書籍検索

近刊情報

2021年9月以降の新刊予定

2021年9月の新刊

2021年9月の新刊

生産現場で必要とされるフレーズ・単語集

松崎久純〔著〕
海外人材と働くための
生産現場の英語 エッセンシャル

新書変型判 並製 272頁/定価2,420円(本体2,200円+税10%)
ISBN 978-4-327-44119-7 C2082

2021年9月25日発売
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
外国人が働く工場で、あるいは海外への出張・出向で、企業の生産現場の全工程において必要とされるフレーズ・単語を網羅。現場にも携行しやすい、新書サイズのハンドブック的仕様。索引も充実させて、とっさの時に調べるにも便利。

目 次
第1章 ものづくりの流れに沿った英語表現
第2章 5S で使う英語表現
第3章 トヨタ生産方式で使う英語表現
第4章 頻出する重要キーワードや表現
第5章 生産現場の英会話――よく使う動詞で学ぶ英語表現

著者紹介
松崎久純(まつざき ひさずみ)
1967 年生まれ。企業の海外赴任者や海外拠点の現地社員を対象に、組織マネジメ ント、生産現場指導のできるグローバル人材育成を行う専門家。メーカー勤務等 を経て、現在、サイドマン経営・代表。南カリフォルニア大学東アジア地域研究 学部卒業。名古屋大学大学院経済学研究科修了。
著書に、『英文ビジネスレター&E メールの正しい書き方』 『ものづくり現場の英会話ハンドブック』『[改訂新版]英語で学ぶトヨタ生産方式――エッセンスとフレーズのすべて――』『音読でマスターするトヨタ生産方式(普及版)――英語で話すTPS のエッセンス』(以上、研究社)、『ビジネスエキスパートEnglish イラストで覚える 生産現場の英語 現地スタッフに伝えたいノウハウとルール』(ジャパンタイムズ)、『CD付 もの づくりの英会話 5S と作業現場』『増補改訂版〈CD 付〉 ものづくりの英語表現』(以上、三修社)など多数。

エビデンスに基づく英語教育の可能性と課題

亘理陽一・草薙邦広・寺沢拓敬・浦野 研・工藤洋路・酒井英樹〔著〕
英語教育のエビデンス
これからの英語教育研究のために

A5判 並製 220頁/定価2,750円(本体2,500円+税10%)
ISBN 978-4-327-41105-3 C3082

2021年9月25日発売
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
1990年初頭に広がった「エビデンスに基づく医療」の議論を受け、英語教育の世界においても、「エビデンス」に基づいた英語教育研究の必要性が盛んに言われるようになった。本書では、英語教育研究におけるエビデンス利用の可能性、意義だけでなく、その問題点についても厳しく問い直し、英語教育研究のパラダイムシフトを提案する。2016年出版『はじめての英語教育研究』の続編。英語教育研究者、とりわけ論文査読者必携。

目 次
第1章 英語教育研究の新たな原則――エビデンスについて考える前に
第2章 エビデンスで英語教育は変わるのか――EBPPの基本概念の批判的検討
第3章 英語教育におけるメタ分析の重要性
第4章 メタ分析の調整変数とアウトカムを測る従属変数
第5章 よいエビデンスを得るためのリサーチデザイン――外的妥当性・内的妥当性をいかに向上させるか
第6章 リサーチデザインを問う――スタートラインで考えること
第7章 研究課題を問う――どういう問いを立てるのか
第8章 測定モデルと共通変数を問う――PK-Testを事例に
第9章 これからの英語教育研究のあり方を考えて
補 章 英語教育研究について微妙な話もしよう(座談会)

あの大ベストセラーの進化形

富岡龍明〔著〕
大学入試 基礎からの英作文実践講義

A5判 並製 160頁 音声DL/定価1,320円(本体1,200円+税10%)
ISBN 978-4-327-76494-4 C7082

2021年9月25日発売
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
1988年の出版以来、一度の改訂を経て現在もベストセラーを続ける『英作文実践講義』。その『英作文実践講義』が最新の入試傾向に対応するべく進化しました。最近の出題傾向を踏まえて、多くの受験生が活用できるように著者が心を砕いて書き下ろしています。
入試英作文に対応するために必須の100のポイントを厳選して問題演習と例文暗記を通して実力を引き上げ、自由英作文にまで対応できるようになる、まさに「進化した実践講義」です。基本例文と自由英作文の解答例を吹き込んだ音声もダウンロードで入手できます。

目 次
はしがき
本書の構成と利用法

PART I 基本英作文演習
PART II 演習問題集
PART III 自由英作文演習

索引

著者紹介
富岡龍明(とみおか・たつあき)
1952年福岡生まれ。エディンバラ大学応用言語学科大学院博士課程修了。元鹿児島大学教授。専攻は英語文体論。著書に『大学入試 英作文実践講義』『英作文へのニューアプローチ』『論理思考を鍛える英文ライティング』(以上、研究社)、『モデル英文からのライティング』(金星堂)、共著に『英語のスタイル』(研究社)ほか。

2021年10月以降の新刊

翻訳の基本から実践まで

金原瑞人〔著〕
翻訳エクササイズ

四六判 並製 180頁/定価1,870円(本体1,700円+税10%)
ISBN 978-4-327-45302-2 C1082

2021年10月26日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
古典文学から、エンタテインメント、ノンフィクション、ヤングアダルトまで、様々な分野の翻訳を数多く(600冊弱!)手掛ける名翻訳家が教える超実践的翻訳講座。
翻訳の基本(構文の取り方、注意すべき語句の判断、辞書の引き方、調べ物のコツ)から、実際の翻訳作業(短篇を2篇訳してみる)まで、徹底指導。

《本文見本はこちらから》

目 次
[初級〜中級編]
ひっくり返さない
日本語を読んだだけで誤訳とわかる誤訳
徹底的に調べる
固有名詞という落とし穴
引用というやっかいな問題
英語と日本語の一人称をめぐる冒険
終助詞の話
敬体と常体の狭間で

[実践編]
Bruce Coville, "With His Head Tucked Underneath His Arm"
Angela Johnson, "Starr"
を訳してみよう

著者紹介
金原 瑞人(かねはら みずひと)
1954年岡山市生まれ。法政大学教授・翻訳家。児童書やヤングアダルトむけの作品のほか、一般書、ノンフィクションなど、翻訳書は400点以上。訳書に『豚の死なない日』『青空のむこう』『国のない男』『不思議を売る男』『バーティミアス』『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』『さよならを待つふたりのために』など。エッセイに『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』『翻訳のさじかげん』など。日本の古典の翻案に『雨月物語』『仮名手本忠臣蔵』『怪談牡丹灯籠』。

「本物の英語力」は日本語らしく訳すことで養える

柴田耕太郎〔著〕
翻訳メソッドで身につける 究極の英語力

A5判 並製 164頁/定価1,760円(本体1,600円+税10%)
ISBN 978-4-327-45304-6 C0082

2021年10月26日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
映像翻訳や出版翻訳で活躍するかたわらで、専門学校や大学の翻訳家養成など、翻訳教育に長年携わってきた著者が、自らの教授経験から紡ぎ上げた翻訳教育論のエッセンスをまとめた珠玉の1冊。これまで数多くのプロ翻訳者やプロ英語教師など英語のプロを育て上げ、自ら築き上げた「英語を自然な日本語に訳す」という訓練の効果の高さを身をもって体験してきた著者が、その方法論を「翻訳メソッド」としてコンパクトにまとめ、その具体的な方法論を教材紹介とともにわかりやすく解説する。

目 次
第1章 みんな英語ができない
1 はじめに
2 英語教育の憂鬱
3 本物の英語力とは
コラム1 欠陥翻訳

第2章 「正確に読む」が出発点
1 一字一句にこだわる
2 大ワクをつかむ
3 翻訳は誤魔化せない
4 真の直訳とは
コラム2 弘法も筆の誤り

第3章 英文読解5つのポイント
 1 接続詞
 2 カンマ
 3 記号
 4 掛かり方
 5 日英語の誤差
 コラム3 意味のないvery

第4章 英文精読4つの態度
 1 徹底的にほじくる
 2 徹底的に凝る
 3 徹底的に固める
 4 とりあえず口に出す
 コラム4 翻訳の基準

第5章 英文「正読」5つの訓練
 1 音読しよう
 2 反訳
 3 辞書をこまめに引く
 4 エラー・アナリシス
 5 調査
 コラム5 日本語のアクセント

第6章 英文講読3つの実践
 1 実務的な英文を読む
 2 時事英文を読む
 3 学術的な英文を読む
 コラム6 敬語

第7章 これからやるべきこと
 1 英語は商品だ
 2 動機づけが重要
 3 1日2時間3年たゆまず
 コラム7 求められる高等英語教育

 本書に出てきた主な人名リスト

著者紹介
柴田 耕太郎(しばた こうたろう)
翻訳会社アイディの元代表、獨協大学講師。1949年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部仏文専修卒業。岩波書店嘱託を経て渡仏、演劇を学ぶ。帰国後、翻訳業界へ。演劇・映像・出版・産業の4分野で実績があり、翻訳教育にも力を入れ、これまでに出版翻訳家を40人育てている。著書に『翻訳家になる方法』(青弓社)、『英文翻訳テクニック』(ちくま新書)、『決定版 翻訳力錬成テキストブック』(日外アソシエーツ)、翻訳書に『ロックシンガー 間違いだらけの発声法』(東亜音楽社)、『ブレヒト』(現代書館)、『現代フランス演劇傑作選』(演劇出版社)など多数。

好評発売中の『英語で小噺!』の第2弾!

大島希巳江〔著〕
英語で小噺!2
イングリッシュ・パフォーマンス実践教本

A5判 並製 122頁 音声DL/定価1,650円(本体1,500円+税10%)
ISBN 978-4-327-45303-9 C0082

2021年10月26日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
既刊の『英語で小噺!』の30本にさらにレパートリーを増やせるように、厳選した国内外でウケる小噺30本プラスαを収録しました。もちろん、今回も大島希巳江先生の実際演じる上での的確なアドバイスが付いているので、誰にでもイングリッシュ・パフォーマンスができます。巻末には、ちょっとした小噺を自分で作るためのヒントや、くすっと笑える英語のなぞなぞ、上級編として英語落語の「頭山」を付けました。すべて大島先生の“お手本”がHPからダウンロードできます。

目 次
1. パパだけひいき
2. ジーニーに願いごとを
3. 酔っ払い
4. 罪逃れ
5. 先生はわかってない
6. 太っちゃったかも
7. 健康法
8. 学校きらい
9. 歯医者
10. 古い人間ですから
11. 天国と地獄
12. ウザい叔母さん
13. 最高の家電
14. 新人
15. 子供のけんか
16. ほめ言葉
17. ショック療法
18. 大人になったら/大げさなんだから/将来の夢
19. おじいさんのアップルパイ
20. トラに襲われたら…
21. 長生きしたい
22. 競争相手
23. 三姉妹
24. おばあちゃんの運転
25. おじいさんのお金
26. タイタニックの乗船客
27. 釣り人のプライド
28. お母さん、またね!
29. 砂漠のオアシス
30. クイズ合戦

<付録1>英語でなぞなぞ
<付録2>自分で小噺を作ってみよう
<付録3>英語落語にチャレンジ!「頭山」

著者紹介
大島 希巳江(おおしま きみえ)
神奈川大学国際日本学部国際文化交流学科教授。英語落語プロデューサー&パフォーマー。
主な著書:『自分を印象づける英語術』、『世界を笑わそ!――RAKUGO IN ENGLISH』、『英語落語で世界を笑わす!――シッダウン・コメディにようこそ』(以上、研究社)

日本のシェイクスピア研究の最前線

日本シェイクスピア協会〔編〕
シェイクスピアとの往還
日本シェイクスピア協会創立六〇周年記念論集

四六判 上製 256頁/定価4,180円(本体3,800円+税10%)
ISBN 978-4-327-47237-5 C3098

2021年10月26日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
1961年に創立され、今年で創立60年を迎える日本シェイクスピア協会の最新論文集です。ベテランから若手までの12名の寄稿者を迎え、シェイクスピアを中心とするエリザベス朝演劇や、シェイクスピアの日本での受容や翻案までを論じています。「還暦」を迎えた同協会は、シェイクスピアとの対話と往を長年続けてきましたが、この新しい論集でも、丁寧なテクスト読解を堅持しながら、シェイクスピアとの「往還」の新しいかたちを提案しています。

目 次
[収録論文](執筆者の五十音順)
五十嵐博久   『尺には尺を』における権力とエクイティ
内丸公平    シェイクスピアを教える夏目漱石――「マクベスの幽霊に就て」から「坪内博士と『ハムレット』」へ
河合祥一郎  シェイクスピア初期版本の話者表示(speech-prefix)
川野真樹子  二人の「オフィーリア」――堀正旗『ハムレツト現代に生きなば』(一九三〇)における女性像
佐野鰐錙  .轡Дぅスピアを諷刺する――パルナッソス劇と世紀転換期の諷刺文化
篠崎 実    「嘆かわしい一幕」――『リチャード二世』検閲説をめぐって
杉浦裕子    "Hark, who is't that knocks?"――『オセロー』四幕三場のノックの音についての一考察
鶴田 学    イングランド中部地方から読み解く『ジョン王』
英 知明    ある詩人のファースト・フォリオ―― 一七世紀の旧蔵本
前原澄子   『お気に召すまま』における修辞のパロディ
松田幸子   「母とは呼べない、もはや墓場だ」――『マクベス』と死せるスコットランド
森祐希子   植物誌・園芸書と『リチャード二世』の庭

著者紹介
[日本シェイクスピア協会]
日本シェイクスピア協会は、1929年に東京帝国大学教授市河三喜を会長、シェイクスピア全訳で知られる坪内逍遥を名誉会長として発足した第一次日本シェイクスピア協会を前身としています。日英友好をその大きな目的の一つとしていた第一次協会は、1930年代の政治情勢の緊迫によって活動にさまざまな支障が生じ、第二次世界大戦中は実質的な活動停止となりました。
現在の協会の活動は15年間の空白期間を経た1961年に始まりました。新協会は日本におけるシェイクスピア研究の促進を目的と定め、シェイクスピアとエリザベス朝演劇に関心をもつ全ての人々にその門戸を広げ、現在では、シェイクスピア時代の作品だけでなく、シェイクスピアからの翻訳、翻案などの研究も進めています

文系軽視の時代に、職業として研究を志す人のために

石黒 圭〔著〕
文系研究者になる
「研究する人生」を歩むためのガイドブック

A5判 並製 360頁/定価2,970円(本体2,700円+税10%)
ISBN 978-4-327-37907-0 C0037

2021年10月26日発売予定
>>>この本のご注文はこちら!


内容紹介
「キャリアプランを立てにくい」「進むと破滅」とも言われる文系大学院。それでも好きなことを研究し、それを生業とするために、いつ、何をすればよいのか。文系分野の大学院生・若手研究者の抱く、素朴な疑問に丁寧に答えます。迷ってもつまずいても、一歩ずつ、「研究する人生」を前に進めるための必読書。

目 次
序 章 研究への道
第1章 決める(決断)
第2章 考える(思考)
第3章 読む(文献)
第4章 調べる(調査)
第5章 話す(発表)
第6章 書く(執筆)
第7章 つながる(関係)
第8章 生きる(生活)

参考文献
おわりに
索引

《詳しい目次はこちらから》

著者紹介
石黒 圭(いしぐろ けい)
国立国語研究所 教授・研究情報発信センター長。一橋大学大学院 言語社会研究科 連携教授。博士(文学)。専門は日本語学・日本語教育学。
1969年大阪府生まれ。一橋大学社会学部卒業。早稲田大学大学院 文学研究科博士後期課程修了。1999年に一橋大学留学生センター専任講師、2004年に同助教授、2013年に一橋大学国際教育センター・言語社会研究科教授を経て現職。
主な著書に『ビジネス文書の応用言語学的研究―クラウドソーシングを用いたビジネス日本語の多角的分析―』(ひつじ書房)、『段落論―日本語の「わかりやすさ」の決め手―』(光文社)、『よくわかる文章表現の技術』全5巻(明治書院)、『日本語教師のための 実践・読解指導』(くろしお出版)、『この1冊できちんと書ける! 論文・レポートの基本』(日本実業出版社)など多数。

定番の「発音教本」の改訂版

津田塾大学英文学科〔編〕
アメリカ英語の発音教本 〈四訂版〉

B5判 並製 64頁 音声DL/定価2,420円(本体2,200円+税10%)
ISBN 978-4-327-40176-4 C3082

2021年11月22日発売予定

内容紹介
各レッスンではアメリカ英語の子音、母音、アクセント、イントネーションを組織的に配列し、イラスト入りで簡潔に解説。さらに世界英語も視野に入れつつ、あらゆる角度から総合的に演習することができる。
[音声ダウンロード]

〔*大学テキスト:「Teacher's Manual」「教授用資料」「解答」等の別冊はご採用いただいた先生方専用です〕


▲ページトップに戻る