書籍検索

新刊・話題の書籍

インフォメーション

11月18日

お知らせ

11 月新刊 『最新英語科教育法入門』 別冊付録の PDF 版はこちらからダウンロードできます。 (PDF が開きます)。

11月18日

お知らせ

『【改訂版】英語の正しい発音の仕方 (基礎編)』 で使われている発音記号の呼称についてリスト化いたしました。必ずしも正式な呼称がある訳ではありませんが、代表的なものをご紹介します。参考までにご覧ください。

URL: http://books.kenkyusha.co.jp/book/978-4-327-76490-6.html

11月12日

【お詫びとお知らせ】

『新編 小学校英語教育法入門』について、誤記がありました。読者の皆さまに深くお詫び申し上げるとともに、正誤表 にて訂正いたします(PDF が開きます)。

11月7日

研究社協賛シンポジウム 英語×ICT 2020年代の 『辞書の有効活用』 を考える (11月23日)

 

11月23日(土)にイースト株式会社セミナースペース(東京都渋谷区)で、上記ををテーマとする辞書活用のためのシンポジウムが開催されます (主催:イースト、三省堂、大修館書店 / 協賛: 旺文社、研究社、小学館、ほか)

 

会場・スケジュールの詳細、お申し込みは、下のリンク先をご参照ください。

URL: https://www.east-education.jp/events/dic_symposium1/

 

次の登壇者が予定されています。

小山敏子 先生 (大阪大谷大学 教育学部教授)
「英語学習と辞書──変わるものと変わらないものと──」

萓 忠義 先生 (学習院女子大学 国際文化交流学部教授)
「英語4技能に求められる語彙習得法とは」

唐澤 博 先生 (浦和実業学園中学校・高等学校 英語科教諭)
「辞書はオワコン? 辞書にアタル──辞書(は)(が)(の)問題──」

姜 英徹 先生(就実高等学校・中学校 英語科教諭)
「DONGRI + Google 翻訳で自由な表現を手に入れた!」

藤原敏晃 先生 (昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校 進学担当教頭 英語科教諭)
「私と英英辞書、そして学校 ICT 化」

10月3日

「『アクティブラーニングで学ぶコミュニケーション』(研究社刊) 上級編第1回ワークショップ」のご案内

4月19日刊行の『アクティブラーニングで学ぶコミュニケーション』の著者 八代京子先生ほか3名による上級編ワークショップ(ALCチーム+研究社 共同開催)を、下記のとおり開催いたします。
教育機関での採用をご検討中の先生方、ご所属の団体等での活用をご検討中のみなさま、ぜひご参加賜りますようご案内申し上げます。
[日 時] 2019年12月1日(日) 13:00〜16:30 (12:30受付開始)
[参加費] 無料(但し、資料代1000円を当日お支払いいただきます。上掲書をお持ちの方は当日お持ちください)
[会 場] 研究社ビル (JR、地下鉄 飯田橋駅より徒歩3分) 1階 会議室 〒102-8152 東京都千代田区富士見2-11-3
詳細はこちら をご覧下さい。

10月2日

柴田元幸先生トークイベントのご案内

11月4日(月祝)18:00より、『「ハックルベリー・フィンの冒けん」をめぐる冒けん』(研究社) 刊行記念、柴田元幸先生トークイベント「ハック・フィンと柴田元幸の冒けんふたたび」が開催されます。
詳しくはこちら をご覧下さい。

9月17日

「『異文化理解入門』(研究社刊) 第7回ワークショップ」のご案内

ご好評いただいております 『異文化理解入門』の著者 原沢伊都夫先生による第7回ワークショップを開催することになりました。(内容は第1回〜第6回と同じです)
教育機関等で活用してくださっている先生方、採用をご検討中の先生方、ぜひご参加賜りますようご案内申し上げます。
[日 時] 2019年12月15日(日) 13:00〜16:30 (12:30受付開始)
[参加費] 無料(上掲書をお持ちの方は当日お持ちください)
[会 場] 研究社ビル (JR、地下鉄 飯田橋駅より徒歩3分) 1階 会議室 〒102-8152 東京都千代田区富士見2-11-3
詳細はこちら をご覧下さい。

6月17日

スリップ廃止のお知らせ

この度弊社では、2019年8月以降の新刊・重版書籍よりスリップを廃止することといたしました。
当面の間、スリップを挿した書籍と挿していない書籍が混在して流通することになり、ご不便ならびにご迷惑をお掛けすることになると存じますが、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

お取引先各位へのご案内はこちらをご覧下さい

5月8日

『英語年鑑 2020』 の「人名録」「個人研究業績」に関するアンケート調査

小社では、わが国の英語学・英米文学・英語教育界の動静を記録するものとして、『英語年鑑』を刊行いたしておりますが、このたび 2020 年度版の編集にとりかかることになりました。Web 上から、同書所収の「英語学・英米文学・英語教育関係人名録」ならびに「個人研究業績一覧」のご回答をお送りいただくことができます。詳細は以下のリンクをご覧ください。

https://www.kenkyusha.co.jp/EigoNenkan.html

2月4日

【お知らせ】

昨年末刊行の『多文化社会で多様性を考えるワークブック』の教師用参考資料が完成しました。
ネットからpdfをご覧いただけるように致しましたので、適宜ご利用ください。

こちらがその資料です (PDF が開きます)。

データのアップが予定よりやや遅れましたこと、深くお詫び申し上げます。

 


▲ページトップに戻る