書籍検索

近刊情報

2018年10月以降の新刊予定

2018年10月の新刊

2018年10月の新刊

ようこそ、四字熟語の新たな世界へ!

円満字二郎〔著〕
四字熟語ときあかし辞典

四六判 並製 520頁/定価2,376円(本体 2,200円+税)
ISBN 978-4-7674-5021-6 C0581

2018年10月18日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 使用する四字熟語がピタリとはまれば、文章ががぜん生き生きとしてきます。
 本書では、実際の文章表現に役立つ1106語を精選し、読みもの風にわかりやすく解説。四字熟語を理解するうえで欠かせない用例を、主に日常的な文章から示し、基本的な用法から発展的な使い方まで、できるだけ多く掲載。さらに、類義の四字熟語との使い方の違いをていねいに説明。従来の四字熟語辞典にはない、実用性の高さと、読み物としてのおもしろさを兼ね備えた辞典です。
特 色
①それぞれの四字熟語の「重要度」「実用性」「格調」を、見出しの下に三段階で表示
 (☆印最大三つのレベル分け)

 ◆「重要度」――主に試験問題やクイズなどでよく出題されるかどうかを基準に、
   現代日本語の知識としての重要度を示したもの。
 ◆「実用性」――主に実際の文章での使用頻度の高さを基準にして、使い勝手のよさを表したもの。
 ◆「格調」――主に古くから使われてきた由緒正しい表現かどうかを示したもの。

②理解を助けるキャッチフレーズのような小見出し
 〈例〉「イケメンのスポーツマン!」→ 〈英姿颯爽〉
    「かめばかむほど味が出る!」→ 〈玩味熟読〉

③四字熟語の基本的な意味から発展的な用法まで、ていねいに説明
 漢字1文字ずつに立ち返った基本的な意味や、熟語としての比喩的な意味、
 近年に見られるような発展的な使い方を詳しく解説しています。

④実践的な理解に役立つ豊富な用例
 1項目につき、複数の用例文を提示し、できるだけ多くの用例を掲載しました。
 〈例〉〈一騎当千〉――"人並み外れて戦いに強いようす"
     「うちのチームは一騎当千のつわものぞろいだから、負けるはずがない」(基本的な用法)
     「彼は牛乳の早飲み競争で、一騎当千の活躍ぶりを見せつけた」(ユーモラスな使い方)

⑤充実した類義語の解説
 〈例〉“努力する”ことを意味する〈一生懸命〉〈刻苦勉励〉〈粉骨砕身〉〈不惜身命〉の明確な、
 または微妙なニュアンスの違いなど。

⑥知的好奇心に応える、由来の説明
 四字熟語の由来となった物語の内容や元になったことばの意味、その背景にあった出来事などを、
 詳しく説明しています。

⑦約200のキーワードによる、便利で役立つ分類索引
 実際の文章表現で使う際に役に立つという観点から、使用場面や文脈に基づく懇切丁寧な索引を
 完備しています。
著者紹介
円満字 二郎(えんまんじ じろう) 1967年、兵庫県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務し、高校国語教科書や漢和辞典などの編集を17年近く担当する。現在は、フリーの編集者兼ライターとして活動中。著書に、『漢和辞典に訊け!』(ちくま新書)、『太宰治の四字熟語辞典』(三省堂)、『数になりたかった皇帝――漢字と数の物語』(岩波書店)、『漢字なりたち図鑑――形から起源・由来を読み解く』(誠文堂新光社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『漢字ときあかし辞典』『部首ときあかし辞典』『漢字の使い分けときあかし辞典』(研究社)など多数。

先人たちの知恵に学ぶ

森山 進〔著〕
人生を豊かにする 英語の諺

四六判 並製 172頁/定価1,296円(本体1,200円+税)
ISBN 978-4-327-45287-2 C0082

2018年10月18日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 好評を博している『人生を豊かにする 英語の名言』の第2弾。著者は「欧州の首都」ブリュッセル在住のビジネスパーソン。「スティーブ・モリヤマ」の筆名でも著書多数。英国勅許会計士およびベルギー王国公認税理士の資格を持つ。本書は、諺に和訳を付けて並べただけの「英語の諺」集ではない。欧州で長年活躍する日本人ビジネスパーソンの「複眼」から紡ぎ出される、独自の解釈がたっぷり詰まったスーパーエッセイ集。話題は政治・経済・社会にとどまらない。吃驚仰天の玉手箱。諺に絡めた摩訶不思議な「ショートショート」4篇も収録。
目 次
第1章 あの頃の思い出が蘇ってくるあの諺
 (例)There is no royal road to learning.

第2章 日本経済を諺で俯瞰してみよう
 (例)Too many cooks spoil the broth.

第3章 こんな諺あったっけ?
 (例)Two wrongs don't make a right.

第4章 日本の諺、世界の諺
 (例)A clever hawk hides its claws.

索引(英文&和文)


(帯の推薦文より)
◆この本を推薦します◆
著者は華僑ならぬ、江戸っ子で「和僑」というスティーブ・モリヤマこと森山進。80か国を300回余にわたって遍歴した、ベルギー在住の英国勅許会計士である。本書は、日本人離れした語学力を駆使して日英米中露の諺を比較し、古今東西の知のエッセンスを紹介する〈人生指南書〉となっている。
――久保利英明(日比谷パーク法律事務所創業者・代表弁護士)

著者紹介
森山 進(スティーブ・モリヤマ) ベルギー王国ブリュッセル在住。慶應義塾大学経済学部卒業。ケンブリッジ大学およびカトリック・ルーベン大学院修士課程修了。ハーバード・ビジネススクールTGMP。英国勅許会計士(イングランド・ウェールズ勅許会計士協会上席会員FCA)。ベルギー王国公認税理士。著書は『人生を豊かにする 英語の名言』『イギリス英語は落とし穴だらけ』(ともに研究社)など多数。現在、『クーリエ・ジャポン』(講談社)にて異文化比較論のエッセイ(「ここがおかしい『ニッポン神話』」)を好評連載中。

重要な言葉の自然な組み合わせを覚えよう! 英語・中国語・韓国語訳付き

姫野昌子〔監〕 山口久代・竹沢美樹・崔 美貴〔著〕
日本語能力検定試験 N1・N2 対策に役立つ
コロケーションが身につく 日本語表現練習帳 [第2版]

B5判 並製 160頁/定価1,620円(本体1,500円+税)
ISBN 978-4-327-38480-7 C0081

2018年10月18日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 日本語能力試験N1・N2レベルによく出る表現が、コロケーション(名詞+名詞・形容詞・動詞の組み合わせ)の形で効率よく学べる。各トピックごとに、漢字語彙、関連語、コロケーション、形の確認問題、ミニノート、という構成でまとめた。計1253のコロケーションと、約1万語の語彙を収録。コロケーションには英語・中国語・韓国語訳が付き、総ルビなので独習用にも使いやすい。巻末には総合問題と索引を掲載。第2版では、一部のコロケーションや語彙、問題について、時代に合わせて見直しを行った。
目 次
1.衣・食・住(ファッション/食べ物・飲み物/家事/家・住まい…)
2.人生・娯楽(行事/コミュニケーション/事件/仕事/趣味…)
3.文化・国家(宗教/言葉/習慣/歴史/政治/軍事・外交/経済…)
4.制度・流通(法律/手続き/医療・福祉/教育/交通/お金…)
5.芸術・学問(音楽・美術・演劇/文芸・出版/数学/研究…)
6.人・心・体(性格/感情/意欲・苦悩/思考/能力/感覚/体…)
7.自然・科学(動植物・微生物/地勢/気象・災害/宇宙・環境…)
8.基本的概念(時/場所・範囲・方向/数量・程度・頻度/場面…)

著者紹介
姫野昌子(ひめの・まさこ) 東京外国語大学名誉教授。著書に『研究社 日本語コロケーション辞典』
山口久代(やまぐち・ひさよ) ヒューマンアカデミー日本語学校講師
竹沢美樹(たけざわ・みき) 武蔵野女子学院中学高等学校、いいだばし日本語学院講師
崔 美貴(ちぇ・みき) 現代言語学院、いいだばし日本語学院講師

2018年11月以降の新刊

文法(文の骨組み[フレームワーク])とイメージ(語の核心[ハート])を組み合わせて、読めて使える英語を学ぶ指針に!

赤須 薫〔編〕 大西泰斗、ポール・マクベイ〔「語のイメージ」監修〕
コンパスローズ英和辞典
Compass Rose English-Japanese Dictionary

[並装]B6判 2,288頁/定価3,780円(本体3,500円+税)
ISBN 978-4-7674-1532-1 C7582

2018年11月19日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


[革装]B6判 2,288頁/定価6,804円(本体6,300円+税)
ISBN 978-4-7674-1533-8 C7582

2018年11月19日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
文法(文の骨組み[フレームワーク])とイメージ(語の核心[ハート])をガッチリ組み合わせて、
実践力をつける英語学習を可能にします!
大学入試の新しい流れを見すえた編集で、収録項目10万5千。


※「コンパスローズ」とは、地図や羅針盤の文字盤の中で方角を記した図案のことです。
 英語の大海に乗り出して迷わないための指針となる辞書を目指しています。

《パンフレットをこちらからご覧になれます》
《パンフレット各ページはこちらからご覧になれます》
特 色
●収録項目10万5千
 新語・新語義・時事用語を豊富に収録した、上級の学習辞典。
 
●語のイメージ+語義インデックス
 最重要語では「語のイメージ」の広がりを示して、多義語の意味の関連をわかりやすく表示。
 基本となる「コアイメージ」と、拡張された「派生イメージ」を関連づけて、単語をひとつながりの
 まとまったイメージで把握できるよう工夫した。
 単語の核心をネイティブのように感覚的に捉えて、読解だけでなく、書くこと、話すことにも応用が
 きくような理解に導く。
 
●語義のマッピング
 語源も考慮に入れて、複数の意味のつながり方をマッピング。語の全体像を一望できるようにした。
 
●語根で覚えよう
 語彙を増やすためには、語の成り立ちを知るのが近道。共通の語根を把握することで、複数の単語を
 まとめて記憶できる。
 
●語法
 特に電球マークを付けた「語法」欄は、文法的理解とともに感覚的理解の仕方を説明。
 
●構文
 大学入試に役立つような重要な構文について、そのパターンをとる動詞や形容詞、名詞をまとめて表示。
 
●コロケーション
 使用頻度が高く、英語らしいコロケーションをまとめて紹介。
 
●会話に役立つ例文
 会話や作文に使える例文を多数収録。
 
●ポライトネス
 コミュニケーションの鍵となるポライトネス(敬語などの使い方)を豊富な用例とともに解説。
 
●日英比較
 発想・ニュアンスが日本語と違うために間違いやすい点に注目。
 
●「類義語」の解説も充実。

●TOEIC®テスト頻出の約2000語句を3段階に分けて明示。

●巻末に「イメージ」の新しい視点も取り入れた文法解説を収録。

言語類型論を理解するための名著の翻訳がついに完成

R.M.W.ディクソン〔著〕 柳沢民雄・石田修一〔訳〕
能格性
ERGATIVITY

A5判 並製 350頁/予価5,400円(本体5,000円+税)
ISBN 978-4-327-40171-9 C3080

2018年11月19日発売予定

内容紹介
 オーストラリアやアマゾンなどにおける未知言語の記述文法を次々と発表して世界的に評価の高いディクソン教授の代表作『Ergativity』の待望の翻訳がついに完成。21世紀の言語研究の柱の1つである言語類型論を理解するための格好の入門書としても読める。それまで馴染みのない現象とされていた能格(ergative)を網羅的にまとめ上げた、英語学・言語学・日本語学専攻の大学院生や研究者など、「言語類型論とは何か」を理解したい人に幅広く読んでほしい良書である。
目 次
1.入門
2.統語法に基づいた標示と意味に基づいた標示
3.節内能格性あるいは形態的能格性
4.分裂組織のタイプ
5.「主語」のカテゴリー
6.節際能格性あるいは統語的能格性
7.言語変化
8.能格性の理論的根拠
補遺:理論モデルの注解


《詳しい目次はこちらから》
著者紹介
R.M.W.ディクソン(R.M.W.Dixon) 1939年イギリス生まれ、ロンドン大学にてPhD.を取得。前オーストラリア国立大学教授、現在、ジェームズ・クック大学教授。専攻はオーストラリア原住民語、言語類型論。主要著書に『The Dyirbal language of North Queensland』『A grammar of Yidin』(Cambridge University Press)、『Basic linguistic theory(Volume 1:Methodology/Volume 2:Grammatical Topics)』(Oxford University Press)ほか多数。

「テンス」と「アスペクト」の観点から「時」を表す英語表現を分析

内田聖二・八木克正・安井 泉〔編〕 吉良文孝〔著〕
〈シリーズ 英文法を解き明かす――現代英語の文法と語法〉
5.ことばを彩る1 テンス・アスペクト

A5判 並製(予)300頁/予価3,024円(本体2,800円+税)
ISBN 978-4-327-23805-6 C3382

2018年11月19日発売予定

内容紹介
 単純現在時制とモダリティ、過去時制の意味特徴、未来を表す表現、進行相とアスペクト特性、完了相と現在完了形など、「時」(Time)を表す英語表現の意味と用法を豊富な用例を挙げて詳しく分析し、「時制」(Tense)と「相」(Aspect)が表現にどのようなニュアンスの差をもたらすかを考察する。
目 次
第1部 テンス(Tense)
 第1章 時と時制と相
 第2章 単純現在時制の意味機能
 第3章 過去時制の意味機能
 第4章 英語未来表現

第2部 アスペクト(Aspect)
 第5章 進行相
 第6章 完了相

《詳しい目次はこちらから》
著者紹介
吉良文孝(きら ふみたか) 日本大学文理学部教授。著書:『ことばの意味と使用―日英語のダイナミズム』(分担執筆、鳳書房)、『ひつじ意味論講座4 モダリティ供Щ例研究』(分担執筆、ひつじ書房)、『21世紀英語研究の諸相―言語と文化からの視点』(分担執筆、開拓社)ほか。


▲ページトップに戻る