書籍検索

近刊情報

2021年5月以降の新刊予定

2021年5月の新刊

2021年5月の新刊

絵本翻訳に役立つテクニック満載!

灰島かり〔著〕
〈新装版〉 絵本翻訳教室へようこそ

A5判 並製 192頁/定価2,530円(本体2,300円+税10%)
ISBN 978-4-327-45300-8 C1082

2021年5月24日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
唯一無二の絵本翻訳の教科書が新装版で登場。
本書では、英国の人気絵本作家シャーリー・ヒューズの未訳絵本を用いて、受講スタイルで、翻訳のしかたを学びます。使用する絵本は、幼稚園児の日常に起こる小さな事件を暖かく描いた、Alfie Gives a Hand.訳すうえで重要なポイントのあるページをいくつか抜き出して、絵本翻訳の心構えやテクニックについて、やさしく丁寧に解説。絵本そのものへの理解も深まります。翻訳にまつわるコラムを多数収録。付録としてエッセー4篇などを新たに追加。
目 次
はじめに

Chapter1 はやる気持ちを押さえて、まずはウォーミングアップ
  絵本翻訳教室へようこそ
  まずはウォーミングアップ
  絵本は絵を訳す
  シャーリー・ヒューズについて

Chapter2 離陸するのは、エネルギーが要ります
  まずは絵を見る
  漢字はどのくらい使う?
  ポイントは招待状
  <コラム1> ひらがなと漢字
  <コラム2> ハハハ、笑った

Chapter3 この子は、こういう子どもなんです
  メリハリをきかせる
  古い毛布
  <コラム3> タオルっこの絵本、お誕生会の絵本
  <コラム4> 翻訳で失われるもの

Chapter4 さりげないところって、案外むずかしいもの
  要領よく短めに
  “廊下”はすっきり訳す
  そのセリフだれの?
  <コラム5> あなたの問題

Chapter5 おたんじょう日のプレゼント、反応もいろいろ
  文章が出てきた由来は?
  押してもダメなら、引くこと
  心情をくみとって訳す
  <コラム6> お誕生会事情

Chapter6 最初のクライマックスはしゃぼんだま
  子どもの会話を知る
  擬音語と擬態語
  <コラム7> オノマトペの楽しさ
  <コラム8> 妖しい動きと絵本翻訳

Chapter7 おたんじょう会にはバースディケーキがなくちゃね
  ブンチッチッチ、ブンチッチ
  英文を正しく読む
  <コラム9> 伝統芸能と絵本翻訳

Chapter8 小さな出来事も、子どもたちには大きなドラマ
  つなぎの言葉で、構造を明確に
  辞書は両面から引く
  和風のものを入れる?
  ステレオタイプの方がいいケース
  絵の表情をよむ
  <コラム10> 辞書の使い方

Chapter9 でもいちばんのドラマは、子どもの成長です
  七五調の呪縛
  かわいい言い方
  大きな変化が起こる場所
  <コラム11> 言葉遊びをどう訳すか

Chapter10 手をつないだり転がったり、楽しいクライマックス
  マザーグース
  <コラム12> マザーグース
  <コラム13> マザーグースの翻訳

Chapter11 子どもたちを見守るお母さんの気持ち
  セリフのかげの心理を把握する
  <コラム14> ヘンリー八世はスケバン?

Chapter12 余韻を残して、終わりましょう
  一語一語を大切に
  終わりをどうする
  題を決めて、できあがり
  <コラム15> 名前の翻訳

Chapter13 一冊できあがるって、本当にうれしいこと
  翻訳を終えて、感想と質問
  <コラム16> 翻訳絵本出版への道

<付録>
[エッセイ]
絵本はステキ! 『げんきなマドレーヌ』
絵本はステキ! 『おやすみなさいのほん』
絵本はステキ! 『三びきのやぎのがらがらどん』
翻訳に「正解」はないのです

* * * * * * * * * *

翻訳家としての灰島かり  鈴木 晶

本書で取り上げた作品一覧
初出一覧
著者紹介
灰島 かり (はいじま かり)
1950年生まれ。2016年逝去。絵本や子どもの本の翻訳者、研究者。 国際基督教大学卒業。資生堂「花椿」編集部、広告会社のコピーライターをへて、1994〜95年、英国のサリー大学ローハンプトン大学院で児童文学を専攻。その後、子どもの本の翻訳、研究、創作と幅広く活動する一方で、東京純心大学客員教授、白百合女子大学・日本女子大学講師をつとめた。
著書に、『絵本を深く読む』(玉川大学出版部)、『絵本をひらく――現代絵本の研究』(共編著、人文書院)、『ラブレターを書こう――小学生のための文章レッスン』(玉川大学出版部)など。創作絵本に『あいうえおのえほん』『かんじのえほん』(以上、玉川大学出版部)など。
翻訳に、『猫語の教科書』(ポール・ギャリコ、筑摩書房)、『ケルトの白馬』(ローズマリー・サトクリフ、ほるぷ出版)、『アーサー王の剣』(エロール・ル・カイン作・絵、ほるぷ出版)、『森のなかへ』(アンソニー・ブラウン作・絵、評論社)、『チューリップ・タッチ』(アン・ファイン、評論社)、『メリサンド姫――むてきの算数!』(E. ネズビット、小峰書店)、『靴を売るシンデレラ』(ジョーン・バウアー、小学館)、『おうさまジャックとドラゴン』(ピーター・ベントリー作/ヘレン・オクセンバリー絵、岩崎書店)『ランドルフ・コールデコット―疾走した画家』(レナード・S・マーカス、BL出版)など多数。

日本語を多角的に分析して体系的に紡ぐ野心作

町田 健〔著〕
日本語文法総解説

A5判 並製 532頁/定価4,400円(本体4,000円+税10%)
ISBN 978-4-327-38484-5 C3081

2021年5月24日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
これまでの日本語研究の知見を結集して、日本語文法を多角的に読み解き、網羅的かつ体系的にまとめ上げた日本語文法論の決定版。音韻論、形態論、構造論、意味論などの現代言語学の枠組みに落とし込み、「外国語としての日本語」の見地から多角的に分析して、すべてを一貫した立場から体系的に解説した町田言語学の集大成。これまでにないユニークな視点を備えながら日本語研究の頂点を極めた、現代日本語学を代表する日本語文法論に昇華している。
目 次
第1章 言語としての日本語の特徴
 第1節 音韻
 第2節 形態
 第3節 構造

第2章 形態論
 第1節 語と形態素
 第2節 語・形態素とその分類
 第3節 語形成

第3章 構造論
 第1節 文と語
 第2節 文を構成する単位
 第3節 構造規則
 第4節 構造規則を支配する原理

第4章 意味論
 第1節 文の意味
 第2節 語・形態素の意味
 第3節 名詞の意味
 第4節 動詞の意味
 第5節 形容詞の意味
 第6節 副詞の意味
 第7節 主題
 第8節 複合事態(取り立て)
 第9節 指示詞
 第10節 疑問詞
 第11節 時制とアスペクト
 第12節 態
 第13節 使役
 第14節 モダリティー
 第15節 形態素によって表示されない意味
 第16節 省略
 第17節 句・群と節

参考文献
索引

《詳しい目次はこちらから》

著者紹介
町田 健(まちだ・けん)
名古屋大学名誉教授、久留米大学附設中学校・高等学校校長。専門は言語学。1957年、福岡県生まれ。1979年、東京大学文学部卒業。1986年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。東京大学助手、愛知教育大学、成城大学、北海道大学助教授を経て現職。著書に『日本語のしくみがわかる本』『フランス語文法総解説』『ソシュールのすべて』(研究社)、『言語構造基礎論』(勁草書房)ほか、翻訳書に『新訳・ソシュール一般言語学講義』(研究社)、『イェルムスレウ――ソシュールの最大の後継者』(大修館書店)ほかがある。

最高の素材で一生の財産となる英語を学ぶ
[ご要望に応えて新装版として復刊]

奥井 潔〔著〕
研究社 ナビゲーターシリーズ
〈新装版〉 英文読解のナビゲーター

A5判 並製 200頁+別冊40頁/定価2,200円(本体2,000円+税10%)
ISBN 978-4-327-76493-7 C7082

2021年5月24日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
英文学者として、予備校講師として、長年にわたり生徒の人気を博し続けてきた奥井潔先生による珠玉の1冊。本書の最大の魅力は、入試問題から抜粋しながら、繰り返し読むに耐える、英文学の香り漂う質の高い英文素材ばかりを精選したことにあります。最高の素材を使って展開される奥井先生の解説は、まさに奥井ワールド。ハイレベルながら、勉強していることすら忘れてしまいそうになるほどの魅惑でいっぱい。あなたも本書で一生の宝物になる英語力を身につけてみませんか。
*1997年6月初版。ご要望に応えて新装版として復刊しました。
目 次
1 青年に対する忠告2つ
2 少年時代の思い出
3 友情について
4 世代間の断絶について
5 愛国心と政治家
6 科学上の難問について
7 話す才能と書く才能
8 英詩2題(文学鑑賞)
9 「想像力(イマジネーション)」とは?
10 「独創性(オリジナリティ)」とは?
11 文化の存続の条件
12 快楽について
13 記憶力について
14  「顔」についての考察
15 十人十色
16 競争について
17 義務的な仕事
18 人性研究か(モラリスト)の散文
19 人の玩具についての断想
20 幸福な人とは?
21 大都会、この逆説的なもの
22 小説の一節を読む
23 チャーリー・チャップリン
24 ワークとレーバー(あとがきに代えて)
著者紹介
奥井 潔(おくい きよし)
1924年、台湾生まれ。東洋大学名誉教授。1952年、東京大学文学部英文科卒。1954年から半世紀近くにわたって駿台予備学校で教鞭をとり続けた。伊藤和夫氏を同校に紹介したことでも知られている。2000年に逝去。

▲ページトップに戻る