: 伊藤豊(山形大学)
  講師: 進藤修一(大阪大学)
 ・閉会の辞 15:55
  伊藤義生
参加費: 1,000円(どなたでもご参加いただけます。事前予約不要)。
問合先: 日本ジョン・スタインベック協会事務局 中垣恒太郎(Eメール: nakagakiアットic.daito.ac.jp, URL http://steinbeckjapan.web.fc2.com/Welcome.html)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ ≪場所変更≫アメリカ学会第50回年次大会
日時: 2016年6月4日(土)5日(日)
場所: ≪場所変更: 東京女子大学 (〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1, URL http://office.twcu.ac.jp/info/access.html)。≫
熊本県立大学 (〒862-8502 熊本県熊本市東区月出3丁目1-100, キャンパスマップ http://www.pu-kumamoto.ac.jp/site2010/menu_sub/daigakushisetsu/haichizu.html)。
内容:
【第1日 6月4日(土)】
 受付 ≪9号館ロビー≫ 学生ロビー(大ホール前)
自由論題 (午前の部 ≪9:30-12:00 9号館9104〜9105, 9201〜9204≫ 9:00-11:30 講義棟2号館中講義室1〜4, 小講義室2〜3)
 [自由論題A] 「人種・エスニシティー」
  司会: 麻生享志(早稲田大学)
  討論: 中地幸(都留文科大学)
  Eriko YAMAMOTO 山本恵里子(Aichi Mizuho College 愛知みずほ大学) “More than the ‘Race’ Issue: The 1936 Berlin Olympics and Japanese Americans”
  Sanae NAKATANI 中谷早苗(Kansai Gaidai University 関西外国語大学)
“Emotional, Warm, and Humane: Minoru Yamasaki's Architecture and Strategic Formation of His Professional Identity”
  Edward K. CHAN (Waseda University 早稲田大学) “Gloria Anzaldúa's Model of Identity and Utopian Desire”
  Yasuko KASE 加瀬保子(University of the Ryukyus 琉球大学) “The Perfect Guest: Trauma and the Implicated Subject in A Gesture Life by Chang-Rae Lee”
 [自由論題B] 「文学と映画における帝国主義・新自由主義・民主主義」
  司会: 山口和彦(東京学芸大学)
  討論: 渡邉真理子(西九州大学)
  柳沢秀郎(名城大学)「フレデリック・ヘンリーの連合――帝国主義的日米対立と『武器よさらば』」
  青木耕平(一橋大学・院)「コーマック・マッカーシー『国境三部作』におけるメキシコ――北米自由貿易協定、麻薬カルテル、そして新自由主義」
  深津勇仁(福岡女子大学・講)「米国西部劇に見るアメリカ外交」
 [自由論題C] 「移民政策・保守主義・米欧関係」
  司会: 上村直樹(南山大学)
  討論: 倉科一希(広島市立大学)
  鈴木俊弘(一橋大学・院)「米国における人種論の社会性――移民委員会報告書第5巻『人種民族辞典』(1911)における「アロフィリアン・ホワイト」の概念をめぐって」
  森山貴仁(Florida State University フロリダ州立大学・院)「保守を売り込む――アメリカにおける政治コンサルタントとメディア」
  志田淳二郎(中央大学・院)「ジョージ・H・W・ブッシュ政権の再検討――冷戦終結期の米欧関係の文脈で」
 [自由論題D] 「冷戦・対抗文化・公民権運動」
  司会: 大森一輝(北海学園大学)
  討論: 兼子歩(明治大学)
  青砥吉隆(国際基督教大学・研究員)「アポロ11号が月面に残した銘板 “We came in peace for all mankind.” の訳出について」
  藤重仁子(森ノ宮医療大学)「アメリカにおける補完代替医療の「復興」と移民――鍼治療を事例として」
  西崎緑(福岡教育大学)「公民権運動における YWCA の役割――YWCA of the USA Papers に残された記録を通して」
  宮下和子(鹿屋体育大学・名)「バラク・オバマ「セルマ・スピーチ」(2015)を紡ぐアメリカン・ヴォイス」
 [自由論題E] 「初期アメリカ・国際関係・文化外交」
  司会: 小山久美子(長崎大学)
  討論: 土屋由香(愛媛大学)
  笠井俊和(静岡県立大学・講)「英領アメリカ植民地における航海法違反の実態――ボストン船の事例を中心に」
  奥田俊介(京都大学・院)「リンドン・ジョンソン政権の対アフリカ広報外交と国務省教育・文化局――1964〜69年」
  William CHOU (University of Tokyo 東京大学・研究員) “Constructing the American Japanese Car: Technology, Consumer Markets, and Shocks 1957-1982”
 [自由論題F] 「家族・ジェンダー・社交」
  司会: 松原宏之(立教大学)
  討論: 佐々木真理(実践女子大学)
  関口洋平(University of Hawaii ハワイ大学・院)「イデオロギーとしてのポスト核家族と「イクメン」の誕生――20世紀後半アメリカにおける父親の表象について」
  大塩真夕美(白百合女子大学)「Mrs. Astor と Marjorie Merriweather Post――19世紀と20世紀の社交界をそこに君臨した女性から比較する」
  福田敬子(青山学院大学)「アメリカ人芸術家のロンドン・クラブライフ――ヘンリー・ジェイムズを中心に」
理事会・評議員会 (≪12:05〜12:50 9号館9103≫ 11:35-12:20 総合管理学部棟大演習室)
アメリカ学会設立50周年記念シンポジウム (≪13:00〜18:00 23号館23101≫ 12:30-17:30 大ホール)
 「アメリカ学会半世紀の省察と展望」
  司会 第1部まで 小檜山ルイ(東京女子大学)
  司会 第3部から 生井英考(立教大学)
  開会の辞・趣旨説明 松本悠子(アメリカ学会会長/中央大学)
  [第1部 基調報告]
   報告者 中嶋啓雄(大阪大学)「歴史的視座から見たアメリカ学会」
    渡辺靖(慶應義塾大学)「発足から50年――アメリカ学会の過去・現在・未来に関する若干の問題提起」
  [第2部 ラウンドテーブルI]
   「これまでの半世紀から学びとる」
   発言者 佐藤宏子(アメリカ学会元会長/東京女子大学・名)
    長田豊臣(アメリカ学会元会長/学校法人立命館理事長)
    油井大三郎(アメリカ学会元会長/東京大学・一橋大学・名)
    有賀夏紀(アメリカ学会元会長/埼玉大学・名)
    古矢旬(アメリカ学会元会長/北海商科大学)
    中嶋啓雄(大阪大学)
    渡辺靖(慶應義塾大学)
  [第3部 ラウンドテーブルII]
   ≪“Navigating American Studies in an Age of ‘Globalization’”≫
「「グローバル化」時代のアメリカ研究を構想する」
   Speakers
    Hiroshi OKAYAMA 岡山裕(Keio University 慶應義塾大学)
    Michio ARIMITSU 有光道生(Keio University 慶應義塾大学)
    Hiroshi KITAMURA 北村洋(College of William and Mary)
    Masumi IZUMI 和泉真澄(Doshisha University 同志社大学)
    Roger H. BROWN (Saitama University 埼玉大学)
    Claudia Franziska BRÜHWILER (University of St. Gallen)
  [第4部 Concluding Remarks]
   Hyung LEE (President, ASAK / Hankuk University of Foreign Studies)
   Yuko MATSUMOTO 松本悠子(President, JAAS / Chuo University アメリカ学会会長/中央大学)
≪中止≫ 懇親会 (18:45-20:45 メルパルク熊本 宴会場)
 会費6,000円
茶話会 (18:30〜19:45 11号館2F カフェテリア) 会費3,000円≫
【第2日 6月5日(日)】
 受付 ≪9号館ロビー≫ 学生ロビー(大ホール前)
部会・Workshop (午前の部 9:00-11:30 ≪9号館9103〜9104, 9201≫ 講義棟2号館中講義室1〜3)
 [部会A] 「格差社会アメリカを再考する――経済・歴史研究者からの問い」
  司会 須藤功(明治大学)
  報告 大橋陽(金城学院大学)「低所得層の信用アクセスとフリンジバンキング」
   佐藤千登勢(筑波大学)「セーフティーネットは機能しているのか?――福祉改革後のアメリカ」
   中島醸(千葉商科大学)「模索する労働運動――「ビジネス・ユニオニズム」から「社会運動ユニオニズム」へ」
  討論 本田浩邦(獨協大学)
 [部会B] 「拡張主義と環境」
  司会 松永京子(神戸市外国語大学)
  報告 鎌田遵(亜細亜大学)「アメリカ先住民と核開発」
   加藤恵理(成城大学・講)「ハワイにおける外来種をめぐる議論」
   山城新(琉球大学)「アメリカ合衆国探検遠征隊と拡張主義」
  討論 荒このみ(東京外国語大学・名)
 [Workshop A] “Framing the “American Century”: Migrations across a Globalizing World I”
  司会 Yoneyuki SUGITA 杉田米行(JAAS / Osaka University 大阪大学)
  報告 Krystyn R. MOON (ASA / University of Mary Washington) “The Making of the Modern Visa: American Immigration Policie, Legal Entry, and the Body Politics, 1880s-1940s”
   Madeline Y. HSU (OAH / University of Texas at Austin) “Discrimination and Selection: A Brief Interpretation of U.S. Immigration Restriction”
   Shiori Nomura ICHIMASA 一政(野村)史織(JAAS / Chuo University 中央大学) “Discourses of Women on Birth Control and Childcare: Japanese Immigrant Women and the Japanese Immigrant Media in the Early 20th Century U.S.A.”
  討論 Hyun-Song LEE (ASAK / Hankuk University of Foreign Studies)
分科会 (11:40-12:55 ≪9号館9104〜9105, 9202〜9205, 23号館23200, 23300≫ 講義棟2号館小講義室1〜4, グローカルセンター111, 201〜204)
 1.アメリカ政治」
  責任者: 西山隆行(成蹊大学)
  報告: 清原聖子(明治大学)「全米に広がるオンライン有権者登録制度――普及要因と意義」
 2.アメリカ国際関係史研究」
  責任者: 藤本博(南山大学)
  報告: 上英明(神奈川大学)「外交と人の移動の『衝突』――冷戦期における米・キューバ国交正常化交渉とその限界をめぐって」
 3.日米関係」
  責任者: 末次俊之(専修大学)
  報告: 浅野一弘(札幌大学)「国務長官の対日観――ライスとヒラリーの回顧録をもとに」
 4.経済・経済史」
  責任者: 名和洋人(名城大学)
  報告: 安岡邦浩(京都大学・院)「大企業規制とニューディール」
 5.アジア系アメリカ研究」
  責任者: 野崎京子(京都産業大学)
  報告: 坂口満宏(京都女子大学)「北米に渡った熊本県からの移民と郷里とのつながり」
 6.アメリカ女性史・ジェンダー研究」
  責任者: 山内惠(清泉女子大学・講)
  報告: 鈴木周太郎(鶴見大学)「アメリカ建国期における英仏関係と女性の権利論」
 7.アメリカ先住民研究」
  責任者: 佐藤円(大妻女子大学)
  報告: 大野あずさ(大阪経済大学)「歴史学者として現代の都市アメリカ先住民コミュニティを研究するということ」
 8.初期アメリカ」
  責任者: 石川敬史(東京理科大学)
  報告: 朝立康太郎(西南学院大学)「南部奴隷主層による「政治経済学」批判」
 9.アメリカ社会と人種」
  責任者: 藤永康政(山口大学)
  報告: 戸田山祐(神奈川大学・講)「メキシコ人非合法移民の包摂と排除――1950年代前半のテキサスにおける送還と合法化」
新理事会 (12:30-13:00 ≪9号館9103≫ 総合管理学部棟大演習室)
総会 (13:10-13:40 ≪9号館9103≫ 大ホール)
清水博賞・斎藤眞賞授賞式 (13:50-14:00 ≪9号館9103≫ 大ホール)
部会・Workshop (午後の部 14:10-16:40 ≪9号館9103〜9105, 9201≫ 講義棟2号館中講義室1〜4)
 [部会C] 「オバマ政権の功績の評価」
  司会 前嶋和弘(上智大学)
  報告 山岸敬和(南山大学)「オバマケアの歴史的意義」
   佐藤丙午(拓殖大学)「米国の外交・安全保障戦略の継続性と断続性――リバランスと戦略的抑制がアジア太平洋に及ぼす影響を中心に」
   渡辺将人(北海道大学)「オバマの時代と民主党――分極化の中で」
  討論 西山隆行(成蹊大学)
 [部会D] 「「ポスト・レイシャル」アメリカにおける「人種」」
  司会 大類久恵(津田塾大学)
  報告 村山瑞穂(愛知県立大学)「カラーブラインド時代にいかに人種を語るのか――アジア系アメリカ文学の場合」
   川島正樹(南山大学)「「ポスト・レイシャル」アメリカにおけるカラー・ライン再定義圧力の分析と都市部における問題解決努力の展望」
   余田真也(和光大学)「ポストインディアンの真正性――現代文学における先住民アイデンティティの考察」
  討論 竹沢泰子(京都大学)
 [部会E] 「スーパーウーマンの表象」
  司会 杉山直子(日本女子大学)
  報告 山口ヨシ子(神奈川大学)「異性装の冒険者――キャピトーラ・ブラックとその姉妹たち」
   大串尚代(慶應義塾大学)「ワンダー・ウーマンとは誰か?――スーパーヒロインと20世紀アメリカ」
   小澤英実(東京学芸大学)「ファイナル・ガールズから怒れる女たちへ――映画のなかのスーパーヒロイン」
  討論 赤尾千波(富山大学)
 [Workshop B] “Framing the “American Century”: Migrations across a Globalizing World II”
  司会 Yutaka SASAKI 佐々木豊(JAAS / Kyoto University of Foreign Studies 京都外国語大学)
  報告 Moustafa M. BAYOUMI (ASA / Brooklyn College, City University of New York) “‘I was treated like a UPS package’: Migration in Guantánamo Diary, the American Slave Narrative, and the War on Terror”
   Neil FOLEY (OAH / Southern Methodist University) “Mexican Immigrants in the U.S. Army and U.S.-Mexico Diplomacy”
   Yutaka NAKAMURA 中村寛(JAAS / Tama Art University 多摩美術大学) “Migration and the Location of Violence: Reflections on the Narratives of African-American Muslim”
  討論 Jeongsuk JOO (ASAK / Jungwon University)
大会参加費: 非会員1,000円。参加登録締切≪2016年5月20日(金)≫ 2016年5月7日(土)
問合先: アメリカ学会(http://www.jaas.gr.jp/)。

▲ ≪場所変更≫第28回日本ギャスケル協会例会
日時: 2016年6月4日(土) 午後2時より。
場所: ≪場所変更: 岐阜県立看護大学 講義棟 講義室201 (〒501-6295 岐阜県羽島市江吉良町3047-1, URL http://www.gifu-cn.ac.jp/access/)。≫
 熊本大学 文学部2F共用会議室。
内容:
 研究発表:
  司会: 宮丸裕二(中央大学教授)
  1. 瀧川宏樹(近畿大学非常勤講師)
   「ギャスケル作品における子どものイメージ――『ルース』を中心に」
  2. 石井明日香(東京学芸大学非常勤講師)
   「女性が伝える物語――「ばあやの物語」と『嵐が丘』」
 講演:
  司会: 杉村藍(岡山県立大学教授)
  金子幸男(西南学院大学教授)
   「カントリーハウスにみるホームの変遷――ギャスケル、ハーディ、フォースターとイングリッシュネス」
問合先: 日本ギャスケル協会事務局 神戸大学大学院国際文化学研究科 石塚裕子(Eメール:ishizukaアットkobe-u.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 第502回日本英学史学会本部例会
日時: 2016年6月4日(土) 午後2時より。
場所: 拓殖大学 文京キャンパス E館701教室 (〒112-8585 東京都文京区小日向3-4-14, 電話: 03-3947-7111)。
内容:
 発表: 容應萸「19世紀後半のニューヘイブン: アメリカ人、日本人と中国人留学生」
参加費: 無料(会員・非会員とも)。
問合先: 赤石恵一(Eメール:blueingreen813アットnifty.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 慶應義塾大学言語文化研究所主催 慶應言語学コロキアム
日時: 2016年6月10日(金) 15:00-18:00.
場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 東館8階ホール。
内容:
 演題: Is Agree Labeling?
 講師: Prof. T. Daniel Seely (Eastern Michigan University)
 *使用言語: 英語(セミナー形式)。
参加費: 無料。申込不要事前。
問合先: 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学言語文化研究所(電話: 03-5427-1595 直通, Eメール: genbuアットicl.keio.ac.jp, URL http://www.icl.keio.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 2016年度日本バーナード・ショー協会春季大会
日時: 2016年6月11日(土) 13:00〜16:30.
場所: 十文字学園女子大学 巣鴨サテライト (〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-10-33 十文字中学・高等学校内、URL http://js.jumonji-u.ac.jp/articles/-/5)。
内容:
 役員会: 12:00〜13:00
 総会: 13:00〜13:30
 研究発表: 13:30〜16:30
  松本望希
   「ディストピア物語としての『メトセラへ還れ』: ハクスリー『すばらしい新世界』と比較したショーの機械文明観」
   “Back to Methuselah as a Dystopia Story: Shaw's View on Machine Civilization in Comparison with Huxley's Brave New World
  Nicholas R. Williams
   “Shaw's history of an experimental colony: The Simpleton of the Unexpected Isles
  森川寿
   「Immaturity における小説家ショーの熟練度」
   “Maturity of Shaw the Novelist in Immaturity
 *懇親会を大会終了後(17:00〜19:00)に開催します。会費は6,000円です。
 *出欠を2016年6月3日(金)までに、Eメールもしくは葉書で下記にご連絡ください。
問合先: 〒353-0007 埼玉県志木市柏町3-3-31-203 日本バーナード・ショー協会事務局 大浦龍一(Eメール:obssjアットyahoo.co.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 中・四国アメリカ文学会第45回大会
日時: 2015年6月11日(土)、12(日)。
場所: 広島経済大学 立町キャンパス 132教室 (〒730-0032 広島県広島市中区立町2-25, 電話: 082-871-1000)。
内容:
[第1日 6月11日(土)]
 受付 (12:50〜13:40)
 開会式 (13:40〜13:50)
  開会の辞 会長 新田玲子
 研究発表 (13:50〜16:40)
  1. (13:50〜14:30)
   司会 松永京子(神戸市外国語大学)
   発表 黒住奏(日本学術振興会特別研究員)
   Leslie Marmon Silko の Almanac of the Dead におけるビジュアルイメージの役割
  2. (14:30〜15:10)
   司会 山野敬士(別府大学)
   発表 新井純美(広島大学・院)
   『サンクチュアリ』における南部女性像の解体――テンプル・ドレイクが内包する白人性と黒人性
  3. (15:20〜16:00)
   司会 山野敬士
   発表 森瑞樹(広島経済大学)
   物語への眼差し――Rabbit Hole を中心に
  4. (16:00〜16:40)
   司会 吉岡志津世(神戸女子大学)
   発表 渡部知美(島根大学)
   Sula (1973)における黒人共同体とパーリアとしての Sula
 特別講演 (16:50〜17:50)
  講師 水野尚之(京都大学)
  演題 劇作家ヘンリー・ジェイムズ
  司会 中村善雄(ノートルダム清心女子大学)
 懇親会 (18:30〜20:30)
  会場 リーガロイヤルホテル広島 3階「安芸の間」(〒730-0011 広島県広島市中区基町6-78, 電話: 082-502-1121)
  司会 上田みどり(広島経済大学)
  会費 6,000円
[第2日 6月12日(日)]
 シンポジアム (9:30〜12:30)
  アメリカ文学の独立
   司会 松島欣哉(香川大学)
   1. 超絶主義者たちと国民文学――エマソンとフラーを中心に
    発題 松島欣哉
   2. オルコットの短篇小説と新しいアメリカの教養
    発題 本岡亜沙子(広島経済大学)
   3. 笑う歴史家――Washington Irving の史実と夢想のアメリカ
    発題 山口善成(高知県立大学)
   4. Philadelphia Fire にみる The Tempest の翻案と黒人男性であることの困難
    発題 山内玲(東北大学)
 総会 (12:30〜12:50)
  議長 会長 新田玲子
 閉会式 (12:50〜13:00)
  閉会の辞 副会長 松島欣哉
 *「会報55号」は発表レジュメとなっております。当日ご持参ください。
 *懇親会、役員会へのご出欠については、指定のハガキを2016年5月20日(金)までにご投函ください。
 *2016 (平成28)年度会費納入(本部会費5,000円、支部会費4,000円[学生会員3,000円])は指定の振替用紙にてよろしくお願い申し上げます。
 *日本アメリカ文学会の今年度の全国大会は2016年10月1日(土)、2日(日)にノートルダム清心女子大学(岡山市)で開催されますが、他の大きな学会と重なるため直ちに宿泊予約をされることをお勧めします。
 *今回の支部大会から保育室を設けます。利用されたい方は、学会 HP (http://www.chushi-als.org/)の保育室情報をご覧いただいたうえで2016年5月26日(木)までにEメールで事務局(shohchiアットmsn.com)にお申し込みください。
 *第5回冬季大会は2016年12月3日(土)に愛媛大学で開催されます。冬季大会での発表をご希望の方は、2016年7月31日(日)までにEメールで事務局(shohchiアットmsn.com)にお申し込みください。発表題目は2016年10月までに届け出てください。
問合先: 中・四国アメリカ文学会事務局(http://www.chushi-als.org/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ JACET (大学英語教育学会)関東支部月例研究会
日時: 2016年6月11日(土) 16:00-17:20.
場所: 青山学院大学 14号館10F第18会議室。
内容:
 「中・高・大をつなぐ「思考力・判断力・表現力」を育むライティング指導」
 大井恭子(清泉女子大学)
参加費: 無料(事前申込不要)。
問合先: JACET 関東支部事務局(Eメール:jacet-kanto-officeアットcl.aoyama.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ JACET (大学英語教育学会)談話行動研究会
日時: 2016年6月17日(金) 午後6時30分〜8時。
場所: 専修大学 神田キャンパス 5号館5階551室。
内容:
 講師: 宮田宗彦(専修大学)
  The role of language use in second language development
参加費: 入場無料。申込不要。(会員以外の方も歓迎)
問合先: 池尾玲子(Eメール:rikeo0919アットgmail.com)。
Eメールの「アット」を「@」に変更してください

▲ 東京言語研究所 2016年度開設50周年記念講義 公開講座「言語を軸に据え社会との接点を考える」
日時:
 2016年6月18日(土) 14:00-17:00,
10月15日(土) 14:00-17:00,
 2017年2月25日(土) 14:00-17:00.
場所: 東京言語研究所 13階教室 (〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル、URL http://www.tokyo-gengo.gr.jp/)。
内容:
 2016年
  6月18日(土)
  講師: 木部陽子(国立国語研究所)
   「危機方言の記録と地域再生: 言語学に何ができるか」
  10月15日(土)
  講師: 林徹(東京大学)
   「夢ではトルコ語を話します: ベルリンに住むトルコ系の若者たちがアンケートを通して教えてくれる多言語使用」
 2017年
  2月25日(土)
  講師: 川原繁人(慶應義塾大学)
   「難病患者の失われる声を救うマイボイス: 言語学が社会に貢献できること」
参加費: 一般1,500円/学生・院生1,000円(各回)。事前申込制。
問合先: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル16階 公益財団法人ラボ国際交流センター 東京言語研究所(電話: 03-5324-3420, ファックス: 03-5324-3427, Eメール:infoアットtokyo-gengo.gr.jp, URL http://www.tokyo-gengo.gr.jp/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 外国語教育メディア学会(LET)関東支部第136回(2016年度)研究大会
日時: 2016年6月18日(土)。
場所: 早稲田大学 戸山キャンパス (〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1)。
内容:
 大会テーマ: グローバル人材育成: 産学官の接点
 特別講演: 「グローバル時代を生き抜く」
  村上憲郎(元 Google 米国本社副社長)
 講演:
  (1) 「21世紀型教育を超えて」
   橋一也(工学院大学附属中学校高等学校中学教頭)
  (2) 「言えば必ず嫌われる大学英語教育の問題について」
   安藤文人(早稲田大学文学学術院教授)
  (3) 「文科省におけるグローバル人材育成の取組」
   小林万里子(文部科学省初等中等教育局国際教育課長)
  (4) 「楽天の英語化から分かったこと」
   葛城崇(楽天株式会社グローバル人事部副部長)
 シンポジウム: 上記5人が登壇
 その他の内容: 一般の研究発表・実践報告12件、研究発表の合間に6件の賛助会員各社によるプレゼン、大会終了後の懇親会(2016年6月11日[土]までに申込要)。
 *後援: 東京都教育委員会(申請中)。
参加費:
 会員: 参加費・資料代共に無料。
 団体会員: 参加費無料、資料代は一団体につき1名のみ無料/2人目から1,000円。
 非会員: 参加費無料、資料代1,000円 *学部生は学生証の提示にて資料代無料。
問合先: 〒370-0033 群馬県高崎市中大類町58-2 高崎健康福祉大学 人間発達学部 嶋田和成研究室内 外国語教育メディア学会(LET)関東支部事務局(電話: 027-352-5558, ファックス: 027-352-1311, Eメール:kanto-officeアットj-let.org, URL http://www.kanto.j-let.org/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 近代英語協会第33回大会
日時: 2016年6月25日(土) 9:50-18:10 (受付開始9:10).
場所: 安田女子大学 5号館2階5206教室 (〒731-0153 広島県広島市安佐南区安東6-13-1)。
内容:
 開会の辞 9:50-10:00
  会長 菊池繁夫(関西外国語大学教授)
 シンポジウム 10:00-12:00
  「近代英語研究における辞書・データの使い方」
   司会: 中尾佳行(福山大学教授)
   講師: 和田章(山口大学名誉教授)
    「初期の英語辞書(1604-1721)―難語辞書から一般語辞書へ」
   講師: 堀正広(熊本学園大学教授)
    「言語・文体研究への貢献: 辞書、CD-ROM、Online、そして Dickens Lexicon Digital」
   講師: 滝沢直宏(立命館大学教授)
    「-ly 副詞の盛衰: 1810年から2009年までの通時的変化の記述」
 総会 12:40-13:10
 研究発表 第一部 13:15-15:15
  司会: 保坂道雄(日本大学教授)
   1. 長田詳平(筑波大学大学院)
    「英語史における動詞群の優勢語順の量的変化について」
  司会: 服部義弘(大阪学院大学教授)
   2. 籾山陽子(愛知県立芸術大学非常勤講師)
    「楽譜から読み取れる16世紀から18世紀の音節数の変化を伴う発音変化」
   3. 西原哲雄(宮城教育大学教授)
    「中英語・近代英語初期におけるクレオール語化におけるリズム構造―OCP 制約による最適性理論の観点から」
 研究発表 第二部 15:25-16:45
  司会: 福元広二(広島修道大学教授)
   1. 重松恵梨(広島大学大学院)
    「小説における知覚レベルの意識描写」
   2. 西尾美由紀(近畿大学准教授)
    「ディケンズの作品における慣用連語の独創性に関する一考察」
 講演 17:00-18:00
  「イディオムと語義の変遷」
   司会: 西村秀夫(三重大学教授)
   講師: 地村彰之(岡山理科大学教授)
 閉会の辞 18:05-18:10
  中川憲(安田女子大学教授)
 懇親会 18:30-20:00
  会場: まほろば食堂
問合先: 〒722-8506 広島県尾道市久山田町1600-2 尾道市立大学芸術文化学部 平山研究室内 近代英語協会事務局分室(電話: 0848-22-8311 大学代表、URL http://www.modernenglish.jp)。

▲ 日本英語表現学会(JASEUS)第45回全国大会・総会
日時: 2016年6月25日(土) 13:00より、
6月26日(日) 17:00まで。
場所: 大東文化大学 板橋キャンパス(〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1)。
内容:
【第1日 6月25日(土)】
 受付開始 (3号館1階) (12:00)
1 開会式 (3号館3-0114教室) (13:00-13:15)
 司会 里見繁美(大東文化大学)
 挨拶 本学会会長 中村匡克(工学院大学)
 挨拶 大東文化大学文学部長 河内利治
2 総会 (同教室) (13:15-14:00)
 司会 下山進平(桐生外語学院)
3 研究発表 第一会場 (3号館3-0115教室)
  司会 ダニエル・ガリモア(関西学院大学) (14:00-14:40)
   ○『冬物語』における「眼」の盲信と不信について
    星隆弘(文教大学)
  司会 梅宮悠(早稲田大学) (14:40-15:20)
   ○Shakespeare における語と主題――urvive を例に
    堀江智子(防衛大学校)
  司会 能勢卓(京都聖母女学院短期大学) (15:20-16:00)
   ○『ヘンリー五世』における戦争観――王権と国民
    神山高行(東海大学福岡短期大学)
 研究発表 第二会場 (3号館3-0113教室)
  司会 立本秀洋(大阪電気通信大学) (14:00-14:40)
   ○外訳『サロメ』の翻訳考察
    川野礼音(東海大学大学院生)
  司会 上地安貞(東京家政大学) (14:40-15:20)
   ○アレン・セイが描く異文化: 多文化教育の可能性
    花光里香(早稲田大学)
  司会 松田正貴(大阪電気通信大学) (15:20-16:00)
   ○〈夢〉の諸相: 人称と表現
    横田肇(道都大学)
 研究発表 第三会場 (3号館3-0105教室)
  司会 川修一(日本赤十字看護大学) (14:00-14:40)
   ○for example と such as の例示機能と文体的特徴
    名和俊彦(関西学院大学)
   ○英語における理由・目的を表す表現について (14:40-15:20)
    永井正司(名古屋工業大学)
  司会 青吠乎(早稲田大学) (15:20-16:00)
   ○日本の観光地に見られる英語案内板: 包括的説明
    福島一人(文教大学)
4 記念講演 (3号館3-0114教室) (16:30-17:30)
 司会 塚本陸子(大東文化大学)
 題目 日本の笑いを世界へ
 落語家 立川志の春
5 懇親会 (18:00-19:30)
 会場 大東文化大学 板橋キャンパス カフェテリア Green Spot
  〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1
  電話: 03-3937-3350
 司会 佐竹幸信(早稲田大学)
【第2日 6月26日(日)】
テ−マ: 音声表現
1 研究発表 第一会場 (3号館3-0115教室)
  司会 石霰酣(鳴門教育大学) (10:00-10:40)
   ○子供の初期英語表現の非階層性――進化の視点から
    関田誠(東海大学)
  司会 ジョン・フォーセット(吉備国際大学) (10:40-11:20)
   ○Effects of Peer Review in Writing Class for Confucian Heritage Cultural Students
    中井文子(東洋大学)
  [異分野交流発表]
   司会 藤本昌司(東海大学) (11:20-12:40)
    ○「読み」の実践と可能性――英文学と英語学の視点
     笹川浩(中央大学)
     水本孝二(日本大学)
 研究発表 第二会場 (3号館3-0113教室)
  司会 山本英一(関西大学)
   ○英語シノニム研究――remain と stay (10:00-10:40)
    多田羅平(広島大学大学院生)
   ○空間的拡張を表す命題の事象性 (10:40-11:20)
    一條祐哉(日本大学)
  司会 奥田隆一(関西大学)
   ○分離不定詞に現れる否定辞の考察 (11:20-12:00)
    百武玉恵(九州ルーテル学院大学)
   ○補文標識 that の生起について (12:00-12:40)
    西原俊明(長崎大学)
 研究発表 第三会場 (3号館3-0105教室)
  司会 磯田隆啓(東海大学) (10:00-10:40)
   ○学習動機と自己効力感を高める英語発音指導
    村松直子(日本大学)
  司会 楢崎健(東海大学) (10:40-11:20)
   ○ポー作品における発声とその喪失の意味
    藤井美代子(東海大学)
  司会 伊藤佳世子(京都大学) (11:20-12:00)
   ○英語リズム、ストレス、イントネーション指導
    山田茂(早稲田大学)
2 シンポジウム (3号館3-0114教室) (13:30-16:30)
 主題 英語表現における音声の役割
  司会・提案者 湯舟英一(東洋大学)
  提案者 大和田和治(東京音楽大学)
  提案者 小川直樹(Heart-to-Heart Communications)
  提案者 吉田雅之(早稲田大学)
3 閉会式 (同教室) (16:30)
 司会 水本孝二(日本大学)
 挨拶 本学会副会長 山田茂(早稲田大学)
問合先: 〒162-0801 東京都新宿区山吹町361 南雲堂内 日本英語表現学会(JASEUS)事務局(電話: 03-3268-2311, ファックス: 03-3269-2486, URL http://www.jaseus.org)。

▲ 日本アメリカ文学会東京支部6月シンポジウム
日時: 2016年6月25日(土) 午後1時半より。
場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎4階445教室。
内容:
 シンポジウム: 「21世紀からみるアメリカ演劇の100年――エスニシティー・家族・社会の変遷」
 司会: 大森裕二(拓殖大学)
 講師: ジョン・ドーシィ(元立教大学)、竹島達也(都留文科大学)、谷佐保子(早稲田大学・非)
参加費: 無料。申込不要。
問合先: 慶應義塾大学 大串尚代(電話: 03-5427-1196)。

▲ 関西コールリッジ研究会第170回例会
日時: 2016年6月25日(土) 午後2時30分より。
場所: 同志社女子大学 今出川キャンパス 「純正館」1階S105教室。
内容:
 研究発表
  司会者: 阿部美春
  発表者: 今村隆男
  発表題目: ピクチャレスクのエネルギー
参加費: 非会員の当日のみの聴講は500円。
 入会する場合には年会費3,000円(学生は2,000円)。
問合先: 岩井茂昭(Eメール:iwai.mmviアットnifty.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 第503回日本英学史学会本部例会
日時: 2016年7月2日(土) 午後2時より。
場所: 拓殖大学 文京キャンパス E館701教室 (〒112-8585 東京都文京区小日向3-4-14, 電話: 03-3947-7111)。
内容:
 発表: 高木不二「横井左平太のアメリカ留学」
参加費: 無料(会員・非会員とも)。
問合先: 赤石恵一(Eメール:blueingreen813アットnifty.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 2016年度 JACET (大学英語教育学会)関東支部第10回記念大会
日時: 2016年7月3日(日) 9:30-17:35.
場所: 早稲田大学 早稲田キャンパス 8号館。
内容:
 大会テーマ: 「ヨーロッパの域を超えた CLIL の可能性を求めて」
 Theme: “Exploring the Potential of CLIL Beyond Europe”
 (受付: 9:00より 8号館3階)
 研究発表等 [午前の部]: (9:30-11:45 8号館3・4階各教室)
 特別シンポジウム: (10:40-11:45 8号館106教室)
  “Cases of CLIL Implementation in Non-European Contexts”
   Shigeru Sasajima 笹島茂(Vice-President of JACET KANTO, Toyo Eiwa University)
   Russell Cross (Melbourne Graduate School of Education)
   Mika Ito 伊東弥香(Tokai University)
   Margaret Gearon (Melbourne Graduate School of Education)
 支部総会: (12:30-13:00 8号館106教室)
 基調講演: (13:00-14:30 8号館106教室)
  “Content and Language Integrated Learning (CLIL) Beyond Europe: An Innovative Pedagogy for Re-envisaging the Teaching and Learning of English in Japan”
   Margaret Gearon (Melbourne Graduate School of Education)
   with Russell Cross (Melbourne Graduate School of Education)
 研究発表等 [午後の部]: (14:35-15:40 8号館3・4階各教室)
 全体シンポジウム: (15:50-17:30 8号館106教室)
  「大学英語教育の現状と課題」
  “Current Condition and Challenges for English Education in Universities”
   寺内一(JACET 会長・高千穂大学)
   田地野彰(京都大学)
   村田久美子(早稲田大学)
 閉会式: (17:30-17:35 8号館106教室)
 懇親会: (18:00-20:30 「うるとらカフェ」)
  懇親会に御出席頂ける方は、2016年6月25日(土)までに大会実行委員長 山口高領(Eメール:takaneアットaoni.waseda.jp)まで御連絡下さい。メールの件名は「JACET 支部大会懇親会出席」とご記入ください。懇親会費は3,500円です。大会当日に受付で御支払下さい。領収書が必要な方はお申し出ください。
参加費: 会員・非会員は1,000円、各大学の学部生は無料(*要学生証)。
問合先: JACET 関東支部 大会運営委員長 新井巧磨(Eメール:tackアットaoni.waseda.jp, URL http://www.jacet-kanto.org/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 慶應義塾大学言語文化研究所主催 慶應言語学コロキアム
日時: 2016年7月9日(土)、10日(日) 13:00-18:30.
場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館3階大会議室。
内容:
 演題: ドイツ語学と生成統語論
 講師: 稲葉治朗(東京大学総合文化研究科准教授)
 *使用言語: 日本語。
参加費: 無料。申込不要。
問合先: 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学言語文化研究所(電話: 03-5427-1595 直通, Eメール: genbuアットicl.keio.ac.jp, URL http://www.icl.keio.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本英語教育史学会第258回研究例会
日時: 2016年7月16日(土) 14:00〜17:00.
場所: 東京電機大学 東京千住キャンパス (〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番)。
内容:
 研究発表
  「戦後の高校英文法教育史(その1): 検定教科書の9年間と、自由化後の高校現場」
   久保野雅史(神奈川大学)
 自著を語る
  「近代日本の陸海軍を英語教育史から見直す: 江利川春雄著『英語と日本軍: 知られざる外国語教育史』を素材に」
   提案者: 江利川春雄(和歌山大学)
   指定討論者: 横山多津枝(防衛大学校)
参加費: 無料。
問合先: 日本英語教育史学会 例会担当(Eメール:reikaiアットhiset.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 上智大学言語学会第31回年次大会
日時: 2016年7月16日(土)。
場所: 上智大学 四谷キャンパス 図書館9階。
内容:
 午前の部:
  一般発表・招待発表
 午後の部:
  ワークショップ “Interpreting studies from the point of view of applied linguistics” (応用言語学の視点から見た通訳研究)
   発表: Daniel Gile (パリ第3大学名誉教授)
    “Listening comprehension availability in interpreting”
   発表: 水野的(青山学院大学教授)
    「同時通訳と認知的制約」
   発表: 木村護郎クリストフ(上智大学教授)
    「多言語管理の方略としての通訳」
   ワークショップコーディネーター: 橋絹子(上智大学非常勤講師)
問合先: 上智大学国際言語情報研究所(SOLIFIC)・上智大学言語学会(Eメール:suls1985アットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 英国国際教育研究所(IIEL)の催し
日時: 2016年7月18日(月)〜8月19日(金)。
場所: 英国ロンドン。

▲ 英語講座 日本語教師のための英語
 English for Japanese Language Teaching〈夏期〉
 日時: 2016年7月18日(月)〜8月12日(金) 全4週間。
 内容: 日本語教師として海外で仕事をする際に求められる英語力や教室運営に携わっていく際に必要となる英語力を養成します。文法用語の整理、文法説明に必要な表現、クラスマネージメントや指示のための英語表現、日本文化や日本社会についてのプレゼンテーションの方法等を具体的な練習に基づいて学習します。
 詳細: http://www.iiel.org.uk/english/LLC/EJLT.html
 *「日本語教師養成課程〈夏期集中コース〉」との同時受講可。

▲ コツコツではなく夏休みを使って一気に履修
 日本語教師養成課程〈夏期集中コース〉
 日時: 2016年7月25日(月)〜8月19日(金) 全4週間。
 内容: 20歳以上なら誰でも出願可能。イギリス人などのヨーロッパ在住者対象の充実した教育実習。卒業生は海外の大学やその他の教育機関でも活躍。
 詳細: http://www.iiel.org.uk/course_detail/LCE-GS/S_SP.html

▲ 日本の子どもたちに英語を教えるための
 児童英語教育入門セミナー〈夏期集中コース〉
 日時: 2016年2016年8月1日(月)〜6日(土) 6日間。
 内容: 英語が生まれた国、イギリスの空気を吸いながら、子どもたちが英語を学ぶ意味や日本の小学校への教科導入が進められている児童英語教育のあり方について考えるとともに子どもたちに教えるために必要な基礎的な英語力をつけることを目的としたコースです。
 詳細: http://www.iiel.org.uk/course_detail/LCE-GS/TEYL_nyumon.html

問合先: Institute of International Education in London 英国国際教育研究所(電話: +44-(0)20-8331-3100, Eメール:enquiriesアットiiel.org.uk, URL http://www.iiel.org.uk)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 慶應義塾大学言語文化研究所主催 慶應言語学コロキアム
日時: 2016年7月23日(土)、24日(日) 13:00-18:30.
場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館3階大会議室。
内容:
 演題: [生成文法の哲学的意義3] 経験主義的ドグマを乗り越えて
 講師: 阿部潤(元東北学院大学文学部教授)
参加費: 無料。申込不要。
問合先: 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学言語文化研究所(電話: 03-5427-1595 直通, Eメール: genbuアットicl.keio.ac.jp, URL http://www.icl.keio.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 関西英語辞書学研究会(KELC: Kansai English Lexicography Circle)第82回例会
日時: 2016年7月23日(土) 1:30〜5:00.
場所: キャンパスプラザ京都 第2演習室(5階) (〒600-8216 京都府京都市下京区西洞院通塩小路下る [JR 京都駅ビル駐車場西側]、電話: 075-353-9111, ファックス: 075-353-9121, URL http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access)。
内容:
 テキスト: Lexical Analysis: Norms and Exploitations, Patrick Hanks, 2013 (MIT Press)
 発表者:
  森口稔(長浜バイオ大学非常勤講師) 1:30〜3:00
   5章 Contexual Dependency and Lexical Sets
  青木眞喜子(フリー) 3:30〜5:00
   6章 Norms Change over Time
 *例会終了後、懇親会(実費自己負担)を予定しております。こちらにもお気軽にご参加下さい。
参加費: 500円(室料・設備費)。*予約の都合上、予めご参加の旨をお知らせお願い申し上げます。
問合先: 関西英語辞書学研究会事務局 鈴木三千代 [関西学院大学・非](Eメール:suzuki-m3アットnifty.com)。
 KELC (http://www.geocities.jp/kansailex/index.htm).
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 2016年夏 アジア太平洋交流センター(CAPE)の催し
▲ 第72回大学生インターナショナルプログラム
日時: 2016年8月1日(月)〜27日(土)。
場所: ハワイ大学・マノア校。
内容: 英語研修、アメリカ文化理解、リサーチ & プレゼンスキル、野外活動等。
経費: $2,442 (登録料 $100, 授業料 $950, 教材 $40, 宿泊費 $52×26=$1,352 [White Sands Hotel; 3人部屋]).
締切: 2016年6月20日(月)。
申込先: Eメール:capeアットcape.edu オンライン登録: http://www.cape.edu
問合先: パンフレット(個別)請求先: 宮下(Eメール:miyasitaアットnifs-k.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 第36回年次フォーラム
日時: 2016年8月3日(水)〜10日(水)。
場所: ハワイ大学・マノア校。
内容: What is Global Studies?, Global Capital and Financial Crises, Biological and Social Feedbacks of Climate Change, Globalization and Food 他。
経費: $836 (登録料 $100, 受講料 $200, 宿泊費 $67×8=$536).
締切: 2016年6月20日(月)。
申込先: Eメール:capeアットcape.edu オンライン登録: http://www.cape.edu
問合先: パンフレット(個別)請求先 宮下(Eメール:miyasitaアットnifs-k.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 2016年夏 アジア太平洋交流センター(CAPE)の催し
▲ 第118回アジア太平洋英語教育ワークショップ(The 118th Workshop for Asian-Pacific Teachers of English)
日時: 2016年8月2日(火)〜11日(木)。
場所: 州立ハワイ大学 (ホノルル市マノア校)。
内容:
 ・Developing a Philosophy of Language Teaching
 ・Motivating Foreign Language Learners
 ・Culture and English as an International Language
 ・Developing Interactive Competence for EFL Learners
 ・Strategies for Teaching Vocabulary
 ・Approaches to Teaching Writing
 ・Attention & Awareness in Language Classrooms
 ・Readers Theater
  *英語教育理論および指導方法の習得、英語教育者との交流等。
  *参加者には修了証書が授与されます。
 講師: 州立ハワイ大学教授陣(専門: 第二言語習得、英語教育等)
  Ph.D. Graham Crookes/Ph.D. Richard R. Day/Ph.D. Sandra McKay/Ph.D. Hanh Thi Nguyen/Ph.D. Richard W. Schmidt
 *詳細な内容と講師陣紹介は、下記のホームページで参照できます。
 *アジア太平洋交流センター(CAPE: The Center for Asia-Pacific Exchange) Dr. Jai-Ho Yoo, President: 1616 Makiki St. Honolulu, HI 96822, USA (電話: 808-942-8553, ファックス: 808-941-9575, Eメール:capeアットcape.edu, URL http://www.cape.edu).
費用: 登録料(100ドル)、受講料(300ドル)〜400ドル。
 宿泊: 希望者はパゴダホテルに特別価格で予約できます。ツインの場合 10泊670ドル(台所無し)、10泊725ドル(台所付き)。シングルはツインの2倍。プログラム終了後も特別価格で宿泊できます。
締切: 2016年6月20日(月)。遅れる場合は事前にご連絡ください。
問合先: Eメールの場合は、氏名・連絡先を明記。
 佐野恒子(電話: 090-9700-7919, 電話: 078-413-1970, Eメール:tsuneko.sanoアットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ エコクリティシズム研究学会/多民族研究学会合同大会
日時: 2016年8月6日(土)。
場所: 大東文化会館。
大会詳細: エコクリティシズム研究学会(http://www.ses-japan.org/)。

▲ 英語語法文法学会主催 第12回英語語法文法セミナー
日時: 2016年8月8日(月) 13時30分〜17時30分。
場所: 関西学院大学 大阪梅田キャンパス アプローズタワー14階1405室 (〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町19-19)。
内容:
 テーマ: 「英語学的遺産に学ぶ――英語学の名著をひもとき現代的な課題に取り組む」
  司会・講師 吉良文孝(日本大学)
   「温故知新の英語語法研究」
  講師 柏野健次(大阪樟蔭女子大学名誉教授)
   「Dr. Bolinger の言語直観」
  講師 八木克正(関西学院大学名誉教授)
   「過去の研究に学んで現代の課題に取り組む――実証的研究のあり方を考える」
主な対象: 学部学生、大学院生、中学・高校の英語科教員。
 *必要な方にはセミナー受講証も発行いたします。奮ってご参加ください。
募集人員: 80名。先着順。
参加費: 2,000円(資料代を含む) 当日徴収。
問合先・申込: 2016年7月31日(日)までに、件名を「セミナー参加希望」として、英語語法文法学会(Eメール:segu.seminarアットgmail.com)まで。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 東京言語研究所 2016年度開設50周年記念セミナー
日時: 2016年9月3日(土) 13:00-20:30,
9月4日(日) 10:00-16:10.
場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター 小ホール/セミナー室 (〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1, URL http://nyc.niye.go.jp/)。
内容:
 [第1日 9月3日(土)] 小ホール
  シンポジウム: 13:00-16:25
   「日本語はどういう言語か――内から見た日本語、外から見た日本語」
    司会: 西山佑司(東京言語研究所運営委員長/慶應義塾大学名誉教授)
    講師: 影山太郎(国立国語研究所)
     ホイットマン・ジョン(コーネル大学)
     高見健一(学習院大学)
  記念講演: 16:40-18:10
   林望(作家/国文学者)
    「日本語の形と音と意味をめぐって――書物と文字と文学の現場から」
  レセプション: 18:30-20:30
 [第2日 9月4日(日)] セミナー室
  リレー講義: 10:00-16:10
   「ことばの科学――将来への課題」
    司会: 杉岡洋子(慶應義塾大学)
     池内正幸(名古屋外国語大学〈2016年4月より〉)
    講師: 窪薗晴夫(国立国語研究所)「音韻論の課題」
     三宅知宏(大阪大学〈2016年4月より〉)「日本語学の課題」
     嶋田珠巳(明海大学)「社会言語学の課題」
     盒将一(青山学院大学)「生成文法の課題」
     大堀壽夫(東京大学)「認知言語学の課題」
    総括コメント: 上野善道(東京大学名誉教授)
     大津由紀雄(明海大学)
 *協賛: 言語科学会、(一社)言語処理学会、(一社)日本音響学会、日本英語学会、日本言語学会、日本語学会、認知言語学会。
 *後援: (公財)日本語教育学会。
参加費:
 9月3日(土) 4,500円、定員300人。
 9月4日(日) 4,000円、定員200人。
 事前申込制。
 *3日(土)のレセプション別途有料。
 *早割制度あり(2016年7月末までの申込者対象)。協賛・後援学会の会員には割引制度あり。
問合先: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル16階 公益財団法人ラボ国際交流センター 東京言語研究所(電話: 03-5324-3420, ファックス: 03-5324-3427, Eメール:infoアットtokyo-gengo.gr.jp, URL http://www.tokyo-gengo.gr.jp/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 第24回英語語法文法学会研究発表・語法ワークショップ募集
日時: 2016年10月22日(土)。
場所: 奈良大学 (〒631-8502 奈良県奈良市山陵町1500)。
内容:
 学会の会員発表者を募集している。
 発表時間: 研究発表25分(別に質疑10分)、語法ワークショップ12分(別に質疑5分)。
 応募方法:
  ・発表要旨をA4判32字×25行で4枚以内(参考文献は枚数に含めない)にまとめる。
  ・要旨の冒頭には題名のみを記し、氏名・所属は書かない。
  ・発表題目、氏名(ふりがな)、所属・職名、住所、Tel, Fax, E-mail を明記した別紙を1枚添付。
  ・発表要旨と別紙の内容を E-mail の添付ファイル(Word または PDF)で提出。
応募締切: 2016年7月25日(月)。
 E-mail の件名は「研究発表応募」または「語法ワークショップ応募」とする。
問合先: 〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1 近畿大学経営学部 吉田幸治研究室(電話: 06-4307-3365, Eメール:segu.officeアットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 福原賞第第25回(平成28年度)応募規定
故福原麟太郎氏の遺志を汲み、夫人雛恵氏の遺言に基づいて、新進・中堅の英米文学研究者の研究・出版を奨励する目的で設立された福原賞(公益信託福原記念英米文学研究助成基金)の第25回(平成28年度)の応募規定は以下のとおり。
 (1) 応募資格: 日本において、英米文学の研究に従事している若手・中堅研究者。
 (2) 助成金額: 研究助成40万円(3件)、出版助成100万円(1件)。
 (3) 応募方法・締切: 所定の申請書様式により2016年10月末日(月)までに郵送。
 (4) 採否結果の通知: 2017年2月中に郵便にて通知。審査は公益信託福原記念英米文学研究助成基金運営委員会が行い、関連事務は基金の受託者、三菱 UFJ 信託銀行が担当する。
 (5) 申請書様式の請求と申請書の提出及び照会先: 〒100-8212 東京都千代田区丸の内1-4-5 三菱 UFJ 信託銀行リテール受託業務部 公益信託課 担当 長澤(電話: フリーダイアル 0120-622372, 受付時間: 平日9:00-17:00)。
募集要項と申請書様式は、「大学英語教科書協会ホームページ」(http://www.daieikyo.jp)からも後日入手可。

▲ 日本中世英語英文学会第32回全国大会研究発表・シンポジウム募集
日時: 2016年12月10日(土)、11日(日)。
場所: 関西大学 千里山キャンパス。
応募要綱:
 1. 締切: 2016年5月31日(火) 24:00まで受け付けます。
 2. 宛先: 文化学園大学現代文化学部 白井菜穂子(Eメール:n-shiraiアットbunka.ac.jp)。
 電子メールのみでの受け付けとなります。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。
 3. 研究発表の応募に当たっては、下記の2点について特にご注意ください。
  (1) 発表内容は未発表のものに限ります。*他の学会などで発表(予定を含む)したものはご遠慮ください。
  (2) 非会員が応募する場合は、発表時までに会員になっている必要があります。
 4. 応募書類:
  [A] 研究発表
   (1) 表紙(タイトル、氏名、所属を記載したもの)
    それぞれ、和文・英文の両方で記載してください。ただし、英語で発表する場合、和文によるタイトルは不要です。大会プログラムやポスターに反映されますので、正確にお願いします。
   (2) 発表者の略歴
    司会者に紹介する資料になります。連絡先のメールアドレスも記載してください。
   (3) タイトル(和文・英文とも)、レジュメ(和文の場合400字程度、英文の場合200語程度)
    英語で発表する場合、和文によるタイトルは不要です。その旨をレジュメの末尾に明記してください。
   (4) タイトルおよび発表要旨
    和文の場合1,000字以内、英文の場合500語以内。
   (5) 参考文献目録
    発表要旨作成時までに利用したもので結構です。
   (6) 発表でコンピュータを使用する予定の有無
   〔注意〕
    ・[A](1)-(6)の書類はそれぞれ改ページをし、1つのファイル(MS-Word が望ましい)として作成してください。また、[A](3)-(5)には氏名・所属等を一切記載しないでください。
    ・書式はA4サイズで統一してください。
   *使用言語: 日本語または英語。
  [B] シンポジウム
   (1) 表紙(シンポジウムのタイトル、各講師の発表タイトル、氏名、所属を記載したもの)
    それぞれ、和文・英文の両方で記載してください。ただし、英語で発表する場合、和文によるタイトルは不要です。大会プログラムやポスターに反映されますので、正確にお願いします。
   (2) 司会者および各講師の略歴。連絡先のメールアドレスも記載してください。
   (3) シンポジウムのタイトルおよび各講師の発表タイトル(和文・英文とも)、司会者および各講師のレジュメ(和文の場合400字程度、英文の場合200語程度)
    英語で発表する場合、和文によるタイトルは不要です。その旨をレジュメの末尾に明記してください。
   (4) シンポジウムでコンピュータを使用する予定の有無
   〔注意〕
    ・[B](1)-(4)の書類はそれぞれ改ページをし、1つのファイル(MS-Word が望ましい)として作成してください。また、[B](3)には氏名・所属等を一切記載しないでください。
    ・書式はA4サイズで統一してください。
   *使用言語: 日本語または英語。
 *なお、発表が決定した場合、大会プログラム掲載用に、レジュメの再提出をお願いしています。その際も、電子メールでお送りください。ご協力のほど、よろしくお願いします。

 日本中世英語英文学会(http://www.jsmes.jp)。

▲ 東京言語研究所 2016年度開設50周年記念講義 特別講演「ことばと教育」
日時: 2017年3月11日(土) 14:00-17:00.
場所: 東京言語研究所 13階教室 (〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル、URL http://www.tokyo-gengo.gr.jp/)。
内容:
 講師: 安西祐一郎(中央教育審議会会長/元慶應義塾長)
参加費: 一般1,500円/学生・院生1,000円。事前申込制。
問合先: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル16階 公益財団法人ラボ国際交流センター 東京言語研究所(電話: 03-5324-3420, ファックス: 03-5324-3427, Eメール:infoアットtokyo-gengo.gr.jp, URL http://www.tokyo-gengo.gr.jp/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。






新刊書一覧

2015年6月以降発行の和書(本体価格)

英米文学・文化論英語学・英語教育翻訳(文芸作品)実用書など

★=新着本

英米文学・文化論
2016年3月
『英米文学における父の諸変奏――安田章一郎先生百寿記念論集』
鈴木俊次・滝川睦(代表)・平林美都子・山口均編、2016年3月、四六判xiv+372頁、3,800円、英宝社。
 [安田章一郎,山口和世,松本三枝子,山田泰広,恒川正巳,中村未樹,林姿穂,中田晶子,山田耕士(幹郎),伊里松俊,岩田和男,平野順雄]
『世界を変えた森の思想家――心にひびくソローの名言と生き方』
上岡克己編著、2016年3月、四六判xiv+226頁、2,200円、研究社。
『「わたしのソーシャリズム」へ――二〇世紀イギリス文化とレイモンド・ウィリアムズ』(「関西学院大学研究叢書」174)
大貫隆史著、2016年3月、A5判228頁、3,800円、研究社。

2016年2月
『神の聖なる天使たち――ジョン・ディーの精霊召喚一五八一〜一六〇七』
横山茂雄著、2016年2月、A5判viii+446頁、6,400円、研究社。
『宗教に関心がなければいけないのか』(「ちくま新書」1170)
小谷野敦著、2016年2月、新書判206頁、760円、筑摩書房。

2016年1月
『演出家の誕生――演劇の近代とその変遷』(「フィギュール彩」45)
川島健著、2016年1月、四六判222頁、1,800円、彩流社。

2015年12月
『シェイクスピア時代の演劇世界――演劇研究とデジタルアーカイヴズ』
英知明・佐野弥・田中一隆・辻照彦編著、2015年12月、A5判270頁、4,300円、九州大学出版会。
 [岡本靖正,加藤行夫,杉浦裕子,西原幹子,真部多真記,松田幸子,石橋敬太郎,勝山貴之,山下孝子]
『インド英語文学研究――「印パ分離独立文学」と女性』
大平栄子著、2015年12月、A5判384頁、4,500円、彩流社。

2015年11月
『謎解き「嵐が丘」』
廣野由美子著、2015年11月、四六判362頁、1,800円、松籟社。

2015年10月
『土着と近代――グローカルの大洋を行く英語圏文学』
栂正行・木村茂雄・武井暁子編著、伊勢芳夫・小野俊太郎・北島義信・小杉世・杉浦清文・山本伸著、2015年10月、A5判iv+362頁、3,500円、音羽書房鶴見書店。
『見えるものから見えざるものへ――フラナリー・オコナーの小説世界』
野口肇著、2015年10月、A5判204頁、3,200円、文化書房博文社。

2015年9月
『ヴァージニア・ウルフとマーガレット・アトウッドの創造空間――フィクションの構造と語りの技法』
中島恵子著、2015年9月、A5判266頁、3,200円、英光社。
 [ISBN978-4-87097-176-9]
『文学の用語』
野中涼著、2015年9月、四六判vi+468頁、4,500円、松柏社。
『ブロンテ姉妹と15人の男たちの肖像――作家をめぐる人間ドラマ』(「MINERVA 歴史・文化ライブラリー」27)
岩上はる子・惣谷美智子編著、2015年9月、四六判xvi+338頁、3,800円、ミネルヴァ書房。
 [奥村真紀,廣野由美子,木村晶子,江麻里,谷田恵司,新野緑,馬渕恵里,永井容子,市川千恵子,鵜飼信光,中尾真理,山内理惠,植松みどり]

2015年8月
『このミステリーがひどい!』
小谷野敦著、2015年8月、四六判270頁、1,500円、飛鳥新社。

2015年6月
『ロンドン散策――ディケンズに連れられて』
久田晴則著、2015年6月、B6判100頁、925円、愛知教育大学出版会。
Evil and Its Variations in the Works of Elizabeth Gaskell: Sesquicentennial Essays,
Mitsuharu Matsuoka(松岡光治)編、2015年6月、A5判xxvi+538頁、5,833円、大阪教育図書。
 [J. Hillis Miller, Shirley Foster, Nancy S. Weyant, Veronica Hoyt, Fang Li, Francesco Marroni, Thomas Recchio, Yuji Miyamaru, Emily Morris, Mark Weeks, Andrzej Diniejko, Akiko Kawasaki, E. Holly Pike, Christine Huguet, Mary H. Kuhlman, Mitsuharu Matsuoka, Tatsuhiro Ohno, Matsuto Sowa, Manami Tamura, Shu-Chuan Yan, Akiko Kimura, Pirjo Koivuvaara, Fumie Tamai, Anna Koustinoudi, Lizhen Chen, Yoko Hatano, Aya Yatsugi, Megumi Arai, Mitsuko Suzuki, Tamara Wagner, Anne Enderwitz, Felicity R. James, Rebecca Styler, Elmira Vasileva, Miwa Ota]
『[増補版]白い鯨のなかへ――メルヴィルの世界』
千石英世著、2015年6月、四六判342頁、3,500円、彩流社。
 [旧版1990年7月、南雲堂]
『ジョイスをめぐる冒険』
夏目博明著、2015年6月、A5判308頁、4,000円、水声社。
 [あとがき: 夏目康子, 解題: 結城英雄,吉川信,山田久美子]
英語学・英語教育
2016年5月
『言語学の現在(いま)を知る26考』(26 Essays in Current Linguistic Research)
菊地朗・秋孝道・鈴木亨・富澤直人・山岸達弥・北田伸一編、2016年5月、A5判320頁、8,000円、研究社。
  [丸田忠雄東京理科大学教授定年退職記念]
  [Jun Abe, 一ノ渡雄貴,朝賀俊彦,土橋善仁,金澤俊吾,金子義明,菅野悟,川平芳夫,丸田忠雄,三好暢博,江本博昭,内藤永,中村捷,中村良夫,小川芳樹,小野尚之,大庭幸男,大石如香,島越郎,椙本顕士,高橋英光,田辺英一郎]

2016年4月
『英語文学テクストの語学的研究法』
菊池繁夫・上利政彦編、2016年4月、A5判viii+356頁、4,800円、九州大学出版会。
 [和田章, Geffrey Leech, Michael Toolan, Jean Boase-Beier]
『英語のしくみがわかる基本動詞24 新装版』
小西友七著、大島保彦編集協力、2016年4月、A5判xvi+326頁、2,500円、研究社。
『英語の冠詞がわかる本[改訂版]』
正保富三著、2016年4月(初版1996年10月)、四六判x+172頁、1,400円、研究社。
『談話のことば2 規範からの解放』(「〈シリーズ〉英文法を解き明かす――現代英語の文法と語法」4)
内田聖二・八木克正・安井泉編、住誠著、2016年4月、A5判x+246頁、2,300円、研究社。
『ことばの実際1 話しことばの構造』(「〈シリーズ〉英文法を解き明かす――現代英語の文法と語法」9)
内田聖二・八木克正・安井泉編、澤田茂保著、2016年4月、A5判viii+220頁、2,300円、研究社。

2016年2月
『語用論研究』(第17号 2015)
日本語用論学会編、2016年2月、B5判104頁、3,800円、開拓社。
 [Satoshi Imamura,玉地瑞穂,小松原哲太, Mira Ariel,椎名美智,西川眞由美,林礼子]
 [ISSN1345-7365]
『島の眺望――補文標識選択と島の制約と受動化』
中島平三著、2016年2月、A5判x+228頁、3,000円、研究社。
『教室英語ハンドブック』
高梨庸雄・小野尚美・土屋佳雅里・田縁眞弓著、2016年2月、A5判xiv+173頁(音声データ無料ダウンロード)、1,800円、研究社。

2016年1月
『英語年鑑(2016年版)』
『英語年鑑』編集部編、2016年1月、B6判vi+558頁、21,000円、研究社。
 [原英一,巽孝之,圓月勝博,長畑明利,中野春夫,日比野啓,山田英二,中島平三,寺澤盾,八木克正,豊田昌倫,竹中龍範,高梨芳郎]

2015年12月
『英語語法文法研究 第22号』
英語語法文法学会編、2015年12月、A5判202頁、3,800円、開拓社。
 [川端朋広,米倉よう子,前田満,佐藤翔馬,秋山孝信,小澤賢司,平沢慎也, Katsuya Fujikawa(藤川勝也),本多正敏,五十嵐啓太,森下裕三,八木克正,山内昇]
『英語と文学、教育の視座』(Vantage Points of English Linguistics, Literature and Education)(日本英語英文学会設立25周年記念)
渋谷和郎・野村忠央・土居峻編、2015年12月、A5判viii+342頁、4,500円、DTP 出版。
 [阿部明子,茨木正志郎,Noriko Iwamoto(岩本典子),大木富,奥井裕,菅野悟,久米祐介,佐藤亮輔,渋沢優介,Kazuro Shibuya(渋谷和郎),鈴木繁幸,染谷昌弘,武富利亜,土居峻,Mao Naito(内藤麻緒),永谷万里雄,中村仁美,野村忠央,Nonoka Hayashi(林南乃加),藤田崇夫,本荘忠大,本多尚子,本間里美,増冨和浩,松倉信幸,安田利典,矢田貞行,山田七恵,横井一之]

2015年11月
『はじめての言語獲得――普遍文法に基づくアプローチ』
杉崎鉱司著、2015年11月、xii+174頁、2,700円、岩波書店。
『東大名誉教授と名作・モームの『赤毛』を読む 英文精読術』
行方昭夫著、2015年11月、A5判viii+278頁、1,800円、DHC。

2015年10月
『英語定冠詞とコピュラの意味論――背後に潜む自然数概念』
永一著、2015年10月、A5判124頁、1,500円、金星堂。
『謎解きの英文法――副詞と数量詞』
久野臓高見健一著、2015年10月、四六判xii+262頁、1,600円、くろしお出版。
『英語談話標識用法辞典――43の基本ディスコース・マーカー』
松尾文子・廣瀬浩三・西川眞由美編著、2015年10月、A5判x+378頁、6,000円、研究社。
『アメリカの現在(いま)を知る重要表現24』(大学テキスト)
デイビッド・セイン(David A. Thayne)、丸田忠雄著、2015年10月、B5判vi+56頁+CD、1,600円、研究社。

2015年9月
『一歩先の英文ライティング』
田邉祐司著、2015年9月、四六判x+172頁、1,400円、研究社。

2015年8月
『大学生のための 論文・レポートの論理的な書き方』
渡邊淳子著、2015年8月、A5判viii+102頁、1,300円、研究社。
『〈明治から昭和まで〉日本の英語教育を彩った人たち』
外山敏雄著、2015年8月、四六判x+238頁、2,100円、大修館書店。

2015年7月
『英語教科書は〈戦争〉をどう教えてきたか』
江利川春雄著、2015年7月、四六判x+220頁、2,200円、研究社。
『新英研ハンドブック 第5版』(The Path of Shin-eiken)
新英語教育研究会中央常任委員会、「新英研ハンドブック」編集委員会編(発行)、2015年7月、B5判112頁、500円、三友社出版(発売)。
 [瀧口優,町田淳子,柳沢民雄,棚谷孝子,竹島さち子,花田禮司,大栗健二,荒木好枝,吉岡潤子,小美濃博,池田真澄,菊地恵子,柏村みね子,諫山和可,安野寿美,戸田康,島崎嗣生,宇野智之,関口昭男,黒丸栄子,鈴木政浩,淺川和也,森山淑夫,米蒸健一,阿原成光,奈良勝行,田中安行,根岸恒雄,江口元夫,田中渡,石井輝]
翻訳(文芸作品)
2016年4月
『地上の楽園――春から夏へ』
ウィリアム・モリス(William Morris)作、森松健介訳、2016年4月、A5判iv+474頁、3,500円、音羽書房鶴見書店。
『尺には尺を――シェイクスピア全集28』(「ちくま文庫」し-10-28)
シェイクスピア(William Shakespeare)作、松岡和子訳、2016年4月、文庫判220頁、820円、筑摩書房。
 [解説: 井出新]
『ベスト・ストーリーズII 蛇の靴』
若島正編、桃尾美佳・渡辺佐智江・佐々木徹・木原善彦・小林久美子・喜志哲雄・宮脇孝雄・若島正・森慎一郎・柴田元幸・岸本佐知子・谷崎由依・藤井光訳、2016年4月、四六判390頁、2,500円、早川書房。

2016年3月
『死にたる民を呼び覚ませ――人種とアメリカ文学の生成(下巻)』(「中央大学人文科学研究所 翻訳叢書」16)
エリック・J・サンドクイスト(Eric J. Sundquist)著、中央大学人文科学研究所編、「暴力と文学的想像力」研究チーム(藤平育子・井上麻衣子・横溝仁・向山大地)訳、2016年3月、四六判x+796頁、5,600円、中央大学出版部。

2016年2月
『息子と恋人』(「ちくま文庫」ろ-5-2)
D. H. ロレンス(David Herbert Lawrence)作、小野寺健・武藤浩史訳、2016年2月、文庫判798頁、1,800円、筑摩書房。
『想像力の時制――文化研究II』
レイモンド・ウィリアムズ(Raymond Williams)著、川端康雄編訳、遠藤不比人・大貫隆史・河野真太郎・鈴木英明・山田雄三訳、2016年2月、A5判396頁、6,500円、みすず書房。

2015年10月
『シェイクスピアとコーヒータイム』
スタンリー・ウェルズ(Stanley Wells)著、ジョゼフ・ファインズ(Joseph Finnes)まえがき、前沢浩子訳、2015年10月、四六判変型144頁、1,500円、三元社。

2015年9月
『ブロディ先生の青春』
ミュリエル・スパーク(Muriel Spark)作、木村政則訳、2015年9月、四六判190頁、1,900円、河出書房新社。
『D.H. ロレンス幻視譚集』(「平凡社ライブラリー」832)
D.H. ロレンス(David Herbert Lawrence)作、武藤浩史編訳、2015年9月、B6変型判310頁、1,300円、平凡社。

2015年8月
『記憶よ、語れ――自伝再訪』
ウラジーミル・ナボコフ(Vladimir Nabokov)著、若島正訳、2015年8月、四六判400頁、3,400円、作品社。
『ヴェローナの二紳士――シェイクスピア全集27』(「ちくま文庫」し-10-27)
シェイクスピア(William Shakespeare)作、松岡和子訳、2015年8月、文庫判190頁、700円、筑摩書房。
 [解説: 中野春夫]

2015年7月
『幼年と少年時代の幻想』
W. B. イェイツ(William Butler Yeats)著、川上武志訳、2015年7月、四六判212頁、2,200円、英宝社。

2015年6月
『エラスムス=トマス・モア往復書簡』(「岩波文庫」青612-3)
沓掛良彦・高田康成訳、2015年6月、文庫判446頁、1,080円、岩波書店。
実用書など
2016年6月
『英語の名文をなぞる〈筆記体〉練習帳』
研究社編集部編、筆記体:三瓶望美、2016年6月、B5判126頁、1,000円、研究社。
『ネイティブが教える 英語の時制の使い分け』
デイビッド・セイン(David A. Thayne)、古正佳緒里著、2016年6月、A5判x+196頁、1,700円、研究社。

2016年5月
『ビジネスミーティング英語力』
寺内一監修、藤田玲子・内藤永編、大学英語教育学会 EBP 調査研究特別委員会・国際ビジネスコミュニケーション著、2015年5月、B5判vi+214頁、1,500円、朝日出版社。
 [荒木瑞夫,照井雅子,三木耕介]
『東大英語の核心』
関正生著、2016年5月、A5判viii+228頁(音声データ無料ダウンロード)、2,000円、研究社。
『基礎から学ぶロシア語発音』
リュボーフィ・ゴルボフスカヤ (Liubov Golubovskaya)、安岡治子著、2016年5月、A5判130頁(音声データ無料ダウンロード)、1,900円、研究社。

2016年3月
『漢字の使い分けときあかし辞典』
円満字二郎著、2016年3月、四六判606頁、2,300円、研究社。

2016年1月
『イギリス英語は落とし穴だらけ』
スティーブ・モリヤマ(森山進)著、2016年1月、四六判viii+192頁、1,400円、研究社。

2015年12月
『フランス語文法総解説』(Compendium de la grammaire française)
町田健著、2015年12月、A5判xiv+498頁、4,200円、研究社。

2015年11月
『医療スタッフのための英会話ハンドブック[改訂版]』(Handbook of Comprehensive Doctor-Patient Dialogues [Revised Edition])
ルーサー・リンク(Luther Link)、カート・リンク(Kurt Link)、村瀬忠著、2015年11月(初版2007年7月)、A5判198頁(音声データ無料ダウンロード)、1,800円、研究社。
『中国語で案内する日本』
塚本慶一・芳沢ひろ子著、2015年11月、四六判x+204頁(音声データ無料ダウンロード)、1,800円、研究社。

2015年10月
『最効率! 例文で覚えるドイツ語単語』
アンゲリカ・ヴェルナー(Angelika Werner)、兒玉彦一郎著、2015年10月、四六判xii+184頁(音声データ無料ダウンロード)、1,800円、研究社。

2015年9月
『英文ビジネスEメールがサクサク書ける――自律的ライティングのすすめ』
戸田博之著、2015年9月、A5判xii+132頁、1,500円、研究社。
『書きたいことが書ける英語ライティング術』
ケリー伊藤著、2015年9月、四六判viii+134頁、1,300円、研究社。
『気持ちが伝わる! 沖縄語リアルフレーズ BOOK』
比嘉光龍著、2015年9月、四六判xii+140頁(音声データ無料ダウンロード)、1,400円、研究社。
『気持ちが伝わる! イタリア語リアルフレーズ BOOK』
花本知子著、2015年9月、四六判viii+198頁+CD、1,800円、研究社。

2015年8月
『日本語教育学入門』
姫野伴子・小森和子・柳澤絵美著、2015年8月、A5判viii+240頁、2,300円、研究社。
『これなら話せる! セルフトークで英会話』
水嶋いづみ著、2015年8月、四六判176頁、1,400円、研究社。
『アウトプットに必要な基本英語表現』
ジェームス・M・バーダマン(James M. Vardaman)、安藤文人著、2015年8月、四六判x+140頁(音声データ無料ダウンロード)、1,400円、研究社。

2015年7月
『3.11が破壊したふたつの神話――原子力安全と地震予知』(「神奈川大学評論ブックレット」38)
神奈川大学評論編集専門委員会編、常石敬一著、2015年7月、A5判106頁、1,000円、御茶の水書房。
『もっとイギリス英語でしゃべりたい!――UK イントネーション・パーフェクトガイド』
小川直樹、ナディア・マケックニー(Nadia McKechnie)著、2015年7月、A5判x+170頁+CD、2,000円、研究社。
『英語通訳ガイド試験 問題と解説[八訂版]』
山口百々男監修、藤田玲子、加賀谷まり子、デリック・ブリス(Deryk Bliss)編、2015年7月(初版1974年8月)、A5判xii+242頁(音声データ無料ダウンロード)、3,000円、研究社。

2015年6月
『丸暗記不要の英文法』
関正生著、2015年6月、A5判viii+212頁、1,500円、研究社。
『図説 サインとシンボル』
アドリアン・フルティガー(Adrian Frutiger)著、小泉均監訳、越朋彦訳、2015年6月、A5判474頁、5,500円、研究社。





編集部よりお知らせ 一覧
▲情報掲載について
 
 
 

編集部よりお知らせ

▲ 情報掲載について
『Web 英語青年』は2013年3月号をもちまして休刊となりましたが、教員公募、学会・研究会等の告知に関しましては、ご提供いただいた情報を弊社サイトの掲示板に今後も掲載して参ります。引き続きご利用いただけますと幸いでございます。
 以下の要領で情報を募集しています。
英文学・英語学関連の学会の催し、英語教員公募。
催しの予告、教員公募には必ず「問合先」を明記してください。
* いずれも、Eメール での応募も受け付けています。テキスト形式の場合はイタリックの個所を _Hamlet_ のように入力し、文書ファイルを添付する場合は テキスト(TXT)/Word/RTF のいずれかのファイルでお送りください。Eメール の Subject 欄は、「公募情報」「学会情報」などと明記してください。
--宛先--
〒102-8152
東京都千代田区富士見 2-11-3
株式会社 研究社
『英語青年』編集部
seinen@kenkyusha.co.jp


関連書籍
英語・英文学リンク
  • 研究社   研究社

▲ページトップに戻る