Web英語青年 2013年3月号目次

連載

善意と文学――語りの「丁寧」をめぐって
第 22 回 (最終回) ウォレス・スティーヴンズの無愛想 (下)  阿部公彦

 十八世紀からの再出発――ダニエル・デフォー『ペストの記憶』(19)(最終回)
   訳 武田将明

翻訳書書評

J.H. ステイプ編著 『コンラッド文学案内』
栂 正行

Web 英語青年 3 月号 第 158 巻第 12 号(総号 1970 号)●平成 25 年 3 月 1 日発行●編集人 星野龍●発行者 関戸雅男●発行所 株式会社研究社 東京都千代田区富士見2-11-3 ●デザイン 岩野美也子(ibox design)●(c) 株式会社研究社 2013

休刊のお知らせ

 『Web 英語青年』をご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。
 4年間にわたり刊行して参りました小誌ですが、諸般の事情により、3月号をもって休刊することとなりました。
 教員公募、学会・研究会等の告知に関しましては、ご提供いただいた情報を弊社サイトの掲示板に今後も掲載して参ります。こちらは引き続きご利用いただけますと幸いでございます。
 なお、今夏より、内容を一新したオンライン・マガジンを弊社ホームページにて開始する予定でございます。こちらは英文学・英語学を対象とするものではなく、広く「言葉」に関する読み物を掲載する予定ですが、ご高覧を賜りますとありがたく存じます。

 最後になりましたが、永年のご愛顧にあらためて心より感謝申し上げます。(編集部)


片々録

報告 一覧
●第73回英米文学語学研究会
●慶應義塾大学言語文化研究所主催 慶應言語学コロキアム 動画公開
●日本英文学会第89回全国大会
●春の叙勲
●福原賞受賞者決定
 
 
(2017年6月15日更新)

報 告

● 第73回英米文学語学研究会
2017年6月11日(日)、東京外国語大学本郷サテライトで開催された。
 研究発表:
  渡辺宥泰(法政大学) “ELF/EIL and the ideologies of English Education in Japan”
  三輪春樹「試論 芸術は癒しか。『嵐が丘』の場合」

● 慶應義塾大学言語文化研究所主催 慶應言語学コロキアム 動画公開
 2017年3月18日(土)、19日(日)の両日、慶應義塾大学三田キャンパスで開催された講義の動画および配付資料が、慶應義塾大学言語文化研究所(http://www.icl.keio.ac.jp)に公開されました。
 演題: 「フェイズと転送領域――照応形束縛と A 移動の局所性からの考察」
 講師: 斎藤衛(南山大学教授)

● 日本英文学会第89回全国大会
2017年5月20日(土)、21日(日)の両日、静岡大学静岡キャンパスで開催された。
 開会式は、金沢大学教授の山本卓氏の司会で、第1日午後1時より、共通教育B棟301にて行われ、原田範行日本英文学会会長の開会の辞、静岡大学学長石井潔氏の挨拶のあと、大河内昌編集委員長による第39回新人賞選考結果・2016年度優秀論文賞に関する報告があった。
 その後、2日間にわたって研究発表(全10室)とシンポジアム(全12部門)、および特別講演が行われた。
研究発表 第1日――
 第一室 (司会: 石塚則子、別府恵子)
  1. 吉野成美「アリスからロリータへ――ウォートンの『子供たち』におけるイメージとしての少女」
  2. 畑江里美「“The Aspern Papers” に潜むロマンスの深淵」
  3. 藤野功一「クレオールと海賊――George W. Cable の Madame Delphine における逸脱と共存の可能性」
 第二室 (司会: 折島正司、佐久間みかよ、加藤光也)
  1. 辻祥子「ニューヨークの知的サークル「フレンドリー・クラブ」と初期アメリカ文学の形成――チャールズ・ブロックデン・ブラウンの『オーモンド』を中心に」
  2. 山口善成「ニッカボッカーの系譜――19世紀アメリカにおけるセレブリティ文化と二次創作的自己形成」
  3. 後藤篤「明白なる薄命――Nabokov の Pnin における灰の記憶」
  4. 《招待発表》渡部桃子「The Bell Jar 再訪――悲劇? 喜劇?」
 第三室 (司会: 宮本陽一)
  1. 《招待発表》石井透「非空所話題化構文の移動分析」
  2. 佐藤亮輔「動詞派生名詞句の構造に関して」
  3. 石野尚「WH 移動の第二言語習得における Q 素性の指定転移」
 第四室 (司会: 荻野勝、松本真治)
  1. Anna Maria C. Hata “Rediscovering the Sound of English in Language Education”
  2. 漆畑祐佳「高校の英語表現 I 及び II における英詩の創作指導実践報告――ニューヨーク派詩人 Kenneth Koch の実践方法を導入して」
  3. 杉村醇子「学習者の不安の低減に資するフィクションの効用」
  4. 《招待発表》玉井史絵「〈グローバル市民〉育成のための文学教育のあり方」
研究発表 第2日――
 第五室 (司会: 野田学、川井万里子)
  1. 伊藤優子「長い18世紀におけるリチャード3世像――ウォルポールの擁護論を中心に」
  2. Thomas Dabbs “The Buzz of the City: Paul's Walk and Shakespearean Drama in Early Modern London”
  3. 《招待発表》今西雅章「Macbeth における「罪と罰」――「彼方」からの声と響き」
 第六室 (司会: 難波江仁美、木村茂雄)
  1. 川澄亜岐子「連鎖する未練――ラフカディオ・ハーン『中国怪談集』を読む」
  2. 守重真雄「“smelting-pot of races”――ロバート・ルイス・スティーヴンソンと黄禍を巡る考察」
  3. 金内亮「J. M. Coetzee の共感的想像力」
 第七室 (司会: 笹川渉、木谷厳)
  1. 松村祐香里「Paradise Lost における時間と永遠の「交錯」」
  2. 小林七実「十分の一税廃止運動とミルトン――共和制と自由のために」
  3. 《招待発表》笠原順路「英詩を文法的に読む愉しみ」
  4. 千葉洋平「1940年代アメリカの新批評における精読とドラマのメタファー」
 第八室 (司会: 川崎明子、新野緑)
  1. 川野芽生「『指輪物語』のエントに見る過去と同時代の接続」
  2. 今西静葉「ヴィクトリア朝における「自己犠牲」と「自己追求」――George MacDonald と Lewis Carroll を中心に」
  3. 長田舞「The War of the Worlds における狂気と語り」
  4. 《招待発表》廣野由美子「エリザベスの「成上り」というスキーマ――『高慢と偏見』への認知的アプローチ」
 第九室 (司会: 麻生えりか、巽孝之、小島基洋)
  1. 畑中杏美「歳を気にする人々――The Years における老いの意識」
  2. 《招待発表》高柳俊一「T・S・エリオット研究の展望――過去、現在、未來」
  3. 宮原駿「Finnegans Wake における排除と包含――Abject を巡る生の感触」
  4. 田村章「レオポルド・ブルームの歴史学――『ユリシーズ』第16挿話における事実とフィクション」
 第十室 (司会: 小林宜子)
  1. 杉山ゆき「The Buik of King Alexander the Conquerour におけるアレクサンドロス像――理想の君主像形成における Secretum secretorum の影響」
  2. 足達賀代子「女性君主論の試み――『妖精の女王』における美徳のカタログ」
シンポジアム 第1日――
 第一部門「詩の善し悪し――西洋古典から英米まで」(司会・講師: 桂山康司、講師: 稲垣直樹、長畑明利)では「歴史とは何か」に関わる議論をヒントに「詩の評価」について考察した。
 第二部門「身体・人種・人間――英語圏文学研究の人類学的転回」(司会・講師: 武田将明、講師: 小川公代、梶原克教、春日直樹)では、19世紀から20世紀にかけての英語圏文学を読み直し新しい人類学の視点から議論した。
 第三部門「Comedy of Manners の系譜――王政復古期から Wilde まで」(司会・講師: 玉井臓講師: 末廣幹、岩田美喜、向井秀忠)では、王政復古期から19世紀末までの風習喜劇の系譜を探るべく各時代の代表的作品を検証した。
 第四部門「世界文学へ向かう流れ――翻訳の理論と実践から」(司会・講師: 早川敦子、講師: 小田島恒志、金原瑞人、中村和恵)では、「理論と実践」という観点から翻訳理論の今日的諸問題を論じた。
 第五部門 “Book Production and Religious Writing in England and Europe c. 1400-1540” (司会・講師: 徳永聡子、講師: Ann M. Hutchison, 向井剛)では、15世紀から16世紀初期に執筆され、翻訳され、普及された英語による宗教書の文化的意義や(パラ)テクストの変遷を考察した。
 第六部門「On Phase Theory with Labeling Algorithm――より精緻化された構造構築の理論を目指して」(司会・講師: 後藤亘、講師: 土橋善仁、平岩健)では、ラベル付けアルゴリズムを含むフェイズ理論(Chomsky 2013, 2015)の帰結を極小主義の視点に立って多角的に検討した。
シンポジアム 第2日――
 第七部門「自伝(的)文学と人種・エスニシティ――フィクションとノンフィクションをつなぐ」(司会・講師: フェアバンクス香織、講師: 朴┗僉∨秬元志、中井亜佐子)では、自伝(的)文学を軸に、その特徴や役割などを複数の領域から検証した。
 第八部門「ポスト・コロニアリズム以後の演劇」(司会・講師: 松田智穂子、講師: 貴志雅之、佐和田敬司、岸本佳子)では、ポスト・コロニアリズム以降の演劇に内包される今日的問題を論じた。
 第九部門「辺境とジェンダー」(司会・講師: 武田貴子、講師: 山口ヨシ子、舞さつき、松本ユキ、宇沢美子)では、「辺境」におけるジェンダー表象を階級、人種、国家との関係から論じた。
 第十部門「機能範疇の階層構造を共時的・通時的に探る」(司会・講師: 田中智之、講師: 遠藤喜雄、前田雅子、保坂道雄)では、英語を中心とする言語事実の分析を通じて、機能範疇の階層構造を巡る諸問題を論じた。
 第十一部門「第一言語および第二言語における文処理研究の動向」(司会: 平川眞規子、講師: 須田孝司、Douglas Roland, John Matthews)では、文解釈における処理に焦点を当て、各講師がそれぞれの先行研究の概要および研究成果を報告した。
 第十二部門「教材としての文学を今、考える――授業実践を踏まえたメッセージ」(司会・講師: 中村哲子、講師: 坂本南美、西原貴之、安田優)では、昨今の英語教育を取り巻く環境や学習者の現状を踏まえ、各講師がそれぞれの授業実践に基づき、文学を教材として活用する可能性を論じた。
▲2日目の午後1時45分より、特別講演 “Shakespearean Noh and R. H. Blyth” (司会: 南隆太、講師: 宗片邦義)では、長年、国内外でシェイクスピア劇の能仕立による英語上演を行ってきた講師が、大学時代の恩師 R. H. Blyth 氏とのエピソードや『能・ハムレット』・『能・ロミオとジュリエット』の映像を交えながら、シェイクスピア作品を英語能で表現することの意義を講じた。
 その後、閉会式は静岡大学教授の丸山修氏の司会で、午後3時55分より、本部構内・共通教育B棟301にて行われた。中部支部長・内田恵氏の閉会の辞が述べられ閉幕した。
次回第90回全国大会は、2018年5月19日(土)、20日(日)の両日、東京女子大学にて開催予定。
問合先: 日本英文学会事務局(電話/ファクス: 03-5261-1922, URL http://www.elsj.org/)。

● 春の叙勲
 2017年度春の叙勲受章者のうち英語関係者では、井坂義雄氏(法政大学名誉教授)、石井博氏(早稲田大学名誉教授)、今沢達氏(神戸商科大学名誉教授)、大泉昭夫氏(同志社大学名誉教授)、岡田誠一氏(埼玉大学名誉教授)、瀬名波榮喜氏(元名桜大学学長)、田村光規氏(北海道教育大学名誉教授)、浪田克之介氏(北海道大学名誉教授)、若松孝慈氏(三重大学名誉教授)が瑞宝中綬章を受章した。

 内閣府: 平成29年春の叙勲等(http://www8.cao.go.jp/shokun/hatsurei/29haru.html)。

● 福原賞受賞者決定
福原賞(公益信託福原記念英米文学研究助成基金)の第25回(平成28年度)受賞者が、以下のとおり決まった。
 研究助成:
  内丸公平氏「英語教育における英文学: 岡倉由三郎の英文学観の考察」、
  北村紗衣氏「初期近代イングランドの歴史劇における男性美とセクシュアリティ」。
 出版助成:
  里内克巳氏「多文化アメリカの萌芽――19-20世紀転換期文学における人種・性・階級」。
今回の応募件数は、研究助成9件、出版助成12件であった。

▲ 第26回(平成29年度)応募規定
 (1) 応募資格: 日本において、英米文学の研究に従事している若手・中堅研究者。
 (2) 助成金額: 研究助成40万円(3件)、出版助成100万円(1件)。
 (3) 応募方法・締切: 所定の申請書様式により2017年10月末日(火)までに郵送。
 (4) 採否結果の通知: 2018(平成30)年2月中に郵便にて通知。
 (5) 申請書様式の請求と申請書の提出及び照会先: 〒100-8212 東京都千代田区丸の内1-4-5 三菱 UFJ 信託銀行リテール受託業務部 公益信託課 福原記念英米文学研究助成基金担当(電話: フリーダイヤル 0120-622372, 受付時間: 平日9:00-17:00)。
 *募集要項と申請書様式は、「大学英語教科書協会ホームページ」(http://www.daieikyo.jp)からも(後日)入手可。






教員公募 一覧
−2017年− ☆=新着情報
9月13日(水)締切 ▲横浜国立大学教育学部
9月25日(月)締切☆▲立教大学英語ディスカッション講師/Rikkyo University, Job Announcement for English Instructors, Teach Micro Size English Discussion Class 【September 25, 2017 (Monday)】
9月30日(土)締切 ▲愛知大学法学部/Faculty of Law, Aichi University 【September 30, 2017 (Saturday】
9月30日(土)締切 ▲愛知大学経営学部
9月30日(土)締切 ▲愛知大学名古屋語学教育研究室
  
 
  (2017年8月24日更新)

教員公募

*下記の通り英語教員を募集している。詳細については各該当校に照会されたい。

▲ 横浜国立大学教育学部
教員採用候補者(英語教育講座)公募要領
1. 募集人員: 1名
2. 採用職名: 准教授または講師
3. 専門分野: 英語学
4. 授業担当科目:
 学部: 「英語学講義」、「英語学演習」、「課題研究(ゼミナール)」、「卒業研究」、「教育実地研究」、「教職実践演習」、小学校英語に関する科目などの学部教育科目、「英語実習」などの全学教育科目
 大学院修士課程: 「英語学講義」、「英語学演習」、「課題研究」、「教育デザイン」、「教育インターン」などの授業科目
5. 応募資格:
 (1) 博士の学位を有するか、それと同等の研究業績を有する者
 (2) 大学院修士課程の担当が可能な者
 (3) 高等教育機関における教職経験(常勤、非常勤を問わない)が3年以上あること
 (4) 教員養成に熱意を持っている者(小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等のいずれかで常勤の教諭としての教育経験を有する者が望ましい)
6. 採用予定日: 平成30年(2018年) 4月1日
7. 提出書類:
 (1) 履歴書(指定様式、備考2参照) 1部
 (2) 教育研究業績書(指定様式、備考2参照) 1部
 (3) 公刊された主要な著書または論文(別刷またはコピーでも可。) 3編
 (4) (3)の主要な著書または論文の概要(日本語での著書または論文には英語300語程度、英語での著書または論文には日本語800字程度) 各1部
 (5) 科学研究費補助金等研究経費の獲得状況(様式自由) 1部
 (6) これまでの研究概要と着任後の研究計画(2,000字程度) 1部
 (7) これまでの教育指導に関する実績(A4用紙1枚以内) 1部
 (8) 着任後、教員養成に関わる上での抱負(2,000字程度) 1部
 (9) 応募者についての所見を求め得る方の氏名と連絡先(2名以内) 1部
8. 提出締切日: 平成29年(2017年) 9月13日(水)必着
9. 書類提出先:
 〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-2
 横浜国立大学教育学部 学部長 宛
10. 問合せ先:
 横浜国立大学教育学部英語教育講座採用担当
 Email:edu-eigoアットynu.ac.jp
<備考>
 1. 封筒に「英語教育講座応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて送付して下さい。提出書類の返送を希望する方は、返信用封筒(切手を貼付し、返送宛先を明記)または宅配便着払い伝票(返送宛先を明記)を同封して下さい。
 2. 提出書類の「履歴書」「教育研究業績書」の様式は、本学部 Web サイトからダウンロードして下さい。(http://www.edu.ynu.ac.jp/about/employment/)
 3. 必要に応じて模擬授業・面接を行うことがあります。ただし、その場合の交通費、宿泊費は自費となります。
 4. 地方公共団体(傘下の小・中・高等学校等を含む)を退職し、引き続き本学に採用されることとなった場合、本学での退職手当における在職期間算定には、地方公共団体での在職期間を通算しないものとします。(国立大学法人を退職し、引き続き本学に採用されることとなった場合の退職手当に関する取り扱いは、国立大学法人横浜国立大学教職員退職手当規則に定めるところによります。)
 5. 提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
*Email の「アット」を「@」に変更してください。


▲ 立教大学英語ディスカッション講師/Rikkyo University, Job Announcement for English Instructors, Teach Micro Size English Discussion Class
2018年4月入職の有期雇用英語ディスカッション講師(若干名)を募集しています。
英語ディスカッションセンターの詳細はこちらをご参照下さい。
採用職種:
 英語ディスカッション講師(少人数制英語ディスカッションクラス担当)
応募資格:
 次のいずれかに該当する者が、本学の英語ディスカッション講師職への応募資格を有する。
  1. 英語教育の修士学位取得者で大学レベルの英語教育に対する見識及び経験のある者
  2. 英語教育以外の修士学位取得者で大学レベルの英語教育に対する見識及び経験のある者
  3. 英語教育の修士学位取得者又は他分野における修士学位、英語の専門的資格(CELTA)等の取得者で、大学レベルの英語教育に対する見識のある者
  4. 前3号に準ずる者で、特に大学レベルの英語教育に対する見識及び経験豊富な者
  5. 前各号に準ずる者で、特に大学レベル又は高校レベルの英語教育経験の豊富な者
  *応募者の国籍は問いません。
雇用開始日:
 2018年4月1日(日)
雇用契約:
 1年間の契約で、更新は上限4回まで可能とする最長5年の有期契約(更新は双方の合意による)
勤務日:
 月曜日から土曜日までの週6日
 *春学期(4月〜7月)・秋学期(9月〜1月)の通常授業期間、および2月・8月に最長2週間の再履修授業期間
勤務時間:
 月曜日から金曜日までは8時50分〜17時まで。土曜日は8時50分〜13時まで。
勤務地:
 東京都(池袋キャンパス)および埼玉県(新座キャンパス)
  月曜日: 池袋キャンパス または 新座キャンパス
  火〜金曜日: 池袋キャンパス
  土曜日: 新座キャンパス
待遇:
 給与 月額32万円(初年度)
 夏期賞与1カ月分(6月支給)、冬期賞与2カ月分(12月支給)、住宅手当、通勤手当、社会保険(立教学院健康保険、厚生年金保険、雇用保険)、研修資料費
 *初年度初回の賞与は就任後の暦日数で日割り計算した額が支払われます。
 *英語ディスカッション講師は、授業・教育を行う職種であり、公務として研究活動は認められておりません。ただし、授業・教育の向上を目的とした諸活動の補助費として研修資料費が支給されます。(大学からは研究者番号は付与されません。)
休暇:
 日曜日 国民の祝日 大学の定めた休日
 その他 夏季・秋季・冬季・春季の休暇(日曜日・祝祭日を除く)
 *所定の授業回数を確保するため立教大学では、祝日が授業日となることがあります。祝日授業日の振替として平日が大学の定めた休日となることがあります。
有給休暇:
 初年度年間10日
応募書類:
 応募書類1.〜4. はEメールに添付して期限までに提出してください。また、応募書類5. は各推薦者本人より直接Eメールに添付して提出してください。所定書式以外は受け付けられません。
  1. カバーレター (所定書式)
  2. 履歴書 (所定書式)
  3. アクティビティプランとその根拠 (所定書式)
  4. 学位記コピー
   ・修士号又は最終学歴の学位記
   ・TESOL 関連の資格証明書(該当者のみ)
  5. 推薦書 2通 (所定書式) *各推薦者本人から直接Eメールに添付して提出
  ◇立教大学所定書式・記載要領・課題は下記 URL からダウンロードしてください。
書類提出先:
 1. 応募書類1.〜4. をEメールに添付し提出してください。
  Eメール:edc-recruitアットrikkyo.ac.jp
 2. 応募書類5.『推薦書』は各推薦者本人から直接Eメールに添付し提出してください。
  Eメール:edc-recruitアットrikkyo.ac.jp
 *宛先はいずれも『立教大学英語ディスカッション教育センター 人事担当者宛』
選考方法:
 1. 1次選考 書類選考 (2017年10月上旬)
 2. 2次選考 模擬授業・面接 (2017年10〜11月)
 *採用内定通知は2018年1月下旬を予定
応募締切日:
 2017年9月25日(月)正午(日本時間)
注意事項:
 1) 応募書類は必要項目すべて記入の上、締切日までに提出してください。
 2) 不採用の際に理由の開示はしておりません。
 3) 不採用者の応募書類は1年保管後、責任を持って破棄いたします。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ Rikkyo University, Job Announcement for English Instructors, Teach Micro Size English Discussion Class
We are now recruiting for English Instructor positions to begin teaching from April 2018.
For more details, please visit the following website:
Position:
 English Instructor (teaching small discussion classes)
Qualifications:
 A person falling under any one of the following categories is eligible to be appointed as an English Instructor.
  (1) A person who has obtained a Master's degree in English-language education and who has personal knowledge of and experience in English-language education at the university level; or
  (2) A person who has obtained a Master's degree in a field other than English-language education and who has personal knowledge of and experience in English-language education at the university level; or
  (3) A person who has obtained a Master's degree in English-language education or in other field and a CELTA qualification, and who has personal knowledge of English-language education at the university level; or
  (4) A person considered to be similar to any of (1) through (3) above and who specifically has knowledge of and sufficient experience in English-language education at the university level; or
  (5) A person considered to be similar to any of (1) through (4) above and who is specifically sufficiently experienced in English-language education at the university or high school level.
  * Applicants of any nationality are welcome to apply.
Starting Date:
 April 1, 2018
Conditions:
 One-year contract, possibly renewed up to four times (for a total of 5 years maximum upon the mutual agreement of both parties)
Work Days:
 Monday to Saturday (6 days per week)
 * Must be on campus during the regular semester (Spring and Fall) and the repeating courses sessions, which are offered for two weeks in August and two weeks in February.
Work Hours:
 Monday to Friday 8:50-17:00 & Saturday 8:50-13:00
Location:
 Ikebukuro Campus (Tokyo, Japan) & Niiza Campus (Saitama, Japan)
  Monday: Ikebukuro Campus or Niiza Campus
  Tuesday-Friday: Ikebukuro Campus
  Saturday: Niiza Campus
Remuneration:
 Salary: Monthly salary \320,000 (first year)
 Additional: Summer bonus (1 month of salary provided in June), Winter bonus (2 months of salary provided in December), housing allowance, transportation allowance, insurance (Rikkyo Gakuin health insurance, welfare pension insurance and employment insurance), and grant-in-aid.
 * The first bonus of the first year will be prorated based on the numbers of calendar days after the commencement of assignment.
 * The English Instructors position is designated as a teaching position, not a researcher position. However, instructors are able to receive a fund (for the purpose of improving the quality of their classes and education) from Rikkyo University called Grant-in-aid. A Researcher Number will not be provided by the university.
Holiday:
 Sundays National Holidays Special University Holidays
 Summer, Fall, Winter and Spring breaks
 * In order to balance the number of classes over the 14-week semester, Rikkyo University schedules some classes on some national holidays, which are then considered to be work days. In lieu of these days, other days during the academic calendar become non-teaching days.
Paid Holiday:
 10 days for the first year
Application Document:
 Submit Documents 1 to 4 as e-mail attachments by the application deadline. Document Number 5 (references) must be submitted by each referee as e-mail attachment. No other formats will be accepted.
  1. Cover Letter (Designated Form)
  2. Rikkyo Formatted Curriculum Vitae (Designated Form)
  3. Activity Plan and Rationale (Designated Form)
  4. Academic Degrees (Submit photocopies)
   ・Master's or your highest Degree
   ・TESOL-related Certificates / Diplomas if applicable
  5. References - 2 recommendations (Download the designated form and forward a copy to each of your referees. * Referees must submit their completed form to us via e-mail directly.)
Place of Submission:
 1. Submit Application Document Number 1 to 4 as e-mail attachments.
  Email: edc-recruit@rikkyo.ac.jp
 2. Have each referee to submit Document Number 5 as e-mail attachment directly.
  Email: edc-recruit@rikkyo.ac.jp
 * Submit all the application documents for the attention of “Personnel Section, Center for English Discussion Class, Rikkyo University”.
Selection Stages:
 1. First Stage: Screening of application document (Early October)
 2. Second Stage: Model Teaching and Personal Interview (October through November)
 * Tentatively, notification of official offer of employment is scheduled to be made by the end of January, 2018.
Application Deadline:
 Monday, September 25, 2017 12:00 noon (Japan Standard Time)
* Please note the following;
 1) Submit completed application documents by the deadline.
 2) We do not disclose the reason for the rejection due to our policy.
 3) We will keep your file on record up to one year from submission, after which they will be discarded appropriately.

▲ 愛知大学法学部/Faculty of Law, Aichi University
1. 担当科目および採用後の所属:
 主担科目または担当予定科目: 共通教育科目 Communication Skills, Communicative English, Reading, Practical English, TOEIC その他の関連科目を担当していただくことがあります。
 所属: 法学部 法学科(名古屋校舎)
2. 職名および募集人員: 教授、准教授、または助教 1名
3. 採用予定日: 2018年4月1日
4. 応募資格および条件: (以下のすべてを満たすこと)
 ① 英語関連分野の MA もしくは Ph.D 相当の学位、あるいは同等の研究歴もしくは教育歴を有する者。
 ② 英語母語話者(国籍は問わない)であり、英語による講義・業務が可能であること。
 ③ 教授会や学内諸業務の遂行が可能な日本語能力を有すること。
 ④ 採用後は、愛知大学名古屋校舎に通勤可能な範囲(80km以内)に居住すること。
5. 提出書類:
 ① 履歴書(写真貼付) 原本1通と複写(コピー) 3通
 ② 学部以上の学位証明書(学位記の場合はコピー可) 原本1通と複写(コピー) 3通
 ③ 教育研究業績書(学会発表も含む) (様式自由) 原本1通と複写(コピー) 3通
 ④ 研究業績のうち主要なもの(3編以内) 原本1部と抜刷/複写(コピー) 3通 (著書に関しては原本1部のみの提出可)
 ⑤ 担当予定科目「Communication Skills」に関する15回分のシラバス 3部
 ⑥ 本学着任後の英語教育に関する抱負 (英文で作成、1200 words 以内) 3部
 ⑦ 推薦状2通(2名より) (様式自由) 各1部
  注) 推薦状(厳封されたもの)を他の書類とともに提出してください。
 ⑧ 照会先として、応募者をよく知る3名の研究者・教育者の所属(この3名は同じ機関に所属しないこと)、職名、氏名、連絡先(電話番号、Email アドレス)、応募者との関係を記したリスト 3部 (この3名のうち、2名を推薦状作成者とする)
 *①については本学 HP の教員・職員公募サイト(http://www.aichi-u.ac.jp/recruitT/index.html)上の様式をご利用ください。
 *提出書類は原則として返却いたしません。返却をご希望の方は、宅配便着払い伝票に必要事項を記入したものを同封してください。
 *後日面接に関連して、関連書類の提出、担当予定科目についての模擬授業等を求めることがあります。
6. 提出期限: 2017年9月30日(土) (当日受付印有効)
7. 提出先:
 〒453-8777 愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番6
 愛知大学 名古屋教務課長気付 法学部長 小透 宛
封筒の表に「法学部教育職員(英語)応募書類在中」と朱書の上、担当科目を明記し、書留又は宅配便等配達の記録の残る方法で送付してください。
8. 問い合わせ先:
 愛知大学 名古屋教務課 (担当: 伊神)
 電話: 052-564-6112 Email:ikamiアットvega.aichi-u.ac.jp
9. その他:
 備考1 本学の定年は70歳です(「愛知大学定年規程」より)。
 備考2 応募において提供いただいた個人情報は、本学「個人情報の保護に関する規程」に従って適正に管理し、人事選考以外の目的には使用しません。
*Email の「アット」を「@」に変更してください。

▲ Faculty of Law, Aichi University
Teaching Position: Professor, Associate Professor, or Assistant Professor Teaching English as a Foreign Language
Aichi University, in Nagoya, Japan, invites applications for the above tenured position in Teaching English as a Foreign Language
1. Status: Professor, Associate Professor, or Assistant Professor
2. Number of Positions: 1
3. Qualifications:
 (1) Ph.D. and/or M.A. in English-related fields or their equivalent degrees, or equivalent teaching and/or research experience
 (2) Native speaker of English
 (3) Japanese language competence sufficient to participate in meetings, contribute to committee work, and fulfill other university duties
 (4) Will reside within an 80-kilometer radius of the Nagoya Campus of Aichi University in Nakamura-ku, Nagoya, if selected
4. Employment Period: From April 1, 2018, until mandatory retirement at the age of 70
5. Courses to Teach: Communication Skills, Communicative English, Reading, Practical English, TOEIC, and other related courses
6. Faculty of Affiliation: Faculty of Law
7. Application Materials:
 (1) Resume/CV using the Aichi University form with recent photo attached <one original and three copies>
 (2) The applicant's degrees/diplomas <four copies>
 (3) List of publications and presentations <four copies>
 (4) Three significant publications <four copies of each publication in the case of a research article, and one original copy in the case of a book>
 (5) A syllabus for the course “Communication Skills” (one semester, fifteen 90-minute sessions) <three copies>
 (6) A short statement regarding the applicant's vision and thoughts for teaching English at Aichi University (up to 1,200 words) <three copies>
 (7) Letters of reference from two qualified individuals, sealed and sent together with all other application materials <one original of each letter of reference>
 (8) List of the names and contact information of three individuals whom we may contact <three copies>
  Each of them should belong to different institutions. Two of the three individuals in this list must be the writer of a letter of reference.
 Notes:
  Concerning (1), please download the resume/CV form from “Recruit” in the official Aichi University website: http://www.aichi-u.ac.jp/recruitT/index.html.
  Applicants may be asked to hold a demonstration class in front of the screening committee during the interview.
  All application documents, including the resume/CV, publications, and book will not be returned to the applicant. If you wish for application materials to be returned, please include a “chakubarai denpyo” form (paid by the recipient upon delivery) with your application.
8. Deadline: Applications must be postmarked on or by September 30, 2017 (Saturday)
 Please mail all materials in one envelope by registered mail, marked clearly in red “Hogakubu Kyoiku Shokuin / English” to:
  Toru Kojima
  c/o Director of Educational Affairs Office
  Aichi University
  4-60-6 Hiraike-cho
  Nakamura-ku, Nagoya, Aichi
  453-8777 JAPAN
 For further information, please contact:
  Shingo Ikami, Educational Affairs Office
  052-564-6112 extension 20208
  ikami@aichi-u.ac.jp
 All personal information will be carefully protected following the university's regulations regarding protection of personal information, and will not be used for purposes other than candidate screening.

▲ 愛知大学経営学部
1. 担当科目および採用後の所属:
 主担科目または担当予定科目: Reading I・II・III・IV, Practical English, TOEIC I, 入門ゼミ および、共通教育科目その他の関連科目を担当していただくことがあります。
 所属: 経営学部 経営学科(名古屋校舎)
2. 職名および募集人員: 教授、准教授、または助教 1名
3. 採用予定日: 2018年4月1日
4. 応募資格および条件: (以下のすべてを満たすこと)
 ① 2018年3月末日において大学院博士後期課程単位取得退学(見込みを含む)以上の者、またはこれに準ずる研究歴もしくは教育歴を有する者。
 ② 英語に関連する分野を専攻する者。
 ③ 採用後は、愛知大学名古屋校舎に通勤可能な範囲(80km 以内)に居住すること。
5. 提出書類:
 〔①、②、③、④、⑤については、審査の関係上各4部提出して下さい。〕
 ① 履歴書(写真貼付) 原本1通と複写3通
 ② 教育研究業績書(学会発表も含む) 原本1通と複写3通
 ③ 研究業績のうち主要なもの(3編以内) 原本1部と抜刷/複写3部
 ④ 担当予定科目「Reading I」、「Reading II」に関する各15回分のシラバス 各原本1部と複写3部
  注) それぞれ1年次の春学期、秋学期に配当されている半期開講科目です。
 ⑤ 教育活動・研究活動・大学運営協力・社会貢献活動に関する自己評価報告書 原本1部と複写3部
  注) 大学での専任教員歴のない方は、これに代わるものとして「研究活動に関する自己評価報告書」および「大学における教育についての考え」(様式自由)を提出してください。
 ⑥ 推薦状または応募者本人が必要と思う参考資料(任意。様式自由) 各1部
  注) 大学における専任教員歴のない方は必ず推薦状(厳封されたもの)を他の書類とともに提出してください。
 *①②④⑤については本学 HP (http://www.aichi-u.ac.jp/)の教員・職員公募サイト上の様式をご利用下さい。
 *提出書類は返却いたしません。あらかじめご了承ください。
 *後日面接に関連して、関連書類の提出、担当予定科目についての模擬授業等を求めることがあります。
6. 提出期限: 2017年9月30日(土) (当日消印有効)
7. 提出先:
 〒453-8777 愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番6
 愛知大学 名古屋教務課長気付 経営学部長 矢博士 宛
封筒の表に「経営学部教育職員(英語)応募書類在中」と朱書の上、書留便で送付してください。
8. 問い合わせ先:
 愛知大学 名古屋教務課 (担当: 釜我)
 電話: 052-564-6112
9. その他:
 備考1 本学の定年は70歳です(「愛知大学定年規程」より)。
 備考2 応募において提供いただいた個人情報は、本学「個人情報の保護に関する規程」に従って適正に管理し、人事選考以外の目的には使用しません。

▲ 愛知大学名古屋語学教育研究室
1. 担当科目、研究分野および採用後の所属:
 担当予定科目: 英語(共通教育科目)〔Practical English、TOEIC I および、その他の関連科目〕
 研究分野: 英語関連分野
 所属: 名古屋語学教育研究室(名古屋校舎)
2. 職名および募集人員: 嘱託助教I 1名
3. 採用予定日: 2018年4月1日
4. 応募資格および条件: (以下のすべてを満たすこと)
 ① 2018年3月末日において大学院修士課程修了(見込みを含む)以上の者、またはこれに準ずる研究歴・教育歴を有する者
 ② 日本語を母語とする者
 ③ 週5日出勤し、10コマの担当が可能であること
 ④ 採用後は、愛知大学名古屋校舎(愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番6)に通勤可能な範囲(80km 以内)に居住すること
 ⑤ TOEIC の教授経験があることが望ましい。
5. 待遇:
 「愛知大学嘱託助教I に関する規程」および「愛知大学嘱託助教Iの就業及び給与に関する規程」に基づく。
  基本給: 月額35万円(年額420万円、賞与なし)
  付加給: 通勤手当
  個人研究費: 年額20万円
  採用期間: 1年契約(2018年4月1日〜2019年3月31日)
   本学が特に必要と認めた場合は、1年毎に連続4回(最長5年)を限度として更新することがあります。
  社会保険: 日本私立学校振興・共済事業団(健康保険、その他)に加入するものとし、掛金は加入者と本学が折半で負担する。
  学内業務: 授業運営に関わるミーティングには参加が義務付けられるが、その他の業務は課されない。
 *詳細は本学 HP の教員・職員公募サイト(http://www.aichi-u.ac.jp//recruitT/index.html)をご参照ください。
6. 提出書類:
 ① 履歴書(写真貼付) 原本1部と複写3部
 ② 教育研究業績書(学会発表含む) 原本1部と抜刷/複写3部
 ③ 研究業績のうち主要なもの(3点以内) 原本1部と抜刷/複写3部
  注) 著書のうち単著に関しては、原本1部のみの提出で可。
 ④ 最終出身学校の卒業又は卒業見込証明書 1通
 ⑤ 推薦状(厳封されたもの) 1通
 ⑥ 着任後の英語教育に対する抱負(1,200字程度) 原本1部と複写3部
 ⑦ 担当科目「TOEIC I」に関する90分×15回分のシラバス 原本1部と複写3部
 *①②については上記教員・職員公募サイト上の様式をご利用ください。
 *提出書類は原則として返却いたしません。返却をご希望の方は、宅配便着払い伝票に必要事項を記入したものを同封してください。
 *後日面接に関連して、関連書類の提出、担当科目についての模擬授業等を求めることがあります。
 *TOEIC、TOEFL 等のスコアーを提出することもできます。
7. 提出期限: 2017年9月30日(土) (必着)
8. 提出先:
 〒461-8641 愛知県名古屋市東区筒井二丁目10-31
 愛知大学車道校舎 人事課長気付 名古屋教学部長 中浩 宛
封筒の表に「嘱託助教I (英語) 応募書類在中」と朱書の上、書留又は宅配便等配達の記録の残る方法で送付してください。
 *Eメールでの申請は受け付けておりませんのでご注意ください。
9. 問い合わせ先:
 愛知大学 人事課 (担当: 伊藤)
 電話: 052-937-8153 Email: jinjiアットaichi-u.ac.jp
10. その他:
 応募において提供して頂いた個人情報は、本学「個人情報の保護に関する規程」に従って適正に管理し、人事選考以外の目的には使用しません。
*Email の「アット」を「@」に変更してください。






予告 一覧
−2017年−
☆=新着情報
9月 2日(土) 
▲全国高等専門学校英語教育学会COCET [〜9月3日(日)、第41回研究大会、京都府中小企業会館]
9月 3日(日) 
9月 3日(日) 
▲欧米言語文化学会 [第9回大会、日本大学芸術学部江古田校舎]
9月 4日(月) 
9月 6日(水) 
9月 8日(金) 
▲日本英語文化学会JSCE [第20回全国大会、昭和女子大学]
9月 9日(土) 
9月 9日(土)☆
9月 9日(土) 
9月 9日(土) 
9月 9日(土) 
9月 9日(土) 
9月 9日(土) 
▲日本言語テスト学会JLTA [〜9月10日(日)、第21回全国研究大会、会津大学]
9月 9日(土) 
▲日本ソール・ベロー協会 [第29回大会、関西外国語大学中宮キャンパス]
9月 9日(土) 
▲日本通訳翻訳学会JAITS [〜9月10日(日)、第18回年次大会、愛知大学名古屋キャンパス]
9月 9日(土) 
▲日本ポー学会 [第10回年次大会、日本大学文理学部]
9月10日(日) 
▲日本メルヴィル学会 [第5回年次大会、専修大学神田キャンパス]
9月14日(木)☆
9月15日(金)☆
9月15日(金) 
▲日本フェノロサ学会 [〜9月16日(土)、第38回大会、ホテル・リガーレ春日野(奈良市)]
9月16日(土)☆
9月16日(土) 
9月17日(日)☆
9月17日(日) 
▲日本デューイ学会 [〜9月18日(月)、第61回研究大会、早稲田大学本郷キャンパス]
9月23日(土) 
9月23日(土) 
9月23日(土) 
▲アジア系アメリカ文学研究会AALA [〜9月24日(日)、第25回フォーラム、神戸大学六甲台第2キャンパス]
9月23日(土) 
▲十七世紀英文学会 [第6回全国大会、立正大学品川キャンパス]
9月24日(日) 
9月30日(土)☆
9月30日(土)☆
9月30日(土)☆
9月30日(土) 
9月30日(土)☆
9月30日(土) 
▲計量国語学会 [第61回大会、武蔵大学江古田キャンパス]
9月30日(土) 
▲日本音声学会 [〜10月1日(日)、第31回全国大会、東京大学本郷キャンパス]
9月30日(土) 
▲日本カレドニア学会 [2017年度大会、日立命館大学朱雀キャンパス]
10月 7日(土) 
10月 7日(土) 
▲国際ビジネスコミュニケーション学会JBCA [〜10月8日(日)、第77回全国大会、東洋学園大学本郷キャンパス]
10月 7日(土) 
▲日本機能言語学会JASFL [〜10月8日(日)、第25回秋期大会、同志社大学今出川キャンパス]
10月 8日(日) 
▲北海道英語教育学会HELES [第18回研究大会、北海学園大学]
10月13日(金) 
▲日本ソロー学会 [2017年度全国大会、鹿児島大学]
10月14日(土)☆
10月14日(土)☆
10月14日(土)☆
10月14日(土) 
▲日本アメリカ文学会 [〜10月15日(日)、第56回全国大会、鹿児島大学]
10月14日(土) 
▲日本英語コミュニケーション学会JASEC [第26回年次大会、近畿大学]
10月14日(土) 
▲日本ブロンテ協会 [2017年度全国大会、中央大学多摩キャンパス]
10月15日(日) 
▲ことばの科学会JSSS [第9回オープンフォーラム、関西学院大学大阪梅田キャンパス]
10月21日(土)☆
10月21日(土)☆
10月21日(土)☆
10月21日(土)☆
10月21日(土)☆
10月21日(土) 
▲サイコアナリティカル英文学会 [第44回大会、桃山学院大学]
10月21日(土) 
▲大学英語教育学会JACET 中国・四国支部 [2017年度秋季研究大会、香川大学]
10月21日(土) 
▲日本英学史学会 [〜10月22日(日)、第54回年次大会、杏林大学井の頭キャンパス]
10月21日(土) 
▲日本英文学会ELSJ 九州支部 [〜10月22日(日)、第70回支部大会、長崎大学文教キャンパス]
10月28日(土)☆
10月28日(土)☆
10月28日(土)☆
10月28日(土) 
▲日本英文学会ELSJ 北海道支部 [第62回支部大会、北海学園大学豊平キャンパス]
10月28日(土) 
▲日本英文学会ELSJ 関東支部 [第15回秋季大会、中央大学後楽園キャンパス]
10月28日(土) 
▲日本英文学会ELSJ 中部支部 [第69回支部大会、福井大学文京キャンパス]
10月28日(土) 
▲日本英文学会ELSJ 中国四国支部 [〜10月29日(日)、第70回支部大会、就実大学]
10月28日(土) 
▲日本文体論学会 [〜10月29日(日)、第112回大会、近畿大学]
10月29日(日)☆
10月29日(日) 
10月29日(日) 
▲ELEC 同友会英語教育学会 [第23回研究大会、拓殖大学文京キャンパス]
10月29日(日) 
▲日本メディア英語学会JAMES [第7回年次大会、佛教大学紫野キャンパス]
10月31日(火) 
11月 4日(土) 
▲日本エズラ・パウンド協会 [第39回全国大会、椙山女学園大学星が丘キャンパス]
11月 4日(土) 
▲日本ルイス・キャロル協会 [第23回研究大会]
11月 4日(土) 
▲日本マーク・トウェイン協会 [第21回大会、(関西方面)]
11月11日(土)☆
11月11日(土)☆
11月11日(土)☆
11月11日(土) 
▲映画英語教育学会ATEM [第23回全国大会、小樽商科大学]
11月11日(土) 
▲オーストラリア・ニュージーランド文学会ANZLS [2017年度秋季研究大会、立命館大学衣笠キャンパス]
11月11日(土) 
▲中・四国アメリカ文学会(日本アメリカ文学会中・四国支部) [第6回冬季大会、広島市立大学]
11月11日(土) 
▲日本語学会 [〜11月12日(日)、2017年度秋季大会、金沢大学角間キャンパス]
11月11日(土) 
▲日本 T. S. エリオット協会 [〜11月12日(日)、第30回大会、岡山プラザホテル(岡山市)]
11月12日(日) 
▲日本コンラッド協会 [第3回全国大会、東京女子医科大学河田町キャンパス]
11月17日(金) 
▲全国語学教育学会JALT [〜11月20日(月)、第43回大会、つくば国際会議場]
11月18日(土)☆
11月18日(土)☆
11月18日(土) 
▲日本アイリス・マードック学会 [第19回大会、青山学院大学青山キャンパス]
11月18日(土) 
▲日本イェイツ協会 [〜11月19日(日)、第53回年次大会、中央大学多摩キャンパス]
11月18日(土) 
▲日本ヴィクトリア朝文化研究学会 [第17回全国大会、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス]
11月18日(土) 
▲日本ヘミングウェイ協会 [〜11月19日(日)、全国大会、内田洋行株式会社(東京・中央区)]
11月19日(日)☆
11月19日(日)☆
11月22日(水) 
▲全国英語教育研究団体連合会(全英連) [〜11月23日(木)、第67回全国大会、りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館/朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター]
11月25日(土)☆
11月25日(土) 
▲国際異文化学会 [第19回年次大会、立正大学品川キャンパス]
11月25日(土) 
▲大学英語教育学会JACET 関西支部 [2017年度秋季大会、大阪樟蔭女子大学]
11月25日(土) 
▲日本「アジア英語」学会JAFAE [第41回全国大会、熊本学園大学]
11月25日(土) 
▲日本言語学会 [〜11月26日(日)、第155回大会、立命館大学衣笠キャンパス]
11月25日(土) 
▲日本語教育学会 [〜11月26日(日)、2017年度秋季大会、朱鷺メッセ]
12月 2日(土) 
▲日本中世英語英文学会 [〜12月3日(日)、第33回全国大会、立教大学池袋キャンパス]
12月16日(土) 
12月16日(土) 

−2018年−
5月19日(土) 
▲日本英文学会ELSJ [〜5月20日(日)、第90回全国大会、東京女子大学]
6月16日(土) 
  
  (2017年9月22日更新)

予 告

▲ (一財)語学教育研究所主催 基礎講座2017「英語の授業は英語でアクティブに――中学でも高校でも」
日時: 2017年5月21日(日)〜2018年3月21日(水祝)。
 〈通年 前期・後期〉13:00〜16:00,
 〈夏期集中講座〉[午前] 9:30〜12:30/[午後] 13:30〜16:30.
場所: 語学教育研究所研修室 (〒116-0013 東京都荒川区西日暮里6-36-13 サザンパレス西日暮里102号室、電話: 03-5901-9214, ファックス: 03-5901-9215, URL http://www.irlt.or.jp/)。
内容:
 〈通年 前期〉 13:00〜16:00
  2017年5月21日(日)  ≪終了≫
   第1回「授業づくりの基礎・基本」
    小菅和也(武蔵野大学)
  6月11日(日)  ≪終了≫
   第2回「導入から言語活動まで(文法事項中心)」
    小菅敦子(元東京学芸大学附属世田谷中学校教諭、東京女子大学等非常勤講師)
  7月23日(日)  ≪終了≫
   第3回「導入(題材内容中心)」
    江原一浩(筑波大学附属高等学校)
  9月3日(日) 
   第4回「音読から話す活動へ」
    吉田章人(日本女子大学附属高等学校)
  10月15日(日)
   第5回「聞く・話す活動から書く活動へ」
    馬場千秋(帝京科学大学)
 〈夏期集中講座〉 ≪終了≫ [午前] 9:30〜12:30/[午後] 13:30〜16:30
  2017年8月9日(水)
   [午前] 第1回「授業づくりの基礎・基本」
    小菅和也(武蔵野大学)
   [午後] 第2回「導入から言語活動まで(文法事項中心)」
    田島久士(東京都大田区立糀谷中学校)
  8月10日(木)
   [午前] 第3回「導入(題材内容中心)」
    矢田理世(筑波大学附属高等学校)
   [午後] ア・ラ・カルト「綴りと発音の話」
    手島良(武蔵高等学校中学校)
  8月11日(金祝)
   [午前] 第4回「音読から話す活動へ」
    淡路佳昌(大東文化大学)
   [午後] ア・ラ・カルト「テストの作り方」
    田島久士(東京都大田区立糀谷中学校)
  8月12日(土)
   [午前] 第5回「聞く・話す活動から書く活動へ」
    山崎勝(埼玉県立和光国際高等学校)
   [午後] ア・ラ・カルト「授業に役立つプレゼンソフト活用術」
    草間浩一(武蔵高等学校中学校)
 〈通年 後期〉 13:00〜16:00
  2017年11月5日(日)
   第1回「授業づくりの基礎・基本」
    浅野伸子(東京都立小山台高等学校)
  12月23日(土)
   第2回「導入から言語活動まで(文法事項中心)」
    大内由香里(東京都江戸川区立瑞江第三中学校)
  2018年1月28日(日)
   第3回「導入(題材内容中心)」
    四方雅之(成蹊中学・高等学校)
  2月18日(日)
   第4回「音読から話す活動へ」
    淡路佳昌(大東文化大学)
  3月21日(水祝)
   第5回「聞く・話す活動から書く活動へ」
    山崎勝(埼玉県立和光国際高等学校)
定員: 原則として毎回20名。
参加費: 会員: 半日3,000円(1日5,000円)、学生会員: 半日・1日ともに1,000円。
 一般: 半日5,000円(1日10,000円)、学生: 半日2,000円(1日3,000円)。
 *1日とは8月の [午前][午後] 両方参加の場合です。
申込方法: 1回ごとに(一財)語学教育研究所ホームページ(http://www.irlt.or.jp/)の「語研基礎講座」からお願いいたします。
問合先: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里6-36-13 サザンパレス西日暮里102号室 一般財団法人語学教育研究所(電話: 03-5901-9214, ファックス: 03-5901-9215, URL http://www.irlt.or.jp/)。

▲ 慶應義塾大学言語文化研究所主催 2017 Theoretical Linguistics at Keio (TaLK) “Linguistics as Scientific Inquiry Lecture Series 2”
日時: 2017年9月4日(月)〜8日(金) 14:00-18:00.
場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール。
内容:
 テーマ: 「The Generative Enterprise の諸側面」
 講師: 福井直樹(上智大学大学院言語科学研究科専任教授)
  *「生成文法の企て」と呼ばれる科学運動の様々な側面および全体像を、なるべく広い知的文脈のもとに捉えると共に、その中核をなす文法の形式モデルの変遷を「科学的説明の追究」という概念に焦点を当てながらある程度詳しく論じる予定です。生成文法はどのような知的状況のもとで生まれたのか、「言語」を対象にして近代科学的アプローチを試みるためにはいかなる対象限定が必要なのか、どういった問題意識が生成文法の進展を導いてきたのか、などを考えることにより、これから言語理論の研究を進めるにあたっての「感覚」を身につける上での参考にしてほしいと思います。背景知識がない人も(興味さえあれば)それなりに話が追えるように説明するつもりです。
 9月4日(月)
  「生成文法の誕生と文法モデルの変遷」
   *1950年代に生成文法が誕生した当時の知的状況を概説します。Zellig Harris の構造主義言語学、史的文法、数理論理学・計算の理論、生成音韻論、等の背景からどのようにして現代生成文法が誕生したのかを論じます。さらに、誕生した文法モデルがその後どのような変遷を経たのか、その変遷の理由と共に概観する予定です。
 9月5日(火)
  「文法モデルの変遷と併合への途――句構造と移動の理論(1)」
   *生成文法の方法論が一番うまく行った例として句構造のシステムと移動の理論を取り上げ、それらがどのような理論的推移を辿って現在の併合の概念に到ったのかを少し詳しく見ていきます。まずは句構造の理論の進展を辿ります。
 9月6日(水)
  「文法モデルの変遷と併合への途――句構造と移動の理論(2)」
   *移動の理論の中心は変換に関する理論です。初期のパワフルな変換概念をどのようにして制限していくかは1960年代初頭からの課題でしたが、その後、変換自体の形式に係わる制限と共に変換適用に関する一般条件の研究が大きく展開します。この理論展開の過程で、生成文法に特徴的ないくつかの思考法が重要な役割を果たします。
 9月7日(木)
  「日英語比較統辞論――説明とは何か」
   *日本語と英語という2つのシステムをシステムとして区別している要因は何か。生成文法の観点から日本語と英語の文法を比較するときは、個別現象だけではなく、システム全体の考察が不可欠です。こういった観点から、日英語統辞法の比較研究を捉えてみると、様々な課題が見えてきます。
 9月8日(金)
  「現在の研究いくつか――併合、平衡、パラメータ、ラベル付け」
   *主に Fukui (2017)の中の諸章で論じている問題の延長上にあって現在進行中の研究のいくつかについて話したいと思います。
参加費: 無料。事前申込不要。
 *定員200名。会場にて参加者カード記入必要。
問合先: 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学言語文化研究所(電話: 03-5427-1595 直通, Eメール:genbuアットicl.keio.ac.jp, URL http://www.icl.keio.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 青山英語英文学研究会(ALL: Aoyama Linguistics and Literature)
日時: 2017年9月6日(水) 14:00より。
場所: 青山学院大学 青山キャンパス 17号館3階17308教室。
内容:
 発表者: 藤正明(東京海洋大学教授)
  題目: 辞の消失現象を論じて、併せて言語機能の初期状態に及ぶ
 *本学教職員、大学院生、学部生、学外の方、英語学英米文学やことばや演劇に興味を持っている方、言語学・文学一般や文化に関心のある方など、どなたも歓迎致します。遠慮なくご参加ください。
問合先: 青山学院大学文学部英米文学科(http://www.cl.aoyama.ac.jp/english/)。

▲ 青山英語英文学研究会(ALL: Aoyama Linguistics and Literature)
日時: 2017年9月9日(土) 13:00より。
場所: 青山学院大学 青山キャンパス 14号館5階14507教室。
内容:
 発表者1: 岡俊房(福岡教育大学教授)
  題目: Minimal Search and Antisymmetry: A Non-labeling Approach to Labeling Phenomena
 発表者2: 葛西宏信(北九州市立大学教授)
  題目: Case Valuation after Scrambling
 *本学教職員、大学院生、学部生、学外の方、英語学英米文学やことばや演劇に興味を持っている方、言語学・文学一般や文化に関心のある方など、どなたも歓迎致します。遠慮なくご参加ください。
問合先: 青山学院大学文学部英米文学科(http://www.cl.aoyama.ac.jp/english/)。

▲ 日本キリスト教文学会第440回月例研究会
日時: 2017年9月9日(土) 14時00分〜16時00分。
場所: 上智大学 四谷キャンパス 2号館4F403教室。
内容:
 「C. S. ルイス『顔を持つまでに』おける他者の栄光の重みを背負うことについて」
  発表者 高田ひかり(上智大学大学院生)
  司会者 根本泉(石巻専修大学教授)
 「遠藤周作『沈黙』におけるキリスト教婚姻神秘思想」
  発表者 山根息吹(東京大学大学院生)
  司会者 兼子盾夫(遠藤周作学会)
問合先: 桜美林大学 勝呂奏研究室 日本キリスト教文学会事務局(Eメール: suguroアットobirin.ac.jp, URL http://nihonchristkyobungakkai.web.fc2.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本英語教育史学会第264回研究例会
日時: 2017年9月9日(土) 14:00〜17:00.
場所: サテライトキャンパスひろしま(広島県民文化センター) 5階505中講義室 (広島県広島市中区大手町1-5-3, 電話: 082-251-3131)。
内容:
 研究発表①:
  松岡翼(和歌山大学大学院生)
   「1980年代の臨時教育審議会における英語教育政策の立案過程」
    [概要] グローバル人材育成や小学校英語教育などの教育政策が、官邸主導(政治主導)で実施されるようになった。では、官邸主導の英語教育政策の論議はいつごろ本格化したのであろうか。本発表では、1984 (昭和59)年に設置された内閣総理大臣直属の臨時教育審議会における英語教育政策の立案過程の実態を、議事録を基本資料として明らかにしていく。また、コミュニケーション重視と小学校英語教育に焦点を当て、今日の英語教育政策と関連付けて考察する。
 研究発表②:
  河村和也(県立広島大学准教授)・
  馬本勉(県立広島大学教授)
   「広島発「ラジオ英語講座」の歴史(1)」
    [概要] 1925(大正14)年7月に岡倉由三郎を講師とする「英語講座」が東京放送局で開始されると、同じ年のうちに大阪や名古屋でも始められるなど、ラジオを用いた語学講座は全国に展開していくことになる。広島放送局では開局して間もない1928 (昭和3)年8月に「英語講座」の放送を始めたが、その講師を担当したのは、広島高等師範学校教授の櫻井役(1889-1957)であった。この発表では、日本放送協会が発足する大正末期から昭和初期の時代において、広島発のラジオ講座が全国的な流れの中でどのような意義を持ち得たのかを考察する。あわせて、入手のかなった放送用テキストの内容や難度に関する分析を試みることにより、講座の内容が英語教育史の中にいかに位置付けられるかを明らかにしたい。
参加費: 無料。
 *研究例会はどなたでもご参加いただけます(予約不要)。
 *例会終了後に懇親会を行います。こちらにも奮ってご参加ください。
 *行楽シーズンですので、宿泊をご予定の方は,お早めに各自でご手配ください。
問合先: 日本英語教育史学会例会担当(Eメール:reikaiアットhiset.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本実用英語学会第42回年次大会
日時: 2017年9月9日(土)、10日(日)。
場所: 早稲田大学 早稲田キャンパス 1号館 (〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1)。
 *当日は夏季休暇中のため、入館に際しては、プログラムをお持ちください。
内容:
【第1日 9月9日(土)】
 受付開始 13:30 (1号館4階410室前)
 I 開会 14:30 (4階410室) 司会 森田彰(副会長、早稲田大学)
  開会の辞 篠田義明(会長、早稲田大学)
  会場校挨拶 藤田誠(早稲田大学商学学術院長・商学部長)
 II 講演 14:45 (4階410室) 司会 山田茂(早稲田大学)
  知念正人(オキナワインターナショナルスクール理事長 兼 校長)
  演題 英日バイリンガル教育の現状と課題
 III 研究発表 16:00-17:25 (4階410室) 司会 金徳多恵子(昭和女子大学)
  (1) 大本道央(常葉大学)
   英語による効果的な自己アピール法
  (2) 小屋多恵子(法政大学)
   大学における効果的なライティング指導
 IV 総会 17:30 (4階410室) 司会 前田秀夫(文教大学)
  (1) 会計報告 本橋朋子(会計、拓殖大学)、(2) 事業報告 篠田義明(会長、早稲田大学)、(3) その他
 懇親晩餐会 18:00 (イル・デ・パン) 司会 竹田正明(理事)
【第2日 9月10日(日)】
 受付開始 10:00 (1号館3階310室前)
 V 研究発表 10:30-12:00
  第1会場 (3階310室) 司会 秋山武清(青山学院大学)
    (1) 髙橋信弘(ソニーテクノクリエイト)
     5S 用語の文脈的同義語の意味
    (2) 小谷尚子(昭和女子大学)
     ファイナンス英語の相違: 新聞・アニュアルレポートを中心として
  第2会場 (3階311室) 司会 J. C. Miller (白大学)
    (1) 原田慎一(立教女学院短期大学)
     中華系シンガポール人大学生の英語の実態
    (2) 香取真理(青森公立大学)
     留学経験が社会に与える波及効果: グローバル市民性の育成
  第3会場 (3階312室) 司会 淺間正通(東洋大学)
    (1) 塚本睦子(大東文化大学)
     小学校の英語教育の現状と課題
    (2) 青柳由紀江(聖徳大学)
     習熟度別クラス編成における境界線上にある学生の英語力の変化
 午餐会 12:00 (4階403室) 司会 熊木秀行(日本大学)
 VI 研究発表 13:00-13:40
  第1会場 (3階310室) 司会 大場智彦(文教大学)
    下山幸成(東洋学園大学)
     明示的な英語音声指導がもたらす学習ストラテジーの変化
  第2会場 (3階311室) 司会 中畑繁(中央学院大学)
    江連敏和(青森公立大学)
     日本企業における negative messages の伝達法
  第3会場 (3階312室) 司会 藤本昌司(東海大学)
    熊木秀行(日本大学)
     英語科教職課程履修学生の学習意欲を減退させる要因
 閉会 13:45 (4階410室)
  挨拶 渡辺洋一(副会長、早稲田大学)
 *早稲田大学総合研究機構: ビジネス・テクニカル・コミュニケーション研究所共催。
参加費: 会員: 無料、非会員: 2,000円。
問合先: 〒162-0801 東京都新宿区山吹町361 南雲堂内 日本実用英語学会(http://www.ab.auone-net.jp/~m-asama/jape.htm)。

▲ イギリス・ロマン派学会秋季談話会(第113回四季談話会)(関東地区例会)
日時: 2017年9月9日(土) 午後4:00-5:30.
場所: 早稲田大学 教育学部16号館503教室(5F) (〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1, URL https://www.waseda.jp/fedu/edu/access/)。
内容:
 発表者: 平倉菜摘子(早稲田大学)
 題目: 「ルソーを読むウルストンクラフト――『マライア』に響く『新エロイーズ』」
 司会: 市川純(日本体育大学)
問合先: 〒651-2187 兵庫県神戸市西区学園東町9-1 神戸市外国語大学 吉川研究室内 イギリス・ロマン派学会事務局(Eメール:saekoyoshikawaアットyahoo.co.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 青山学院英語教育研究センター・JACET 関東支部共催講演会
日時: 2017年9月9日(土) 16:00-17:30.
場所: 青山学院大学 14号館(総研ビル) 9階第16会議室 ≪変更:11号館4階1143教室≫。
内容:
 「英語を媒介言語とした大学授業の課題と展望」
 講師: 菊池尚代(青山学院大学)
参加費: 無料(事前申込不要)。
問合先: JACET 関東支部事務局 (Eメール:jacet-kanto-officeアットcl.aoyama.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 明海大学複言語・複文化教育センター公開講演
日時: 2017年9月14日(木) 16時〜19時。
場所: 明海大学 浦安キャンパス 講義棟2102番教室 (〒279-8550 千葉県浦安市明海1丁目)。
内容:
 講師: Stephen Crain (Distinguished Professor, Macquarie University, Sydney)
 題目: Innate Ideas, and Where to Find Them
 趣旨: クレイン教授は言語獲得研究を先導する研究者の一人です。この貴重な機会をお見逃しなく、ご参加をお待ち致しております。なお、講演は英語で行います。通訳はありませんので、どうぞ予めご了承下さい。
 *協賛: 明海大学外国語学部・同大学院応用言語学研究科。
参加費: 無料。但し、事前申込みが必要です。また、定員200名に達し次第、締め切らせて頂きます。
申込み方法: (1) お名前、ふりがな、(2) メールアドレス、(3) 所属(任意)を明記の上、下記メールアドレス宛に送信して下さい。
申込み・問合先: 明海大学複言語・複文化教育センター(Eメール:ppsymアットmeikai.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本認知言語学会「認知言語学セミナー」
日時: 2017年9月15日(金)。
場所: 大阪大学 豊中キャンパス (大阪府豊中市待兼山町, URL http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/accessmap.html#map01)。
内容:
 テーマ: The Embodiment of Meaning
 講師: Mark Johnson (Prof., University of Oregon)
参加費: 一般2,000円、学生1,000円。郵便振替にて2017年9月8日(金)まで。ただし、申込者が100名に達した時点で締め切ります。
申込方法・詳細: 日本認知言語学会(http://www.2jcla.jp/)。

▲ 日本認知言語学会第18回全国大会
日時: 2017年9月16日(土)、17日(日)。
場所: 大阪大学 豊中キャンパス (大阪府豊中市待兼山町, URL http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/accessmap.html#map01)。
内容:
 特別講演 [9月16日(土)]
  講師: Mark Johnson (Prof., University of Oregon)
  演題: Embodied Mind and Meaning
 シンポジウム [9月17日(日)]
  テーマ: 「多義をどう捉えるか――言語教育と理論の視点から」
   司会・講師: 鷲見幸美(名古屋大学)
    「日本語多義語の分析と日本語教育への応用」
   講師: 三宅登之(東京外国語大学)
    「中国語多義語の分析と中国語教育への応用」
   講師: 宮畑一範(大阪府立大学)・辻本智子(大阪工業大学)
    「英語多義語の分析と英語教育への応用」
   総括: 瀬戸賢一(佛教大学)
    「多義記述の問題点とその解法」
参加費: 会員無料、非会員(一般) 4,000円、非会員(学生) 2,000円。
 *受付にて予稿集を販売いたします(会員種別を問わず1冊1,000円)。
詳細: 日本認知言語学会(http://www.2jcla.jp/)。

▲ 社会言語科学会第40回研究大会
日時: 2017年9月16日(土)、17日(日)。
場所: 関西大学 千里山キャンパス (〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35, URL http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html)。
内容:
 [9月16日(土)] 10:00-18:25
  ・ワークショップ
   (1) 「Beyond the Gap――コミュニケーションにおける「異なり」はどう処理されるのか」
   (2) 「役割語・キャラクター言語から見た翻訳研究――村上春樹作品を中心に」
   (3) 「メディア・コミュニケーションとしてのゲーム・コミュニケーション――ナラティブ,実践,アイデンティティ」
  ・特別講演
   橋内武(桃山学院大学名誉教授)「ヘイトスピーチの法と言語」
  ・口頭発表・ポスター発表
  ・懇親会 (18:40- )
 [9月17日(日)] 9:30-17:15
  ・ワークショップ
   (4) 「会話データ分析の「研究と実践の連携」の可能性を探る――その変遷と教育者・研究者による具体的試みを基に」
   (5) 「祭りの伝承にみられる共同体〈心体知〉」
  ・口頭発表・ポスター発表
 *研究発表は、口頭発表とポスター発表あわせて50件程度です。タイトル・時間帯等の詳細は、社会言語科学会(http://www.jass.ne.jp/)をご覧ください。
参加費: (発表論文集含む)
 2017年9月4日(月)までの事前申込みの場合:
  一般会員3,000円(当日申込み4,000円)、学生会員2,000円(当日申込み3,000円)、
  一般非会員5,000円(当日申込み5,000円)、学生非会員4,000円(当日申込み4,000円)。
詳細: 社会言語科学会(http://www.jass.ne.jp/)。
問合先: 社会言語科学会大会ヘルプデスク(電話: 03-5389-6393, Eメール:jass-deskアットbunken.co.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ (一財)語学教育研究所 温故知新講座「小菅和也所長の授業を見る」
日時: 2017年9月17日(日) 13:00〜16:00.
場所: 語研オフィス (〒116-0013 東京都荒川区西日暮里6-36-13 サザンパレス西日暮里102号、URL http://www.irlt.or.jp/)。
内容:
 *小菅和也所長の20年前の授業ビデオ(お茶の水女子高校1年生)を視聴します。このビデオは1997年の研究大会で「授業の見どころ」として発表され、その際に教師と生徒のすべての発話を書きおこしたスクリプトも残っています。オーラル・イントロダクションや、「小菅プリント」の意義について、ご本人の解説を交えて考えましょう。
 講師: 小菅和也(研究所所長・武蔵野大学)
参加費: 研究員・研究生 無料 会員500円 一般1,000円(当日お支払いください)
定員: 20名。
申込方法: 一般財団法人語学教育研究所(http://www.irlt.or.jp/)の「その他のイベント」で予約申込をして下さい。
問合先: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里6-36-13 サザンパレス西日暮里102号 (一財)語学教育研究所(電話: 03-5901-9214 [月火木金11:30-16:30], URL http://www.irlt.or.jp/)。

▲ 日本バーナード・ショー協会第3回バーナード・ショー・セミナー
日時: 2017年9月23日(土) 13:00〜15:45.
場所: 熱海第1ビル 4階F会議室 (〒413-0011 静岡県熱海市田原本町9-1, URL http://www.daiichibld.com/map/m-eki.html)。
内容:
 バーナード・ショー・セミナー「世紀末ロンドンを騒がす革命児 GBS の躍動」
  役員会: 12:00〜13:00
  開会式: 13:00〜13:10
  パネリスト発表: 13:10〜14:40
   大塚辰夫
    「初期の戯曲に見られる社会主義の萌芽」
    The Budding of Socialism in Shaw's earliest plays
   森岡稔
    「ショーとフェビアン協会」
    Shaw and Fabian Society
   大浦龍一
    「ウィリアム・アーチャーの戯曲論」
    William Archer's Theory of Plays
   司会: 森川寿
  質疑応答及び自由討論: 14:50〜15:45
 *出欠を2017年9月15日(金)までに、Eメールもしくは葉書で下記にご連絡ください。
問合先: 〒353-0007 埼玉県志木市柏町3-3-31-203 大浦龍一(Eメール:obssjアットyahoo.co.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 関西英語辞書学研究会(KELC: Kansai English Lexicography Circle)第88回例会
日時: 2017年9月23日(土) 1:30〜5:00.
場所: キャンパスプラザ京都 第3演習室(5階) (〒600-8216 京都府京都市下京区西洞院通塩小路下る [JR 京都駅ビル駐車場西側]、電話: 075-353-9111, ファックス: 075-353-9121, URL http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access)。
内容:
 テキスト: The Pragmatics of Politeness, Geoffrey Leech, 2014 (Oxford University Press)
 発表者:
  畠山利一(大阪国際大学名誉教授) 1:30〜3:00
   5章 A case study: apologies
  金指崇(日本大学) 3:30〜5:00
   6章 Requests and other directives
 *例会終了後、懇親会(実費自己負担)を予定しております。こちらにもお気軽にご参加下さい。
参加費: 500円(室料・設備費)。当日徴収。
 *予約の都合上、予めご参加の旨をお知らせお願い申し上げます。
問合先: 関西英語辞書学研究会事務局 鈴木三千代 [龍谷大学・非](Eメール:suzuki-m3アットnifty.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 第23回(2017年度)日英・英語教育学会(JABAET)研究大会
日時: 2017年9月24日(日) 9:00 (予定)−16:30.
場所: 大妻女子大学 千代田キャンパス。
内容:
 (1) 指定研究発表
  浅岡千利世(獨協大学)
   “Prospective EFL teachers' perspectives and experiences of their professional development”
 (2) シンポジウム
  「英語教育実践・政策におけるエビデンス」
   司会: 酒井英樹(信州大学)
   提案者: 寺沢拓敬(関西学院大学)、鈴木渉(宮城教育大学)、田島千裕(学習院女子大学)
 (3) 一般研究発表
問合先: 日英・英語教育学会運営委員長 和田順一(Eメール:junichi.wadaアットt.matsu.ac.jp)。
 日英・英語教育学会(https://jabaet.wordpress.com/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 英語コーパス学会第43回大会
日時: 2017年9月30日(土)10月1日(日)
場所: 関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス (〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155, URL http://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_000374.html)。
内容:
【第1日 9月30日(土)】
 ワークショップ 1「TCSE を用いた TED Talks の全文検索と英語教育への応用」
  日時: 2017年9月30日(土) 10:00-11:30 (9:30 受付開始 第5別館1階正面)
  場所: 関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス 第5別館3階第307教室
  講師: 長谷部陽一郎(同志社大学)
  参加費: 会員無料。非会員2,000円(当日会員としての大会参加費、2日間共通)。
 受付開始 11:30 (第5別館1階正面)
 開会式 12:30 (第5別館1階 第2教室)
  司会 石井康毅(成城大学)
  1. 会長挨拶 投野由紀夫(東京外国語大学)
  2. 開催校挨拶
  3. 総会
  4. 学会賞審査報告 西村秀夫(三重大学)
  5. 事務局からの連絡
 〈研究発表 第1セッション〉 (第5別館1階第1教室)
  司会: 佐竹由帆(駿河台大学)
  研究発表1: 13:30-14:00
   後藤克己(中部大学大学院生)
    Charles Dickens の The Mystery of Edwin Drood と Thomas Power James によるその続編の文体類似性評価
  研究発表2: 14:05-14:35
   木村美紀(明治大学大学院生)
    TF-IDF を用いた Alice Bradley Sheldon の計量文体分析
  研究発表3: 14:40-15:10
   黒田絢香(大阪大学大学院生)
    機械学習アプローチによる小説テクストの計量的分析――アーサー・コナン・ドイルの作品から
  研究発表4:  15:15-15:45
   土村成美(大阪大学大学院生)
    Agatha Christie 作品の修辞的特徴に関する分析
 〈研究発表 第2セッション〉 (第5別館1階第2教室)
  司会: 藤原康弘(名城大学)
  研究発表1: 13:30-14:00
   Gregory HADLEY (新潟大学)
   ハドリー浩美(新潟大学)
    Investigating the Impact of Extensive Reading with Data-Driven Learning
  研究発表2: 14:05-14:35
   高橋有加(東京外国語大学大学院生)
    日本人英語学習者の関係代名詞の回避――CEFR レベルを用いた検証
  研究発表3: 14:40-15:10
   寺島芙由(東京外国語大学大学院生)
    英語教材としてのアニメ分析
  研究発表4: 15:15-15:45
   片桐徳昭(北海道教育大学)
   大橋由紀子(ヤマザキ学園大学)
    小中連携に向けた英語授業コーパスデータ構築とインタラクション分析の試み
 〈研究発表 第3セッション〉 (第5別館3階第307教室)
  司会: 後藤一章(摂南大学)
  研究発表1: 13:30-14:00
   西村祐一(元名古屋大学大学院生)
    複数コーパスの統一的処理を可能にした高速コーパスデータベースシステム MyCo の開発
  研究発表2: 14:05-14:35
   田中省作(立命館大学)
   徳見道夫(九州大学名誉教授)
   宮崎佳典(静岡大学)
   金丸敏幸(京都大学)
   田地野彰(京都大学)
    構文構造を活用した学術論文における頻出コリゲーションの抽出
  研究発表3: 14:40-15:10
   内田諭(九州大学)
   下條恵子(九州大学)
   渡邉智明(九州大学)
   斎藤新悟(九州大学)
   谷口説男(九州大学)
    Word2Vec による文学作品の時代比較――コーパスを軸とした異分野融合研究の試み
  研究発表4: 15:15-15:45
   田中省作(立命館大学)
   宮崎佳典(静岡大学)
   田辺利文(福岡大学)
   田村昌彦(立命館大学)
    構文情報などを表す木構造の配列による情報処理
 〈研究発表 第4セッション〉 (第5別館1階第1教室)
  司会: 石川有香(名古屋工業大学)
  研究発表1: 16:05-16:35
   渡部文乃(京都大学大学院生)
    強調語の調査による Popular Music の歌詞の文体研究
  研究発表2: 16:40-17:10
   近藤雪絵(立命館大学)
    ホテルのオフィシャルウェブサイトにおける概説文のストラテジー――Move の構築と分析を中心に
  研究発表3: 17:15-17:45
   木山直毅(北九州市立大学)
    一般教書演説から見る米国大統領の関心事の変遷――トピックモデルと時代背景
 〈研究発表 第5セッション〉 (第5別館1階第2教室)
  司会: 大谷直輝(東京外国語大学)
  研究発表1: 16:05-16:35
   井上永幸(広島大学)
   西垣浩二((株)三省堂辞書出版部)
    [賛助会員発表] コーパスの示す科学的データと学習性・商品性との両立――『ウィズダム英和辞典』の編集にあたって
  研究発表2: 16:40-17:10
   田畑圭介(神戸親和女子大学)
    英語辞書レーベルとコーパス
  研究発表3: 17:15-17:45
   南澤佑樹(大阪大学大学院生)
    怒りを表す類義語と概念メタファー
 〈研究発表 第6セッション〉 (第5別館3階第307教室)
  司会: 森下裕三(環太平洋大学)
  研究発表1: 16:05-16:35
   大矢政徳(目白大学)
    日英対訳コーパス中の「〜ことになる」構文とその英訳文間の構造的不一致
  研究発表2: 16:40-17:10
   浅野元子(大阪大学大学院生)
    医学研究論文ジャンルにおけるコーパス作成ツール AntCorGen を活用した教育の可能性――Construction of Corpora for Discipline-Specific Learning in Medical Research Article Genres
  研究発表3: 17:15-17:45
   Tomoji Tabata (University of Osaka)
    Applying Topic Models to Describe a Corpus's Compositionality: How can the external criteria be associated with meaningful sets of internal evidence?
 懇親会 18:15-20:30 (関学会館)
  会費: 5,000円。
  懇親会参加申込 Web フォーム(https://goo.gl/forms/X4UQJUmuQQKHCJPm2)。
  申し込み期限: 2017年9月22日(金)。
【第2日 10月1日(日)】
 受付開始 9:30 (第5別館1階正面)
 ワークショップ 2「機械学習を用いたコーパス分析入門」
  日時: 2017年10月1日(日) 10:00-11:30 (9:30 受付開始 第5別館1階正面)
  場所: 関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス 第5別館3階第307教室
  講師: 小林雄一郎(日本大学)
  参加費: 会員無料。非会員2,000円(当日会員としての大会参加費、2日間共通)。
 講演 12:30-13:30 (第5別館1階第2教室)
  A Frontier in Learner Corpus Studies: For Better Understanding of L2 Learners
   司会: 投野由紀夫(東京外国語大学)
   講師: Shin'ichiro Ishikawa (Kobe University)
 シンポジウム 13:50-15:20 (第5別館1階第2教室)
  話し言葉コーパスの構築と利用
   司会: 野口ジュディー(神戸学院大学名誉教授)
   講師: 石川慎一郎(神戸大学)
    The ICNALE: 中間言語対照分析の精緻化とアジアにおける学習者コーパス研究の発展を目指して
   講師: 迫田久美子(広島大学・国立国語研究所)
    International corpus of Japanese as a second language: 日本語学習者の言語研究と指導のために
   講師: 野口ジュディー(神戸学院大学名誉教授)
    JECPRESE: JSL と EFL ユーザーのために
   講師: 長谷部陽一郎(同志社大学)
    TED Corpus Search Engine: TED Talks を研究と教育に活用するためのプラットフォーム
 閉会式 15:30 (第5別館1階第2教室)
 閉会の辞 井上永幸(広島大学)
会費: 当日会費2,000円(2日間共通)。大会(ワークショップを含む)への事前参加予約は不要です。
問合先: 英語コーパス学会(Eメール:jaecs.hqアットgmail.com, URL http://jaecs.com/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本ギャスケル協会第29回大会
日時: 2017年9月30日(土) 午後1時より。
場所: 熊本大学 黒髪北地区 くすの木会館(1階)レセプション・ルーム (〒860-8555 熊本県熊本市中央区黒髪2-40-1)。
内容:
 シンポジウム
 「群衆との対峙――ヴィクトリア朝の小説における都市の風景」
  (司会・講師) 市川千恵子(茨城大学教授)
  (講師) 木村正子(岐阜県立看護大学専任講師)
  (講師) 伊藤正範(関西学院大学教授)
 講演
  (司会) 大島一彦(早稲田大学教授)
  「ヴィクトリア朝小説の/を覗き見」
  高橋和久(東京大学名誉教授)
問合先: 大野龍浩(Eメール:eph0429アットkumamoto-u.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本アメリカ文学会東京支部9月研究発表
日時: 2017年9月30日(土) 午後1時半より。
場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 研究室棟A・B会議室。
内容:
 研究発表:
  難波雅紀(実践女子大学)
   「魔女になるか、聖徒になるか――セイラム魔女裁判での告白を巡る攻防」
 司会: 増井志津代(上智大学)
参加費: 無料。申込不要。
問合先: 慶應義塾大学 大串尚代(電話: 03-5427-1196)。

▲ 立教大学英語教育研究所/異文化コミュニケーション学部主催 公開講演会
日時: 2017年9月30日(土)、10月7日(土) いずれも13:30〜16:30.
場所: 立教大学 池袋キャンパス 14号館D301教室。
内容:
 講師: Prof. Dr. Brigitte Halford (Department of English - Linguistics, University of Freiburg)
  9月30日(土) テーマ: 言語接触
   第1講: 多様な言語との接触に彩られた英語の歴史: 言語発達を中心とした
    *ゲルマン民族がブリテン諸島に到達以降、英語は数多くの言語から社会文化的、政治的な影響を受けて発達してきた。英語はその語彙、正書法、文法、音韻体系などにおいて、ラテン語、北欧祖語、フランス語、さらには移民たちがもたらした多数の言語から多大な影響を受け、その痕跡は現在の英語においても見出しうる。本講では、英語という言語が音素を基にした正書法やゲルマン語系の語彙から成りたっていた言語から、複雑な正書法と豊かな語彙を有する言語へと変化してきた歴史を概観し、その変化の過程において多くの言語との接触があったことを見てゆく。
   第2講: 言語接触の場における言語とアイデンティティ: 話し手を中心とした
    *我々のアイデンティティは常に一定ではなく、変化に富み他者とのコミュニケーションの中で活性化され、強調され、形成されていくダイナミックなものである。年齢、国籍、性別といった属人的な要素ですら他とのコミュニケーションの中で形作られてゆくものである。その中でも特に言語は、話し手のアイデンティティを形成する上で最も重要な要因であり、複数の言語あるいは言語変種を話す者は、アイデンティティを形成する要因がその分多様であることを意味する。本講では、多言語使用者のアイデンティティがどのように形成されるのかを、個人的な関係、地域社会との関係、そして国家レベルでの関係の中で、具体的な例を取り上げて考えてゆく。その上で、多言語の中でアイデンティティが変化してゆくダイナミズムをどうとらえてゆくべきか、その枠組みを提示してゆくつもりである。
  10月7日(土) テーマ: 多言語主義
   第3講: 多言語主義が個人に及ぼす効果: 認知および態度から見た
    *2言語以上が使用される環境の中で子供が成長することは例外的ではなく、むしろ一般的なことである。そのような子供たちが多数派であるにもかかわらず、これまで研究者はそれを例外的であると考えてきた。そのため、2つの言語を使用しながら子供が成長すると子供はどのような影響を受けるのかが研究の中心であった。バイリンガルな子供はどのようなリスクを持っているのか、認知的に見てどのようなメリットがあるのか、知的か否か、多言語を運用する能力は認知能力の発達や態度にどのような効果を及ぼすのか、これらの点は多方面から研究され、その結果は、様々な悪影響を及ぼすという警告から、すばらしい効果をもたらすという幻想に近いものまで数多く報告された。今日では、神経科学、心理学、言語学の分野の研究のめざましい発展により、研究者の関心は、多言語使用の知能に対する影響、その善し悪し、どの程度影響するのか、といった単純なものから、バイリンガルがいかに認知パターンや心理学的な態度に与える影響への研究など多岐に渡るものに変化してきているのである。
   第4講: ヨーロッパにおける社会的多言語主義の諸形態: 状況や政策から見た
    *ドイツ、スイス、ベルギー、ルクセンブルクを例に取り、ドイツ語や英語の地位や使用に焦点を当て、ヨーロッパにおける社会的多言語主義の諸形態について論じてゆく。ドイツは伝統的に単一言語による国民国家的なイデオロギーの国であり、少数言語はある特定の地域のみにしか使用されてこなかった。そのようなドイツと、スイス、ルクセンブルク、ベルギーとを多言語主義の観点から比較してゆく。講義では、これらの3国における社会的多言語主義の歴史的なルーツ、言語立法や教育政策、多言語がもたらす問題や衝突への対応を概観し、その上で学術、ビジネス、政治の面でリンガフランカとして一層重要度を増している英語の影響について、比較対照してゆく。
対象: 学生、大学院生、教員、及び一般。
問合先: 英語教育研究所所長、異文化コミュニケーション学部、研究科教授、全学共通カリキュラムセンター英語主任 鳥飼慎一郎(Eメール:toriアットrikkyo.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 関西コールリッジ研究会第175回例会・特別講演会
日時: 2017年9月30日(土) 午後2時30分より。
場所: 同志社大学 今出川キャンパス 徳照館1階会議室。
内容:
 研究発表
  司会者: 野中美賀子
  発表者: 大田垣裕子
  発表題目: ミルクメイドの歌声――クラス、ジェンダー、ナショナリティーから聴く
 特別講演 (午後4時より)
  司会者: 吉田泰彦
  講演者: 吉中孝志(広島大学)
  講演題目: 「驚き」の詩学とワーズワスの庭
参加費: 非会員の当日のみの聴講は500円。
 入会される場合には年会費3,000円(学生は2,000円)。
問合先: 岩井茂昭(Eメール:iwai.mmviアットnifty.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 第56回シェイクスピア学会
日時: 2017年10月7日(土)8日(日)
場所: 近畿大学 東大阪キャンパス (〒577-0818 大阪府東大阪市小若江3-4-1)。
内容:
10月7日(土)
 13:00 [法学部C館2階C-201室]
  開会の辞 井出新(日本シェイクスピア協会会長)
  挨拶 高宮いずみ(近畿大学文芸学部長)
  2017年度日本シェイクスピア協会奨励賞授賞式
  フォーラム
 14:00-17:00 研究発表
  第1室 [法学部C館2階C-203室]
   司会 吉原ゆかり(筑波大学准教授)
    1. 大住有里子(日本大学非常勤講師)
     『ロミオとジュリエット』の納骨堂シーンにおける悲劇的作劇術
    2. Mika Eglinton (神戸市外国語大学教授)
     Re-orienting Shakespeare in Asia
   司会 冬木ひろみ(早稲田大学教授)
    3. 土井雅之(弘前大学講師)
     where any honest men resort'――『間違いの喜劇』におけるエフェソス像解析
    4. 田茂樹(金沢大学教授)
     〈成り上がりのカラス〉は懐古する――『冬物語』のだまし絵
  第2室 [法学部C館2階C-205室]
   司会: 西出良郎(奈良女子大学教授)
    1. 森井祐介(関西学院大学非常勤講師)
     『マクベス』における時間
    2. 渡邉晶子(梅光学院大学講師)
     『十二夜』における第3のペアリングを語用論の観点から再考する
   司会: 米谷郁子(清泉女子大学准教授)
    3. 木村明日香(東京大学助教)
     モルフィ公爵夫人と少年俳優
    4. 【発表なし】
  第3室 [法学部C館2階C-206室]
   司会: 小町谷尚子(慶應義塾大学准教授)
    1. 篠原健吉(早稲田大学大学院博士後期課程)
     『シンベリン』における死と眠りの近似性
    2. 鶴田学(福岡大学教授)
     「我々の宴」再考――『あらし』の宮廷上演と宮廷説教
    3. 【発表なし】
   司会: 住本規子(明星大学教授)
    4. 太田一昭(九州大学名誉教授)
     Double Falsehood の「原作者」は同定されたのか
  第4室 [法学部C館2階C-207室]
   司会: 西川健誠(神戸市外国語大学教授)
    1. 竹山友子(関西学院大学准教授)
     性別を与えられた樹木とその背景――ラニヤー、カウリー、キャヴェンディッシュを中心に
    2. 【発表なし】
   司会: 佐藤達郎(日本女子大学准教授)
    3. 塚田雄一(同志社大学助教)
     Antony and Cleopatra と騎士道ロマンス
    4. 村里好俊(熊本県立大学名誉教授)
     シドニーの像の転換に向けて
 17:20-18:50 懇親会 [BLOSSOM CAFÉ]
10月8日(日)
 10:00-12:00 パネル・ディスカッション [法学部C館2階C-201室]
  シェイクスピア研究におけるディジタル・ヒューマニティーズの成果と可能性
   コーディネイター: 浜名恵美(東京女子大学教授)
   講師: Thomas W. Dabbs (青山学院大学教授)
    末松美知子(群馬大学教授)
     *特に欧米では Digital Humanities (DH)が進展し、これまでの成果、課題、今後の可能性を論じる時期に入った。本パネルでは、初期近代英語文献データベース構築からディジタル・マッピング等までの解説、the Virtual St Paul's project など注目されている研究例の検討等を行う。次に、シェイクスピアのディジタル上演アーカイブの功罪と今後のウェブ・アーカイブが ICT を活用した比較演劇研究・教育を推進する可能性等について検討する。その後、ディジタル・ネイティヴ世代にふさわしいディジタル技術等を駆使した上演、DH と並んで注目を集めている認知科学についても論じる。3名の発表後に、フロアを含めて、未来につながるシェイクスピア研究における DH の多様な可能性を積極的に探りたい。
     Prof. Dabbs' paper will briefly map the range of Digital Humanities approaches across the globe, from grant-funded technical development projects to site management and maintenance, from database structuring to digital mapping. Second, focusing on the Early Modern period, this paper will quickly review such now standard databases as Early English Books Online-Text Construction Partnership (EEBO-TCP) and the English Short Title Catalogue Online (ESTC online) and such new DH platforms as the Map of Early Modern London (MoEML) and Lost Plays Database (LDP). Third and chiefly it will forward a work sample for digital usage methodology and argue that cross-platform digital research can aid traditional researchers. Specifically this talk will present new work at the Virtual St Paul's project and speculate on how such projects can spawn new perspectives in Shakespearean research.
     末松氏の発表では、ディジタル化の進展が現代のシェイクスピア上演及びその研究・教育にもたらした功罪を検証する。演劇の一回性、現前性を盾に劇場中継を長らく拒み続けてきたイギリス演劇界でも、ここ数年いわゆる Live-viewing が広まりつつある。RSC Live、NT-Live といった生中継から Shakespeare's Globe 座の Globe Player Digital Theatre などの上演作品アーカイブまで、映画館やオンラインでの視聴体験により観客は観劇行為の地理的・時間的障壁を克服するが、その体験はあくまで劇場での観劇体験とは似て非なるものと見なされる。一方、研究・教育を目的とした上演作品アーカイブも、MIT の Global Shakespeares、シンガポール国立大学の Asian Shakespeare Intercultural Archive (A|S|I|A)、国立台湾大学の Taiwan Shakespeare Database など、アジアのシェイクスピア上演作品を中心に整備されてきた。このようなウェブ・アーカイブがICTを活用した比較演劇研究・教育を推進する可能性についても考察してみたい。
     浜名は、シェイクスピア上演の(digital)stage technology and scenography が与える効果や衝撃、「こころ」、「情動」などに関する DH を駆使した初期近代の言説の分析から最新の認知科学的アプローチまでの検討をとおして、シェイクスピア研究と上演の未来について考えてみたい。
     なお、当日、事情が許せば、国内外の DH の専門家の特別参加がありうるかもしれないことと、パネルは日本語と英語の両国語を適宜使用して進行することをお断りする。
 12:00-13:00 昼休み
  一般会員控え室・休憩所は法学部C館C-211室です。
 13:00-16:00 セミナー
  セミナー 1 [法学部C館2階C-205室]
   トマス・デカーの作品とその時代性
    コーディネイター: 石橋敬太郎(岩手県立大学教授)
    メンバー:勝山貴之(同志社大学教授)
     佐野弥(筑波大学教授)
     檀浦麻衣(学習院大学非常勤講師)
     本多まりえ(明治学院大学専任講師)
  セミナー 2 [法学部C館2階C-206室]
   英學史に於けるシェイクスピア(沙翁)
    コーディネイター: 村上健(津田塾大学教授)
    メンバー: 鵜澤文子(東京女子体育大学教授)
     内丸公平(東洋大学助教)
     近藤弘幸(東京学芸大学教授)
     高橋百合子(津田塾大学非常勤講師)
     増田珠子(駿河台大学教授)
     森祐希子(東京農工大学教授
    ゲスト・スピーカー: 川戸道昭(中央大学教授)
  セミナー 3 [法学部C館2階C-207室]
   『十二夜』を読む
    コーディネイター: 中村未樹(大阪大学准教授)
    メンバー: 奥山厚子(名古屋大学大学院博士後期課程)
     高根広大(法政大学兼任講師)
     田中愛美(早稲田大学大学院修士課程)
     廣野允樹(関西学院大学大学院博士前期課程)
     松山響子(駒沢女子大学准教授)
    コメンテイター: 前原澄子(武庫川女子大学教授)
 *主催: 日本シェイクスピア協会。
問合先: 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2 研究社英語センタービル3F 日本シェイクスピア協会(電話/ファックス: 03-3260-8109, URL http://www.s-sj.org/)。

▲ イアシル・ジャパン(国際アイルランド文学協会日本支部)第34回年次大会
(The 34th International International Conference of the Japan Branch of the International Association for the Study of Irish Literatures (IASIL Japan))
日時: 2017年10月14日(土)、15日(日)。
場所: 近畿大学(Kindai University)。
内容:
 テーマ: Encounters
詳細: イアシル・ジャパン(http://iasil.jp/conference.html)。

▲ 奈良教育大学英語教育研究会2017年10月の会
日時: 2017年10月14日(土) 14:00-17:00.
場所: 奈良教育大学 講義棟201教室 (〒630-8528 奈良県奈良市高畑町、URL http://www.nara-edu.ac.jp/access/)。
内容:
 講演
  “Keys to Being a Successful English Teacher”
   河合良樹(大阪府立伯太高等学校)
    There are a lot of drastic educational reforms or changes being in progress in our country, such as unified university entrance examination, the new course of study, active learning in classrooms, etc. The English education is not an exception. In order for prospective or younger English teachers today to cope with these proposed reforms, I would like to discuss some keys to being a successful English teacher, based upon my experience as an English language learner, a high school teacher, teacher's consultant, and principal. The keys are mainly divided into three categories: levels of English proficiency, fundamental competencies for working person, and desirable teaching skills, knowledge and attitudes. I would like to discuss these categories with the participants through a brief workshop-styled presentation, and make some suggestions.
 ワークショップ
  “Creating English tests that can measure students' abilities, effectively improving their English proficiencies”
  『英語テスト作成入門: 効果的なテストで授業を変える!』
   笠原究(北海道教育大学)
   佐藤臨太郎(奈良教育大学)
    In the Japanese English as a foreign language (EFL) situation where there is no practical need to use English in our daily life, most of the students in junior and senior high school are studying English for tests, either regularly scheduled tests (teikikousa) or entrance examinations. Thus, tests have definitely a great impact on what and how to teach and learn English, or we can go so far as to say, tests can dominate teaching and learning. With this in our mind, tests are supposed to be made so that they can assess students' English abilities accurately as well as improving students' English proficiencies. However, as Wakabayashi and Negishi (1993) claimed more than two decades ago, English tests in Japanese schools and entrance exams are far from flawless: They are not measuring knowledge, skills, and abilities in English accurately, sometimes giving harmful backwash effect. Since their strong claims (Wakabayashi & Negishi, 1993), we have seen rapid progress in the testing theories and assessment. However, in practice, we have not yet seen a development in regularly scheduled tests in school and some (many?) entrance exams. There is a definite need to improve the quality of tests now.
    In creating tests that can measure abilities well, effectively improving students' English skills, we have to pay great attention to “validity”, ‘reliability”, “practicality” and “backwash effect”. In the WS style presentation, presenters discuss: these basic principles in creating tests; consider how teachers should measure students' communicative abilities in English: various types of question formats. In addition, presenters and the audience have discussions after analysing some test-items and questions.
    参考文献
     若林俊輔・根岸雅史.(1993).『無責任なテストが「落こぼれ」を作る』.東京: 大修館書店.
     笠原究・佐藤臨太郎.(2017).『英語テスト作成入門: 効果的なテストで授業を変える!』.東京: 金星堂.
参加費: 無料。
参加申込: URL より2017年10月12日(木)までにお願いします。
 https://goo.gl/forms/YD5qwBgiMXGNF4v33
 当日参加も可能です。
問合先: 奈良教育大学英語教育研究会事務局: 近畿大学附属中学校 泉谷忠至(Eメール:nueeltsgアットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 青山学院英語教育研究センター・JACET 関東支部共催講演会
日時: 2017年10月14日(土) 16:00-17:30.
場所: 青山学院大学 17号館17401教室。
内容:
 「英語教員の養成・研修コア・カリキュラムの開発: 目標と課題」
 講師: 馬場哲生(東京学芸大学)
参加費: 無料(事前申込不要)。
問合先: JACET 関東支部事務局(Eメール:jacet-kanto-officeアットcl.aoyama.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 英語語法文法学会第25回大会
日時: 2017年10月21日(土) 午前10時30分〜午後5時45分。
場所: 専修大学 神田キャンパス。
内容:
 語法ワークショップ:
  住吉誠(司会)、渡邊丈文、大野真機、中澤和夫、八木克正
 研究発表:
  [第1室] 都築雅子(司会)
   西脇幸太「他動詞 eat が目的語を省略すべきとき:有標形を支える原理」
   桑名保智「I played a role in translating Japanese into English. の in は脱落する」
   出水孝典「動詞 visit の意味と位置づけ」
  [第2室] 五十嵐海理(司会)
   萩澤大輝「un-sad 類の空白とその動機づけ」
   廣田篤「「クジラ構文」に見られる条件性と対偶解釈読み」
   明日誠一「実現を含意する not (. . .) until の用法」
 シンポジウム:
  「英語の文をつなぐ接続現象」
   大竹芳夫(司会)「「文をつなぐ」仕組みと「文をつながない」仕組み」
   松尾文子「談話標識がつなぐもの」
   安井泉「話し手の「心」を伝える文のつなぎ方」
参加費: 会員1,000円、当日会員 (一般) 2,500円 (学生) 2,000円(いずれも予稿集代を含む)。
問合先: 〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1 近畿大学経営学部 吉田幸治研究室(電話: 06-4307-3365, Eメール:segu.officeアットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本ペイター協会第56回年次大会・研究発表会
日時: 2017年10月21日(土) 11:00より。
場所: 北海道教育大学 旭川校 中央棟4階 英語第1演習室 (〒070-8621 北海道旭川市北門町9丁目)。
内容:
 [午前の部]
  ○開会の言葉
   森岡伸(会長・札幌医科大学名誉教授)
  ○研究発表 11:10〜12:00
   本間里美(北海道教育大学非常勤講師)
   「ワイルドがペイターにシニカルな視線を向けた可能性について」
   司会 佐藤牧子(日本女子大学非常勤講師)
 [午後の部]
  ○シンポジアム 13:00〜15:30
   「ペイターと日本近代文学」
    司会・講師 宮崎かすみ(和光大学教授)
     「漱石とペイター」
    講師 野末紀之(大阪市立大学教授)
     「ペイターと昭和前期の英文学者たち」
    講師 十枝内康隆(北海道教育大学准教授)
     「吉田健一とペイター」
  ○講演 15:45〜17:15
   「イェイツと90年代の詩人たち」
   川上武志(北海学園大学元教授)
   司会 森岡伸(札幌医科大学名誉教授)
  ○総会 17:15〜17:55
  ○閉会の言葉 18:00
   上村仁司(副会長・北海学園大学教授)
  ○情報交換会 18:30〜
   *会場については人数が確定次第、参加者のみなさまに連絡いたします。
   (会費4,000円程度、旭川駅近辺を予定)
 *非会員来聴無料。
問合先: 〒070-8621 北海道旭川市北門町9丁目 北海道教育大学旭川校 十枝内康隆研究室 日本ペイター協会事務局(Eメール:toshinai.yasutakaアットa.hokkyodai.ac.jp, URL http://www.patersociety.jp/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ イギリス・ロマン派学会第43回全国大会
日時: 2017年10月21日(土)22日(日)
場所: 専修大学 生田キャンパス 10号館 (〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1, URL https://www.senshu-u.ac.jp/access.html#anchor02)。
内容:
【第1日 10月21日(土)】
 開会式: [13:00-13:15] (10202教室)
  司会: 及川和夫(副会長・早稲田大学)
  開会の言葉 小口一郎(会長・大阪大学)
  開催校挨拶 佐々木重人(専修大学学長)
 総会: [13:15-13:40] (10202教室)
  司会・報告: 吉川朗子(副会長・神戸市外国語大学)
 特別講演: [13:45-14:45] (10202教室)
  司会: 佐藤光(東京大学)
  Peter Otto (Melbourne 大学教授)
  Travelling to Jerusalem (without leaving home): negotiating the actual and virtual realities of race, religion, and empire
 研究発表: [15:20-17:20]
  第1室 (10206教室)
   1. [15:20-15:50] 司会: 木村俊幸(帝京大学)
    騎馬秀太(東京大学大学院)
     ロマン主義と主体のしつこさ 
   2. [16:05-16:35] 司会: 山田崇人(成蹊大学)
    大石瑶子(早稲田大学)
     調和の力――「ティンターン寺院」におけるワーズワースの自然
   3. [16:50-17:20] 司会: 山田崇人(成蹊大学)
    吉田泰彦(奈良県立医科大学)
     チャールズ・ラム――人間的、文学的独り立ちの過程
  第2室 (10207教室)
   1. [15:20-15:50] 司会: 鈴木美津子(東北大学名誉教授)
    細川美苗(松山大学)
     歴史が終わるとき――メアリ・シェリーの『最後のひとり』
   2. [16:05-16:35] 司会: 小林英美(茨城大学)
    田久保浩(徳島大学)
     デッラ・クルスカ詩の表現とイデオロギーおよびロマン派への影響
   3. [16:50-17:20] 司会: 小林英美(茨城大学)
    石倉和佳(兵庫県立大学)
     コールリッジと J. C. ラウドン――誰が彼らの著述を読むのか?
  第3室 (10213教室)
   1. [15:20-15:50] 司会: 安斎恵子(お茶の水女子大学)
    田中みんね(上智大学)
     ホガースとブレイク――英国画壇の成立と美術アカデミー
   2. [16:05-16:35] 司会: 今村隆男(和歌山大学)
    浜川仁(沖縄キリスト教学院大学)
     アヘン戦争の美学――ロマン主義時代の琉球と中国の表象
   3. [16:50-17:20] 司会: 兼武道子(中央大学)
    植月惠一郎(日本大学)
     グレイと諷刺――「愛猫の死に寄せるオード」の批評分析
 懇親会: [18:00- ]
  専修大学生田キャンパス9号館5階 レストラン CABIN
  会費: 一般会員7,000円、学生3,000円。
  要事前申込。締切: 2017年9月30日(土)。
【第2日 10月22日(日)】
 シンポージアム: [10:00-12:30] (10202教室)
  今、コウルリッジの『文学的自叙伝』をどう読むか――文学研究におけるその現代的意義
   司会・発題者: 笹川浩(中央大学)
   発題者: 大河内昌(東北大学)
    中村仁紀(大阪医科大学)
    巽孝之(慶應義塾大学)
 てーぶる・とーく: [14:00-15:00] (10202教室)
  司会: 黒瀬悠佳子(福岡大学)
  P. B. シェリーの Laon and Cythna (The Revolt of Islam)――その成立と内容
  原田博(山梨大学名誉教授)
 閉会の言葉:
  及川和夫(副会長・早稲田大学)
問合先: イギリス・ロマン派学会(https://sites.google.com/site/jaeromanticism/home).
 〒651-2187 神戸市西区学園東町9丁目1 神戸市外国語大学 吉川研究室内(電話: 078-794-8214, Eメール:saekoyoshikawaアットyahoo.co.jp)。
 〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-14 音羽書房鶴見書店内(電話: 03-3814-0491)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本エドワード・サピア協会第32回研究発表会
日時: 2017年10月21日(土) 13:30-18:00.
場所: 成蹊大学 6号館5階501教室。
内容:
 開会挨拶 (13:30- )
 研究発表 (13:40-16:10)
  [ディスカッションセッション]
   1. 石塚政行(東京大学大学院)
    「バスク語の生産的使役動詞の自動詞化」
   2. 霜崎實(慶應義塾大学)
    「日英翻訳における外来語・外国語の表記について――ルビの類型と機能に着目して」
   3. (仮) 西村義樹(東京大学)
    「好まれる言い廻し再考: メンタル・コーパスとは何か」
 会員総会 (16:20-16:40)
 講演 (16:45-17:45)
  森雄一(成蹊大学)
   「「全体−部分」の意味論と修辞論」
 閉会挨拶 (17:50)
 懇親会 (18:00- )
会費: 当日会員1,000円。
詳細: 日本エドワード・サピア協会 研究発表会(http://edwardsapir-japan.sakuraweb.com/files/meeting.htm)。
問合先: 日本エドワード・サピア協会事務局(Eメール:edwardsapir.japanアットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 英国国際教育研究所(IIEL)主催 日本語教師養成課程・児童英語教師養成課程 ことばのセミナー・講座説明会
日時・場所:
 (1) 2017年10月21日(土) 14:00-16:30
  大阪: 大阪私学会館 〒534-0026 大阪府大阪市都島区網島町6-20
 (2) 2017年10月22日(日) 13:00-15:30
  福岡: 都久志会館 〒810-8583 福岡県福岡市中央区天神4-8-10
 (3) 2017年10月29日(日) 13:00-15:30
  東京: アワーズイン阪急 〒140-0014 東京都品川区大井1-50-5
内容:
 日本語教師養成課程、児童英語教師養成課程の講座説明会
 ことばのセミナー
  「教えるための言語分析の視点」
  講師: 英国国際教育研究所所長 図師照幸(在英)/全会場
 イギリス留学相談会・個別相談会
 *英国国際教育研究所が英国ロンドンで開講する日本語教師養成課程と児童英語教師養成課程に関する講座説明会およびことばのセミナー「教えるための言語分析の視点」を開催。同課程修了生には、国際的な外国語教員の資格を授与。卒業生は世界中の様々な教育機関で活躍。当日は、図師照幸所長が英国から来日しセミナーなどを行う。終了後は英国留学相談会を実施。
参加費: 無料。要予約(メール、ウェブサイトから予約)。どなたでも参加可能。
参加申込・問合先: (日本語) Charlton House, Charlton, London SE7 8RE, UK 英国国際教育研究所 英国本部(IIEL) (電話: 0044-(0)20-8331-3100, Eメール:enquiriesアットiiel.org.uk, URL http://www.iiel.org.uk)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本イギリス児童文学会第47回研究大会
日時: 2017年10月28日(土)29日(日)
場所: 東京女子大学 (〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1, http://office.twcu.ac.jp/univ/access/)。
内容:
【第1日 10月28日(土)】
 開場・受付開始 12:20
 開会式 12:50〜13:00
 研究発表 13:00〜14:30
  ・研究発表(1): 「語り」 (本館1F 0101教室)
   司会: 松本祐子
   a. 13:00〜13:30
    半田涼太
     His Dark Materials における「語ること」の特権的位置
   b. 13:30〜14:00
    熊谷由里子
     ホールデンの語りの特徴
  ・研究発表(2): 「19世紀」 (23号館1F 23101教室)
   司会: 香川由紀子
   a. 13:00〜13:30
    永井泉
     片山廣子の翻訳作品における fairy の訳語とその変遷
   b. 13:30〜14:00
    牟田有紀子
     ヴィクトリア朝少女雑誌の生き残り戦略――Monthly Packet の場合
   c. 14:00〜14:30
    正置友子
     研究者は、時空間を超えて、研究対象を研究することが可能か
  ・研究発表(3): 「ファンタジー」 (23号館2F 23201教室)
   司会: 安藤聡
   a. 13:00〜13:30
    高甜
     Peter Pan and the Carnivalesque
   b. 13:30〜14:00
    加藤佐和子
     神話創造者 C. S. ルイス
   c. 14:00〜14:30
    三池洋江
     「ハリー・ポッター」シリーズにおける名前の機能
 基調講演(1) 14:50〜16:40 (23号館1F 23101教室)
  司会: 成瀬俊一
  演題: 図書館から学んだこと
  講師: 斎藤惇夫(児童文学作家)
 懇親会 17:10〜19:30
  東京女子大学同窓会館 (参加費: 4,500円)
  *パフォーマンス: アイルランド講談 (講談師: 桃川鶴丸)
【第2日 10月29日(日)】
 開場・受付開始 9:00
 研究発表 9:15〜10:45
  ・研究発表(4): 「探究」 (本館1F 0101教室)
   司会: 西村醇子
   a. 9:15〜9:45
    清水友理
     再読 Ballet Shoes――Streatfeild の異色な処女作
   b. 9:45〜10:15
    五井結基
     子供読者の可能性――キャサリン・パターソンの Park's Quest に描かれた読書少年と文学作品
   c. 10:15〜10:45
    瀧内陽
     Robert Westall の Falling into Glory における奨学金少年の孤独
  ・研究発表(5): 「時を超える」 (23号館1F 23101教室)
   司会: 菱田信彦
   a. 9:15〜9:45
    磯部理美
     「目に見えないもの」のリアリティ――Lucy M. Boston の時空間認識を読む
   b. 9:45〜10:15
    菅谷美佳子
     A Stitch in Time (1976)における過去の意味
   c. 10:15〜10:45
    浅井千晶
     時空を超えて――When You Reach Me における装置としての『五次元世界の冒険』
  ・研究発表(6): 「文化の壁を越える」 (23号館2F 23201教室)
   司会: 水間千恵
   a. 9:15〜9:45
    ケレケシュ ジュジャ
     アメリカの児童文学賞とダイバーシティの尊重――ニューベリー賞の受賞作品におけるダイバーシティとインクルージョンに着目して
   b. 9:45〜10:15
    林早都子
     子どもと絵本をつなぐ――中学校におけるホールランゲージ的アプローチを用いた英語科授業実践
   c. 10:15〜10:45
    戸田山みどり
     Mango & Bambang シリーズに見られる現代性とその限界
 ラウンドテーブル 12:40〜13:40
  ・ラウンドテーブルA: (23号館1F 23101教室)
   国境を越えて: 翻訳と編集出版
   さくまゆみこ(翻訳者)× 村中李衣(ノートルダム清心女子大学)
  ・ラウンドテーブルB: (本館1F 0101教室)
   世代を超えて: 選書と名作
   依田和子(日本図書館協会児童青年委員会)× 白井澄子(白百合女子大学)
  ・ラウンドテーブルC: (23号館2F 23201教室)
   メディアを超えて: 児童文学と少女マンガ
   川端有子(日本女子大学)× 川原和子(マンガエッセイスト)
 各ラウンドテーブル報告(+質疑応答) 13:45〜14:10 (23号館1F 23101教室)
 基調講演(2) 14:30〜16:20 (23号館1F 23101教室)
  司会: 森野聡子
  演題: “成りつつあること Becoming” を見つめるケルト的想像力――『ケルズの書』から「アーサー王の剣」まで
  講師: 鶴岡真弓(多摩美術大学)
 閉会式 16:20〜16:30
参加費: (2日間有効) 会員500円、一般1,000円、学生無料。
詳細: 日本イギリス児童文学会(http://jpenjido.jimdo.com/)。
問合先: 日本イギリス児童文学会 大会実行委員長 山崎暁子(Eメール:jscleastアットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 明海大学複言語・複文化教育センター講演
日時: 2017年10月28日(土) 13時より。
場所: 明海大学 浦安キャンパス 講義棟2階 MPPEC 多目的ゾーン (〒279-8550 千葉県浦安市明海1丁目)。
内容:
 講師: 福安佳子(外国語 [ロシア語・英語] 生涯学習実践者)
 題目: ロシア語ってこんな言葉です! こんなに違っておもしろい――比較の対象はもちろん(!) 英語・日本語
 趣旨: 90分でロシア語の家(ドーム)の外観を理解していただき、その上でロシア語の玄関ホールまでご案内いたします。この手順を経れば、あとの勝手がいいことまちがいありません。ロシア語に興味はあったけれど、どうもとっつきにくい。発音がむずかしそうだ。そんな印象でこれまで敬遠されていた皆さん、また、ロシア語を学習中だけれど、その全体像が見えなくて文法のやぶに迷い込んでしまっている皆さんも、ちょっと変わった角度からロシア語に触れてみて、その言語の特殊な世界観を垣間見てみませんか。
 プログラム: 1. ロシア語の音と形象 2. 名前の愛称から感じよう 音の硬軟 3. 感情表現の動詞 4. 無人称文の宝庫? 5. 初対面の挨拶 6. アルファベット
 *協賛: 明海大学外国語学部・同大学院応用言語学研究科。
参加費: 無料。但し、事前申込みが必要です。また、定員50名に達し次第、締め切らせて頂きます。
申込み方法: (1) お名前、ふりがな、(2) メールアドレス、(3) 所属(任意)を明記の上、下記メールアドレス宛に送信して下さい。
申込み・問合先: 明海大学複言語・複文化教育センター(Eメール:ppsymアットmeikai.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 慶應義塾大学言語文化研究所 慶應言語学コロキアム
日時: 2017年10月28日(土)、29日(日) 13:00-18:30.
場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 3階北館大会議室。
内容:
 演題: 日本語の空主語・空目的語と言語理論
 講師: 高橋大厚(東北大学大学院国際文化研究科教授)
 *この2日間に渡る発表では、日本語における空主語・空目的語(より一般的には、空項)の研究が言語理論研究にどのような貢献をしてきたか、あるいはするのかを概観し、特にこの10数年間精力的に研究されている省略(削除)を用いた分析がもたらす理論的帰結を考察する。
  第1部 空主語・空目的語研究の進展
   1日目の発表では、日本語における空項の研究がこの半世紀にどのように展開してきたかを概観する。空項を空代名詞(ゼロ代名詞)とする分析、空話題に束縛される変項とする分析、省略・削除により生じるとする分析を取り上げ、それぞれの長所・短所、現在の併合・ラベリング・フェイズなどを仮定する理論のもとではどのように再評価されうるかを考察する。
  第2部 項省略分析の諸問題
   2日目の発表では、日本語の空項は省略(削除)により生じるという仮説、すなわち項省略分析を中心的に取り上げる。日本語の空項を項省略により統一的に説明できるか、項省略はどの言語の、どのような統語的位置に可能か、項省略は省略に関わる経済性条件にどのような制約を受けるかという問いを、発表者のこれまでの研究を踏まえつつ考察する。
参加費: 無料。事前申込不要。
 *会場にて参加者カードへの記入が必要となります。
問合先: 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学言語文化研究所(電話: 03-5427-1595 直通, Eメール: genbuアットicl.keio.ac.jp, URL http://www.icl.keio.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本ヴァージニア・ウルフ協会第37回全国大会
日時: 2017年10月29日(日) 10:30〜16:45.
場所: 東洋大学 白山キャンパス (〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20)。
 (会場は9月中旬以降にメーリングリストでお知らせ致します。また当日正門にお知らせを貼り出します。)
内容:
 受付 (10:00〜10:30)
 開会の辞 (10:30)
  井上美雪(東洋大学准教授)
 I 研究発表 (10:30〜12:00)
  司会: 大貫隆史(関西学院大学准教授)
   中土井智(神戸市外国語大学大学院生)
    「ダロウェイ夫妻の価値観――「異国性」が反射する階級意識」
  司会: 中井亜佐子(一橋大学教授)
   畠山研(八戸工業大学助教)
    「“Whose Boy Are You?”――マンスフィールドの「戦場」としての「パーカーおばあさんの人生」」
  司会: 大田信良(東京学芸大学教授)
   大道千穂(青山学院大学教授)
    「あるびよんくらぶ再評価――戦後日本の英文学研究についての覚書」
 II 総会 (13:30〜13:45)
  司会: 麻生えりか(青山学院大学教授)
  会計報告、編集委員会報告、次期大会、その他:
   太田素子(大手前大学教授)
 III シンポジウム (13:45〜16:45)
  「冷戦の地政学的読解とイギリス文学」
   司会・講師: 麻生えりか(青山学院大学教授)
   講師: 山根亮一(首都大学東京助教)
   講師: 高島美和(女子栄養大学専任講師)
 閉会の辞 (16:45)
  太田素子(会長、大手前大学教授)
 懇親会 (17:30〜20:00)
  会場 カフェ ボラーレ(電話03-5800-5842)。
  会費 5,500円(学生3,000円)。
問合先: 日本ヴァージニア・ウルフ協会(http://www.vwoolfsociety.jp/)。

▲ 日本第二言語習得学会2017年度秋の研修会
日時: 2017年10月29日(日) 10:30-17:00.
場所: 首都大学東京 南大沢キャンパス 国際交流会館大会議室 (〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1, URL https://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html)。
内容:
 10:10- 受付
 10:30-12:00 講演
  須田孝司(静岡県立大学)
   「日本人英語学習者の文処理方略について」
 13:00-13:40 J-SLA 総会
 13:45-15:15 講演
  清水崇文(上智大学)
   「中間言語語用論: L2 口頭運用能力の解明を目指して」(仮題)
 15:30-17:00 講演
  庵功雄(一橋大学)
   「言語間の類似と相違を捉えるための機能主義的観点――場所を表す「に」と「で」、限定詞「この」と「その」を例に」
参加費: 1,000円(会員、非会員、一般・学生とも)。
 *事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
詳細: 2017年 J-SLA 秋の研修会(http://www.j-sla.org/event/2017年j-sla秋の研修会/)。
問合先: J-SLA 事務局 柴田美紀(Eメール:shibatamアットhiroshima-u.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 福原賞第第26回(平成29年度)応募規定
福原賞(公益信託福原記念英米文学研究助成基金)の第26回(平成29年度)の応募規定は以下のとおり。
 (1) 応募資格: 日本において、英米文学の研究に従事している若手・中堅研究者。
 (2) 助成金額: 研究助成40万円(3件)、出版助成100万円(1件)。
 (3) 応募方法・締切: 所定の申請書様式により2017年10月末日(火)までに郵送。
 (4) 採否結果の通知: 2018(平成30)年2月中に郵便にて通知。
 (5) 申請書様式の請求と申請書の提出及び照会先: 〒100-8212 東京都千代田区丸の内1-4-5 三菱 UFJ 信託銀行リテール受託業務部 公益信託課 福原記念英米文学研究助成基金担当(電話: フリーダイヤル 0120-622372, 受付時間: 平日9:00-17:00)。
 *募集要項と申請書様式は、「大学英語教科書協会ホームページ」(http://www.daieikyo.jp)からも(後日)入手可。

▲ 日本ハーディ協会第60回大会
日時: 2017年11月11日(土) 10:00〜18:00 (受付9:30より).
場所: 上智大学四谷キャンパス 6号館3階304号室 (〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1, 電話: 03-3238-3111 代表, URL http://www.sophia.ac.jp)。
内容:
 開会の辞 (10:00)
  総合司会 渡千鶴子(関西外国語大学教授)
 研究発表 (10:05〜11:15)
  司会 北脇徳子(京都精華大学名誉教授)
   1 唐戸信嘉(茨城キリスト教大学助教)
    The Trumpet-Major における「民衆」(the folk)の再定位――ハーディのフォークロア的視座から
   2 橋本史帆(関西外国語大学講師)
    密輸事情から読む「惑える牧師」
 研究発表 (11:20〜11:55)
  司会 金谷益道(同志社大学教授)
   3 永富友海(上智大学教授)
    ヴィクトリア朝小説におけるセンセーショナリズムについての一考察――トマス・ハーディと M・E・ブラッドン
 総会 (13:00〜13:30)
  司会 並木幸充(東京理科大学教授)
  ○役員一部変更 ○会計報告 ○編集委員会報告(会報・協会ニュース) ○次期大会について ○その他
 シンポジウム (13:40〜16:40)
  Thomas Hardy と同時代文学
   司会・講師 並木幸充(東京理科大学教授)
   講師 押本年眞(同志社大学名誉教授)
   講師 中谷久一(東京理科大学准教授)
   講師 塩谷清人(学習院大学名誉教授)
 特別講演 (16:50〜17:50)
  司会 金子幸男(西南学院大学教授)
  ハーディにおけるリアリズム小説とその逸脱――『ラッパ隊長』を中心に
  講師 玉井(日本ハーディ協会顧問・武庫川女子大学教授)
 閉会の辞 (18:00)
  新妻昭彦(日本ハーディ協会会長・元立教大学教授)
 懇親会 (18:15〜 )
  場所 上智大学13号館3階303号室 (〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1)
  電話 03-3238-3111(代表)
  会費 5,000円
 *共催: 上智大学。
問合先: 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3 東京理科大学1号館1603A研究室内 日本ハーディ協会事務局(Eメール: jimu.thsjapanアットgmail.com)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 上智大学国際言語情報研究所主催 上智大学言語学講演会
日時: 2017年11月11日(土) 15:15-16:15.
 (November 11 (Saturday) 2017 15:15-16:15)
場所: 上智大学 四谷キャンパス 中央図書館8F L-821.
 (Room L-821 (Library 8F), Yotsuya Campus, Sophia University)
内容:
 講演者: Dr. Joseph Lo Bianco (Professor, Melbourne Graduate School of Education University of Melbourne)
 演題: “Multilingualism, the literacy of the 21st century”
 講演要旨: The needs of nation states for internal administrative efficiency, economic development and social cohesion have tended to stress linguistic consolidation and national languages. Language learning and teaching has tended to serve these primary aims. However the drastic changes in international market integration, vast population mobility and instantaneous communications has transformed the communication profile of nations. This talk will report on language policy and planning, using examples from international experience, to argue that all states need to plan for plurilingual citizens in multicultural societies. Skill in construction, promulgation and implementation of multilingual policy will be required in all states to give citizens the capabilities that a globalised world will expect.
 *使用言語: 英語。通訳なし。
 *共催: 基盤研究(C)マジョリティに向けた多様化社会の公正教育の在り方: 複合的考察(課題番号: 16K04622) 代表: 坂本光代、ASTE.
参加費: 無料。事前申し込み不要。
 (Free to attend / Reservations not required)
問合先: 上智大学国際言語情報研究所(電話/ファックス: 03-3238-3493, URL http://dept.sophia.ac.jp/is/solific/)。

▲ JACET (大学英語教育学会)関東支部月例研究会
日時: 2017年11月11日(土) 16:00-17:20.
場所: 青山学院大学 11号館1143教室。
内容:
 「映画を通して学ぶ World Englishes」
 講師: 小林めぐみ(成蹊大学)
参加費: 無料(事前申込不要)。
問合先: JACET 関東支部事務局(Eメール:jacet-kanto-officeアットcl.aoyama.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本英語学会第35回大会
日時: 2017年11月18日(土) 9:30〜18:00,
11月19日(日) 9:30〜15:55.
場所: 東北大学 川内北キャンパス。
内容:
■■第1日 11月18日(土)
ワークショップ
 「英語力の伸張と論理的思考力の伸張について」
  花崎美紀(法政大学)、吉川厚(東京工業大学)、多々良直弘(桜美林大学)、八木橋宏勇(杏林大学)、藤原隆史(松商学園高等学校)、菊池聡(信州大学)、花崎一夫(信州大学)、大塚崇史(松本秀峰中等教育学校)
 「極小主義統語論における外在化」
  坂本祐太(中京大学)、後藤亘(東洋大学)、坂本祐太(中京大学)、瀧田健介(明海大学)、中村太一(福井大学)
 「なぜ言語には非付値素性が存在するのか?」
  藤田元(上智大学大学院)、北原久嗣(慶應義塾大学)、内堀朝子(日本大学)
 「非顕在的統語操作の発展と拡張」
  浦啓之(関西学院大学)、多田浩章(福岡大学)、岡俊房(福岡教育大学)
スチューデント・ワークショップ
 「ことばと意味の可能性: 手続き的情報と構文」
  盛田有貴(奈良女子大学[非常勤])、楊雯淇(北海道大学大学院)、板垣浩正(大阪大学大学院)、時政須美子(奈良女子大学大学院)
研究発表
 Nobuko Hasegawa (Kanda University of International Studies) “On the Structure and Derivation of Gerundive Reduced Relative Clauses”
 中島崇法(東北大学大学院)「厳密循環性再考: ラベル付けの観点から」
 本多正敏(筑波大学大学院)「否定倒置と名詞句内の情報構造に対する示唆」
 吉田江依子(名古屋工業大学)「情報構造に基づくフェイズの特性」
 Hidekazu Tanaka (Okayama University) “Fragment Answers with Focus Particles”
 田中江扶(信州大学)「heart pounding タイプの分詞構文と所有者昇格」
 廣江顕(長崎大学)「引用マーカー「と」の概念構造」
 平沢慎也(東京大学[非常勤])「for all sb knows の意味・用法の記述」
 浅井良策(大阪大学)「英語の「非意図的」結果構文について」
 小早川暁(獨協大学)「単数構文と複数構文」
 林智昭(近畿大学[非常勤])「前置詞随伴に基づく前置詞らしさの規定: 文法化の漸進性に関する共時的研究」
 後藤秀貴(大阪大学大学院)「日英語の胸部と腹部の理解をめぐって――比喩的認知を生む身体経験、社会・文化経験の観点から」
 松岡和美(慶應義塾大学)「日本手話の right periphery の考察: 否定とモダリティ」
 田中祐太(名古屋大学大学院)「動詞 end up の歴史変化と PredP の出現」
 大澤舞(東邦大学)「just の対人関係調整機能」
 平尾恵美(奈良女子大学大学院)「insubordination に関する一考察――If+not [P] 構文と慣習性をめぐって」
 有光奈美(東洋大学)「『恥知らずな X』と『恥ずかしい X』における視点の対比――“shameless” と “shameful” の意味理解」
シンポジウム
 「意味と統語構造のインターフェイス」
  西垣内泰介(神戸松蔭女子学院大学)、藤井友比呂(横浜国立大学)、遠藤喜雄(神田外語大学)
 「話しことばが新たに拓く文法の多重性: 理論と実践」
  高梨博子(日本女子大学)、遠藤智子(成蹊大学)、土屋智行(九州大学)、中山俊秀(東京外国語大学)
 「英語史における定型表現」
  渡辺拓人(熊本学園大学)、小塚良孝(愛知教育大学)、谷明信(兵庫教育大学)、柴礼士郎(明治大学)
■■第2日 11月19日(日)
研究発表
 西原俊明(長崎大学)「[a/the N] [the N of NP] 形式表現とラベル付け計算法」
 小林亮一朗(上智大学大学院)「二種類の from-to 表現と統辞的対称性について」
 佐藤亮輔(東北大学大学院)「ラベル決定アルゴリズムによる節動名詞の分析」
 阿部潤(元東北学院大学)「Tough 構文における再構築について」
 吉川裕介(近畿大学)・高橋寛(昭和大学)「JB-X DM-Y 構文の構成性について」
 小深田祐子(熊本学園大学)「所有構文における名詞の意味機能」
 西牧和也(筑波大学[非常勤])「名詞結合の派生とステイタスについて: 転換名詞としての分析」
 大久保龍寛(茨城県立医療大学)「属格複合語内に見られる識別焦点と主要部削除」
 大塚知昇(九州共立大学)「A/A-bar 区分と Improper Movement の再考察」
 森本雄樹(関西学院大学大学院)「時制と wh 一致現象: 極小理論による一考察」
 葛西宏信(北九州市立大学)「vP」
 椙本顕士(北海道教育大学)「VP 削除からみた状態変化動詞の項交替」
 Kohei Nishimura (Iwaki Meisei University) “Phonological Optionality in Japanese Loanwords”
 Hideo Kobayashi (University of Hyogo [part-time]) “Empirical Evidence to Consonant Harmony in English Reduplication”
 米山聖子(大東文化大学)・北原真冬(上智大学)・田嶋圭一(法政大学)「北米英語の非対立的音声変異の知覚: 弾音と閉鎖音の場合」
 深澤はるか(慶應義塾大学)・北原真冬(上智大学)「最近の名前と一般語の音韻パターンの相違について」
 清水眞(東京理科大学)・村田真樹(鳥取大学大学院)「英語学術論文に頻出する学術語彙リストの作成」
 抽冬紘和(関西大学大学院)「EFL グループ相互行為における談話標識 “So” の機能的役割: アカデミックディスコースにおける言語社会化に関するエスノグラフィー研究」
 Ryan Spring (Tohoku University) “Applying Advances in Cognitive Linguistic Typology to Phrasal Verb Instruction”
 Barry Kavanagh (Tohoku University) “Is the OPOL Approach an Effective Method in Raising a Bilingual Child in Japan?”
シンポジウム
 (公開)「音声研究の英語教育への貢献」
  米山聖子(大東文化大学)、荒井隆行(上智大学)、近藤眞理子(早稲田大学)、小西隆之(早稲田大学)、田嶋圭一(法政大学)、前田菜摘(利根中学校)、中村祐輔(大宮東高校)
 「言語の変化、言語の成長――複眼的視点から」
  仁科弘之(埼玉大学名誉教授)、東条敏(北陸先端科学技術大学院大学)、小林昌博(鳥取大学)、吉本啓(東北大学)、田村隆夫(埼玉大学大学院)
 「慣用表現・変則的表現から見える英語の姿」
  住吉誠(摂南大学)、西村義樹(東京大学)、内田聖二(奈良大学)、八木克正(関西学院大学名誉教授)
参加費: 2,000円。19日 公開特別シンポジウム: 無料。
問合先: 日本英語学会事務局(Eメール:elsj-infoアットkaitakusha.co.jp, URL http://elsj.jp/meeting/)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ 日本英語教育史学会第265回研究例会
日時: 2017年11月18日(土) 14:00〜17:00.
場所: 真宗教化センター しんらん交流館 (京都府京都市下京区諏訪町通六条下ル上柳町199)。
内容:
 研究発表:
  上野舞斗(和歌山大学大学院生)
   「戦前における英語音声学習の大衆化: カナ表記を中心に」
    [概要] 英語音声をカタカナで表記することはしばしば批判の的となるが、戦前には岡倉由三郎や市河三喜といった学者たちがカナ表記を英語音声学習の大衆化の手段として肯定的に捉えていた。では、彼らはなぜカナ表記を支持したのだろうか。また、実際の表記法にはどのようなものが用いられていたのだろうか。本発表では、戦後急速に大衆化した外国語教育に活かせることがないかという問題意識の下に、戦前におけるカナ表記に関する言説や、独案内、講義録、雑誌における音声指導法・表記法について明らかにしたい。
 研究発表:
  田中正道(広島大学名誉教授)
   「第五高等学校入学試験英語問題の解析」
    [概要] 戦時下の旧制高等学校入学試験英語問題を校種ごとに比較すると平時にはあまり伺えないそれぞれの学校の特徴が浮き彫りになり興味深い。本発表ではナンバー・スクールの一つ、第五高等学校入学試験英語問題に焦点を当て出題形式ならびに出題内容等の特徴を明らかにしたい。今日の大衆化された大学の入学試験を改めて見直す機会にもなろう。
参加費: 無料。
問合先: 日本英語教育史学会例会担当(Eメール:reikaiアットhiset.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

▲ (一財)語学教育研究所2017年度研究大会
日時: 2017年11月19日(日) 9:45〜17:25.
場所: 東京家政大学 板橋キャンパス。
内容:
 協議会A
  指導法研究:
   (1) ICT 機器と黒板
   (2) オピニオン・ライティング
    発表者: 木幡琢人(成蹊大学大学院生)
    発表者: 砂谷恒夫(東京都立蔵前工業高等学校)
    発表者: 郷司雅子(埼玉県立草加西高等学校)
 協議会B
  授業研究: 中学校2年生
   司会・助言者: 淡路佳昌(大東文化大学)
   授業者: 中尾愛(東京農業大学第一高等学校中等部)
 協議会C
  小学校英語教育研究: 授業でのやり取りを豊かにするために〜絵本やその他の図書の活用〜
   司会者: 市川容子(横浜国立大学附属鎌倉小学校)
   発表者: 川副理美(田園調布雙葉小学校)
   発表者: 佐藤明子(埼玉県深谷市立深谷小学校)
   発表者: 仲光直子(埼玉県狭山市立柏原小学校)
   発表者: 松原木乃実(聖マリア小学校)
 協議会D
  会員発表(公募):
   司会者: 久保野りえ(筑波大学附属中学校)
   発表者: (2017年9月以降に本研究所のウェブサイトでお知らせいたします。)
 協議会E
  談話文法研究: 文と文のつながりを意識した「英語表現」でのライティング指導
   司会・助言者: 八宮孝夫(筑波大学附属駒場中・高等学校)
   発表者: 福永堅吾(東京都立産業技術高等専門学校)
   発表者: 北出義伸(立正大学付属立正中学校・高等学校)
 協議会F
  中学高校英語研究: 「コミュニケーション英語I」 生徒の自発的な発話を促す授業
   司会者: 杉内光成(獨協埼玉中学高等学校)
   発表者: 曽根典夫(筑波大学附属高等学校)
 公開授業(ビデオ)
  高校2年生「コミュニケーション英語II」
   司会者: 藤井昌子(元文教大学)
   授業者: 矢田理世(筑波大学附属高等学校)
問合先: 一般財団法人語学教育研究所事務室(電話: 03-5901-9214, URL http://www.irlt.or.jp/)。

▲ 第1回英語教育実践研究会(日本リメディアル学会英語部門との共催)
*英語教育実践研究会(旧・短期大学英語教育研究会)
日時: 2017年11月19日(日) 13:00〜17:30 (受付12:30).
場所: 東京女子大学 (東京都杉並区善福寺2-6-1)。
内容:
 ○講演
  和泉伸一(上智大学外国語学部英語学科)
   “Content and Language Integrated Learning: Hard CLIL in Action”
 ○事例発表1
  竹村雅史(北星学園大学短期大学部)
   「多読のインプットとアウトプット――ビブリオバトルの実践から」
 ○事例発表2
  Tony Cole (山野美容芸術短期大学)
   “Improving the discipline for self study of low level language learners”
 ○事例発表3
  池田るり子(産業能率大学)
   「グローバル人材育成教育をめざした英語サポートプログラム」
 *(注) 並行して、日本リメディアル学会会員の研究発表も予定。
 *終了後、情報交換会(5,000円、懇親会会費含む、両研究会ごとに開催)の予定あり。
参加費: 3,000円(日本リメディアル学会会員は年会費でカバー)。
問合先・申込み・プログラム詳細: 英語教育実践研究会(旧・短期大学英語教育研究会) (https://tan-eiken.jimdo.com/)。

▲ 大学英語教育学会(JACET)関西支部秋季大会
日時: 2017年11月25日(土) 10:30-18:15 (受付開始 10:00)。
 (Registration from 10:00)
場所: 大阪樟蔭女子大学 (〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26)。
 (Osaka Shoin Women's University: 4-2-26 Hishiyanishi Higashiosaka, Osaka)
内容:
 ワークショップ/Workshop: 10:30-11:45
  講師/Speaker: Stuart McLean (大阪女学院大学/Osaka Jogakuin University)
   “The Benefits, Challenges and Results of Making a Research Based Vocabulary Program” (in English)
 特別講演/Special Talk: 13:15-14:15
  講師/Speaker: 植松茂男/UEMATSU, Shigeo (同志社大学/Doshisha University)
   「イタリアに於ける CLIL の現状と課題」(in Japanese)
   “Current Situation and Issues of CLIL in Italy”
 基調講演/Keynote Lecture: 17:00-18:00
  講師/Speaker: 染谷泰正/SOMEYA, Yasumasa (関西大学/Kansai University)
   「Input-Output 統合型授業を中心とした4年一貫型の教養英語カリキュラムの構想と課題――関西大学の挑戦」
   “A proposal of a 4-year non-major English curriculum centering on input-output integrated classroom activities―A challenge being made at Kansai University”
 *その他に、コロキアム、研究発表、実践報告、ポスター発表。研究発表、実践報等の詳細については、随時 JACET 関西支部(http://www.jacet-kansai.org/)をご参照ください。
問合先: 大学英語教育学会(JACET)関西支部(http://www.jacet-kansai.org/)。

▲ 第50回青山学院大学英文学会大会
日時: 2017年12月16日(土) 9:45〜17:30.
場所: 青山学院大学 青山キャンパス。
内容:
 研究発表 10:00〜12:10 17501, 17502, 17503教室
  学部生・大学院生による、英語学・英文学・米文学・コミュニケーション・英語教育などの研究発表
 英語演劇 11:00〜17:00 (午前) 17309教室、(午後) 910教室
  学部生による英語演劇発表会
 講演会 13:00〜17:30 17512教室
  本学英米文学科教員による講演:
   秦邦生(准教授 グローバル文学・文化)
   田中深雪(教授 コミュニケーション)
   Gregory Strong (教授 コミュニケーション)
  外部招待講演:
   寺澤盾(東京大学教授 歴史英語学)
 *事前の予約や参加費は必要ありませんので、ぜひ聴講にお越しください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
詳細: 青山学院大学英米文学科(http://www.cl.aoyama.ac.jp/english/)。
 *2017年10月中旬ごろ、青山学院大学英米文学科ウェブサイト内「お知らせ」欄にて掲載致します。
問合先: 青山学院大学英米文学科研究室(電話: 03-3409-7905)。

▲ 日本語用論学会20周年記念大会
日時: 2017年12月16日(土)、17日(日)。
 *12月15日(金)に Pre-conference を実施。
場所: 京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス (〒606-8585 京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町)。
内容:
 大会テーマ:
  「語用論のこれまでとこれから――学会20年の歩みとともに」
 *語用論学者としてオースティン、サール、グライスらが想起される頃から数十年が過ぎ、現代の語用論は研究の対象が拡大、複雑化しています。談話研究、会話分析、ポライトネス、メタファーなど、言語と社会、言語と認知を探究する方向へ、また、英語学の一分野といった位置づけから、対象言語も日本語や世界のさまざまな言語へ、さらに、文脈を伴った実例の重要性に対する認識は、言語研究全般に高まりつつあります。語用論の現況を再確認するとともに、皆様とご一緒にこれからの10年、20年を展望したく思います。日本語用論学会20周年記念大会にぜひお運びください。
 20周年記念シンポジウム:
  「語用論研究の広がり: 語用論の関連分野からの提言」
   講師: 松本曜(神戸大学)
   講師: 酒井弘(早稲田大学)
   講師: 定延利之(京都大学)
 基調講演:
  講師: Christopher Hart (Lancaster University)
  講師: Jonathan Culpeper (Lancaster University)
 東アジア特別国際シンポジウム:
  「東アジアの語用論(Pragmatics in East Asia: Its practice and contribution)」
   司会: 井出里咲子(筑波大学)
   講師: 詹全旺 Zhang, Quanwang (中国 Anhui University 安徽大学)
   講師: 王萸芳 Wang, Yu-fang (台湾 National Kaohsiung Normal University 国立高雄師範大学)
   講師: 李聖範 Lee, Sungbom (韓国 Sogang University 西江大學校)
   ディスカッサント: Jonathan Culpeper (Lancaster University)
 ポスター発表、研究発表、一般ワークショップ。
 *発表募集:
  応募締切: 2017年7月28日(金)。
  会員専用ページからお申し込みください。

▲ 日本第二言語習得学会第18回年次大会(J-SLA 2018)発表者募集
日時: 2018年6月16日(土)、17日(日)。
場所: 学習院大学 (〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1, URL http://www.univ.gakushuin.ac.jp/access.html)。
内容:
 招待講演:
  Dr. Leah Roberts (University of York)
 発表申込:
  J-SLA2018 での研究発表を募集しております。研究発表には「口頭発表」または「ポスター発表」および「学生ワークショップにおける口頭発表」があります。
  募集する研究の領域は第二言語習得の理論的・実証的研究で、発表言語は日本語または英語です。
 研究発表募集の詳細:
  第18回年次大会(J-SLA2018) (http://www.j-sla.org/event/第18回年次大会-j-sla2018/)。
 発表申込締切:
  2018年2月28日(水) 11:59pm (日本時間)。
 送付先:
  jsla2018abstractsアットgmail.com [大滝宏一]
問合先: J-SLA 事務局 柴田美紀(Eメール:shibatamアットhiroshima-u.ac.jp)。
*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。






新刊書一覧

2016年10月以降発行の和書(本体価格)

英米文学・文化論英語学・英語教育翻訳(文芸作品)実用書など

★=新着本

英米文学・文化論
2017年9月
『ペストの記憶』(「英国十八世紀文学叢書」3)
ダニエル・デフォー(Daniel Defoe)作、武田将明訳、2017年9月、四六判364頁、3,500円、研究社。

2017年8月
『オースティンの『高慢と偏見』を読んでみる――「婚活」マニュアルから「生きる」マニュアルへ』
鹿島樹音編著訳、市原順子印刻、2017年8月、B6変型判xii+264頁、2,000円、大阪教育図書。

2017年7月
『戦う姫、働く少女』(「POSSE 叢書」3)
河野真太郎著、2017年7月、四六判238頁、1,800円、堀之内出版。

2017年6月
『エマソンの「文明」論――その新出邦訳「開化」に関する考察』
山本晶編著、2017年6月、A5判xiv+166頁、3,800円、慶應義塾大学出版会。
『詩について――アンドルー・マーヴェルから』
加藤光也著、2017年6月、四六判viii+370頁、3,500円、松柏社。

2017年5月
『二十一世紀の英語文学』(「二十世紀英文学研究」11)
二十世紀英文学研究会編、2017年5月、B6判vi+272頁、2,800円、金星堂。
 [大平章,倉持三郎,田中英史,大熊昭信,外山健二,小林英里,田中慶子,薄井良治,結城英雄,奥山礼子,加藤良浩]
『教室の英文学』
日本英文学会(関東支部)編、2017年5月、A5判xii+320頁、2,600円、研究社。
 [佐々木徹,巽孝之,原田範行,斎藤兆史,小林久美子,阿部公彦,北和丈,中村哲子,小川公代,奥聡一郎,中井亜佐子,越智博美,丹治愛,新田啓子,新井潤美,岩田美喜,唐澤一友,井出新,アルヴィ宮本なほ子,長畑明利,武田将明,高桑晴子,秦邦生,中野学而,諏訪部浩一,中村和恵,伊藤盡,佐藤和哉,田尻芳樹,武藤浩史,後藤和彦]

2017年4月
『亀井俊介オーラル・ヒストリー――戦後日本における一文学研究者の軌跡』
亀井俊介著、2017年4月、四六判viii+340頁、3,000円、研究社。
 [付録「亀井俊介研究序説」(講演): 平石貴樹]
『多文化理解のためのアメリカ文化入門――社会・地域・伝承』
ウェルズ恵子、リサ・ギャバート(Lisa Gabbert)著、2017年4月、A5判vi+198頁、2,600円、丸善出版。

2017年3月
『ディズマル・スワンプのアメリカン・ルネサンス――ポーとダークキャノン』
伊藤詔子著、2017年3月、A5判xiv+324頁、3,200円、音羽書房鶴見書店。
『個人的なことと政治的なこと――ジェンダーとアイデンティティの力学』
井川ちとせ・中山徹編著、2017年3月、四六判346頁、2,800円、彩流社。
 [藤野寛,鵜飼哲,南裕子,井上間従文,大河内泰樹,早坂静,越智博美,町田みどり,金井嘉彦,中野知津,小泉順也]
『情動とモダニティ――英米文学/精神分析/批評理論』
遠藤不比人著、2017年3月、四六判274頁、3,200円、彩流社。
『アメリカ小説をさがして』
諏訪部浩一著、2017年3月、四六判424頁、2,900円、松柏社。
『兄弟喧嘩のアイルランド演劇』
岩田美喜著、2017年3月、四六判xvi+352頁、3,500円、松柏社。
『シェイクスピアとロマン派の文人たち』(「中央大学学術図書」92)
上坪正徳著、2017年3月、A5判iv+338頁、3,400円、中央大学出版部。
『芥川賞の偏差値』
小谷野敦著、2017年3月、四六判366頁、1,500円、二見書房。

2017年1月
『はじめてのソロー 森に息づくメッセージ』(「NHK カルチャーラジオ 文学の世界」)
伊藤詔子著、2017年1月、A5判160頁、905円、NHK 出版。

2016年12月
『ウィリアム・モリスの遺したもの――デザイン・社会主義・手しごと・文学』
川端康雄著、2016年12月、四六判viii+318頁、2,600円、岩波書店。
『ジョイスの迷宮(ラビリンス)――『若き日の芸術家の肖像』に嵌る方法』(「Japanese James Joyce Studies」)
金井嘉彦・道木一弘編著、2016年12月、四六判340頁、2,600円、言叢社。
 [南谷奉良・平繁佳織・田中恵理・小林広直・横内一雄・中山徹・下楠昌哉・田村章]
『セクシュアリティとヴィクトリア朝文化』
田中孝信・要田圭治・原田範行編著、2016年12月、四六判412頁、4,200円、彩流社。
 [閑田朋子,侘美真理,本田蘭子,市川千恵子,川端康雄,武藤浩史]

2016年11月
『人生の住処』
巽豊彦著、巽孝之編、2016年11月、四六判254頁、2,500円、彩流社。
  [解説: 小谷真理]
『日本近代詩の成立』
亀井俊介著、2016年11月、四六判574頁、4,500円、南雲堂。

2016年10月
『甦るシェイクスピア――没後四〇〇周年記念論集』
日本シェイクスピア協会編、2016年10月、四六判vi+282頁、3,800円、研究社。
 [篠崎実,芦津かおり,冬木ひろみ,英知明,鶴田学,米谷郁子,桑山智成,田茂樹,河合祥一郎,小林潤司,岩田美喜,川井万里子,石塚倫子,井出新]
英語学・英語教育
2017年9月
『ことばの実際2 コーパスと英文法』(「〈シリーズ〉英文法を解き明かす――現代英語の文法と語法」10)
内田聖二・八木克正・安井泉編、滝沢直宏著、2017年9月、A5判xvi+226頁、2,500円、研究社。
『研究留学のための英文 E メール・ハンドブック』
吉留文男、ジョン・マクリーン(John McLean)著、2017年8月、四六判viii+182頁、1,500円、研究社。
『改訂版 異文化コミュニケーションの A to Z――理論と実践の両面からわかる』
小坂貴志著、2017年9月、A5判280頁、2,300円、研究社。

2017年8月
『ことばの実際2 コーパスと英文法』(「〈シリーズ〉英文法を解き明かす――現代英語の文法と語法」10)
内田聖二・八木克正・安井泉編、滝沢直宏著、2017年8月、A5判244頁、2,500円、研究社。
『研究留学のための英文 E メール・ハンドブック』
吉留文男、ジョン・マクリーン(John McLean)著、2017年8月、四六判188頁、1,500円、研究社。

2016年6月
『イギリス英語発音教本』
小川直樹著、2017年6月、A5判xviii+174頁(音声データ無料ダウンロード)、2,000円、研究社。

2017年3月
『小学校英語から中学校英語への架け橋――文字教育を取り入れた指導法モデルと教材モデルの開発研究』
小野尚美・睛庸雄・土屋佳雅里著、2017年3月、A5判iv+250頁、1,852円、朝日出版社。
『〈不思議〉に満ちたことばの世界――中島平三教授退職記念刊行物』
高見健一・行田勇・大野英樹編、2017年3月、A5判lvi+518頁、8,400円、開拓社。
 [中島平三,鷲尾龍一,奥田博子,浜口稔,小野尚之,瀬田幸人,松本マスミ,水野謙二,河野武,野村美由紀,漆原朗子,北川千里,伊藤たかね,山腰京子,藥袋詩子,根本貴行,毛束真知子,池内正幸,藤田耕司,野村忠央,保坂道雄,井出光,松下知紀,神田和幸,櫻井千佳子,藤井洋子,秦かおり,都築雅子,高田博行,鎌田修,冨田祐一, Alison Stewart, 竹内まりや,山崎友子,奥野浩子,真野泰,田子内健介,児玉一宏,平川眞規子,成田真澄,増渕佑亮,野村益寛,由本陽子,上野義雄,西岡宣明,標僅太,田中江扶,神谷昇,長谷部郁子,稲田俊明,今西典子,長谷川信子,杉岡洋子,加賀信広,遠藤喜雄,高見健一,大庭幸男,熊澤清美,秋孝道,一ノ渡雄貴,靱江静,行田勇,長谷川宏,菊地朗,有村兼彬,丸田忠雄,江頭浩樹,松山哲也,福田稔,三輪健太,大石正幸,窪薗晴夫,山田英二,川越いつえ,本間猛,遊佐典昭,平賀正子,山梨正明,曽雌崇弘,西山佑司,岸本秀樹,小野寺潤,外池滋生,磯野達也,澤田治美,井川壽子,田中竹史,奥野忠徳,丹村直子,水野佳三,岡田聡宏,井門亮,平田一郎,吉村あき子,加藤雅啓,大野英樹,岡本順治,内藤政武,今井邦彦,河上誓作,千葉修司,保阪靖人,高原富夫,米山順一,津田正,松本功,川田賢]
『謎解きの英文法 動詞』
久野臓高見健一著、2017年3月、四六判xii+264頁、1,600円、くろしお出版。
『研究社 英語の数量表現辞典 増補改訂版』
研究社辞書編集部編、トム・ガリー(Tom Gally)監修、2017年3月(初版2007年6月)、四六判xx+690頁、3,800円、研究社。
『英語のスタイル――教えるための文体論入門』
豊田昌倫・堀正広・今林修編著、2017年3月、A5判viii+294頁、2,800円、研究社。
 [野村恵造,菊池繁夫,山のぞみ,椎名美智,瀬良晴子,山口美知代,阿部公彦,魚住香子,高見敏子,佐々木徹,中川憲,富岡龍明,奥聡一郎,竹下裕俊,野口ジュディー,斎藤兆史]
『小学生に英語の読み書きをどう教えたらよいか』
田中真紀子著、2017年3月、菊判xiv+196頁、2,100円、研究社。
『責任ある研究のための発表倫理を考える』(「高等教育ライブラリ」11)
東北大学高度教養教育・学生支援機構編、2017年3月、A5判vi+164頁、2,000円、東北大学出版会。
 [羽田貴史,山崎茂明,大隅典子,石井怜子,鎌田美千子,吉村富美子,菅谷奈津恵]

2017年2月
『〈新装版〉話すためのリスニング 入門+初級』
白野伊津夫、リサ・A・ステファニ(Lisa A. Stefani)著、2017年2月、A5判142頁(音声データ無料ダウンロード)、1,400円、研究社。

2017年1月
『《新装版》[要点明解]アルファ英文法』
宮川幸久・林龍次郎編、向後朋美・小松千明・林弘美著、2017年1月(初版2010年8月)、A5判xviii+896頁、2,500円、研究社。
『英語年鑑(2017年版)』
『英語年鑑』編集部編、2017年1月、B6判vi+558頁、21,000円、研究社。
 [原英一,巽孝之,圓月勝博,長畑明利,中野春夫,日比野啓,中島平三,寺澤盾,八木克正,豊田昌倫,竹中龍範,高梨芳郎]

2016年12月
『増補版 チョムスキー理論辞典』(Kenkyusha's Dictionary of Theoretical Linguistics, Enlarged Edition)
原口庄輔・中村捷・金子義明編、2016年12月(旧版1992年6月)、四六判xii+798頁、6,000円、研究社。
 [秋孝道,荒野章彦,朝賀俊彦,土橋善仁,後藤善久,石居康男,金子義明,菅野悟,川平芳夫,北田伸一,コルネリア・ダニエラ・ルプシャ,三好暢博,中村捷,中村太一,中島崇法,小川芳樹,佐藤元樹,佐藤亮輔,島越郎,菅原美佳,椙本顕士,高橋大厚,富澤直人,戸塚将,戸澤隆広,内田恵,遊佐典昭]
『英語の「なぜ?」に答える はじめての英語史』
堀田隆一著、2016年12月、A5判x+194頁、2,200円、研究社。
『聖書の英語の研究』
寺澤芳雄編著、2016年12月、A5判x+250頁、7,000円、研究社。

2016年11月
『英単語の世界――多義語と意味変化から見る』(「中公新書」2407)
寺澤盾著、2016年11月、新書判x+202頁、780円、中央公論新社。

2016年10月
『斎藤さんの英和中辞典――響きあう日本語と英語を求めて』
八木克正著、2016年10月、B6判xiv+252頁、2,200円、岩波書店。
翻訳(文芸作品)
2017年9月
『イデアに捧げる愛の詩集』
マイケル・ドレイトン(Michael Drayton)作、岩崎宗治訳、2017年9月、四六判112頁、1,500円、国文社。

2017年8月
『対訳・注解 不思議の国のアリス』
ルイス・キャロル(Lewis Carroll)作、安井泉訳・注、2017年8月、四六判xxviii+376頁、3,500円、研究社。
『ヒューマン・コメディ』(「光文社古典新訳文庫」K Aサ 3-1)
サローヤン(William Saroyan)作、小川敏子訳、2017年8月、文庫判382頁、880円、光文社。
  [解説: 舌津智之]

2017年4月
『王政復古期のイギリス演劇とは何だったのか――ウィッチャリーとドライデン』
ハーリー・グランヴィル=バーカー(Harley Granville=Barker)著、間晃郎・小野正和訳述、2017年4月、A5判172頁、3,800円、玄文社(新潟県)。
 [ISBN978-4-906645-32-9]

2017年1月
『地上の楽園――秋から冬へ』
ウィリアム・モリス(William Morris)作、森松健介訳、2017年1月、A5判iv+656頁、4,200円、音羽書房鶴見書店。
『改心した浮気淑女――アモランダの思い出』
メアリ・デイヴィス作、渡辺孔二著、2017年1月、B6判248頁、1,900円、スプリング。
 [ISBN978-4-905449-09-6]
『ドラゴン・ヴォランの部屋――レ・ファニュ傑作選』(「創元推理文庫」F-レ-1-2)
J・S・レ・ファニュ(Joseph Sheridan Le Fanu)作、千葉康樹訳、2017年1月、文庫判378頁、1,000円、東京創元社。

2016年11月
『八月の光(下)』(「岩波文庫」赤323-9)
フォークナー(William Faulkner)作、諏訪部浩一訳、2016年11月、文庫判410頁、1,020円、岩波書店。
『鳥の巣』(「DALKEY ARCHIVE」)
シャーリイ・ジャクスン(Shirley Jackson)作、北川依子訳、2016年11月、四六変型判372頁、2,400円、国書刊行会。
 [「DALKEY ARCHIVE」責任編集: 若島正,横山茂雄]

2016年10月
『トランペット』
ジャッキー・ケイ(Jackie Kay)作、中村和恵訳、2016年10月、四六判300頁、1,800円、岩波書店。
『八月の光(上)』(「岩波文庫」赤323-8)
フォークナー(William Faulkner)作、諏訪部浩一訳、2016年10月、文庫判382頁、970円、岩波書店。
実用書など
2017年7月
『『星の王子さま』を英語で読もう』
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(Antoine de Saint-Exupéry)作、キャサリン・ウッズ(Katherine Woods)英訳、西きょうじ注・解説、2017年7月、A5判x+132頁(全訳ダウンロード)、1,500円、研究社。

2017年5月
『TOEIC® SPEAKING テスト問題集』(Practice Exams for the TOEIC® Speaking Test)
ロバート・ヒルキ(Robert Hilke)、デイビッド・セイン(David A. Thayne)著、2017年5月、A5判 口絵4頁+186頁+「別冊解答」62頁(音声データ無料ダウンロード)、2,300円、研究社。
『TOEIC® WRITING テスト問題集』(Practice Exams for the TOEIC® Writing Test)
ロバート・ヒルキ(Robert Hilke)、英語便著、2017年5月、A5判 口絵14頁+144頁+「別冊解答」72頁、2,200円、研究社。

2017年4月
『テーマ別 上級で学ぶ日本語(三訂版) ワークブック』
松田浩志・亀田美保監修、惟任将彦・咲花美紀・佐藤真紀・立和名房子・安本博司・山田勇人著、2017年4月(初版1995年10月)、B5判x+60頁+別冊「聞きましょう スクリプト&解答集」44頁、2,100円、研究社。(別売CD 1枚 2,800円)

2017年3月
『英文解釈教室 新装版』
伊藤和夫著、2017年3月(初版1977年2月、改訂版1997年6月)、A5判xii+312頁+別冊66頁、1,600円、研究社。
『特派員直伝 とらべる英会話』
読売新聞国際部 & The Japan News 著、2017年3月、四六判194頁、1,300円、研究社。
 [「序文に代えて」: 貞広貴志. 編集後記: 林路郎. 特派員: 青木佐知子,畔川吉永,有光裕,五十嵐文,井口馨,池田慶太,石黒穣,石田浩之,五十棲忠史,井上陽子,今井隆,上杉洋司,上地洋実,大内佐紀,大木聖馬,小川聡,小関航也,加藤賢治,角谷志保美,風間徹也,久保健一,黒見周平,児玉浩太郎,笹沢教一,貞広貴志,佐藤友紀,田尾茂樹,田原徳容,辻本貴啓,中西賢司,西島太郎,比嘉清太,広瀬英治,本間圭一,丸山修,水野哲也,溝田拓士,三井誠,三室学,宮崎薫,三好益史,向井ゆう子,森太,柳沢亨之,山本貴徳,横堀裕也,吉池亮,吉田健一. イラストレーター: 肱岡礼子]
『[改訂新版]英語で学ぶトヨタ生産方式――エッセンスとフレーズのすべて』
松崎久純著、2017年3月(初版2005年6月)、A5判x+264頁、1,800円、研究社。
『テーマ別 上級で学ぶ日本語(三訂版) 教え方の手引き(教師用マニュアル)』
松田浩志著、2017年3月(初版1995年3月)、B5判x+112頁+CD 1枚、3,800円、研究社。 " 改訂版2006年7月 "

2017年1月
『日本人の9割が間違える英語表現100』(「ちくま新書」1230)
キャサリン・A・クラフト(Kathryn A. Craft)著、里中哲彦編訳、2017年1月、新書判222頁、780円、筑摩書房。

2016年12月
『「東大」英文解釈のすべて』
鬼塚幹彦著、2016年12月、A5判viii+290頁、2,000円、研究社。
『テーマ別 上級で学ぶ日本語[三訂版]』
松田浩志・亀田美保著、2016年12月(初版1994年12月)、B5判x+126頁(音声データ無料ダウンロード)、2,400円、研究社。
『自然な敬語が基本から身につく本』
橋圭子著、2016年12月、四六判viii+166頁、1,400円、研究社。
『ロシア語のメール・手紙の書き方』
大森雅子著、セルゲイ・チローノフ(Sergey Chironov/Сергей Чиронов)校閲、2016年12月、A5判xii+320頁、2,800円、研究社。

2016年11月
『はじめての TEAP 対策問題集』
デイビッド・セイン(David A. Thayne)、斎藤裕紀恵著、2016年11月、A5判284頁+「別冊問題」116頁(音声データ無料ダウンロード)、2,300円、研究社。





編集部よりお知らせ 一覧
▲情報掲載について
 
 
 

編集部よりお知らせ

▲ 情報掲載について
『Web 英語青年』は2013年3月号をもちまして休刊となりましたが、教員公募、学会・研究会等の告知に関しましては、ご提供いただいた情報を弊社サイトの掲示板に今後も掲載して参ります。引き続きご利用いただけますと幸いでございます。
 以下の要領で情報を募集しています。
英文学・英語学関連の学会の催し、英語教員公募。
催しの予告、教員公募には必ず「問合先」を明記してください。
* いずれも、Eメール での応募も受け付けています。テキスト形式の場合はイタリックの個所を _Hamlet_ のように入力し、文書ファイルを添付する場合は テキスト(TXT)/Word/RTF のいずれかのファイルでお送りください。Eメール の Subject 欄は、「公募情報」「学会情報」などと明記してください。
--宛先--
〒102-8152
東京都千代田区富士見 2-11-3
株式会社 研究社
『英語青年』編集部
seinen@kenkyusha.co.jp


関連書籍
英語・英文学リンク
  • 研究社   研究社

▲ページトップに戻る