書籍検索

近刊情報

2016年6月以降の新刊予定

2016年6月の新刊

NHK「テレビで中国語」に出演中!
段文凝さんの中国語エッセイを読んで学ぼう

段 文凝・江 正殷〔著〕
中国語で読む 我的(わたしの )ニッポン再発見!

A5判 並製 188頁 音声無料ダウンロード/定価1,944円(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-327-39435-6 C0087

2016年6月20日発売
 >>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 テレビ講座で活躍中の段文凝さんのエッセイを日中対訳で読むリーディング教材です。「日本の高校の制服はうらやましい! 」「天津飯って何?」「どうして結婚式なのに黒い服を着るの?」「ラーメン+ライス+餃子のセットにびっくり! 」「風邪を引いたら喉にネギ?」など、段さんが日本で生活する中で感じた驚きや日々の発見を、中国語で読んでみましょう。四季折々のエッセイに、語彙や文法の解説、練習問題、コラムを付けました。中国語の総合力を伸ばしながら、日中の文化・習慣の違いや、中国から日本に伝わった風習の由来が学べます。
 全ページカラー&写真も随所に掲載して、楽しく学習できるよう工夫しました。段さんの朗読音声はHPから無料でダウンロード。
 ※各課の本文は、「毎日小学生新聞」の連載「どこがちがうの? 中国と日本」(2013年4月〜2014年3月)を中国語に訳し、加筆・修正したものです。

目 次
第1課 清明節って知ってますか?
第2課 お花見シーズン
第3課 高校の制服はいいですね
第4課 天津には天津飯はありません
第5課 誕生日の星座は?
第6課 こどもの日はいつ?
第7課 好きな中華料理は何ですか?
第8課 車の方向
第9課 ラーメン大好き!
第10課 動物園は好きですか?
第11課 ジューンブライド
第12課 ゴミの分別
第13課 富士山
第14課 カラオケ
第15課 ロマンチックな七夕
第16課 昆虫採集
第17課 スイカには何が合う?
第18課 花火大会
第19課 占いを信じますか?
第20課 縁起がいい数字
第21課 食事の挨拶
第22課 中秋の名月
第23課 天津名物・包子!
第24課 バーゲン
第25課 タクシーが安い
第26課 買い物は「かけあい」で
第27課 鍋が食べたい〜
第28課 紅葉がきれい!
第29課 風邪を引いたよ〜
第30課 もし兄弟がいたら…
第31課 クリスマス
第32課 今年は申年です
第33課 「大人」はいつから?
第34課 入学試験
第35課 節分は楽しんだかな?
第36課 中国のお正月は2回!
第37課 バレンタインデーですね
第38課 ひな祭り
第39課 花粉症ですか?
第40課 卒業したよ!

著者紹介
段 文凝 (だん ぶんぎょう) 中国・天津市出身。2009年5月来日。同年まで天津テレビ局に所属。2014年早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース修了。同大学国際部中国語教育コーディネーター。2011年よりNHK Eテレ『テレビで 中国語』レギュラー出演。著書に、『段ちゃんと! はじめての中国語』(日本文芸社)、『日本が好き!』(PHP研究所)、『マンガでわかる リアル中国人』(共著、主婦と生活社)、『「菜根譚」が教えてくれた 一度きりの人生をまっとうするコツ100』(マガジンハウス)などがある。

江 正殷 (こう せいいん) 台湾出身。1990年来日。早稲田大学留学センター准教授などを経て、2012年より国際部東アジア部門長として、大学の国際交流業務に携わっている。著書に、『日本外交研究與中日關係―海内外華人學者的視角』(共著、台湾五南出版社)、『中国語を学ぶ10の扉』(監修、早稲田大学出版部)などがある。

若林先生、今の英語教育は大丈夫ですか?

若林俊輔〔著〕 小菅和也・小菅敦子・手島良・河村和也・若有保彦〔編〕
英語は「教わったように教えるな」

A5判 並製 318頁/定価2,700円(本体2,500円+税)
ISBN 978-4-327-41093-3 C3082

2016年6月20日発売
 >>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 若林俊輔が生きていたら、今の英語教育にどんなことを言っただろう?――誰よりもラディカルに、誰よりも熱く英語教育について語ることを好んだ故・若林俊輔(東京外国語大学名誉教授、1931-2002)。単行本未収録の雑誌記事を中心に氏が遺した膨大な数の論考から、混迷する現在の英語教育を考えるうえで補助線となると思われる記事を独自にピックアップし一冊にまとめた。「常識」と「俗説」と「流行」に挑戦する「若林流」論争的英語科教育法!

目 次
序文――今なぜ若林俊輔なのか
第1章 いっとう りょうだん
第2章 つまずく生徒とともに
第3章 英語授業学の視点
第4章 ことばの教科書を求めて
第5章 英語教育の歩み
第6章 英語教育にロマンを
付 章 英語の素朴な疑問に答える

《詳しい目次はこちら》

著者紹介
若林俊輔 (わかばやし しゅんすけ) (1931-2002) 日本を代表する英語教育学者として活躍。元・東京外国語大名誉教授。検定英語教科書、辞書、英語教材などの編集・著作、三省堂『英語教育ジャーナル』編集主幹、NHK「基礎英語」の作成に関わった。英語教育の常識を疑う論争的な文章や講演スタイルで知られ、英語週3反対運動の中心的存在ともなった。著書に『英語の文字』『これからの英語教師』『英語の素朴な疑問に答える36章』『無責任なテストが「落ちこぼれ」を作る』など。

ふだんの授業を、意見交換の場にしよう!

三浦 孝・亘理陽一・山本孝次・柳田 綾〔編著〕
高校英語授業を知的にしたい
内容理解・表面的会話中心の授業を超えて

A5判 並製 332頁/定価3,024円(本体2,800円+税)
ISBN 978-4-327-41094-0 C3082

2016年6月20日発売
 >>>この本のご注文はこちら!

内容紹介
 これから求められる世界に通用する英語力とは、読んだ英文をうのみにすることなく、それをもとにした議論に参加する力ではないか。本書は、ディベートやディスカッションといった形式のみに限定することなく、もっと広範囲にふだんの英語授業の中で、読んだ内容について質問や意見、感想を交わし合う、知的で論理的な英語力養成の指導法と教材を紹介する。高校だけでなく、大学・社会人クラスのグレードアップにも必携の書。

目 次
第I部 総論:知性を育てる英語授業の原則
第1章 英文の内容理解だけに終始する英語授業をどう脱却するか
    ――知性を育てる英語授業の8つの原則 (三浦 孝)

第II部 知性を育てる英語授業の実践編
第2章 グラフィック・オーガナイザーを用いた内容理解活動の実践 (三浦 孝)
第3章 テキストを深く読むクリティカル・リーディングの授業 (伊佐地恒久)
第4章 英語が苦手な学生が2分間スピーチを楽しむようになるまで
    ――自作カルタで伝え合う力と関係性を育てる (永倉由里)
第5章 生徒が身を乗り出してくるタスクで旧来型教科書の限界を超える
    ――心を動かす授業をめざして (柳田 綾)
第6章 思考力育成へ向けた授業実践
    ――エマ・ワトソンのHeForSheスピーチを題材として (山本孝次)
第7章 スティーブ・ジョブズと頂上タスクで批判的思考力を伸ばす (峯島道夫・今井理恵)
第8章 小グループが英語で打ち合わせ、英語でプレゼンテーションできる指導
    ――ネイティブ・スピーカーのグループ活動から学ぶ (加藤和美)

第III部 試作教材『Trinity English Series Book 1』を使った授業実践
第9章 『Trinity English Series Book 1』を使った高専での実践 (種村綾子)
第10章 英語を通してより豊かに生きることにつながる授業 (鈴木章能)

第IV部 大学入試とこれからの英語授業
第11章 これからの大学入試が求める英語力
    ――問題発見・判断・意思決定・解決の力 (亘理陽一)
第12章 現代の大学入試問題はどのような英語力を試そうとしているか
    ――全国33校91種類の入試分析から言えること (関 静乃・亘理陽一)

《詳しい目次はこちら》

著者紹介
三浦 孝 (みうら たかし) 静岡大学名誉教授。著書:『だから英語は教育なんだ』(共著)、『ヒューマンな英語授業がしたい!』(共著)、『英語授業への人間形成的アプローチ』(いずれも研究社)など。

亘理陽一 (わたり よういち) 静岡大学教育学部准教授。著書:『学習英文法を見直したい』(共著、研究社)、『協同学習を取り入れた英語授業のすすめ』(共著、大修館書店)、『英語教師はたのしい 』(共著、ひつじ書房)など。

山本孝次 (やまもと こうじ)
愛知県立刈谷北高等学校教諭。

柳田 綾 (やなぎだ あや)
愛知県立阿久比高等学校教諭。『フォーカス・オン・フォームでできる!新しい英文法指導アイデアワーク(高校)』、『ワーク&評価表ですぐに使える!英語授業を変えるパフォーマンス・テスト(高校)』(いずれも明治図書)の執筆者の一人。


2016年7月の以降新刊

「言いたいこと」に届く表現集

新崎隆子・石黒弓美子〔著〕
英語で雑談できるようになる生活フレーズ集

四六判 並製 210頁/定価1,728円(本体1,600円+税)
ISBN 978-4-327-44111-1 C1082

2016年7月21日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

 
内容紹介
 会話の決まり文句は覚えた。初対面の外国人がよく聞いてくる質問にもスラスラ対応できる。仕事上、よく出てくる話題はカバーした。それでも自分の「言いたいこと」に届かない……そんなお悩みはこの本にお任せください!「子どもが勉強もせずクラブ活動ばかり熱心」「ドリンクバーを頼んで何時間もねばる」「過労死しちゃいそう!」など、日本人が本当は一番伝えたい、身の回りの生活上の感慨や、仕事や人間関係にまつわるお悩みを「自分のこととして」表現するための英文が満載です。そのまま使える短文形式。

目 次
Chapter 1 日常生活を送る Everyday Life
1. 起きる・寝る
2. 身だしなみを整える
3. 食事をとる
4. 洗濯する
5. 掃除をする
6. 家計を管理する
7. 家庭生活を送る
8. 子育てする
9. 健康を管理する
10. 住む
11. 災害に備える
12. 動物や植物の世話をする
13. 人と付き合う
14. 冠婚葬祭
15. 行事やイベントを楽しむ
16. 日本の四季、天候について話す

Chapter 2 働く Working
1. 仕事を志望する
2. 就職活動をする
3. 自分の仕事について話す
4. 職場について話す
5. 転職する
6. 退職する
7. 労働条件・福利厚生を調べる
8. 昇給する
9. 出世する
10. 通勤する
11. 接待する

Chapter 3 自分の時間を過ごす Spending time
1. 外食をする
2. ショッピングをする
3. 出かける
4. 趣味を楽しむ
5. 勉強する
6. 情報を収集する
7. 社会活動をする
8. スポーツを楽しむ

Chapter 4 自己紹介をする Self-introduction

《詳しい目次はこちら》

著者紹介
新崎隆子 (しんざき りゅうこ)・石黒弓美子 (いしぐろ ゆみこ)
ともに放送・会議通訳者で、通訳講座での講師としても活躍している。共著に『英語スピーキング・クリニック』『最強の英語リスニング・実戦ドリル』、新崎氏の単著に『これなら通じる! 旅の英会話』、また通訳仲間4人による共著に『英語リスニング・クリニック』、『英語リスニング・クリニック初診者コース』がある。

英語とユーモアのセンスを磨く

大島希巳江〔著〕
笑える 英語のジョーク百連発!

四六判 並製 170頁/定価1,404円(本体1,300円+税)
ISBN 978-4-327-45276-6 C0082

2016年7月21日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

 
内容紹介
 巷の英語ジョーク集などには、言葉や文化の壁もあり、日本人には「笑えない」(分からない)ジョークが多いものです。本書は、英語落語家でもある著者が、英語落語の「マクラ」で話して実際に大ウケだったジョークばかりを集めました。著者はオリジナルのジョークをうまくアレンジして日本人にも分かりやすいジョークに仕立て直しています。辞書ナシでどんどん読んでゲラゲラ笑ってください(確認のための「和訳」も付けました)。覚えてスピーチやプレゼンでも使える、(必ず)笑えるジョークが百連発です。笑いながら「英語力」もしっかり養ってください。なお、本書は読売新聞社の英字紙 The Japan News の連載コラム(No Laughing Matter)をまとめ、加筆・修正したものです。

目 次
01) 笑う女と笑わせる男
02) 時代を表わすジョーク
03) 笑いの甲冑で身を守る
04) 聴衆を味方につけるユーモア
05) おやじギャグにも価値あり
06) ビジネスに有効なユーモア
07) 難題を解決するユーモア力
08) パターン化された英語のジョーク
09) ハワイの平和共存を保つ多民族ジョーク
10) 自嘲ユーモアの効能
11) ユーモアの定義
12) 日本人にはユーモアのセンスがない!?
13) 世界で一番面白いジョーク
14) 新しい季節の新入りジョーク
15) 女性にまつわるジョーク
16) 男性にまつわるジョーク
17) 永遠で普遍のテーマ――死のユーモア
18) いつだって許される「泥棒ジョーク」
19) 専門職のジョーク
20) 子供は無意識に大人を笑わせる天才
21) 世界の英語と方言
22) 最もポピュラーなテーマ
23) ケチはやっぱりウケる
24) 笑う門には福来る
25) 世界最強、おばちゃんジョーク
26) 卒業&就職
27) 花見と酔っぱらい
28) 旅はいつだって笑いのネタ
29) 6月は幸せな結婚ができる!?
30) 親子や兄弟にまつわるジョーク
31) 世界一多い「ユダヤ・ジョーク」
32) テストにまつわるジョーク
33) 田舎者のジョーク
34) 航空機ジョーク
35) スポーツに関するジョーク
36) お金を賢く使う技はジョークにあり
37) 話を「盛る」、魚釣りジョーク
38) 達成できそうな今年の抱負は?
39) 試験の季節…賢いのは誰?
40) なぞなぞで、子供も大人も頭の体操

著者紹介
大島希巳江 (おおしま・きみえ) 神奈川大学教授。英語落語家。異文化コミュニケーション、ユーモア学が専門。著書に『日本の笑いと世界のユーモア』(世界思想社)、『英語落語で世界を笑わす!』『英語で小噺!』(ともに研究社)、『やってみよう! 教室で英語落語』(三省堂)などがある。

「文をつなぐ」接続現象の多様で豊穣な世界

内田聖二・八木克正・安井 泉〔編〕 大竹芳夫〔著〕
シリーズ 英文法を解き明かす
談話のことば1 文をつなぐ

A5判 並製 242頁/定価2,484円(本体2,300円+税)
ISBN 978-4-327-23803-2 C3382

2016年7月21日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

 
内容紹介
 「文をつなぐ」接続表現と構文の特性を、小説、新聞、映画の台詞等の生きたデータの丹念な観察と実証的な分析を通して明らかにする。話し手の心を映し出す接続表現や、情報の関連づけや橋渡しをする接続表現、聞き手の理解に負担をかけないための接続表現はもちろんのこと、「文をつながない」、すなわち発話を終結する表現をも取り上げた。英語話者の発想とものの捉え方を接続現象から解き明かす!

目 次
はしがき
第1章 文をつなぐ
第2章 文をつながない
第3章 話し手の心を映し出して文をつなぐ
第4章 聞き手の理解に負担をかけずに文をつなぐ
第5章 場面や文脈情報と関連づけて文をつなぐ
第6章 情報の橋渡しをして文をつなぐ
第7章 結語 ― 英語ということばをあらためて見つめ直す ―
参考文献

《詳しい目次はこちら》

著者紹介
大竹芳夫 (おおたけ よしお) 1965年新潟市生まれ。筑波大学第一学群人文学類卒業。筑波大学大学院教育研究科教科教育専攻英語教育コース修了。教育学修士。博士(応用言語学)。文部科学省在外研究員(米国ハーバード大学言語学科客員研究員)等を経て、現在、新潟大学教授(教育研究院人文社会・教育科学系)。"Semantics and Functions of the It is that-Construction and the Japanese No da-Construction." (MIT Working Papers in Linguistics. 43. 米国マサチューセッツ工科大学, 2002), 『「の(だ)」に対応する英語の構文』(くろしお出版, 2009)など論著多数。

これから音声学を学ぶ人のためのわかりやすい入門書

加藤重広・安藤智子〔著〕
基礎から学ぶ 音声学講義

A5判 並製 272頁 音声ダウンロード/定価2,916円(本体2,700円+税)
ISBN 978-4-327-37743-4 C1080

2016年7月21日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

 
内容紹介
 国際音声記号(IPA)からイントネーションまで音声学の知識が広く身につきます。日本語学や外国語学などの言語研究者、日本語教師や英語教師など語学教育関係者、言語聴覚士、音声認識などのIT分野で働く人たちなど、音声知識を活用する立場にある人が最初に取り組むテキストに最適です。多くの学習者になじみのある例を採用、図版を多用して実践的な解説を展開します。

目 次
本書を使った学習法について
国際音声記号
第1章 音声学とは何か
第2章 調音器官と発声のしくみ
第3章 破裂音(1)
第4章 破裂音(2)
第5章 摩擦音(1)
第6章 摩擦音(2)
第7章 破擦音
第8章 鼻 音
第9章 流 音
第10章 接近音
第11章 非肺気流子音
第12章 母音の性質と基本母音
第13章 さまざまな母音
第14章 母音の体系と変異
第15章 拍と音節
第16章 さまざまな超分節要素と強調
第17章 アクセントの類型
第18章 日本語のアクセント(1)
第19章 日本語のアクセント(2)
第20章 イントネーションの性質
第21章 言語音の音響学的性質
第22章 音声の知覚
第23章 音声教育と発音指導
第24章 音声の変化とバリエーション
参考文献
索引

著者紹介
加藤重広 (かとう・しげひろ) 北海道大学教授。専門は言語学、日本語学、語用論など。

安藤智子 (あんどう・ともこ) 富山大学准教授。専門は音声学、音韻論。

アクティブ・リーディングのすすめ

伊東治己〔著〕
インタラクティブな英語リーディングの指導

A5判 並製 208頁/定価2,160円(本体2,000円+税)
ISBN 978-4-327-41095-7 C3082

2016年7月21日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

 
内容紹介
 「英語の授業は英語で」が叫ばれ、トップダウン型のリーディングや和訳先渡し授業がもてはやされる一方で、「英語が正確に読めない」生徒はいっこうに減っていない。現在の指導の問題点を「インタラクション」という言葉をキーワードにして見つめ直し、英語リーディング指導を改善していく方向性を探る。なりきり音読、発問の工夫、和訳の効果的な使い方、世界とのインタラクションの第一歩としての英字新聞の利用など、身近なところから実践できる指導を提案する。

目 次
序章
1.正確な英語リーディングを阻害している要因
2.効果的な英語リーディング指導にむけて

第1章 学習者内でのインタラクション
1.L2リーディング観の変遷
2.L2リーディングとはどんな技能か
3.L2リーディング指導の方向性
4.まとめ

第2章 テキスト内でのインタラクション
1.文構造と談話構造
2.文レベルでのインタラクション
3.談話レベルでのインタラクション
4.まとめ

第3章 教室内でのインタラクション
1.音読を媒介とした他技能とのインタラクション
2.発問を媒介とした教材・学習者・教師間のインタラクション
3.和訳を媒介とした英語と日本語のインタラクション
4.英字新聞記事を媒介とした世界とのインタラクション
5.まとめ

終章
1.リーディングの再評価
2.リーディング能力改善の必要性
3.リーディング能力改善の方向性

著者紹介
伊東治己 (いとう はるみ) 現在、関西外国語大学教授。全国英語教育学会副会長。著書に、『アウトプット重視の英語授業』(2008)、『コミュニケーションのための4技能の指導』(1999)、『カナダのバイリンガル教育』(1997)、『フィンランドの小学校英語教育』(2014)など。

英語教育研究を始める人のための入門書

浦野 研・亘理陽一・田中武夫・藤田卓郎・睫攬ヾ子・酒井英樹〔著〕
はじめての英語教育研究
押さえておきたいコツとポイント

A5判 並製 230頁/定価2,592円(本体2,400円+税)
ISBN 978-4-327-42197-7 C3082

2016年7月21日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

 
内容紹介
 英語教育の分野で研究を始めたいと考えている人のための入門書です。研究は基本的に、「研究テーマを決める」「先行研究を探す」「研究課題を絞る」「データを収集する」「データを分析する」「成果を発表する」という一連のプロセスから成りますが、本書はその各段階について、具体例を挙げながら分かりやすく解説しています。英語教育研究について、基礎から体系的に学びたいと考えている大学生・院生や英語教員などに最適です。

目 次
第1章 研究とは何か
第2章 研究テーマの決め方
第3章 先行研究の探し方
第4章 研究課題とデータ
第5章 質的研究の進め方
第6章 量的研究の進め方
第7章 研究成果の公表方法

著者紹介
浦野研 (うらの けん) 北海学園大学経営学部教授。著書に『英語が使える日本人の育成』(三省堂)がある。

亘理陽一 (わたり よういち) 静岡大学教育学部准教授。著書に『学習英文法を見直したい』(研究社)がある。

田中武夫 (たなか たけお) 山梨大学大学院総合研究部教授。著書に『英語教師のための文法指導デザイン』(大修館)がある。

藤田卓郎 (ふじた たくろう) 福井工業高等専門学校講師。著書に『意見・考え重視の視点からの英語授業改革』(東京書籍)がある。

高木亜希子 (たかぎ あきこ) 青山学院大学教育人間科学部准教授。著書に『新しい時代の英語科教育の基礎と実践』(三修社)がある。

酒井英樹 (さかい ひでき) 信州大学学術研究院教育学系教授。著書に『小学校外国語活動 基本の「き」』(大修館)がある。

オーセンティックな題材で学術英語の扉を開く

九州大学大学院言語文化研究院 学術英語テキスト編集委員会〔著〕
Authentic Reader
A Gateway to Academic English

B5判 並製 150頁 音声ダウンロード/定価2,160円(本体2,000円+税)
ISBN 978-4-327-42196-0 C1082

2016年7月21日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!

 
内容紹介
 各専門分野の英文を活用したさまざまな言語活動を行うことで、英語力を総合的に高めることができる学術英語読解・聴解の入門テキスト。リーディングセクションは経済学・生物学・国際政治・工学・言語学・環境・遺伝学・ジェンダー・宇宙物理・文学など、12の専門分野からオーセンティックな素材を選定。リスニングセクションは各分野のテーマに沿った講義形式になっている。

〔大学テキスト 「Teacher's Manual」「教授用資料」「解答」等の別冊はご採用いただいた先生方専用です〕

目 次
LESSON 1: Paper Books or E-books
LESSON 2: Pursuit of Happiness in Economics
LESSON 3: What Is Natural Selection?
LESSON 4: Power in World Politics
LESSON 5: Intelligent Transportation Systems
LESSON 6: Language and Thought
LESSON 7: Silent Spring
LESSON 8: The U.S. Civil Rights Movement
LESSON 9: Human Genes
LESSON 10: Women’s Rights Are Human Rights
LESSON 11: Black Holes and Astronomical Wonders
LESSON 12: What Is Literature?


▲ページトップに戻る